お盆に合うネイルって?オススメの色やアレンジ方法をご紹介します!

お盆では、ネイルはしても大丈夫なのかと疑問がでてくると思います。せっかくのお盆休みはネイルをしたいですが、大人の女性らしくTPOはしっかりとわきまえたいところです。そんなお盆時に適したネイルの色やアレンジ方法をご紹介します。ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. お盆のネイルについて
  2. お盆とは?
  3. お盆に合うネイルは?
  4. お盆に合うメイクとは?
  5. お盆に合う髪型とは?
  6. お盆に合う服装とは?
  7. お盆のネイルについてのまとめ

お盆のネイルについて

お墓

お盆休みは、会社が休みとあっていつもはできないネイルなどのおしゃれを楽しめますよね。
しかしお墓参りに行く際、ネイルはしても大丈夫なのか・どんなデザインが好ましいのか、そういった疑問が出てくると思います。

また、お盆に合う服装や髪型など、TPOをわきまえ、大人の女性なら身だしなみをしっかりとしたいですよね。
帰省した場合、久しぶりに会う親族や近所の方に、常識がないと思われてしまわないように、どのようなネイルや服装がお盆に適しているのか確認しておきましょう。

今回終活ねっとではお盆に合うネイルなどについて、

  • 通常のお盆と法要があるさいのネイルについて

  • お盆におすすめのメイク

  • お盆におすすめの髪型

  • お盆におすすめの服装

といったことを中心に解説していきます。
詳しく解説していきますので、お盆の際にはぜひ参考にしてみてください。

また、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

お盆とは?

お墓

お盆とは、故人が生前に住んでいた場所や家族のところに帰ってくるとされ、故人の精霊をお迎えし供養する期間のことを言います。
東京では7月15日を中心にお墓参りなどの行事を行いますが、他の地方ですと8月15日を中心に行います。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
お盆のしきたりについて詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

お盆のしきたりについて知っていますか?日本各地のしきたりもご紹介

1年の中でもご先祖様を供養する時期であるお盆ですが、実はお盆にまつわるしきたりは地域によってさまざまです。今回はお盆の時期の一般的なしきたりや特定の地域にしか見られない風習について詳しく見ていきますので、地元に帰省した折にお役立てください。

お盆に合うネイルは?

困った人々

お盆期間中のネイルやお盆に法要がある場合のネイルは、どんなデザインが好ましいのでしょうか。

お盆は先祖を供養する期間なので、お墓参りに行く際は、派手なネイルは好ましくありません。
どのようなネイルだと失礼に当たらないのか詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。

通常のお盆

通常のお盆は親族が集まることが多いです。
親族だけなら極度に気を遣う必要はないかもしれませんが、あまりにも派手なものは避けましょう
故人が霊として戻ってくる日なので、それなりに周囲の目を気にしましょう。

ここでは、清楚・上品・ワンポイントとタイプ別に解説していきます。

清楚

清楚なデザインのネイルは通常のお盆のときにおすすめです。
例えば、フレンチネイルやヌードカラーでデザインしたチークネイルなど、シンプルですがどこか遊び心あるデザインが可愛らしいので、おすすめです。

また、オフィスネイルをしている方もこの清楚なデザインのネイルをしている方が多いと思いますが、お盆のときにも使えるのが嬉しいですよね。

上品

お盆期間中は、上品なネイルもおすすめです。
例えば、ワントーンでデザインすると簡単なのに上品に仕上がります。
ですが、このとき派手な色を選んでしまっては上品になりませんので、色はヌードカラーを選ぶことが大切です。

ベージュや薄めのピンクなどもおすすめで、一色でネイルすることで大人っぽさを演出できるので、お盆期間中はぜひ試してみてください。

ワンポイント

ワントーンネイルを上記でご説明しましたが、このワントーンネイルにワンポイント付け加えることもおすすめです。
例えば、フラワーネイルは可愛さも取り入れやすく、清楚なデザインになりやすいのが特徴です。

簡単にできるのでお盆期間中に試していただきたいデザインの一つです。
ワンポイント取り入れるだけで、ネイルも違って見え、おしゃれを楽しめます。

法要がある場合

法要がある場合のネイルは、避けるべきだと考えられます。
前もって分かっている法要ですので、事前にネイルは落としてしまった方が無難です。
しかし、ネイルを取り忘れてしまったり、ジェルネイルなど自分で取るのが難しい場合があります。

そのようなときの対処法など、知っておきたい事項をご紹介します。

透明かベージュ、淡いピンク

法要がある場合、ネイルは避けるべきだと解説しました。
ですが、透明やベージュ、淡いピンクはマナーの範囲以内だと考えられます。
派手ではなく、地味で落ち着いた色味なので法要のときでも比較的取り入れやすいカラーです。

このとき、一色でデザインできるワントーンネイルにすると、派手な印象を与えずにすむのでおすすめです。

ジェルネイルはどうする?

ジェルネイルを取り忘れてしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。
ジェルネイルをしたまま法要に出席してしまっては、マナー違反で見た目も悪いですよね。
いくつかジェルネイルを隠す方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

上からベージュのマニキュアを塗る

自分で落とすことの難しいジェルネイルですから、上からベージュのマニキュアを塗ってしまいましょう。
ベージュのマニキュアなら目立たない色ですので、ジェルネイルを隠すことができます。

また、マニキュアですと自分で落とすことができるので、法要が終わってから除光液を使って落とすことが可能です。
マニキュアはコンビニでも購入することができますが、発色が良く濃いめのベージュの方がしっかりと隠すことができるので、そういったマニキュアを選ぶことをおすすめします。

すぐに購入することができるマニキュアですから、すぐに対応したいときに適した対処法だと言えます。

つけ爪をつける

ジェルネイルを隠す方法として簡単なのが、つけ爪をつけることですが、いくつか難点があります。
まず、接着剤で付ける場合、物によってはジェルネイルを傷つけてしまう恐れがあります。
次に、自分の爪を隠すわけですから、自分の爪よりも長いつけ爪を用意しなければなりません。

そのほかにも、自分でうまく付けられずにつけ爪が法要時に落ちてしまう可能性もあります。
それらのことを考え、つけ爪をうまく付けることができないと思ったら、ベージュのマニキュアを塗って対処したほうが無難です。

手袋をする

ジェルネイルを最も簡単に隠す方法は、葬儀用の黒のレース手袋をはめてしまうことです。
しかし、簡単に隠せる手袋ですが難点もあり、手袋を外してしまうとジェルネイルが見えてしまいます。

法要後にお斎があった場合、食事をするのに手袋を外すので、ジェルネイルをしていることがわかってしまいます。
それらを考えると、ベージュのマニキュアを使って重ね塗りをすることが一番安心できると思います。

お盆に合うメイクとは?

人々

お盆のときのメイクのマナーは特にありませんが、故人を供養する場であるので、派手なメイクは相応しくありません。
ナチュラルなメイクが好ましく、アイシャドウはブラウンや薄めのピンクにし、アイラインは薄めに引くのが良いと思います。

また、リップもグロスでテカテカにせず、ナチュラルに仕上げるのがおすすめです。
派手な色を使わずにメイクを仕上げると良いでしょう。

お盆に合う髪型とは?

お墓

お盆のときの髪型は、アップヘアやポニーテールなど髪をまとめると良いでしょう。
特にロングヘアだと、お墓参りするさいに邪魔になったりするので、まとめてしまうと良いです。
また、ハーフアップも顔回りの髪をすっきりとまとめられ、清楚にも感じる髪型なのでおすすめです。

ヘアアクセサリーを付けたい方もいらっしゃると思いますが、あまり派手ではないヘアアクセサリーを付けることが好ましいです。

お盆に合う服装とは?

お墓

お盆のときの服装に、決まったルールなどはありませんが、時と場所をわきまえることが大切です。
普段着で大丈夫ですが、お墓参りに派手な服装やあまりにもカジュアルすぎる服装は印象が悪く、相応しい服装だとは言えません。

お盆に合う服装は、白や黒などの派手ではない色のシャツやブラウスに、ボトムスも同様に白や黒などのパンツやスカートにすると良いでしょう。

また、下記の記事ではお盆の服装や初盆の服装を詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

こちらも読まれています

お盆にはどんな服装をすればいいの?初盆の際の服装についてもご解説

夏休みに実家に帰省してお盆を過ごすという方も多いと思います。お墓参りに行ったり仏壇に手をあわせたり、普段はなかなか機会のないご先祖様の供養を行うお盆ですが、服装について考えたことはありますか?今回はお盆にふさわしい服装や持ち物について詳しく解説します。

お盆のネイルについてのまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、お盆のネイルや服装について下記のことを解説してきました。

  • お盆では派手なネイルは避け、清楚で上品なデザインのネイルをする。

  • お盆に法要があるが、ネイルをしてしまった場合の対処方法は、マニキュアやつけ爪、手袋をはくようにする。

  • お盆時のメイクは、ナチュラルに仕上げる。

  • お盆時の髪型は邪魔にならないようにアップヘアがおすすめ。

  • お盆時の服装は、派手な服装は避けるようにする。

お盆のときのネイルにはルールなどはありませんが、先祖を供養するために行う行事なので、派手すぎるネイルは避けるべきです。
休暇はおしゃれを楽しみたい気持ちもわかりますが、お盆はネイルを上品に仕上げたりと工夫をし、おしゃれを楽しんでみるのも良いですね。

終活ねっとでは、他にもお盆に関する様々な記事を掲載しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

お盆の迎え方を宗派ごとにご紹介!送り方も合わせて解説します!

古来から日本にある習慣としてのお盆ですが、迎え方や送り方の細かいしきたりについて知らない方は多いのではないのでしょうか。準備するものや宗派によっての違いなどお盆の迎え方をこちらではご紹介します。マナーやしきたりを押さえてお盆を迎えましょう。

「お盆・ネイル」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「お盆・ネイル」についてさらに知りたい方へ

お盆は7月か8月どっち?なぜ違う?地域で違うお盆の時期を解説!のサムネイル画像

お盆は7月か8月どっち?なぜ違う?地域で違うお盆の時期を解説!

お盆の食べ物って一体?肉や魚は食べていいの?徹底的に解説します!のサムネイル画像

お盆の食べ物って一体?肉や魚は食べていいの?徹底的に解説します!

お盆は祝日と平日どっち?銀行や市役所のお盆についても解説しますのサムネイル画像

お盆は祝日と平日どっち?銀行や市役所のお盆についても解説します

お盆のひとり旅特集!国内から海外までオススメの場所をご紹介しますのサムネイル画像

お盆のひとり旅特集!国内から海外までオススメの場所をご紹介します

お盆にお供えするものの意味をご存知ですか?のサムネイル画像

お盆にお供えするものの意味をご存知ですか?

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

お盆に渡すお布施はいくら?お布施の金額相場や渡し方について解説のサムネイル画像

お盆に渡すお布施はいくら?お布施の金額相場や渡し方について解説

お盆休みには長崎旅行がいいかも!定番のイベントや費用相場をご紹介のサムネイル画像

お盆休みには長崎旅行がいいかも!定番のイベントや費用相場をご紹介

お盆は宗教行事?お盆の歴史や由来・宗教との関係についても解説!のサムネイル画像

お盆は宗教行事?お盆の歴史や由来・宗教との関係についても解説!

お盆で振る舞う料理に決まりはある?定番から簡単レシピまで紹介のサムネイル画像

お盆で振る舞う料理に決まりはある?定番から簡単レシピまで紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お盆・ネイル」についてさらに知りたい方へ

お盆にプールに行ってはいけないの?危険と言われる理由を解説しますのサムネイル画像

お盆にプールに行ってはいけないの?危険と言われる理由を解説します

お盆のお墓参りは7月なの、8月なの?いつ行けばいい?のサムネイル画像

お盆のお墓参りは7月なの、8月なの?いつ行けばいい?

お盆に造花をお供えしてもいい?造花のメリットや新たな選択肢も解説のサムネイル画像

お盆に造花をお供えしてもいい?造花のメリットや新たな選択肢も解説

地域によって異なるお盆の風習とは?都道府県別に詳しく解説しますのサムネイル画像

地域によって異なるお盆の風習とは?都道府県別に詳しく解説します

お盆の手土産の熨斗(のし)はどうする?金額や品物までご紹介しますのサムネイル画像

お盆の手土産の熨斗(のし)はどうする?金額や品物までご紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと