お盆には何をする?おすすめの過ごし方や旅行先をご紹介します!

お盆に何するのかと聞かれたら、あなたはどう答えますか?お盆は古くから続く年中行事ですが、時期や過ごし方は地域や各家庭によって様々です。今回はお盆の時期に何するのか、どこへ行くか、おすすめの過ごし方や旅行先なども含めて詳しく解説いたします。

目次

  1. お盆には何するの?
  2. お盆休みはいつからいつ?
  3. お盆にすることの例
  4. お盆はいつが混む?
  5. お盆に何する?についてのまとめ

お盆には何するの?

仏壇

お盆休みが取れたら何するか、どう過ごすべきなのでしょうか。
実家へ帰省してお墓参りをしたり、旅行に出かけたり、家で家族とゆっくり過ごしたりと、何するかは各家庭によって様々です。
他のご家庭ではどう過ごしているのか、どんな過ごし方があるのか気になりますね。

そこで今回終活ねっとではお盆に何をするのかについて、

  • お盆休みはいつからいつ?
  • お盆にすることの例
  • お盆はいつが混む?

これらのテーマを中心に、お盆に何するかについて様々な角度から考えてまいります。
おすすめのお盆の過ごし方についても解説していますので、ぜひ参考になさってください。

最後までお読みいただければ幸いです。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

お盆休みはいつからいつ?

お墓

お盆と一口に言っても、地域によって時期が異なることをご存知ですか?
全国的には、お盆を8月13日から16日の期間に行う地域がほとんどです。
しかし中には、少数ながら7月15日前後という地域も、8月の後半に行う地域もあります。

ただ、会社や工場などが「お盆休み」と称して休業する時期は、8月15日前後が一般的です。
お盆を7月13日から16日に行う地域でも、仕事上のお盆休みは8月にとるという人も多いようです。

お盆の時期が地域によって異なる理由などについては、以下の記事で詳しく解説しています。
こちらもぜひ参考になさってください。

こちらも読まれています

お盆の時期はいつからいつまで?地域による違いや理由を解説します

お盆の時期は、地域によって様々であることをご存知ですか?新暦を元にする地域もあれば、旧暦を元にする地域もあります。各地域のお盆の特徴を知ることで、供養について改めて見直すきっかけが得られるでしょう。この記事では、お盆の時期の地域ごとの特徴を説明していきます。

お盆にすることの例

仏壇

一般的なお盆の過ごし方について、何をする人が多いのかいくつか挙げてみましょう。
今年のお盆に何するかまだ決まっていないという方は、ぜひ参考になさってください。

実家・義実家に帰省する

お盆とは古来より、故人やご先祖様の霊があの世から戻ってきて家族と過ごす期間であると考えられています。
農作業が一段落した夏場に、家族で集まってゆっくりとご先祖様をお迎えしていたのです。
田畑を耕しながら自然と共に生きてきた日本人ならではの習慣です。

現在でもその考え方は根強く残っています。
お盆の時期には自分自身の実家や、ご主人や奥様の実家に帰省して過ごす人が多いようです。

では、実家に帰省してお盆を過ごす場合、具体的に何するものなのでしょうか。

供養のみ行う場合

お盆で実家に帰省したときに何するかは、地域や各家庭によって異なります。

仏間や庭先を華やかに飾り付けて、ご先祖様をお迎えするお宅も多いです。
一方で、ご家族やご親戚で集まって食事をし、身内だけで静かに過ごすお宅もあります。

また、盆踊りや灯籠流しなど地域のイベントに出かける人も多いようです。
ご先祖様を家にお迎えしている時だからこそ、お墓をきれいに掃除してお参りするのが通例というご家庭もあります。

何するかは様々ですが、とにかく家族が集まって楽しく過ごすという点は共通しているようです。

お盆の迎え方については、以下の記事で詳しく解説しています。
こちらもぜひ参考になさってください。

こちらも読まれています

お盆の迎え方を宗派ごとにご紹介!送り方も合わせて解説します!

古来から日本にある習慣としてのお盆ですが、迎え方や送り方の細かいしきたりについて知らない方は多いのではないのでしょうか。準備するものや宗派によっての違いなどお盆の迎え方をこちらではご紹介します。マナーやしきたりを押さえてお盆を迎えましょう。

法要も行う場合

法要とは、故人の冥福を祈って行う追善供養のための仏教の儀式です。
具体的に何するかというと、お坊さんをお招きしてお経をあげていただき、その後何かお話をしていただきます。

似た言葉に法事というものがあります。
法事は、法要の後の会食なども含めた全体のことをいいます。

お盆は毎年やってきます。
お墓の掃除やお参り、人寄せやお仏壇へのお供えなどの供養は毎年行うものです。
法要も毎年行うというお宅もありますが、省略するご家庭も多いようです。

お盆の法要の流れについては、以下の記事が参考になります。
準備や服装についても詳しく解説していますので、こちらもぜひお読みください。

こちらも読まれています

お盆の法要の流れとは?法要での服装や準備方法についても解説!

お盆の法要の流れをご存知でしょうか?毎年なんとなく迎えるお盆ですが、その流れをきちんと理解している方は少ないのではないでしょうか。今回は、お盆の法要の流れとその法要での服装や準備方法について詳しく解説いたします。

自宅で過ごす

前述のとおり、お盆の時期は高速道路も公共の乗り物も混雑します。
そのため、どこへも出かけず自宅で過ごすという人も多いようです。
実家への帰省もお盆をあえて外して、時期をずらすというご家庭も増えていると言います。
そのほうが返ってゆっくりお墓参りや家族孝行ができるのかもしれません。

では、お盆の時期に自宅で何する人が多いのか、例を挙げてみましょう。

映画鑑賞

お盆の時期、意外と楽しめるのが映画館です。
何といっても映画館の館内が涼しいところが魅力です。
子供向けのイベントが行われいてる映画館も多いので、家族で楽しむことができます。

また、映画館へ出かけるのではなく、レンタルDVDや映画配信サービスを利用して自宅で映画鑑賞というのもおすすめです。
自宅なら周囲を気にする必要なくゆっくり映画を楽しむことができます。
お菓子や飲み物をたくさん買い込んで、以前から見たかった映画の世界に浸るというのも、大変贅沢な時間の使い方と言えるでしょう。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
お盆の時期の映画について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

2018年のお盆休みに観られる映画を紹介!テレビ放送される作品も

お盆休みに公開されるオススメの映画をご紹介会します。お盆は映画が盛り上がる季節でもありますので気になっている方は多いのではないでしょうか。今回終活ねっとでは映画館で上映される映画以外に、テレビ放送される映画もご紹介します。ぜひご覧ください。

読書

読書も、自宅でのおすすめの過ごし方のひとつです。
お盆に何するか迷ったら、外出せずに自宅で読書というのもおすすめです。
普段忙しくて本を読む時間がなかなかとれないという人は、思い切ってお盆休みを読書の時間にあててはいかがでしょうか。

忙しい現代人には、もっと本を読む時間が必要であるとも言われています。
本も映画も、ネットで簡単にあらすじを知ることができてしまう昨今ですが、時間をかけてゆっくり本を読むことは、心と体をオフにして脳を休めることにもつながります。

また、地元の図書館へ足を運んでみるというのもひとつの方法です。
夏場はもちろん空調がきいていて涼しいですし、静かなのでゆっくり過ごすことができます。

ご先祖様のご供養はお盆の時期を外してお参りさせていただくとして、今年のお盆休みは自分自身のために使ってみてください。

部屋の掃除

ご自分のために時間を使うのであれば、部屋の掃除はいかがでしょうか。
わざわざスポーツをしに出かけるよりずっと体を使いますし汗もかきます。
何より、部屋が片付くと気持ちがいいものです。

新しく掃除道具を買いこむのではなく、まずは家にある洗剤や用具を全部出してみましょう。
買ったきり使っていなかったものを使い切るよい機会にもなります。

ご近所の迷惑にならない範囲であれば、窓や網戸の掃除も挑戦しましょう。
夏の日差しの手助けがあるので、水をかけてもすぐ乾きますし、打ち水代わりにもなります。

お盆の時期の部屋の掃除のポイントは、無理をしないことです。
暑い時期なので、大がかりな家具の移動などは体に負担がかかります。
具合が悪くなってしまっては元も子もありません。

食器の並べ替えをしたり、本棚の整理をしたり、風呂場やトイレの水垢取りなどがおすすめです。
不用品の整理をしてリサイクルセンターなどに持ち込む場合は、お盆期間で休業の可能性もあるので必ず営業日を確認しておきましょう。

国内旅行

せっかくの休みなので、旅行に出かけたいという方もいらっしゃるでしょう。
お盆に何するか迷ったとき、おすすめのスポットをいくつかご紹介します。

家族や子供向け

まず、小さなお子様がいても楽しめる、ご家族向けのスポットについてです。
たくさんありますが、東京・関東近郊で特におすすめの場所を2カ所、ご紹介します。

東京都・品川アクアパーク

夏場のお出かけの定番といえば、やはり水族館でしょう。
空調がきいていて涼しいです。

日本は海に囲まれた島国でありながら、国内には水族館がおよそ70館存在します。
世界一水族館がある国なのです。

中でもおすすめなのが、品川プリンスホテル内にある「品川アクアパーク」です。
2015年にリニューアルし、水族館の枠を超えた進化形都市型エンターテイメント施設として人気を集めています。

全て室内展示であることはもちろん、幻想的なライトとの共演が美しいクラゲの展示や、ペンギンやイルカたちの可愛らしいショーなど見どころ満載です。
平日はデートスポットとして知られていますが、お盆休みはご家族での来館が目立ちます。
夏休みの自由研究のテーマ探しにもピッタリです。

埼玉県・ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

泊りがけで出かけるなら、オートキャンプ場はいかがでしょう。
埼玉県飯能市にある「ケニーズ・ファミリー・ビレッジ」は、キャンプ初心者でも安心のオートキャンプ場として大変人気があります。

都心から1時間足らずという好立地ながら、マス釣りを楽しむことができる渓流で大自然を満喫することができます。
レンタル品も充実しており、事前に予約を入れておけば手ぶらでバーベキューも可能です。

お盆の時期を過ぎると、気候は徐々に秋に向かって変化し始めるものです。
とはいえまだまだ暑さが厳しい季節でもあります。
過ぎ行く夏を惜しみつつ、水の流れや緑の中に涼を求めてみてはいかがでしょうか。

カップル向け

カップルでお盆を過ごすなら、海が見える眺めのよいスポットはいかがでしょうか。

静岡県・恋人岬

静岡県伊豆市に位置する恋人岬は、言わずと知れた恋人たちの聖地です。
ここには「ラブコールベル」と呼ばれる鐘があり、名前を口にしながら3回慣らすと恋が実ると言われています。
この鐘を鳴らして結婚したカップルは2万組を超えるのだそうです。

富士山や駿河湾を見渡せるビュースポットとしても有名で、年間25万人を超える観光客で賑わいます。

クリスマスやバレンタインデーは混雑が予想されますが、お盆の時期ならそれほど混まずにゆったり過ごすことができます。
夏の日差しを受けて輝く海を見ながら、鐘の音を心に刻んでみてはいかがでしょうか。

沖縄県・海洋博公園

沖縄県にある海洋博公園は、昭和50年に行われた沖縄国際海洋博覧会の跡地に建てられた国営公園です。
日本屈指の巨大水族館「沖縄美ら海水族館」もここにあります
水族館の他にも、広大な敷地の中には植物園やプラネタリウムなどがあり、1日ではまわりきれないほどです。
もちろん、眼下には美しい海と砂浜が広がっています。

周辺には巨大リゾートホテルやヴィラがたくさんあり、宿泊施設に困ることもありませんが、なるべく早めに予約確認を行いましょう。

沖縄は旧暦(太陰太陽暦・月の満ち欠けを主軸とした暦)でお盆を行っているので、毎年お盆休みの時期が異なります。
概ね8月の後半となりますが、8月11日頃に行うこともあれば9月初旬にずれ込むこともあります。
公園内の施設では特に影響はないかと思われますが、道路の混雑状況や店舗の営業時間などについては事前に確認しておいた方がよいかもしれません。

雨でも大丈夫!

お盆の時期は、台風の接近が心配される季節でもあります。
お出かけするなら、天候に左右されない全天候型のスポットもおすすめです。

神奈川県・カップヌードルミュージアム

「カップヌードルミュージアム」は正式名称を「安藤百福発明記念館」といい、インスタントラーメンを生み出した日清食品創業者・安藤百福の業績を称えて建てられた施設です。
もともと大坂・池田にもありしたが、2011年に横浜・みなとみらい地区にも新設され、年間100万人を超える超人気スポットとなっています。

ワールドポーターズやコスモワールドなどみなとみらい地区の人気スポットが建ち並ぶ中心エリアにあるので、鉄道やバスなど公共の乗り物でも行きやくアクセスは抜群です。
館内にはインスタントラーメンに関する情報が数多く展示されていて、発明・発見の大切さを学ぶことができます。

好きな具材を組み合わせて、自分だけのオリジナルカップヌードルを作ることができるコーナーや、世界各国の珍しい麺料理を紹介するコーナーなど、広い館内はとにかく麺で溢れています。

茨城県・筑波宇宙センター

せっかくのお盆です。
何するか迷ったら、夏の夜空に思いを馳せながら、日本の宇宙開発について学習するというプランはいかがでしょう。

宇宙について学ぶなら、JAXA(宇宙航空研究開発機構)が所有する「筑波宇宙センター」がおすすめです。
場所は茨城県つくば市の筑波研究学園都市内にあります。

広い敷地の中には、燃焼試験に使われたロケットエンジンや、宇宙飛行士が実験などを行うための実験棟「きぼう」の実物大模型などが展示されています。

屋内展示が中心なので天候不良でも楽しむことができますが、ここへ来たらぜひ、屋外に横たわるH-IIロケット(本物)も見逃さないようにしましょう。
1994年に初めて打ち上げに成功した純国産ロケットの、全長50mという巨大な躯体は迫力満点で、宇宙に興味のある人もない人も思わず見入ってしまうこと間違いなしです。

休館日は月曜となっていますが、施設点検などの関係で変更されることもあります。
事前に確認してからお出かけください。

海外旅行

1週間以上の休みが取れたら、何するか迷う前に遠くへ出かけたいものです。
思い切って海外旅行はいかがでしょうか。

お盆の時期におすすめの海外スポットについて解説いたします。

アジア

まずはアジア圏から人気のリゾート島を2箇所、ご紹介します。

タイ・パンガン島

パンガン島はタイのタイランド湾に浮かぶ小さなリゾート島です。

毎月満月の夜にフルムーンパーティーが催され、多くの人がビーチに集まって一晩中踊り明かすことで知られています。
満月以外でも、半月の夜にハーフムーンパーティー、新月のときにはブラックムーンパーティーと、夜のビーチで月を見上げては音楽を奏でて踊り明かすという笑顔の絶えない島なのです。

必ずしも毎年、日本のお盆休みとフルムーンパーティーの時期が重なってくれるとは限りませんが、パーティーのない日でもビーチには賑やかな音楽が鳴り響いています。
あえてパーティーのない日を狙って上陸するのも楽しみ方のひとつです。

インドネシア・ビンタン島

ビンタン島はインドネシア北西部に位置するリゾート島です。
島といってもかなり大きく、ハワイのマウイ島とほぼ同じくらいの面積の中に、およそ40万人の人々が暮らしています。

リゾート開発が行われるようになったのが20世紀末ということもあって、豊かな自然が残る島としても大変人気があります。
インドネシア領ですが、シンガポールの東南約45kmのところに位置しており、フェリーで1時間ほどで行くことができます。

大都市からのアクセスがよいことから、気軽に足を運べるリゾート地として近年人気が高まっています。
シンガポールに滞在し、リゾート気分を味わうためにビンタン島へ赴くという人も多いようです。

ヨーロッパ

次に、ユーラシア大陸・ヨーロッパのおすすめスポットを2箇所、ご紹介します。

ロシア・ウラジオストク

ウラジオストクは「日本から近いヨーロッパ」と言われるロシア極東部にある湾岸都市です。
モスクワやサンクトペテルブルクのような西側の大都市とは違った趣があります。

ここは古くからロシアでは「凍らない港」とも呼ばれ、貴重な港と位置付けられてきました。
旧ソビエト時代には外国人の立ち入りが禁じられていましたが、現在ではビザも取得しやすくなり、訪れやすい街へと変貌を遂げつつあります。

そんなウラジオストクの街中には、ヨーロッパを感じさせる古い建物と、近代的なビルや高速道路が混在しています。

緯度は札幌とほぼ同じくらいで、ロシアとはいえ夏場の気温は30℃ほどにもなります。
しかし、10月の終わり頃になると氷点下まで下がることも珍しくないので、訪れるなら夏場がおすすめです。

日本との関わりも深いウラジオストク、お盆休みに訪れてみてはいかがでしょうか。

マルタ島

マルタ島は、ヨーロッパでも人気の地中海リゾート島です。
イタリア半島をブーツに見立てると、つま先のその先にあるのがシチリア島で、さらにその先にあるのがマルタ島です。

1989年、アメリカ・ソ連の冷戦の終結を宣言したマルタ会談が行われた島で、様々な歴史的出来事の舞台となった場所としても知られています。
面積は東京23区の半分くらいと小さな島ですが、マルタ共和国というれっきとした独立国です。

そんなマルタ島、海の美しさは言うまでもありません。
さらに古代遺跡や歴史的建造物、豊富な海の幸など見どころがたくさんあり、治安が穏やかで物価も安いため、観光地として大変人気があります。
夏は日差しが強く気温も高いですが、空気が乾燥しているので、比較的過ごしやすいと感じる人も多いようです。

蒸し暑い日本の夏もよいものですが、まとまったお盆休みが取れたら、思い切って地中海の照り付ける日差しの中へ飛び込んでみてはいかがでしょうか。

お盆休みにおすすめの旅行先については、以下の記事で詳しくご紹介しています。
こちらもぜひご覧になってください。

こちらも読まれています

お盆休みどこに行く?国内外の人気のおすすめ旅行先をご紹介

GWの次にやって来る長期休暇のお盆休み!この機会に行ってみたかった場所へ足を運んでみてはいかがでしょうか?国内の人気の旅行先やおすすめの海外旅行先、また、混雑するお盆休みの意外な穴場スポットまで、旅行計画を立てたくなる場所をご紹介します。

お盆はいつが混む?

困った人々

前にも述べた通り、全国的には8月13日から16日の4日間をお盆とする地域が多いです。
会社や工場なども、8月中旬を中心にして休業するところが多いです。

そのため、8月15日前後の土日は、公共の乗り物も高速道路も混雑するものと考えられます。

お盆の混雑については、以下の記事で詳しく解説しています。
こちらもぜひ、参考になさってください。

こちらも読まれています

お盆のラッシュはいつから?高速道路と新幹線に分けて解説します

お盆と言えば実家に帰るという方が多いかと思います。そこで気になるのが帰省ラッシュですよね。今回はお盆の帰省ラッシュはいつになるのかについて解説させていただきたいと思います。車で帰る方用に高速道路編、電車で帰る方用に新幹線編と分けてお伝えしていきます。

お盆に何する?についてのまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、お盆の過ごし方について解説しました。

  • お盆の時期は地域によって様々だが、全国的には8月13日から16日という地域が多い
  • 高速道路や公共の乗り物は、8月中旬の土日が最も混雑する
  • お盆休みの過ごし方(1)実家へ帰省して過ごす人が多い
  • お盆休みの過ごし方(2)混雑を避け、自宅で過ごす人も少なくない
  • お盆休みの過ごし方(3)家族やカップルで楽しめる穴場スポットを探して出かける
  • お盆休みの過ごし方(4)長期休暇をとることができたら、思いきって海外へ

お盆の過ごし方には特に決まりはありません。
お盆休みは地域や各ご家庭で、ご自身の事情に合わせた過ごし方をすればよいのです。

よいお盆休みをお迎えください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

「お盆・何する」に関連する記事

「お盆・何する」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「お盆・何する」についてさらに知りたい方へ

お盆のお供えにおすすめのお菓子とは?金額相場やのしについても解説のサムネイル画像

お盆のお供えにおすすめのお菓子とは?金額相場やのしについても解説

お盆の香典袋はどうやって選ぶ?表書きの書き方や金額相場もご紹介のサムネイル画像

お盆の香典袋はどうやって選ぶ?表書きの書き方や金額相場もご紹介

2018年のお盆はラスベガスでお盆玉ゲット!おすすめカジノを紹介のサムネイル画像

2018年のお盆はラスベガスでお盆玉ゲット!おすすめカジノを紹介

お盆にお供えする砂糖菓子って?名前や由来・飾り方までを解説しますのサムネイル画像

お盆にお供えする砂糖菓子って?名前や由来・飾り方までを解説します

お盆のお墓参りは7月なの、8月なの?いつ行けばいい?のサムネイル画像

お盆のお墓参りは7月なの、8月なの?いつ行けばいい?

東京のお盆はいつからいつまで?お盆の過ごし方や穴場の旅行先を紹介のサムネイル画像

東京のお盆はいつからいつまで?お盆の過ごし方や穴場の旅行先を紹介

お盆にお供えするものの意味をご存知ですか?のサムネイル画像

お盆にお供えするものの意味をご存知ですか?

お盆にふさわしいお供え物とは?熨斗のマナーや処分方法も解説しますのサムネイル画像

お盆にふさわしいお供え物とは?熨斗のマナーや処分方法も解説します

お盆の時期に結婚式は非常識なの?注意すべき点を徹底解説します!のサムネイル画像

お盆の時期に結婚式は非常識なの?注意すべき点を徹底解説します!

曹洞宗のお盆の流れとは?お供え物や仏壇の飾り方も解説します!のサムネイル画像

曹洞宗のお盆の流れとは?お供え物や仏壇の飾り方も解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと