お盆の供物の選び方とは?供物の処分方法やのしのマナーも解説します

暑い日々が続く一方で、近づいてくるのがお盆の時期です。ご自宅に滞在しているご先祖様をおもてなしするためにさまざまな供物をお供えします。しかし、お供えすべきものの種類がたくさんあることから迷う場合も多いです。今回は、お盆の供物を選ぶポイントについて見ていきます。

目次

  1. お盆の供物の選び方とは?
  2. お盆に供物をする意味
  3. お盆にふさわしい供物とは?
  4. お盆の供物に掛けるのし紙のマナー
  5. お盆の供物を郵送する場合
  6. お盆の供物の処分方法とは?
  7. お盆の供物のお返しは必要?
  8. お盆の供物に関するまとめ

お盆の供物の選び方とは?

仏壇

本格的な夏の暑さの日々が続く一方で、刻々と近づいてきているのがお盆の時期です。
お盆といえば、多くの方がお墓参りや、ご自宅やお寺などで僧侶の方のお経が流れる中で行われる法事などをイメージすることでしょう。

しかし、お盆は本来ご先祖様の霊があの世から戻ってきて子孫の方たちと一緒に過ごす時期です。
そのため、ご先祖様の霊をおもてなしするためにさまざまな種類の供物をお供えするのが習わしとされています。

ただ、お盆の供物を選ぶときにあまりにも種類があることから、選び方がわからないという方が毎年のように多いです。
そこで今回終活ねっとでは、お盆の時期にお供えする供物の選び方についてご紹介します。

  • お盆に供物をする意味とは?

    お盆の時期に供物をする意味について見ていきます。

  • お盆にふさわしい供物にはどのようなものが挙げられるのか?

    毎年悩む方も多いお盆にふさわしい供物にどのようなものが挙げられるのかについて詳しく解説していきます。

  • お盆の供物に掛けるのしのマナーとは?

    お盆の供物を持参する際に掛けるのしにまつわるマナーについて、表書きの書き方と水引の選び方の2点から見ていきます。

  • お盆の供物を郵送する場合はどの点に注意すれば良い?

    事情があって供物を郵送する際に気を付けるべきポイントについてご説明します。

  • お盆の供物はどのように処分すれば良いのか?

    暑い時期にあたることから悩みがちなお盆の供物の処分について解説していきます。

  • お盆の供物に対してお返しは必要なのか?

    持参や郵送していただいたお盆の供物にお返しは必要なのかどうかや、お返しすべき場合におすすめの品物や必要なマナーについてご紹介していきます。

初めて供物を用意するという方や、毎年のように供物選びで苦労されている方が迷わないようにわかりやすくまとめていますので、最後まで読んでいただければ幸いです。

また、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

お盆に供物をする意味

葬儀

最初にお盆の時期に供物をすることの意味について見ていきましょう。
お盆はもともと、仏教を開いたお釈迦様の弟子である目連尊者が地獄に落ちた母親を救うために旧暦の7月15日に修行仲間におもてなしをし、母親を成仏させた故事に由来します。

そのため、お盆は仏教の伝来とともに伝わった際に日本に古くあった祖先崇拝の伝統と結びついて、先祖供養のために行われる風習として定着しました。

さて、お盆で供物を行うという慣習も目連尊者の故事に由来するものです。
つまり、お盆ではあの世から帰ってきているご先祖様をおもてなしするために供物台に多くのお供えして、ご先祖様や仏様に対し感謝と尊敬の念を示すのが供物の持つ意味とされています。

お盆にふさわしい供物とは?

仏壇

お盆の時期に向けて準備をする中で多くの方が悩みがちなのが、どのような供物をお供えすれば良いのかという点です。

そこでここでは、お盆の時期の供物として代表的なものについてご紹介していきます。
供物選びで頭を悩ましがちな方は、ぜひとも参考にしていただければ幸いです。

お金

供物選びでどうしても悩むという方は、供物の代わりに供物を購入してもらうためのお金を持参するのも1つの手です。
供物代わりのお金は「供物料」と呼ばれており、最近では供物料を品物の代わりに持参するという方も増えています。

供物料の金額相場は3千円から5千円が一般的とされており、実際の品物を供物として持参する場合もこの金額の範囲で購入してからお供えするのが慣習です。
ちなみに、持参する相手方が初盆という場合は、5千円から1万円を包みます。

線香

お線香は、供物の中でも基本のものとされている5つのもの(五供)の1つ「香」のことです。
ご先祖様を悟りの世界に導くとともに、ご先祖様と仏様に香りを感じていただくためにお供えされます。
同時に、お供えする側の身と心を浄化する意味を持つとされているものです。

五供の1つとしての「香」には抹香も含まれますが、抹香以上に長持ちしやすいということからお線香を選ぶという方が多い傾向にあります。

お花

お花もまた基本的な供物である五供の1つに数えられ、ご先祖様や仏様に自身が生かされていることの感謝を示すためのものとされています。

仏壇やお墓にお供えするお花といえば菊をイメージする方も多いでしょう。
しかし、菊に限らず夏特有のお花(ミソハギなど)や故人が生前好んだ種類のものもおすすめです。
また、生花のほか、造花やプリザーブドフラワーといった加工されているものでも大丈夫とされています。

ただし、毒のあるものや香りの強いもの、とげがあるものなどはタブーとされていますので、選ばないようにしましょう。

お菓子

供物の定番とされているものの1つです。
百貨店や専門店などで手軽に入手できるうえ、お供えのためにのし紙をかけてもらえるところも多く見られます。

お菓子を選ぶ際のポイントは、日持ちするものである点や個別包装されている点、故人が好んでいたものである点などです。
後で触れるようにお菓子などはお下げした後に分け合うものとされているため、なるべく後でみんなで食べやすいものを選びましょう。

果物

お菓子と並んでお供えされることが多いものが果物です。
お盆の時期の場合は、桃・ブドウ・梨といった夏に旬を迎える種類のものや故人が好んでいたものが特におすすめといえます。

選ぶ際のポイントは、簡単に切り分けてお供えできるという点です。
また、最近では簡単にお供えできるように、何種類かの果物をバスケットにひとまとめにしたものを用意することもできます。

お盆の供物に掛けるのし紙のマナー

葬儀

お盆の時期の供物は選び方も重要であるとともに、一緒に掛けるのしも大切です。
ここでは、お盆の供物に掛けるのしにまつわるマナーをご紹介します。

表書きの書き方

お盆の時期の供物に掛けるのしに書く項目の中でも重要なものが表書きです。
どのような目的でお供えするのかをはっきり示すものであるため、表書きを書くことは欠かせません。

お盆の供物に掛けるのしの場合、表書きには大きく2つのパターンがあります。
品物にのしをかける場合は、「御供」や「御供物」、「御仏前(ご仏前)」などが挙げられます。
また、お金を包む場合は「御供物料」も重要な表書きです。

水引の選び方

のしをかける際には、水引の選び方もまた重要なポイントです。
お盆の供物の掛けるのしで選ぶべき水引のポイントには、色と結び方が挙げられます。

色は法事用であることから黒白(関西などでは黄白)のものを選びましょう。
また、結び方については不幸が繰り返されないことを祈る意味で、結んだ後にほどきにくい結び切りやあわじ結びのものが一般的です。

お盆の供物を郵送する場合

仏壇

何らかの事情で供物を郵送で送ることになった場合、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか?

ここでは、供物を郵送する際のポイントを見ていきます。

供物を送る時期

供物の郵送の際に気を付けるべき点として、送る時期が挙げられます。
遅くともお盆の初日(迎え盆:7月または8月13日)の前日に届くように送れば大丈夫です。

もし、時間に余裕をもって送りたいという場合は、7月または8月10日前後に届くようにすれば間違いはありません。

逆に、お盆期間中の14日や15日などは、相手方でお墓参りや法要が行われて留守である場合も多いことから、避けた方が良いでしょう。

お手紙を添える

郵送する場合は、品物のほかにお手紙も一緒に添えると良いでしょう。

文面に記す内容で押さえておきたいポイントとして、直接お伺いできないことへのお詫びや理由、ご仏前にお供えしてほしい旨、ご家族の健康を祈る旨などが挙げられます。

また、故人との生前の思い出などに触れたりすると、なお印象が良くなるでしょう。

お盆の供物の処分方法とは?

人々

お盆の時期の供物についての悩みには、どのように処分するかというものもあります。
昔であれば、川に流したり土に還したりする方法がとられていましたが、現在では環境意識の高まりでそれが難しくなっています。

はたして現在では、どのような方法で処分するのが適切なのでしょうか?

お菓子や果物は食べる

お菓子や果物についてはなるべく早いタイミングでお下げして、ご家族や来客の方たちなどで分けていただくようにしましょう。
実はお下げしたものをみんなでいただくこともまた、ご先祖様や仏様に感謝し、ご先祖様を供養する行為の1つです。

お菓子や果物を選ぶ際のポイントに小分けしやすい点や個別包装されている点などを挙げましたが、それは処分するにあたってみんなで食べやすくするためといえます。

半紙に包んで捨てる

お盆は真夏の暑い時期にあたるため、衛生面で心配がある場合は半紙に包んで捨てるという方法もあります。

ただし、そのまま捨てるのは気が引けるという方も多いでしょう。
その場合は、事前に仏壇にお下げする旨を報告し、一言感謝の気持ちを伝えたうえで捨てるとなお良いです。

お盆の供物のお返しは必要?

葬儀

お盆の期間中にいただいた供物に対してはお返しは原則必要です。
ここでは、お返しにふさわしい品物やお礼状について簡潔に見ていきます。

より詳しいことは、この項目の一番下のリンクの記事をぜひともご参照ください。

お返しにふさわしい品物

お返しの際には、いただいた品物やお金の半額または3割相当の品物をお渡ししたり送ったりするのが一般的です。

お返しにふさわしい品物には、菓子折りやコーヒーセット、タオルセットなどが挙げられます。

お礼状を添える

なお、お返しの際にはお礼状も一緒に添えるのが作法です。

お礼状のポイントとしては、供物をいただいたことへのお礼を記すことはもちろんのこと、ご自身の手書きによって縦書きで記すことが大切といえます。

こちらも読まれています

お盆のお供えに対するお返しについて解説!のしやお礼状もご紹介

お盆のお供えに対するお返しについて、正しい対応が行えますか?マナーを知らないと、お供えを頂いた方に不快な印象を与えてしまうかもしれません。そうならないよう、正しい対応について知っておきましょう。ここでは、お盆のお供えに対するお返しの詳細について説明します。

お盆の供物に関するまとめ

仏壇

今回終活ねっとでは、お盆の供物の選び方などについて見てきました。
内容をまとめますと、次のようになります。

  • お盆の供物の意味として、あの世から戻って来るご先祖様をおもてなしするとともに、ご先祖様や仏様に感謝の気持ちを示すことが挙げられる。
  • お盆にふさわしい供物として、お金(供物料)やお線香、お花、お菓子、果物が挙げられる。
    それぞれに詳しい選び方のポイントがある。
  • お盆の供物に掛けるのしには、「御供」や「御供物」、「御供物料」などの表書きを使う。
    水引には黒白または黄白の色で、結び切りやあわじ結びの結び方をしてあるものを選ぶ。
  • お盆の供物を郵送する場合は、遅くともお盆が始まる前日に相手方に届くようにし、お手紙も一緒に添える。
  • お盆の供物の処分方法として、お菓子や果物はお下げしてからご家族や来客とともに分けて食べる方法と半紙に包んで捨てる方法とがある。
  • お盆の供物へのお返しは原則必要で、いただいた額の半額または3割の価値の菓子折りやコーヒーセットなどを選ぶと良い。
    なお、お礼状も忘れずに添える。

お盆の供物には、お菓子や果物のほか、五供に数えられるお線香やお花を選ぶのがおすすめです。
また、品物の代わりにお金を包むという方法もあります。
これらの点を踏まえれば、供物選びに悩むということはがだいぶなくなるでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「お盆・供物」に関連する記事

「お盆・供物」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「お盆・供物」についてさらに知りたい方へ

お盆に穴場のキャンプ場って?国内のおすすめキャンプ場をご紹介!のサムネイル画像

お盆に穴場のキャンプ場って?国内のおすすめキャンプ場をご紹介!

お盆にお供えするうどんについて解説!香川のうどん屋さんもご紹介のサムネイル画像

お盆にお供えするうどんについて解説!香川のうどん屋さんもご紹介

お盆飾りの片付けはいつ行う?種類ごとにやり方やマナーをご紹介のサムネイル画像

お盆飾りの片付けはいつ行う?種類ごとにやり方やマナーをご紹介

神社とお盆の関係性とは?お盆の流れやマナーについて解説しますのサムネイル画像

神社とお盆の関係性とは?お盆の流れやマナーについて解説します

お盆にお供えする精進料理についてメニュー例やお供え方法を解説!のサムネイル画像

お盆にお供えする精進料理についてメニュー例やお供え方法を解説!

お盆のお供えに対するお返しについて解説!のしやお礼状もご紹介のサムネイル画像

お盆のお供えに対するお返しについて解説!のしやお礼状もご紹介

お盆休みの国内旅行はどこがオススメ?定番から穴場までご紹介しますのサムネイル画像

お盆休みの国内旅行はどこがオススメ?定番から穴場までご紹介します

お盆にお団子をお供えする意味とは?お団子の作り方や供え方をご紹介のサムネイル画像

お盆にお団子をお供えする意味とは?お団子の作り方や供え方をご紹介

お盆期間にやることとは?東京と沖縄のお盆の違いについても解説!のサムネイル画像

お盆期間にやることとは?東京と沖縄のお盆の違いについても解説!

お盆で渡すお供えの表書きの書き方とは?のしの選び方についても解説のサムネイル画像

お盆で渡すお供えの表書きの書き方とは?のしの選び方についても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お盆・供物」についてさらに知りたい方へ

お盆のお墓参りの服装はどうする?目立つ格好などは大丈夫?のサムネイル画像

お盆のお墓参りの服装はどうする?目立つ格好などは大丈夫?

お盆の手土産の熨斗(のし)はどうする?金額や品物までご紹介しますのサムネイル画像

お盆の手土産の熨斗(のし)はどうする?金額や品物までご紹介します

お盆に穴場のキャンプ場って?国内のおすすめキャンプ場をご紹介!のサムネイル画像

お盆に穴場のキャンプ場って?国内のおすすめキャンプ場をご紹介!

お盆団子ってなに?お供えの仕方を調べてみたのサムネイル画像

お盆団子ってなに?お供えの仕方を調べてみた

お盆の行事は何をするの?流れや宗派ごとの違いについても解説!のサムネイル画像

お盆の行事は何をするの?流れや宗派ごとの違いについても解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと