お盆の期間に引っ越しはできる?金額相場は?注意点も解説します!

お盆の期間に引っ越しをすることはできるのでしょうか?縁起が良くないという話もあれば、引越し屋さんは稼働しているのかなど気になることは多々あります。そこでこの記事では、お盆の期間に引っ越しはできるのかについて、金額相場や注意点も踏まえながら解説していきます。

目次

  1. お盆の時期の引っ越しについて
  2. お盆はいつからいつ?
  3. お盆の期間に引っ越しはできる?
  4. お盆の期間の引っ越し価格相場
  5. お盆に引っ越しをする際の注意点
  6. お盆の時期の引っ越しについてのまとめ

お盆の時期の引っ越しについて

仏壇

お盆の時期は大型連休でもありますが、引っ越しをすることはできるのでしょうか?
お盆期間中に引っ越すのは縁起が良くない、という話もありますし、実際に引っ越し屋さんが稼働しているのかも気になるところです。

そこで今回の終活ねっとでは、お盆の期間に引っ越しはできるのかについて、金額相場や注意点も踏まえながら解説していきます。
具体的には、

  • お盆の時期はいつからいつまで?
  • お盆期間中の引っ越しは可能?
  • お盆に引っ越す場合の費用相場は?
  • お盆に引っ越す場合の注意点

など、お盆に引っ越しをする際に必要となる様々な情報をお伝えしていきます。
お盆期間中の引っ越しについて、知っておくと便利な知識がしっかり身に付きますので、ぜひ最後までお読みください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

お盆はいつからいつ?

仏壇

お盆と言えば大型連休であり、夏休みを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
しかし、具体的なお盆の時期は地域によって異なります。

東京を中心とした一部の関東では7月13日〜16日がお盆ですが、その他の地域では8月13日〜16日をお盆とすることが多くあります。

また、沖縄であれば旧暦の7月13日〜16日がお盆の時期であり、新暦になおすと毎年時期が異なります。

尚、終活ねっとではお盆の期間に関するまとめの記事を用意しています。
様々な地域のお盆の時期や特徴についても記載されていますので、更に詳細を知りたい方はぜひ以下の記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

お盆の期間に引っ越しはできる?

困った人々

お盆の期間は大型連休であり、家族全員が自宅にそろいやすい貴重な時期でもあります。
そのことから、お盆の時期に引っ越しを済ませたいと考える方もいらっしゃることでしょう。

しかし、引越し屋さんは稼働しているのか気になりますし、お盆の時期に引っ越しを行うのは縁起が良くないと聞くこともあり、本当に引っ越しができるのか不安に感じてしまいます。

そこでここでは、お盆の期間に引っ越すことはできるのか、その詳細を見ていきます。

お盆に引っ越しはできる

結論から申しますと、お盆の期間中でも引っ越しをすることは可能です。
実際に引っ越し屋さんはお盆の時期でも稼働しており、通常通りに依頼することができます

むしろお盆がある8月は引越しをする時期として人気が高く、引越し屋さんへの依頼が集中する傾向にあります。
そのため、余裕をもって早めの時期から依頼をしておいた方が安心です。

縁起が悪いと思う人もいる

お盆の期間中に引っ越しを行うことに対して、中には縁起が悪いと考える人もいます。
理由はいくつかありますが、主なものとしては以下の内容が挙げられます。

まず、お盆はご先祖様の霊が自宅へと戻ってくる時期です。
そのため風習に従い、自宅できちんと迎えて供養すべきという考えがあります。
このことから、お盆の時期の引っ越しは避けるべきと思う人がいます。

また、お盆の期間中はお祝い事を避けるという考えがありますが、引っ越しは祝い事としての一面を持っています。
そのため、お盆期間中には引っ越さない方が良いと思う人もいます。

とは言え、仏教ではお盆の期間に引っ越すことを禁止とはしていません。
そのため、お盆期間中の引っ越しを縁起が悪いと考える根拠は、一切無いのが正直なところです。

実際にお盆の期間中に引っ越しを行う人は多くいますし、普段は忙しく過ごす家族が全員顔を合わせられるお盆の連休は貴重です。
そのため、お盆の期間中に引っ越すこと自体は、決して悪いことではありません。

ただし、中には縁起が悪いと思う人もいるため、引っ越す上では周囲の理解が必要な場合もあることを知っておきましょう。

お盆の期間の引っ越し価格相場

お金

お盆の期間に引っ越しを行う場合、費用はどのくらいが相場になるのでしょうか。
8月は引っ越しを行う時期としては人気が高いこともあり、費用については気になるところです。

ここでは、お盆期間中に引っ越す場合の価格相場について紹介していきます。

8月は引っ越しの料金が高い

8月が引っ越しに人気な理由ですが、学生が夏休みの期間であり、親の休みと重なることから引っ越しを行いやすい月であることが理由です。

また、ほとんどの学校では9月を新学期としています。
そのことから、引っ越しによって子どもが転校する場合は、夏休み中に引っ越しを済ませることで
9月の新学期から新しい学校に通えるようになります。

もちろん、学生だけでなく社会人にとっても9月は区切りが良い時期です。
会社によって異なりますが、9月に半期決算を行ったり、大規模な人事異動を行う会社は多くあります。

以上のことから、8月は他の月と比べると引っ越しが多い時期となります。
もちろん引っ越し屋さんにとって一番の繁忙期は3月〜4月にかけての時期ですが、それ以外の月と比べれば8月も繁忙期に差し掛かります。

そして、繁忙期である8月に引っ越す場合の価格相場ですが、家族での引っ越しか単身での引っ越しかによって費用は大きく変わります。

家族で引っ越す場合、大手引っ越し会社の利用であれば8万5千円~14万円程度が相場です。
単身の場合は、同じく大手引っ越し会社の利用で6万円~8万円程度が相場となります。

ただし料金は随時変動しますし、引っ越しを行うご家庭ごとの状況によって大きく変わってきます。
新たな引っ越し先までの移動距離が長ければ、その分だけ費用も多く必要ですし、荷物の一部を自身で運ぶ場合は費用を抑えることができます。

そのため、あくまで目安の価格として参考にしてください。

お盆の期間は8月の中でも狙い目

8月は全体として引っ越しの依頼が多く、引っ越し屋さんにとって繁忙期であることに変わりはありません。
ですが、その8月の中でもお盆の時期はやや減少傾向になるため、引っ越しをする上では狙い目の時期と言えます。

その理由ですが、お盆期間中の引っ越しは縁起が悪いからと気にする人もいますし、家族でゆっくり過ごしたいと考える人もいます。
お盆を静かに過ごしたいと思う人が増えるため、一時的に引っ越しの依頼が少なくなります。

そして一時的に引っ越しの依頼が減ることから、引っ越し屋さんによっては8月の中でもお盆期間中の料金を安く設定しているところがあります。

以上のことから、8月の中でも依頼数が減るお盆の期間中は、引っ越しを行う上で狙い目の時期だと言えます。

ただし引っ越し屋さんによっては、お盆期間中とお盆前後の時期とで料金を変えていないところもありますので、違いを調べて十分に比較しておくことが大切です。

お盆の前と後ではどっちが安い?

8月中に引っ越しをする場合、お盆の前に引っ越すのか後に引っ越すのかでも費用が違ってくることがあります。
引っ越し費用が高めになるのは、お盆の後です。

お盆が終わり8月の下旬辺りになってくると、9月からの新生活に備えて急いで引っ越しをする人が増えてきます。

加えて賃貸住宅に住んでいる人の場合、家賃の関係でお盆後に引っ越す人が多くいます。
月の前半に引っ越しをしてしまうと、その月の残りの日数分の家賃が無駄になってしまうからです。
そのため、月の終わりに引っ越しをした方が家賃を無駄にせずに済みます。

もちろん、中には家賃を日割り計算してくれる不動産屋さんもいます。
しかし、引っ越しをする日にちにかかわらず一月分の家賃を求められる場合も多くあります。

以上のことから、お盆の前と比べるとお盆の後の方が引っ越しをする人が多くなり、結果として引っ越し費用が高くなります。
具体的な日にちの目安としては、おおよそ8月の20日あたりからです。

賃貸の場合は家賃との兼ね合いがあるかもしれませんが、引っ越し費用を少しでも抑えたいという人は8月の前半に引っ越すことで費用を抑えやすくなるでしょう。

お盆に引っ越しをする際の注意点

人々

お盆に引越しをする上では、通常の時期とは異なり気を付けなくてはならないことがあります。
お盆の時期であることを踏まえ、以下の点に注意するようにしましょう。

暑さ対策をする

お盆期間中はちょうど夏の季節であり、暑さが厳しい時期でもあります。
このような暑い時期に体力を使う引越し作業はとても大変で、涼しい時期と比べると体力を消耗しがちです。

そのため、暑さ対策をきちんと行い、体調を整えるよう注意しましょう。

こまめに休憩をとることと、水分補給・塩分補給も忘れてはいけません。
梱包作業などはクーラーが効いた部屋で行うようにしましょう。
熱中症にならないよう気を付けて作業を進めることが大切です。

スケジュールに余裕を持つ

お盆期間中は、旅行に行く人や帰省する人で道路が非常に混雑します。
そのため、引越しのトラックが渋滞に巻き込まれてしまい、予定通りに移動・到着できないことがあります。

お盆期間中の引越しは予定が大幅にずれることを考慮し、スケジュールに余裕を持たせておくようにしましょう。

また、車の数が多くなるにつれて交通事故のリスクも高まります。
万が一、引越しのトラックが事故に遭ってしまうことを考え、引越し屋さんの補償内容についても確認しておくと安心です。

挨拶に伺った家が留守なことが多い

引越しの前後には、周囲のご家庭に挨拶に伺うのが一般的です。
新居での挨拶はもちろんのこと、旧居でもお世話になった方などを中心に挨拶を済ませておくようにします。

しかしお盆期間中は自宅を留守にする家庭が多く、挨拶に伺っても会えないことがあります。
そのため引越しがお盆期間中と重なる場合は、お盆が始まる前の少し早めの時期に挨拶に伺うようにしましょう。

あらかじめお盆期間中に引越すことを伝えておくことで周囲の理解が得られますし、お盆の時期に重ねて挨拶に伺う必要がなくなります。

尚、旧居での挨拶の場合は、引越すことが決まったタイミングなど、更に早めの時期から挨拶を済ませておいても問題ありません。

お盆の時期の引っ越しについてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回の終活ねっとでは、お盆の期間に引っ越しはできるのかについて、引越し費用の金額相場や注意点も踏まえながら解説してきました。
最後にこの記事の内容を、以下の通りまとめます。

  • お盆の時期は地域によって異なる。
    東京を中心とした一部の関東では7月13日〜16日、沖縄であれば旧暦の7月13日〜16日、その他の地域では8月13日〜16日をお盆の時期としている。
  • お盆期間中は引越し屋さんも稼働しており、引越すことが可能。
    ただし中には縁起が悪いと考える人もいるため、周囲の理解が必要な場合もある。
  • 8月は引越す人が多く、引越し屋さんにとって繁忙期であることから費用も高くなる。
    家族で引越す場合、大手引越し会社の利用であれば8万5千円~14万円程度が相場。
    単身の場合は、同じく大手引越し会社の利用で6万円~8万円程度が相場。
  • お盆の時期に引越す際は、暑さ対策を十分に行うことと、道路の渋滞を考慮してスケジュールに余裕を持たせるよう注意する。
    また、引越しの挨拶はお盆前に済ませておくと安心。

お盆の時期は家族全員がそろいやすい大型連休であることから、引越しを行いやすい時期です。
ただし通常の時期とは違った注意点や費用の変化があるため、あらかじめ把握しておくと安心です。

この記事が、お盆期間中の引越しを検討している方にとって少しでも参考となれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

お盆にはご先祖様が帰ってくる!お盆の由来やご先祖様の迎え方を解説

お盆と聞くと多くの方は楽しい旅行や帰省、花火の季節といったイメージがあります。しかし同時にご先祖様が帰ってくるという季節であることも忘れてはいけません。今回はお盆の時期に帰ってくるご先祖様のお迎えの仕方などを見ていきましょう。

「お盆・引っ越し」に関連する記事

「お盆・引っ越し」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「お盆・引っ越し」についてさらに知りたい方へ

お盆飾りはなぜ飾るの?盆棚の作り方や飾り方についても解説します!のサムネイル画像

お盆飾りはなぜ飾るの?盆棚の作り方や飾り方についても解説します!

お盆に釣りをしたらダメって本当?釣り禁止の理由や期間を解説しますのサムネイル画像

お盆に釣りをしたらダメって本当?釣り禁止の理由や期間を解説します

お盆のお供えにおすすめのお菓子とは?金額相場やのしについても解説のサムネイル画像

お盆のお供えにおすすめのお菓子とは?金額相場やのしについても解説

お盆の手土産にオススメの品物を紹介!手渡す際のマナーも解説しますのサムネイル画像

お盆の手土産にオススメの品物を紹介!手渡す際のマナーも解説します

お盆に水遊びを避けるべきなのはなぜ?釣りもタブー?徹底解説しますのサムネイル画像

お盆に水遊びを避けるべきなのはなぜ?釣りもタブー?徹底解説します

お盆にお葬式・お通夜はできるの?メリット・デメリットを紹介しますのサムネイル画像

お盆にお葬式・お通夜はできるの?メリット・デメリットを紹介します

お盆休みの国内旅行はどこがオススメ?定番から穴場までご紹介しますのサムネイル画像

お盆休みの国内旅行はどこがオススメ?定番から穴場までご紹介します

お盆にはクラゲが増える?お盆に海へ入る際の注意点も解説します!のサムネイル画像

お盆にはクラゲが増える?お盆に海へ入る際の注意点も解説します!

2018年のお盆のグアム旅行の費用相場は?おすすめスポットも紹介のサムネイル画像

2018年のお盆のグアム旅行の費用相場は?おすすめスポットも紹介

お盆のお墓掃除っていつやるの?正しい時期や掃除の仕方などを紹介!のサムネイル画像

お盆のお墓掃除っていつやるの?正しい時期や掃除の仕方などを紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと