お盆の時期の混雑具合は?どれくらい混む?対処法まで解説します!

お盆の時期には、遠くへお出かけをする方も多いのではないでしょうか。その際には、やはり各交通機関での混雑具合が気になりますよね?混雑に巻き込まれてしまえば、貴重な時間も無駄にしてしまうかもしれません。そこで今回は、お盆の時期の混雑具合やその対処法を解説します。

目次

  1. お盆の時期の混雑について
  2. お盆はいつからいつ?
  3. お盆の時期はどれぐらい混む?
  4. お盆の時期の混雑にどう対処する?
  5. お盆にオススメの旅行先は?
  6. お盆の時期の混雑についてのまとめ

お盆の時期の混雑について

人々

お盆の時期には故郷に帰省したり、旅行を計画している方もいるのではないでしょうか。
年に数回しかない貴重な長期休暇ですので、楽しく過ごしたいですよね。

そんなお盆の時期には、やはり旅行先や各交通機関での混み具合が気になりますよね?
特に交通機関で大混雑に巻き込まれてしまえば、事前に立てていた旅行の計画に影響が出てしまうなど、貴重な時間を失ってしまうこともあります。

そこで今回終活ねっとでは、お盆の時期の混雑について以下のことをご説明していきたいと思います。

  • お盆は基本的にいつからいつまでなの?

  • お盆の時期ではどのくらい混雑するの?

  • お盆の時期の混雑はどう対処すればいいの?

  • お盆の時期にお勧めの旅行先はどこ?

今回はお盆の時期の各交通機関での混雑具合、主に高速道路や新幹線の混雑について詳しくご説明しております。
あらかじめお盆の混み具合やその対処法を知っておくことで、当日の混雑を避けることもできます。

また、お盆にお勧めの旅行先などもご紹介しておりますので、ぜひ最後までお読みください。

お盆はいつからいつ?

お墓

お盆は一般的には8月の13日から16日までとされています。
13日を迎え盆、14、15日を中日、16日を送り盆といいます。
多くの企業では、この期間を中心にお盆休みが設けられるようです。

上記の期間は旧盆とも呼ばれており、多くの地域では一般的なお盆の時期とされています。
しかし一部の地域では、上記とは異なった時期にお盆を迎えるところもあるようです。

お盆の時期の地域による違いについては、下記の記事にて詳しくご説明しておりますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

お盆の時期はいつからいつまで?地域による違いや理由を解説します

お盆の時期は、地域によって様々であることをご存知ですか?新暦を元にする地域もあれば、旧暦を元にする地域もあります。各地域のお盆の特徴を知ることで、供養について改めて見直すきっかけが得られるでしょう。この記事では、お盆の時期の地域ごとの特徴を説明していきます。

お盆の時期はどれぐらい混む?

困った人々

お盆の時期の過ごし方は、故郷に帰省したり国内外へ旅行したりなどと人によって様々ですが、お出かけされる方が多いと思います。
しかし、多くの人がお出かけする時期だからこそ各交通機関などでは大混雑してしまいます。
混雑のピークになれば、スムーズに目的地へ移動することは難しくなってしまいます。

では実際、お盆の時期ではどれぐらい混雑してしまうのでしょうか?
ここでは、高速道路と新幹線の場合を見ていきましょう。

高速道路

お盆の時期の高速道路では、やはり多くの人が集中してしまうため、渋滞が発生しやすくなってしまいます
長い渋滞に巻き込まれてしまえば、長時間身動きが取れなくなってしまい貴重な時間も無駄にしてしまうかもしれません。

そうならないためにも、具体的にどこの高速道路で渋滞が発生しやすいのか、また特に混み合う時間帯はいつ頃なのかについて見ていきましょう。

帰省ラッシュ

混雑する時期は毎年変動しますが、基本的にはお盆休みが始まる8月10~12日が帰省ラッシュとなります。
そして特に混雑する時間帯が午前中となっており、ピーク時となると大渋滞が起こってしまいます。

また、帰省ラッシュの高速道路では主に下り方面で渋滞が発生しやすくなります。
そして、下り方面で特に混雑しやすいのが中央自動車道や東北自動車となっており、ピーク時には40㎞近くの渋滞が起こってしまいます。
その中でも、中央自動車道では高井戸ICから相模湖IC周辺、東北自動車道では鹿沼ICから西那須野塩原IC周辺が渋滞が最も起こりやすいポイントとなっています。

また、上り方面では関越自動車道が混雑しやすく、本庄児玉ICから鶴ヶ島IC周辺で渋滞が発生しやすくなります。
もし40㎞の渋滞に巻き込まれてしまった場合、その区間を通り抜けるのには通常よりも約1時間も多く時間がかかります。

Uターンラッシュ

Uターンラッシュとは帰省を終えて首都圏に帰ることを言いますので、お盆休みの終わり際の8月15~17日がUターンラッシュとなります。
午後が混雑しやすく、特に夕方の17時がピークとなります。

帰省ラッシュの場合とは異なり上り方面で渋滞が発生しやすく、逆に下り方面での混雑はあまり目立たなくなります。
特に中央自動車道と関越自動車道で渋滞が発生しやすくなっており、40㎞近くの渋滞となることが多いです。

また、中央自動車道では大月ICから八王子JCT、関越自動車道では藤岡JCTから鶴ヶ島IC周辺が渋滞の起こりやすいポイントとなっています。

新幹線

新幹線においても、お盆の時期には多くの人が利用するためラッシュ時には大混雑となってしまいます。
また、新幹線のラッシュの時期も基本的に高速道路の場合と時期は同じで、お盆の始めには帰省ラッシュ、終わりにはUターンラッシュが発生します。

新幹線には指定席と自由席が存在しますが、お盆の時期であれば指定席はすぐに満席になってしまい、自由席の車両では乗車率が150%を超えてしまうという事も多いのです。
乗車率が150%というのは、その車両の席が全て満席となりさらに席に座れていない人もいる状態となります。

そして、指定席の乗車券の場合は繁忙期に200円増し、閑散期には200円安くなるといった値段の変動があります。
そのため、お盆の時期では指定席が通常よりも200円高い値段に設定されており、閑散期と比べれば400円も高いことになります。
それでも指定席はすぐに満席となってしまいますので、お盆の時期ではそれだけ混雑してしまうことが分かります。

それでは、新幹線の帰省ラッシュやUターンラッシュではどのぐらいの混雑が生じるのか見ていきましょう。

帰省ラッシュ

新幹線の場合でも、やはりお盆休みの初日あたりが帰省ラッシュとなります。
また、初日には始発の電車ですでに混雑することが多く、そこから夕方にかけてがピークとなります。
そして帰省ラッシュでは、やはり都市部から地方に向かう人が多いため、新幹線においても主に下り方面が混雑してしまいます。

Uターンラッシュ

こちらも高速道路の場合と同じで、お盆休みの終盤あたりがUターンラッシュとなります。
ただ、Uターンラッシュの場合は分散傾向にあるため、ピークはいくつかに分散して訪れます。
そのため帰省ラッシュ時ほどの混雑には及ばないものの、終日混雑してしまう傾向にあります。

また、帰省ラッシュとは逆に地方から都市部へ向かう上り線が特に混み合います。

お盆の時期の混雑にどう対処する?

困った人々

お盆の時期には、必ずと言っていいほど各交通機関で混雑が発生してしまいます。
混雑してしまうと分かっていれば、なおさら避けたいと思う方が多いのではないでしょうか。

では、実際に混雑に巻き込まれてしまった場合はどう対処すればよいのでしょうか?
あるいは事前に混雑を避ける方法はあるのでしょうか?

それらの方法は少なからずも存在するのです。
ここでは、高速道路や新幹線においての混雑の対処法を紹介していきます。

高速道路の場合

高速道路の場合は、毎年混雑する時期や時間帯は変動します。
そのため、混雑が発生する正確な時間帯は分かりません。
しかし、そんなお盆当日でも実はほとんど混雑しない時間帯が存在し、渋滞に巻き込まれること無く移動することが可能なのです。

深夜に移動する

例年通りならば、高速道路では当日の朝早くから混雑してしまいます。
その混雑を避けるための手段として、当日の深夜から早朝にかけて高速道路を移動してしまうという方法があります。

深夜であれば車の通りは少なく、ほとんど混雑も見られないためスムーズに目的地まで移動することができるのです。
通常通りスムーズな移動ができれば、貴重な時間を無駄にしてしまう事も無く、現地では予定通りの時間を過ごすこが可能になります。

当日の渋滞情報を確認しながら移動する

前述した通り、当日の渋滞はいつ頃発生するのかは正確には分かりません。
しかし、リアルタイムであれば渋滞がどこで発生しているのかを知ることができるのです。
そして、それらの情報はインターネットのサイトやアプリなどで簡単に知ることができます。

つまり、携帯電話が1つあれば渋滞の情報を確認しながら移動できるので、上手く活用すれば混雑を避けることも可能なのです。
ただし、やはり時間帯によっては必ずしも混雑を避けられるわけではないので、事前に混雑状況をしっかりと確認しておくことが重要です。

また、携帯電話を見ながら運転するのは大変危険ですので、混雑状況は必ず周りの人に調べてもらいましょう。

新幹線の場合

新幹線においてもお盆休みの初日あたりが特に混雑しますが、そういった日は始発の電車であっても混雑してしまいます。

また、早い時間から始発の電車を待つ人が多いので駅のホームには長い列ができてしまいます。
そうなれば、指定席であれば座ることができるものの、自由席の場合は予定していたものに乗れないという事も起こってしまいます。

では、新幹線の場合ではどうすれば混雑を避けることができるのでしょうか?
指定席と自由席のそれぞれの場合で見ていきましょう。

指定席を早めに予約

指定席を選ぶ場合には、事前に券を購入することができ、席を一ヶ月前から予約をすることが可能です。
駅の券売機なのでも購入できますが、インターネットでも簡単に予約することもできます。

事前に予約をしておけば当日は予定通りの電車にのることができます。
確実に席に座ることもできますので、自由席と比べても移動は断然楽になります。

ただし、お盆の時期ですので指定席の予約は早い段階で埋まってしまいます。
そのため指定席を利用する際は早めの予約が必要となります。

自由席に座る場合

自由席の場合では、基本的にお盆などの時期には混雑を覚悟しておかなければいけません。
混雑で席に座ることが出来なければ、車内では立ちっぱなしで過ごすことになってしまいます。

そういった事を避ける手段としては、始発付近の駅から電車に乗るという方法があります。
ただ、お盆の時期であれば、朝早い時間の電車でもすでに行列ができているという場合が多いです。
そのため自由席で席を確保したい場合には、早朝に家を出て始発付近の駅で列に並び電車を待つしかありません。

しかしこれでも確実に席に座れるわけではなく、車内の乗車率に応じて混雑してしまう可能性があります。
やはり確実に混雑を避けたいのであれば、あらかじめ指定席を事前に購入しておくと安心です。

お盆にオススメの旅行先は?

人々

せっかく長期休暇となるお盆休みなので、旅行を計画している人も多いのではないでしょうか。
お盆の季節は夏ですので、楽しみたい事もたくさんあり、どこへ行こうか迷ってしまいますよね。

そんなお盆の時期に特に人気がある旅行先として、沖縄が挙げられます。
なんといっても沖縄には綺麗な海がありますので、夏に海水浴を楽しみたい方にはピッタリですね。

もちろん海以外にも沖縄には様々な観光スポットがあり、沖縄独自の文化に触れることができます。
1年中人気ではありますが、やはり夏に訪れるのがお勧めの旅行先です。

また下記の記事にて、お盆休みにお勧めする国内外の旅行先をご紹介しております。
お盆の旅行先に悩んでいる方、沖縄以外の旅行先にも興味がある方はぜひご参考にしてみて下さい。

こちらも読まれています

お盆休みどこに行く?国内外の人気のおすすめ旅行先をご紹介

GWの次にやって来る長期休暇のお盆休み!この機会に行ってみたかった場所へ足を運んでみてはいかがでしょうか?国内の人気の旅行先やおすすめの海外旅行先、また、混雑するお盆休みの意外な穴場スポットまで、旅行計画を立てたくなる場所をご紹介します。

お盆の時期の混雑についてのまとめ

人々

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、お盆の時期の混雑具合やその対処法について以下のことを解説してきました。

  • お盆は基本的に8月13日から16日まで

  • お盆の時期の高速道路や新幹線では、特にラッシュ時に大混雑してしまう

  • お盆の時期の混雑を避けるには高速道路では深夜に移動するなどし、新幹線では指定席を早めに予約しておく

  • お盆の時期の旅行先は沖縄がお勧め

お盆の時期には様々な場所で混雑が発生してしまいます。
当日の混雑を少しでも避けるために、事前にしっかりと計画を立てて早めの行動を心がけましょう。

終活ねっとでは、他にもお盆の迎え方についての記事などを多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

お盆の迎え方を宗派ごとにご紹介!送り方も合わせて解説します!

古来から日本にある習慣としてのお盆ですが、迎え方や送り方の細かいしきたりについて知らない方は多いのではないのでしょうか。準備するものや宗派によっての違いなどお盆の迎え方をこちらではご紹介します。マナーやしきたりを押さえてお盆を迎えましょう。

「お盆・混雑」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お盆・混雑」についてさらに知りたい方へ

お盆に入籍するのは縁起が悪いって本当?入籍する際の注意点も解説!のサムネイル画像

お盆に入籍するのは縁起が悪いって本当?入籍する際の注意点も解説!

お盆にお団子をお供えする意味とは?お団子の作り方や供え方をご紹介のサムネイル画像

お盆にお団子をお供えする意味とは?お団子の作り方や供え方をご紹介

お盆に広島旅行に行こう!おすすめの観光地やイベントを一挙ご紹介!のサムネイル画像

お盆に広島旅行に行こう!おすすめの観光地やイベントを一挙ご紹介!

お盆にお供えする野菜とは?作り方から処分方法まで徹底解説します!のサムネイル画像

お盆にお供えする野菜とは?作り方から処分方法まで徹底解説します!

お盆にはクラゲが増える?お盆に海へ入る際の注意点も解説します!のサムネイル画像

お盆にはクラゲが増える?お盆に海へ入る際の注意点も解説します!

お盆供養はどうやって行うの?供養の方法やお布施の書き方をご解説のサムネイル画像

お盆供養はどうやって行うの?供養の方法やお布施の書き方をご解説

お盆のお膳はなぜお供えするの?献立や並べ方とともに解説します!のサムネイル画像

お盆のお膳はなぜお供えするの?献立や並べ方とともに解説します!

お盆のお供え物にゼリーはOK?注意点からその他のおすすめまで!のサムネイル画像

お盆のお供え物にゼリーはOK?注意点からその他のおすすめまで!

お盆にお供えする料理って?宗派別のお供え方法についても解説のサムネイル画像

お盆にお供えする料理って?宗派別のお供え方法についても解説

お盆の法要の流れとは?法要での服装や準備方法についても解説!のサムネイル画像

お盆の法要の流れとは?法要での服装や準備方法についても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お盆・混雑」についてさらに知りたい方へ

お盆のお返しに何を贈ればいいの?おすすめの品物やマナーをご解説のサムネイル画像

お盆のお返しに何を贈ればいいの?おすすめの品物やマナーをご解説

お盆のお供え物に掛けるのしはどうする?のしの種類や書き方をご紹介のサムネイル画像

お盆のお供え物に掛けるのしはどうする?のしの種類や書き方をご紹介

2018年のお盆はモルディブでバカンス?費用や観光地をご紹介!のサムネイル画像

2018年のお盆はモルディブでバカンス?費用や観光地をご紹介!

お盆の飾り付けのやり方は?宗派ごとの違いについてもご紹介しますのサムネイル画像

お盆の飾り付けのやり方は?宗派ごとの違いについてもご紹介します

お盆の混雑ピークはいつ?どう対処すべき?徹底的に解説します!のサムネイル画像

お盆の混雑ピークはいつ?どう対処すべき?徹底的に解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと