有田陶器市は秋に行くのが断然おすすめです

佐賀県にある有名なやきものの町「有田」。春には陶器市も行われ、大勢の人で賑わいます。でも、この陶器市、秋にも開催されているのをご存知ですか?実は秋に行くのもおすすめなんです。今回は「秋の有田陶器市」についてご案内します。

目次

  1. 「有田陶器市」とは?
  2. 「秋の有田陶器市」はいつ始まった?
  3. 「秋の有田陶器市」が楽しい理由とは
  4. もちろん窯元巡りもできます
  5. こんな面白いイベントも
  6. どうやって行けばいい?
  7. 器を買っても、買わなくても楽しい催しです

「有田陶器市」とは?

佐賀県有田町で開催されている「有田陶器市」。

この催しの歴史は古く、なんと1915年から始まったそうです。

100周年を超えているんですね。



そんな、有田陶器市ですが、元々はゴールデンウイーク期間中に行われている春の催しです。

人出の多さを、ニュース番組等で見たことがある方も多いのでは?

会期中には4キロメートルほどの道に、500店ほどが出店。

なんと、約100万人以上もの人出があるそうです。

当然ですが、通り道は人でごった返します。

ゆっくり見て回ることも非常に難しい状況。



また、たくさん陶磁器を買ったとしても、人ごみの中持ち歩くのも大変です。
(大きなリュックサックを担いでくるお客さんもいるそうですが…。)

たくさんのお店と大勢の観光客は、お祭り気分を味わうのにはいいのですが、ちょっと疲れますよね?

そんな方にぜひお勧めしたいのが「秋の陶器市」です。

「秋の有田陶器市」はいつ始まった?

2016年で第12回目の催しです

この陶器市は(正式には「秋の有田陶磁器まつり」ですが、この記事内では分かりやすいように「秋の陶器市」とさせていただきます)2016年に第12回目が開催されている、比較的新しい催しです。

まだ、知らない方も多いのではないでしょうか?

例年、人出が10万人ほどということで、春の陶器市と比べてのんびりしている印象です。

ゆったりと楽しみたいという方にはピッタリの催しですよ。

「秋の有田陶器市」が楽しい理由とは

秋の陶器市は、器を見る以外にも楽しみがいっぱいです。

いくつか紹介しましょう。

グルメが楽しめる

秋の陶器市では、地元のお店の美味しい食べ物が並ぶイベントも開催されています。

「ハンバーガー」「から揚げ」「ソフトクリーム」など、屋外で気軽に食べられるものから、飲食店の「期間限定メニュー」など、ちょっと豪華なものまで、様々なものが用意されています。

さらに、有田には、新ご当地グルメの「有田焼五膳」があります。

有田焼の器で鶏料理がいただけるそうです。


お腹の空き具合や予算に応じて、選べるのがいいですね。
この機会に、名物料理を味わってみませんか?

紅葉が楽しめる

秋といえば紅葉。

有田でも紅葉を楽しむスポットがたくさんあります。

例えば、第12回の陶器市では、「泉山弁財天の大公孫樹(おおいちょう)」「陶山神社」「泉山磁石場」周辺など、有田町内の紅葉の名所5ヶ所を「紅葉5(ファイブ)」と名付け、観光客に散策して
もらえるようにしていました。

陶器を見ながら、紅葉も楽しめるなんて、とても素敵ですね。

町歩きが楽しめる

有田の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。

ちょっと昔の日本にタイムスリップしたような町を見て回るのも、楽しそうですね。


希望の方には、着物の貸し出しもあるそうですよ。

着物貸し出し希望の場合は、事前の申し込みが必要です。

いきなり行っても着ることができないので、ご注意ください。

もちろん窯元巡りもできます

陶器市ですので、当然いちばんのお目当ては「器」でしょう。

「秋の陶器市」でも、いくつかの窯元が「薪窯焚き」を公開しています。

なかなか見ることができない伝統の技術を見学するチャンスです。

ぜひ、見ておきたいですね。


また、窯元によっては、見学だけでなく、「薪入れ」「絵付け」の体験をさせてくれるところもあります。

こちらも、興味がある方は、開催している窯元の情報を事前に確認して、訪れてみてはいかがでしょうか?

器もたくさん販売しています

春の陶器市に比べたら規模が小さいものの、各窯元が集まって器の販売も行っていますよ。

窯元があるところにまで行く時間がとれない、という方でも、一同に会した器の中からお気に入りを選ぶのもいいのではないでしょうか?

こんな面白いイベントも

秋の陶器市では、その他にも面白いイベントが盛りだくさんです。

茶わん供養があります

欠けたり割れたりしている茶わんや器を持ってくると、新品の茶わんに無料交換してくれるという面白い企画を行っています。

ただし、1人1個までだそうです。

写真コンテストも開催

「秋の陶器市」開催中に撮影した写真を対象に、コンテストも行われています。

受賞作品は展示されたり、「秋の陶器市」PRにも使われるそうなので、腕に自信のある方は、参加してみてはいかがでしょうか?

どうやって行けばいい?

秋の陶器市では残念ながら臨時列車まではありません。

しかし、高速道路を使うならば、最寄りに「波佐見・有田インターチェンジ」があります。
自然豊かな道をドライブするのもいいですね。

また、JRにも「有田駅」があります。
本数は少ないですが、特急列車も止まりますので、のんびりと訪れたい方には最適です。

そして、町内にはレンタサイクルも準備されていますので、色々見て回りたい際は利用してみてはいかがでしょうか?

器を買っても、買わなくても楽しい催しです

ご覧いただいたように、秋の陶器市も趣向を凝らした素晴らしい催しです。

グルメや紅葉、町歩きなど、器の購入が目的でなくても、とても楽しいですよ。

この陶器市を秋の行楽の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

「有田・陶器市」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと