浄土宗のお盆のやり方とは?お盆の迎え方や仏壇の飾り方について解説

浄土宗のお盆のやり方について、詳細をご存知ですか?同じ仏教でも宗派が異なればお盆のやり方も異なります。そのため、それぞれの宗派に合わせて準備を行うことが大切です。この記事では、浄土宗のお盆のやりかたについて、迎え方や仏壇の飾り方にも触れながら説明していきます。

目次

  1. 浄土宗のお盆とは?
  2. お盆とは
  3. 浄土宗のお盆の流れ
  4. 浄土宗のお盆のときの飾り方
  5. 浄土宗のお盆に塔婆を建てる場合
  6. 浄土宗のお盆のときのお布施
  7. 浄土宗のお盆に関するまとめ

浄土宗のお盆とは?

仏壇

浄土宗のお盆のやり方について、どうすれば良いのか詳細をご存知でしょうか?

日本では仏教だけでも様々な宗派があり、お盆の準備も宗派によって異なります。
浄土宗に関しても同じで、他の仏教の宗派とはお盆の行い方が違ってきます。
そのため正しい知識を持った上で、浄土宗の教えに沿った準備を行うことが大切です。

そこで今回の終活ねっとでは、浄土宗のお盆のやり方について、お盆の迎え方や仏壇の飾り方にも 触れながら詳細を解説していきます。
具体的には、

  • そもそもお盆とはどのようなもの?
  • 浄土宗のお盆の準備とは?
  • 浄土宗のお盆の流れとは?
  • 浄土宗のお盆の飾り方について
  • お供えはどのようなものを選ぶ?
  • 塔婆を建てるときはどうすれば良い?
  • 浄土宗のお布施の金額と書き方は?

など、浄土宗のお盆に関する様々な疑問を解消していきます。
浄土宗のお盆を迎えるために必要な知識が一通り身に付きますので、ぜひ最後までお読みください。

また、お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

お盆とは

仏壇

そもそもお盆とは、どのような行事なのでしょうか。
ここではお盆について、由来や時期などを中心に簡単に説明していきます。

お盆の由来

お盆は、ご先祖様や故人の霊をしのび、供養するための行事というのが一般的です。
正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、古代インドの言葉が元で、「逆さづり」の意味を持っています。

お盆の正式名称である盂蘭盆会ですが、由来はお経の説話です。

お釈迦様の弟子の一人が、死後の世界で逆さづりにされて苦しむ母親を助けたいとお釈迦様に相談したところ、旧暦の7月15日にたくさんのお供え物を用意して供養するようにとの教えを受けます。
そこで、弟子が言われた通りに供養したところ、母親を苦しみから助けることができました。

この行いを元にして誕生したのがお盆です。
たくさんのお供え物でご先祖様の霊を迎えることで、苦しむことなくあの世で過ごせるようにという願いが込められています。

お盆はいつからいつまで?

お盆の時期は地域によって異なります。

旧盆であれば7月13日~7月15日がお盆の時期であり、新盆であれば7月15日もしくはその前後の土日がお盆の時期です。
また、月遅れの盆であれば8月15日前後がお盆の時期となります。

浄土宗のお盆の流れ

仏壇

一般的にお盆と言えば、ご先祖様の霊が住んでいた家へと帰ってくる時期であり、供養をするための行事というイメージが強くあります。

しかし、浄土宗では捉え方が異なり、供養は行いません。
浄土宗ではお盆を「歓喜会(かんぎえ)」とも呼び、ご先祖様の霊を通してお経や法話を聞き、念仏の教えに感謝するための行事として捉えます。

そして、お盆の捉え方が一般的なお盆と異なれば、当然お盆を迎えるための準備や流れも異なります。
そこで早速、浄土宗のお盆の特徴について詳細を見ていきます。

お盆を迎える準備

浄土宗では、お盆を迎えるにあたって以下の準備を行います。

仏壇の掃除

まず、自宅にある仏壇や仏具を丁寧に掃除します。
汚れやほこりを毛ばたきで払い、布で拭ってきれいにしましょう。
仏壇専用の掃除用具が販売されているため、使用すると便利です。

精霊棚の飾り付け

仏壇の前に精霊棚と呼ばれる祭壇を用意し、飾り付けを行います。

浄土宗では、お盆期間中はご先祖様の霊が精霊棚に泊まると考えます。
そのため仏壇からすべて飾りを出して閉め、仏壇の前に飾り付けをするようにします。

ただし広さの関係で厳しい場合などは、精霊棚にお供え物を置くだけでも問題ありません。

迎え火

迎え火は、ご先祖様の霊が迷わずに来られるようにと目印のために用意するものです。
お盆初日の夕方くらいに、玄関先で行います。
折った芋殻を井桁の形に積み、燃やす方法です。

ただし、現在でも慣習として残ってはいるものの、住宅事情などから迎え火を行わない家庭も多くあります。

大切なのはご先祖様の霊をお迎えし、おもてなしする気持ちであるため、迎え火を行うのが難しい場合は無理に行う必要はありません。

お経・棚経

棚経とは、お盆の期間中に僧侶を招き、お経をあげてもらうことです。
丁重な供養が行われる初盆の際に行われることが多くあります。

地域によってはお布施を包むことがあるため、あらかじめ確認し、必要があれば用意するようにしましょう。

送り火・精霊流し

お盆の最終日に、ご先祖様の霊を送り出すために送り火を焚きます。
迎え火のときと同じように玄関先で火を焚きますが、住宅事情などから送り火を焚かない家庭も多くなっています。

また、地域によっては、送り火の代わりに精霊流しを行うところもあります。
精霊流しは、小さな船にお供え物を乗せて川や海に流す方法です。
灯籠流しを行う地域もあります。

浄土宗のお盆のときの飾り方

仏壇

続いて、浄土宗におけるお盆の飾り方を見ていきます。
詳細は以下の通りです。

精霊棚

一般的に、精霊棚は仏壇の前に置きます。
小さな机を用意し、その上にゴザを敷いてお花や菓子、果物などをお供えします。

地域によっては、ご先祖様の霊が乗り物として使用する精霊馬をお供えすることがあります。
また、水の子や閼伽水(あかみず)を用意する地域もあります。

飾り付けの配置は、地域によって決まりがある場合もあれば自由な飾り付けが行われる地域もあります。
風習が異なるため、あらかじめ確認しておくと安心です。

盆提灯

盆提灯は、精霊棚の左右に飾るのが一般的です。
基本的に1対となっていますが、スペースの関係で1つしか設置できない場合は1つだけでも問題ありません。

数に決まりはないので当然上限も無く、2対、3対と多めに飾ることも可能です。

通常のお盆では絵柄入りの提灯を飾りますが、初盆の際は白提灯を飾るようにしましょう。

精霊馬

精霊馬は、ご先祖様の霊があの世とこの世を行き来する際に使用する乗り物とされています。
馬に見立てたキュウリと、牛に見立てたナスを精霊棚にお供えします。

作り方は簡単で、つまようじや割りばしを足に見立て、ナスとキュウリに刺して立たせます。

帰って来るときは、早く帰って来て欲しいから馬に乗って来てもらい、送り出す際は牛に乗ってゆっくりと帰って欲しいという願いが込められています。

ただし地域によっては、丁寧におもてなしできるよう牛にのってのんびりと来てもらう、と逆に考える地域もあります。

水の子

地域によっては、水の子や閼伽水(あかみず)を精霊棚にお供えする地域もあります。

水の子は、深さがある器の中に、洗米と賽の目に刻んだナス・キュウリを盛り付けます。
閼伽水は、同じく深さがある器の中にきれいな水を入れて、みそはぎの束を添えます。

お団子

お団子はお盆のお供え物として定番の品です。
一般的なお盆では、送り団子や迎え団子といった風習があります。

しかし、浄土宗の場合はお団子に深い意味を持たせず、一般的なお供え物の一つとして扱います
用意するお団子の数や種類にも決まりはありません。

お膳(精進料理)

お膳は、ご先祖様の霊に食べていただくために用意するおもてなしの食事です。

お盆期間中はずっと毎食後に用意するのが基本ですが、1日1食に省略されることもあります。
肉や魚を避けた精進料理が基本で、野菜などの植物由来の食材を用います。

白米のご飯・汁物・お漬物・煮物・おひたしの5種類を用意するのが基本で、浄土宗の場合は右上に煮物、左上におひたしを並べます。

お供え物

お供え物には、ふさわしいとされるものがあります。
具体的に下記のようなお供えが用いられるのが一般的です。

盆花

浄土宗の場合、盆花にはホオズキ・ガマの穂・枝豆がよく使用されます。
花瓶に挿すのではなく、精霊棚に吊るして飾り付けます。

野菜・果物

ナス・キュウリ・トウモロコシ・スイカ・桃など、季節の野菜や果物がよく選ばれます。
ナスやキュウリは精霊馬でも使用するため、お供えしやすいでしょう。

お菓子

お盆の時期になると、お供え用の和菓子が販売されるようになります。
そのような和菓子をお供えしても良いですし、亡くなられた方が好きだったお菓子を用意しも問題ありません。

故人が好きだったもの

故人が好きだったものも定番のお供えとして選ばれます。
ただし浄土宗では、お酒やタバコなどの嗜好品はお供えしないと説いている地域もあるため注意しましょう。

浄土宗のお盆に塔婆を建てる場合

困った人々

塔婆供養は、卒塔婆(そとば)と呼ばれる木でできた細長い板をお墓の後ろに建てることで故人を供養する方法です。

塔婆を建てる場合は、あらかじめ霊園や菩提寺に依頼し、用意してもらう必要があります。
およそ3千円〜1万円程度の費用が発生するため事前に確認しておき、「卒塔婆代」もしくは「御布施」と記載した封筒に入れて渡しましょう。

尚、卒塔婆は時間が経つと、古くなって傷み見栄えが悪くなることがあります。
また、新しく建てた場合などは設置するスペースが無くなることもあります。

そのような場合、古くなった卒塔婆は霊園や菩提寺に依頼してお焚き上げをしてもらい、処分します。

浄土宗のお盆のときのお布施

お金

お盆の時期にお坊さんに来てもらい、お経を読んでもらう際には気持ちとしてお布施をお渡しします。
浄土宗でもそれ以外の宗派でも変わりはありません。

そこで、金額の相場やお布施の書き方について見ていきます。

お布施の金額相場

お布施の金額相場ですが、初盆の場合は3万円~5万円程度が目安とされています。
通常のお盆であれば、5千円〜2万円程度包む方が多いようです。

また、自宅まで来ていただいた場合は、お車代として5千円〜1万円程度をお渡しする地域もあります。

お布施の書き方

お布施をお渡しする際は、無地の白い封筒に包んでお渡しするのが一般的です。

表書きの書き方ですが、「御布施」と記載するか、何も書かず無地のままでも問題はありません。
ただし裏側には、名前と住所を書くようにしましょう。

浄土宗のお盆に関するまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?

今回の終活ねっとでは、浄土宗のお盆のやり方について、お盆の迎え方や仏壇の飾り方にも触れなが紹介してきました。
最後に、この記事の内容をまとめます。

  • 浄土宗におけるお盆とは、ご先祖様の霊を通してお経や法話を聞き、念仏の教えに感謝するための行事。
  • 浄土宗のお盆で必要な準備は、仏壇の掃除と精霊棚の飾り付け。
  • 浄土宗のお盆の流れは、迎え火でご先祖様の霊をお迎えし、棚経を行い、送り火や精霊流しで送り出すのが一般的。
  • お盆の飾りとしては、精霊棚・盆提灯・精霊馬・水の子・お団子・お膳・お供え物などを用意し、飾り付ける。
  • お供えには、盆花・旬の果物や野菜・お菓子・故人が好きだったものなどを供えるのが一般的。
  • 塔婆を建てる場合は、あらかじめ霊園や菩提寺に依頼し、用意してもらう。
  • 僧侶を招いた際のお布施の相場は、初盆であれば3万円~5万円程度、通常のお盆であれば5千円〜2万円程度が目安。
    お布施の書き方は、表書きは「御布施」もしくは無地のままで、裏側には名前・住所を書く。

浄土宗のお盆には、他の宗派のお盆とは異なる様々な慣習・特徴があることが分かりました。
この記事が、浄土宗のお盆の準備をされる皆様にとって、少しでもお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「浄土宗・お盆」に関連する記事

「浄土宗・お盆」についてさらに知りたい方へ

  • 浄土宗での永代供養の特徴や費用、各地の永代供養墓について解説!のサムネイル画像

    浄土宗での永代供養の特徴や費用、各地の永代供養墓について解説!

    浄土宗といえば歴史の教科書で鎌倉新仏教の1つとして習った記憶もあるのではないでしょうか。念仏を唱えれば救われるという教えですが、実は永代供養にも特徴があります。今回は浄土宗における永代供養の特徴や費用、利用できる場所などを見ていきましょう。

  • 浄土宗の納骨堂についておすすめの納骨堂やチェックポイントを解説!のサムネイル画像

    浄土宗の納骨堂についておすすめの納骨堂やチェックポイントを解説!

    歴史が古く、お寺の数も沢山ある浄土宗ですが、浄土宗の納骨堂はどんな所にあるのでしょうか?今回はそんな浄土宗の納骨堂を利用したいとお考えの門徒の方々に、浄土宗の納骨堂の場所や選ぶ際の注意点、特徴などをご紹介しています。ぜひ最後までお読みください。

  • 浄土宗のお墓について刻む文字などの特徴を詳しく解説します!のサムネイル画像

    浄土宗のお墓について刻む文字などの特徴を詳しく解説します!

    浄土宗のお墓に刻む文字の特徴について考えた事がありますか?宗派によってどのような文字を刻むべきなのかと疑問が生じることがあると思います。そこで、今回は浄土宗のお墓に刻む文字の特徴について解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

  • 浄土宗で永代供養を行う費用について!知恩院や一心寺を比較しましたのサムネイル画像

    浄土宗で永代供養を行う費用について!知恩院や一心寺を比較しました

    永代供養を行う施設は数多くありますが、寺院で納骨する場合はその寺院の宗派が関係します。 今回は浄土宗の永代供養はどのようなもので、費用はどれくら必要なのでしょう? 浄土宗で有名な寺院である知恩院や一心寺を例に費用を含めてご説明します。

  • 浄土宗でも樹木葬はできる?樹木葬ができる浄土宗の寺院も紹介!のサムネイル画像

    浄土宗でも樹木葬はできる?樹木葬ができる浄土宗の寺院も紹介!

    新しいお墓として注目されている樹木葬は、浄土宗を信仰していても供養してもらえるのでしょうか?樹木葬にかかる費用や埋葬方法といった気になることを説明するとともに、樹木葬ができる浄土宗の寺院についても紹介します。

  • 浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説しますのサムネイル画像

    浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説します

    故人が亡くなって初めてのお盆を初盆と言いますが、初盆では具体的に何が必要なのでしょうか?今回は宗教の中でも、浄土宗に焦点をあて、浄土宗の初盆に必要なものを解説させていただきたいと思います。浄土宗の祭壇の飾り方についてもしっかりと学んでおきましょう。

  • 浄土宗でお唱えするお経とはどのようなものでしょうか?のサムネイル画像

    浄土宗でお唱えするお経とはどのようなものでしょうか?

    浄土宗といえば南無阿弥陀仏です。当時はお坊さんや武家しか文字が読めなく、お経が読めません。大衆に仏教を伝えることが困難とされる時代「南無阿弥陀仏」を唱えると極楽往生ができると教えとして浄土宗が受け入れられました。お経の代わりに南無阿弥陀仏と唱えるのみです

  • 浄土宗のお盆には何をお供えするの?お供え物の飾り方も解説します!のサムネイル画像

    浄土宗のお盆には何をお供えするの?お供え物の飾り方も解説します!

    みなさんお盆の期間はどのようにお過ごしでしょうか。 帰省をする方も多いと思いますが、お供え物について詳しくご存知でしょうか? 浄土宗のお家の方も多いと思います。 今回は浄土宗のお盆のお供え物について詳しく説明していきたいと思います。

  • 意外と知らない?浄土宗での数珠の使い方とはのサムネイル画像

    意外と知らない?浄土宗での数珠の使い方とは

    念仏を唱えて罪を拭い極楽浄土へ旅だつことができる、とする教えの浄土宗。現在では600万人を超える方の心の支えとなっています。大きな宗派ですが、そのメインアイテムである数珠の使い方については意外と知られていないことも。浄土宗における数珠について解説していきます。

  • 意外と知らない?浄土宗と浄土真宗についてのサムネイル画像

    意外と知らない?浄土宗と浄土真宗について

    浄土宗と浄土真宗。主要な仏教の宗派なので、皆さん名前を聞いたことがあると思います。けれども、「名前は似ているけれど、何が違うの?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?浄土宗と浄土真宗について、関係性や違いを説明したいと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「浄土宗・お盆」についてさらに知りたい方へ

浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説しますのサムネイル画像

浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説します

浄土宗でも樹木葬はできる?樹木葬ができる浄土宗の寺院も紹介!のサムネイル画像

浄土宗でも樹木葬はできる?樹木葬ができる浄土宗の寺院も紹介!

浄土宗のお墓について刻む文字などの特徴を詳しく解説します!のサムネイル画像

浄土宗のお墓について刻む文字などの特徴を詳しく解説します!

浄土宗のお盆には何をお供えするの?お供え物の飾り方も解説します!のサムネイル画像

浄土宗のお盆には何をお供えするの?お供え物の飾り方も解説します!

浄土宗でお唱えするお経とはどのようなものでしょうか?のサムネイル画像

浄土宗でお唱えするお経とはどのようなものでしょうか?

浄土宗の納骨堂についておすすめの納骨堂やチェックポイントを解説!のサムネイル画像

浄土宗の納骨堂についておすすめの納骨堂やチェックポイントを解説!

意外と知らない?浄土宗と浄土真宗についてのサムネイル画像

意外と知らない?浄土宗と浄土真宗について

浄土宗で永代供養を行う費用について!知恩院や一心寺を比較しましたのサムネイル画像

浄土宗で永代供養を行う費用について!知恩院や一心寺を比較しました

浄土宗での永代供養の特徴や費用、各地の永代供養墓について解説!のサムネイル画像

浄土宗での永代供養の特徴や費用、各地の永代供養墓について解説!

意外と知らない?浄土宗での数珠の使い方とはのサムネイル画像

意外と知らない?浄土宗での数珠の使い方とは

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「浄土宗・お盆」についてさらに知りたい方へ

浄土宗の納骨堂についておすすめの納骨堂やチェックポイントを解説!のサムネイル画像

浄土宗の納骨堂についておすすめの納骨堂やチェックポイントを解説!

浄土宗でお唱えするお経とはどのようなものでしょうか?のサムネイル画像

浄土宗でお唱えするお経とはどのようなものでしょうか?

浄土宗のお墓について刻む文字などの特徴を詳しく解説します!のサムネイル画像

浄土宗のお墓について刻む文字などの特徴を詳しく解説します!

浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説しますのサムネイル画像

浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説します

意外と知らない?浄土宗と浄土真宗についてのサムネイル画像

意外と知らない?浄土宗と浄土真宗について

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと