お盆に広島旅行に行こう!おすすめの観光地やイベントを一挙ご紹介!

今年のお盆は広島旅行をしてみませんか?国内の中でも有数の観光地である広島で、お盆休暇を使ってリフレッシュをするのがおすすめです。今回は広島のお盆におすすめの観光地、イベントをたくさん解説させていただきたいと思います。

目次

  1. お盆の広島旅行について
  2. お盆はいつからいつ?
  3. 広島のお盆の風習「盆灯籠」とは?
  4. お盆の広島の混み具合は?
  5. お盆の広島へ向かう移動手段は?
  6. お盆の広島にオススメの観光地
  7. お盆の広島でオススメのイベント
  8. お盆に広島を旅行する際の注意点
  9. 北海道以外のお盆にオススメの観光地
  10. お盆の広島旅行についてのまとめ

お盆の広島旅行について

null

今年のお盆は何をして過ごすご予定でしょうか。
お盆の法要も行ったけれど、まだ休みが余るという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
せっかくのお盆休みですから、旅行にでかけて気分転換をしてみたいものですね。

そこでおすすめなのが国内旅行です。
国内であれば、海外旅行と違って長時間の移動も少ないですから、1泊2日から気軽に旅ができます。

今回終活ねっとでは、お盆のお休みを利用した広島旅行についておすすめさせていただきたいと思います。

  • お盆休みはいつからか

  • 広島のお盆の風習を知ろう

  • お盆休みの広島はどれくらい混雑するのか

  • 広島へ向かう手段は何があるか

  • 広島おすすめの観光地のご紹介

  • お盆の時期におすすめの広島のイベントのご紹介

  • 広島旅行の注意点

  • お盆の時期におすすめしたい広島以外の地域のご紹介

以上の点について解説させていただきたいと思います。
今年のお盆だけではなく、今後のお盆の予定を立てるときに参考にしていただければ幸いです。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

お盆はいつからいつ?

お墓

そもそもお盆はいつからなのでしょうか。
地域によって異なりますが、お盆は7月の地域と8月の地域が存在します。
しかし、企業がお盆休みとして設定するのは圧倒的に8月が多いです。

具体的に2018年を例にすると、8月13日から15日をお盆休みとする企業が多いです。
13日が月曜日ですから、11日の土曜日から計算すると5連休ということになりますね。
それ以外にもお盆の近辺は有給休暇が取りやすくされていますから、人によってはもっと長期の休暇を取得できることもあります。

このようにお盆の時期というのは、休みが取りやすい時期でもありますから旅行に最適であるということが分かります。
もっとお盆の時期について詳細に知りたい方は、下記リンクもご参考になさってみてください。

こちらも読まれています

お盆の時期はいつからいつまで?地域による違いや理由を解説します

お盆の時期は、地域によって様々であることをご存知ですか?新暦を元にする地域もあれば、旧暦を元にする地域もあります。各地域のお盆の特徴を知ることで、供養について改めて見直すきっかけが得られるでしょう。この記事では、お盆の時期の地域ごとの特徴を説明していきます。

広島のお盆の風習「盆灯籠」とは?

お墓

本題である広島旅行の内容に移る前に、広島ならではのお盆の風習である「盆灯籠」について解説させていただきたいと思います。

由来

主に広島県の西部地方、香川県の中部地方では当たり前のように見られる盆灯籠の光景ですが、はっきりとした由来の言い伝えは残っていません
しかし、江戸時代の広島で石灯籠を建てることができない代わりに、紙で灯籠を作って建てたことがはじまりではないかとされています。

盆灯籠は紙でできていますから、手軽に作ることができます。
このことからあっという間に広島県内で広がっていきました。
その名残が現代にも残っているというわけですね。

特徴

盆灯籠の特徴としては六角錐を逆さまにした骨組みに、カラフルな色紙を貼ります。
他にも紙テープなどで装飾をつけ、棒の先につけます。
そしてそれをお盆の時期に、お墓の前に立てます。

灯籠ですからろうそくを中に入れて灯すようにできていますが、最近では火事の心配から盆灯籠自体を禁止するお寺もあるそうです。
火事は大変怖いものですが、お盆の時期にお墓を彩る盆灯籠が広がる景色は情緒溢れるものとなっています。

お盆の広島の混み具合は?

null

ここから本題に入らせていただきます。
まずはお盆の時期の広島県の混雑具合について解説させていただきたいと思います。

8月は6日付近が特に混雑

8月6日と言えば、広島に原爆が投下された日です。
やはりこの日付近に広島を訪れ、黙とうを捧げる方が多いです。
その結果、8月6日近辺は広島県内が混雑しやすくなっています。

国内外問わず、主要な客人が訪れることもあり、警備などで交通規制がかかればさらに混雑します。
8月6日頃でしたらまだお盆休みには入っていない方が多くいらっしゃるとは思いますが、お盆休みを前倒しで取る方がいらっしゃれば注意しておいた方が良いでしょう。

観光地付近は渋滞あり

広島県の主要な移動手段は車です。
ですからお盆近辺になりますと、道路が大変混雑します。
特に観光地付近は渋滞が予測されます。

観光地へはどうしても車で向かうのが便利です。
その結果、バス、タクシー、自家用車が押し掛ける形となり渋滞につながります。
渋滞だけならともかく、駐車場に車が停められない可能性も大いにあります。

以上の点を考慮し、お盆休みに広島に向かう場合は、渋滞と駐車場の混雑に気を付けておくと良いでしょう。

お盆の広島へ向かう移動手段は?

人々

広島県に旅行に向かう場合、どのような移動手段を用いると良いのでしょうか。
ここでは新幹線と、高速道路の2パターンの移動手段について解説させていただきたいと思います。

新幹線の場合

広島駅には東海道・山陽新幹線の新幹線が停車します。
1時間に7本程度の新幹線が発着しますので、かなり便利なのではないでしょうか。
新幹線の種類はのぞみ、こだま、ひかり、さくらの4種類となります。

気になる料金ですが、東京駅から広島駅まで自由席でのぞみに乗車をした場合、片道18,040円となります。
指定席ですと19,080円、グリーン車になりますと26,210円となります。

お得に購入したい場合は、往復券を購入しましょう。
往復券購入ならば自由席が片道16,870円となります。
もっとお得に購入したいのであれば東海道・山陽新幹線のネット予約ができる「エクスプレス予約」を活用しましょう。

エクスプレス予約サイト経由で購入すれば、早割利用で指定席が14,000円まで値引きされます。
早めに行動計画を立て、早割で購入できる期限内に新幹線の切符を抑えておくと、かなりお得に新幹線で移動することができます。

新幹線の込み具合ですが、2018年で言うと8月11日から混雑が予想されています。
お盆に入る前の土曜日から移動をはじめる人が多いようです。
帰りはお盆休みの長さにより変化し、8月15日であったり8月19日が混雑のピークとされています。

どちらにしても早朝の移動、夜間の移動ならば比較的混雑が軽いようです。
少しでも混雑を避けたい場合は、ぜひ移動時間の調整を考えてみてください。

高速道路の場合

広島県に車で向かう場合は、山陽自動車道を利用することになります。
広島市内に近いインターチェンジは「広島インターチェンジ」です。
しかし高速道路環境が整備され、「広島東インターチェンジ」や「沼田スマートインターチェンジ」も利便性があります。

高速道路は様々な割引があるため、一概に金額の相場を算出することができません。
しかしお盆の時期の渋滞を緩和するため、高速道路管理会社において2018年の8月11日と12日の休日割日を実施しないという知らせがでています。

代わりに8月9日と10日の平日を休日割引の日とし、車の移動を分散させる試みがされています。
お得に高速道路を使用したいと思っていた方は、通常の割引制度がきかないことを頭に入れておいた方が良いでしょう。

高速道路の混雑予想ですが、8月11日の朝からピークを迎える箇所があります。
帰りは8月14日の夕方から15日にかけて混雑が予想されています。
やはり新幹線と同じく、高速道路を使用する時間を早めにする、もしくは遅めにすることが混雑防止のカギとなります。

混雑した場合はトイレや食事休憩もなかなかとれません。
やっと入れたサービスエリア、パーキングエリアでも車を停車させることができない可能性もあります。

車での旅行においてサービスエリア、パーキングエリアの情報を調べておくことは重要事項です。
あらかじめ休憩時間を設定し、その時間に合いそうなサービスエリアとパーキングエリアに目星をつけておくことをおすすめします。

お盆の広島にオススメの観光地

hiroshima

広島のおすすめの観光地は一体どこなのでしょうか。
この項目ではおすすめの広島の観光地について解説させていただきたいと思います。

家族や子供向け

まずは家族旅行でおすすめしたい観光地をご紹介いたします。
広島の観光地は、勉強になるスポットが多くあります。

広島城

広島城は広島県広島市中区にある、豊臣五大老のひとりである毛利輝元が築きました。
1945年までは当時のまま天守閣が残っていましたが、原爆投下の爆風の影響があってか、自壊してしまいました。

現在のお城は復元天守閣ですが、立派な佇まいと水掘は見ておいて損はないものとなっています。
築城は毛利輝元ですが福島正則も改修に関わっていたりと、歴史好きにはたまらないお城と言えます。

大人も子供も歴史的知識を増やすことができる広島城は、お盆の観光地スポットとしておすすめです。

平和記念公園

正式名称は「広島平和記念公園」で、公園自体は無料で入ることができます。
広島城と同じく、広島県広島市中区に位置しています。
ここはあの有名な、「原爆ドーム」を見ることができます。

元々原爆ドームは行政や企業の事務所として使用されていました。
すぐ近くに原爆が投下されたにも関わらず、ドーム部分は全壊せずに残ったため、原爆ドームと呼ばれ、平和への祈りもこめて現存に至っています。

敷地内には「広島平和記念資料館」があります。
当時の写真や再現ジオラマ、当時の遺品などが展示されており、戦争の悲惨さ、原爆の恐怖を身を持って知ることができます。

お子さんは修学旅行で訪れたことがあるかもしれませんが、ぜひ家族で再訪し、いまいちど平和の尊さを考える機会にしてみてはいかがでしょうか。
また、ちょうどお盆の時期ですから戦没者の慰霊もこめて訪問したいところです。

デート

広島はカップルで訪れても楽しい観光地があります。
ここからはカップルにおすすめの広島の観光スポットをご紹介させていただきたいと思います。

宮島水族館(みやじマリン)

広島県廿日市市にある宮島水族館は「みやじマリン」という愛称で県民だけでなく、日本全国の水族館ファンから愛されています。
見どころはスナメリとワニです。

スナメリは宮島水族館のマスコットキャラクターであり、イルカの種類の中でもまるっこい頭が特徴的で、とても愛嬌があります。
まるで笑っているような表情を見せてくれるので、癒されること間違いなしです。

水族館のかわいい動物をカップルで楽しむことで、愛も深まるかもしれませんね。

三段峡

広島には国の特別名勝に指定されている「三段峡」があります。
広島県山県郡にある三段峡では、まるで絵の中にいるような緑と青の世界が広がります。
夏ですからとても暑いのですが、なんだか暑さを忘れてしまうような静けさと癒しを感じられるスポットです。

2種類の渡舟が運行しており、ゆったりとした舟の上で雄大な自然を楽しむことができます。
特に予約は不要で、どちらも20人程度は乗れるそうなので、お盆の時期でも安心できますね。
他にも三段峡には複数の滝があり、マイナスイオンでリフレッシュできそうです。

見どころは秋の方が多いそうですが、夏の新緑も目の保養になるのでおすすめです。
都会の喧噪を忘れ、自然の美しさに心を洗ってみてはいかがでしょうか。

お盆の広島でオススメのイベント

hiroshima

ここからはお盆の時期限定の広島のおすすめイベントについてご紹介させていただきたいと思います。
イベントは日にちが決まっていますから、事前の要チェックが大切です。

三原やっさ祭り

広島県三原市では、毎年8月の第2週目の金土日に「三原やっさ祭り」を開催しています。
2018年ですと8月10日・11日・12日の予定でしたが、大雨災害の影響により三原市も大打撃を受けており、残念ながら延期となっています。

やっさとはやっさ踊り唄という450年前から伝わる歌に合わせて笑顔で踊ることを言います。
やっさ祭りでは様々なチームがオリジナリティのある花車を作り、踊りを競い合います。
何と言っても笑顔で踊るところが素敵ですよね。

今年は大雨災害の打撃の大きかった広島ですが、災害を乗り切ったあとのお祭りの笑顔に期待したいですね。

安芸高田花火大会

今年で15回目の開催となる「安芸高田花火大会」は広島県安芸高田市にある土師ダムのある公園で開かれています。
2018年の開催は8月25日(土)のため、お盆休みの時期とは少し外れてしまいますが、土日を利用して見物にでかけてみてはいかがでしょうか。

安芸高田花火大会が他の花火大会と違うところは、大きなダムの湖面に花火が映るところです。
海や川で花火が上がることはよくありますが、海や川は止まってはいませんから、花火が映ったとしても歪んでしまいます。

その点安芸高田花火大会はダムですから、ほとんど湖面が動きません。
綺麗に反射する花火と空の花火、両方を楽しむことができるのです。

福山夏まつり

福山夏まつりは、毎年8月13日・14日・15日に開催されています。
お盆の時期とぴったりですね。
踊る夏、という名前がふさわしく、13日と14日は踊りがメインのお祭りとなっています。

13日は地域の伝統踊りである二上りおどり大会です。
太鼓や三味線といった和楽器に合わせて踊るのですが、踊りと言えば楽しいイメージがありますが二上り踊りは少し哀愁の漂う音楽にのせて踊るのが特徴です。

14日はYOSAKOI踊りがメインです。
本場高知に負けない熱気と興奮が福島市を包みます。
最後の15日にはあしだ川にて中四国最大規模の花火が打ち上げられます。

お盆に広島を旅行する際の注意点

人々

お盆休みに広島を旅行する場合、どのような注意点があるのでしょうか。
注意したい点について解説させていただきたいと思います。

観光地を回るルートを予め決めておく

旅行にハプニングはつきものです。
綿密にルートを決め過ぎてもその通り進むとは限りませんが、何のルートも決めていないのも問題があります。

特にお盆の時期は人で混雑し、思うように移動ができないものです。
そんなときに行き当たりばったりの行動をしていては、観光地に辿り着けなかったり、体験ツアーなどに参加できない可能性があります。

余裕をもった観光地巡りのルートを決めておくことが大事です。

ホテルは朝早くに出発する

朝は旅の疲れもありゆっくりしたい気持ちもあると思いますが、なるべく早いうちから行動を開始することをおすすめします。

ホテルと言えば朝食付きプランにされている方も多いでしょう。
お盆の時期のホテルは満室と言っても過言ではないほどの過密さがあります。
そんな中、朝食の時間にお客さんが集まるのですから、思うように朝食がとれないことは容易に想像がつきます。

そして夏の昼間は暑いものです。
しかし午前中であれば比較的涼しく、行動がしやすいです。
ぜひ旅の間こそ早起きは三文の得と思い、早めに行動してみましょう。

暑さ対策をする

旅行中に熱中症になってしまっては、せっかくの楽しい気分が台無しになってしまいます。
特にお盆の時期は夏真っ盛りですから、暑さ対策と熱中症対策を忘れないようにしましょう。

特に油断しやすいのが車の移動中です。
クーラーがついていて快適と思いがちですが、外からの日光やのどの渇きで十分に熱中症になる可能性があります。

水分をしっかりと取ること、塩分のあるものを摂取すること、帽子などをかぶって日光を避けることなどが必要です。

北海道以外のお盆にオススメの観光地

人々

最後に広島以外でおすすめのお盆休みの旅行地をご紹介させていただきたいと思います。
ここでは国内と海外にわけて、お伝えしていきます。

国内

まずは国内からのご紹介です。
国内では石川県と三重県をピックアップしています。

石川県・金沢駅周辺

石川県と言えば新幹線が開通したことで、一気にアクセスがしやすくなった地域です。
そのためか、金沢駅周辺の開発がどんどん進んでおり、駅周辺を観光するだけでも十分楽しめます。
それに何といっても金沢城と兼六園へのアクセスがとてもしやすいのです。

お盆の時期の兼六園は入場無料となっています。
春夏秋冬いつ行っても美しい庭が楽しめると評判の兼六園に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

三重県・志摩地中海村

三重県志摩市にある志摩地中海村は、村と銘打ってありますが村ではありません。
志摩地中海村という名前のリゾートホテルであり、その名の通り地中海の雰囲気を味わうことのできるスポットとなっています。

まるで地中海にいるかのような石畳の道、白い壁の家、青い海が堪能できます。
それだけではなく、クルージングや魚釣り、真っ青な色のプールなどのリゾート感溢れる体験をすることも可能です。

日本に居ながらも異世界感を味わいたいのであれば、志摩地中海村がおすすめです。

国外

続いては国外のおすすめ観光地のご紹介です。
日本から一番近いヨーロッパと、遠いけれど本格的なヨーロッパの味わえる2箇所をご紹介したいと思います。

ロシア・ウラジオストク

ロシアってアジアなのかヨーロッパなのか、位置づけの難しい地域ですよね。
しかしロシアは日本から最短で行けるヨーロッパであり、特にウラジオストクは本場ヨーロッパ顔負けの街並みが広がっています。

いざヨーロッパに行こうとするとフライト時間がかかることや、長期休暇がないといけないことで躊躇してしまいがちです。
ウラジオストクなら最短9時間で到着しますので、長旅がつらい方にもチャレンジできそうな観光地となっています。

マルタ島

マルタ島は地中海に浮かぶ島で、正式名称はマルタ共和国となります。
決して大きくはない島ですが、世界遺産もあり観光をするにはもってこいの場所です。
年中通して気候が温暖なので、お盆休みに行くのが難しい場合はお正月休みを使用してもよさそうです。

マルタ島は人口よりも猫が多い島と言われています。
マルタ猫という地名にちなんだ猫もおり、猫好きな人にとってはまさに天国と言える島となっていますから、猫を見に観光に行くと言う人も少なくありません。

もっと国内外のおすすめの人気旅行先について知りたい方はぜひ下記リンクを参考になさってみてください。

こちらも読まれています

お盆休みどこに行く?国内外の人気のおすすめ旅行先をご紹介

GWの次にやって来る長期休暇のお盆休み!この機会に行ってみたかった場所へ足を運んでみてはいかがでしょうか?国内の人気の旅行先やおすすめの海外旅行先、また、混雑するお盆休みの意外な穴場スポットまで、旅行計画を立てたくなる場所をご紹介します。

お盆の広島旅行についてのまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、お盆休みを利用した広島観光についてお伝えしてきました。

広島は2018年の豪雨において、甚大な被害を被りました。
ボランティアで駆け付けた方もいらっしゃるようですが、まだまだ復興には時間がかかりそうなのが現状です。

それでも私たちができることはたくさんあり、ボランティアをすることもそうですが、観光に出かけて経済を潤したり、広島についてよく知ることも広島のためになるかと思います。
ぜひお盆休みを利用して、広島旅行に行ってみてはいかがでしょうか。

ここで総括です。

  • 2018年のお盆休みは8月13日前後からはじまり最長でも19日あたりまで

  • 広島には盆灯籠という風習があり、広島に行けば鮮やかな灯籠の彩るお墓を見ることができる

  • 広島は原爆が落とされた地域と言うこともあり、投下日である8月6日からお盆にかけては特に混雑する

  • 広島に安く行きたいのであれば、前もって新幹線を早割りなどで予約しておくと良い

  • 広島には広島城や原爆ドーム、宮島水族館などの観光スポットの他に三原やっさ祭りなどの伝統踊りを見ることのできるイベントがある

  • お盆の時期は特に暑いので、水分補給をこまめに行い、暑さ対策と熱中症対策を行うこと

広島の盆灯籠のように、日本各地にはお盆のしきたりというものが存在します。
お住いの地域はお盆に旅行に出かけても良いものなのか、不安になる方はぜひ下記リンクを参考になさって、お盆の過ごし方について考えてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

お盆のしきたりについて知っていますか?日本各地のしきたりもご紹介

1年の中でもご先祖様を供養する時期であるお盆ですが、実はお盆にまつわるしきたりは地域によってさまざまです。今回はお盆の時期の一般的なしきたりや特定の地域にしか見られない風習について詳しく見ていきますので、地元に帰省した折にお役立てください。

「お盆・広島」に関連する記事

「お盆・広島」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「お盆・広島」についてさらに知りたい方へ

東京のお盆はいつからいつまで?お盆の過ごし方や穴場の旅行先を紹介のサムネイル画像

東京のお盆はいつからいつまで?お盆の過ごし方や穴場の旅行先を紹介

お盆を迎えるために準備すべきこととは?精霊棚の飾り方も解説しますのサムネイル画像

お盆を迎えるために準備すべきこととは?精霊棚の飾り方も解説します

お盆のお返しに何を贈ればいいの?おすすめの品物やマナーをご解説のサムネイル画像

お盆のお返しに何を贈ればいいの?おすすめの品物やマナーをご解説

お盆の期間に引っ越しはできる?金額相場は?注意点も解説します!のサムネイル画像

お盆の期間に引っ越しはできる?金額相場は?注意点も解説します!

お盆にお金をお供えしてもいい?のしの書き方やマナーについても解説のサムネイル画像

お盆にお金をお供えしてもいい?のしの書き方やマナーについても解説

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

お盆に行う迎え火・送り火のやり方とは?宗派や地域別の慣習もご紹介のサムネイル画像

お盆に行う迎え火・送り火のやり方とは?宗派や地域別の慣習もご紹介

2018年のお盆休みに観られる映画を紹介!テレビ放送される作品ものサムネイル画像

2018年のお盆休みに観られる映画を紹介!テレビ放送される作品も

お盆のお供えの金額相場は?のしや代表的な品物についてもご紹介!のサムネイル画像

お盆のお供えの金額相場は?のしや代表的な品物についてもご紹介!

お盆のお供えはいつ送る?送り方からオススメのお供え物までご紹介!のサムネイル画像

お盆のお供えはいつ送る?送り方からオススメのお供え物までご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お盆・広島」についてさらに知りたい方へ

お盆期間にやることとは?東京と沖縄のお盆の違いについても解説!のサムネイル画像

お盆期間にやることとは?東京と沖縄のお盆の違いについても解説!

お盆は宗教行事?お盆の歴史や由来・宗教との関係についても解説!のサムネイル画像

お盆は宗教行事?お盆の歴史や由来・宗教との関係についても解説!

お盆に海に入ってはいけない!その本当の訳とは!?のサムネイル画像

お盆に海に入ってはいけない!その本当の訳とは!?

お盆におすすめの避暑地をご紹介します!国内を中心に海外まで!のサムネイル画像

お盆におすすめの避暑地をご紹介します!国内を中心に海外まで!

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと