初盆のお布施の相場を宗派別にご紹介!書き方や渡し方まで解説します

故人が亡くなった後、初めて迎えるお盆を「初盆」といいます。初盆に僧侶を招いて法要を営む場合、お布施が必要です。しかし、お布施の相場や渡し方など分からないことも多いですよね?そんな疑問を詳しく解説します。宗派別に相場をまとめたので、是非お読みください。

目次

  1. 初盆のお布施の相場について
  2. お布施とは
  3. 初盆法要のお布施の金額相場
  4. お布施の書き方
  5. 初盆のお布施の渡し方
  6. お布施の他にかかる費用
  7. 初盆のお布施の相場についてまとめ

初盆のお布施の相場について

仏壇

故人が亡くなってから四十九日後に初めてお盆を迎えられるみなさん。
このようなお盆は「初盆」と呼ばれて特に大切にされており、僧侶を自宅に招いてお経をあげてもらうなど、大掛かりな供養を行う家庭が多いですよね。

その時、僧侶にお渡しするのがお布施なのですが、相場はご存知でしょうか?

それ以前に、なんとなく形式としてのお布施は知っているけど、詳しい内容は知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回終活ねっとでは初盆のお布施の相場について

  • そもそもお布施とはなに?

  • 初盆法要のお布施の相場はいくら?

  • 宗派によって金額が異なるの?

  • お布施の表書きをどうすれば良いの?

  • お布施を渡すタイミングはいつなのか

  • お布施以外にかかる費用とは

などの疑問について解説していきたいと思います。

亡くなられた方の初めての里帰りを安心して迎えられるよう、少しでも手助けになれば幸いです。
ぜひ最後までご覧ください。

お布施とは

仏壇

まずは根本的に、そもそもお布施とはどのようなものなのかを見ていきましょう。

初盆では、自宅に親族や故人の知人を呼び、僧侶を招いてお経をあげてもらうことになります。
その際、僧侶にお経をあげて頂いた謝礼として金品を渡すことをお布施といいます。

考え方の根本には「本尊にお供えをする」「心を込めてやっていただいたことに対しての感謝を表現する」という、実に日本人らしいものがあります。
お経をあげてもらった対価という意味ではないので注意しましょう。

初盆法要のお布施の金額相場

困った人々

では、初盆におけるお布施の相場とはいったいどのようになっているのでしょうか。

実は、お布施の相場というものは、明確には設定されていないのです。
お布施とは感謝の気持ちや故人の冥福を祈る気持ちを伝えるものですから、金額にすることが難しいのです。

そして、気持ちというあいまいなものが基準となっているため、お布施の相場は地域やその場所の慣例によって異なります
同じ宗派であっても、住んでいる場所によってお布施の金額が変動するのは、そのような理由があるからです。

そうはいっても、ある程度の目安となる相場が分からないと、気持ちを金額にしてお渡しすることができなくなってしまいます。
そこで終活ねっとでは、初盆におけるお布施の参考相場を宗派別にご紹介いたします。

ちなみに、お付き合いのあるお寺がある場合は、直接お布施の金額について尋ねたほうが確実でしょう。
僧侶の方々も答えにくい場合があるかも知れませんが、最近では明確に定義している寺院もあるようです。

曹洞宗

曹洞宗のお布施は約1万円が相場です。

曹洞宗におけるお布施とは、亡くなった仏様のためにお経をあげて頂いた僧侶に対するお礼という認識になります。

真言宗

真言宗では約3万円~5万円が相場となっています。

真言宗におけるお布施とは、菩提寺のご本尊へのお供え物という認識になります。

日蓮宗

日蓮宗の場合、約1万円~3万円が相場になります。

日蓮宗におけるお布施とは、「お布施の大きさ=お経の功徳の大きさ」ではなく、「気持ちよく供養できた」という心持ちが大切であると考えられています。

臨済宗

約1万円が相場です。

臨済宗におけるお布施とは、葬儀や法事法要の時に僧侶へ渡す謝礼という認識になります。

浄土宗

約1万円~約3万円が相場となります。

浄土宗におけるお布施とは、「喜捨(きしゃ)」ともいわれ、お経をあげてもらったことに対して支払う料金ではなく、亡くなった仏様への捧げものという認識になります。
また、亡くなった方への徳を積む機会とも考えられているようです。

浄土真宗

浄土真宗では約3万円が相場になります。

浄土真宗におけるお布施は、寺院や僧侶への報酬やお礼の意味を持っていないそうです。

相場のまとめ

一般的には約1万円~3万円の範囲で考えていれば良いでしょう。

大切なのは「僧侶への感謝の気持ち」や、「故人への等身大の気持ち」をお布施で表現しているということです。
お布施をお渡しする際にこの気持ちを忘れてはいけません。

お布施の書き方

葬儀

さて、金額についてある程度の目安が分かりました。
続いては、お布施を渡すための準備に移ります。

お布施に用いるのし袋ですが、文房具店やコンビニエンスストアで売っている無地の白い封筒を使用しましょう。
前述のとおり、僧侶への感謝の気持ちを伝えるものなので、派手な封筒を用意する必要はありません。

封筒にお金を入れる際にも注意が必要です。
お札は表側を向けて、福沢諭吉が手前に来るように入れましょう。
正しい入れ方をすると封筒から取り出した時、すぐに福沢諭吉が見えるようになっています。

また、「不幸が重ならないように」という意味合いを込めて、一重の封筒が好ましいとされています。

では、そのほかお布施の書き方について見ていきましょう。

表書き

表書きは「お布施」や「御布施」で大丈夫です。
店によっては、すでに書かれているものも売っています。

正式なマナーからは外れますが、何も書かない無地のままの状態でお渡ししても問題ありません。

お布施の表書きについては、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

法事におけるお布施の表書きはどうする?名前や金額の書き方もご解説

法事・法要を営む際に一番戸惑うことといったら何でしょう?特に難しいのがお布施の表書きではないでしょうか。マナーやしきたりがわからず困ったというお話をよく耳にします。そこで今回は法事の際のお布施について、表書きの書き方を中心に詳しく解説いたします。

名前の書き方は?

封筒の裏面の左側に住所・施主の氏名をフルネームで書きます。

また、裏面の右側には金額を記入しますが、その際、金額の頭に「金」と書きましょう。

この時、漢数字は旧字体を使用することが正式なマナーとされています。
例えば、3万円をお渡しする場合は「金参萬圓也」という書き方になります。

薄墨で書くの?

弔辞の場合は薄墨を使用しますが、お布施の場合は普通の濃い墨を使用してください。
もしくは、市販されている筆ペンでも構いません。

なぜ薄墨を使わないのかというと、薄墨には突然の訃報で涙を流し「墨が涙で薄くなった」という逸話があるからです。
このことから、送り主から渡し手に弔意を伝えたいときに薄墨を使用するといわれています。

お布施は謝礼の気持ちですので、薄墨は使用しないようにしましょう。

初盆のお布施の渡し方

葬儀

これで、お布施の準備は完了したことでしょう。
ここからは、初盆のお布施の渡し方について見ていきたいと思います。

まず、お布施を渡すタイミングは大きく分けて3つあります。

  • 合同法要の場合

    お寺で行われる合同法要の場合、入り口に受付が用意されています。
    ですので、お寺に入る際にお布施を受付の方に渡しましょう。

  • 法要が始まる前

    自宅に僧侶を呼んで法要を行う場合は、法要が始まる前に僧侶に挨拶をすることと思います。
    その際に、感謝の気持ちを言葉で伝えるとともに、お布施をお渡ししましょう。

  • 法要を終えた後

    自宅での法要の場合、法要前は慌ただしいことも多く、ゆっくり挨拶できないこともあるでしょう。
    そのような時は法要を終えた後、お礼の挨拶とともにお布施を差し出すと良いでしょう。

お盆に乗せる

お布施の渡し方ですが、直接手渡しをするのはマナー違反となります。
黒いお盆にのせて渡すのが一般的な作法とされています。

しかし、現代のご家庭で黒いお盆を用意できるかというと難しいでしょう。
お盆がない場合は、葬儀社さんに相談すると用意してくれることもあります。

ちなみに「切手盆」という、お布施を乗せるための専用のお盆もあります。
正確には、ご祝儀やお布施などをお渡しするときに使う、冠婚葬祭用の小さなお盆のことをいいます。
用意できるのであれば、切手盆を使用するのが望ましいでしょう。

袱紗に包む

お盆を用意するのが難しい場合は袱紗を使用しましょう。
袱紗の色は種類が多いですが、紫色の袱紗を1つ用意しておけば、慶弔どちらにも使えるのでおすすめです。

また、最近の袱紗はケースタイプが主流となっているため、包み方で悩む必要のないケースタイプを用意するのが良いでしょう。

お布施の渡し方で注意したいことがもう1つあります。
それは、お布施を渡す時は僧侶から見て正面になるよう、上下逆向きでお渡しすることです。
お盆に乗せる・袱紗に包むのどちらにもいえることですので気をつけましょう。

袱紗については以下の用語集にて詳しく解説しておりますので、合わせてお読みください。

こちらも読まれています

“袱紗” とは? - 終活用語集

袱紗とは絹などでできた四角い布のことを言います。 袱紗は主に冠婚葬祭で金封や物を包むために使われます。 葬儀では香典を包むのに使用されることが多いです。 袱紗は英語で" silk wrapping cloth"と訳されます。

お布施の他にかかる費用

お金

お布施の他にも、初盆の際には僧侶にお渡しするものがあります。
それがお車代と御膳料です。

初盆法要の内容によっては、お渡しする必要がない場合もありますので、その意味合いをしっかりと理解しましょう。

お車代

初盆法要を寺院ではなく自宅で行った際に、僧侶の交通費としてお渡しするものです。
寺院からの距離や移動手段によっても変わりますが、5千円から2万円が相場といえるでしょう。

御膳料

初盆では、僧侶にお経を読んでもらった後、参列者と会食を行います。
しかし、僧侶の都合によっては会食に参加しないこともあります。
その際にお渡しするのが御膳料です。
簡単に言えばお食事代です。

こちらも会食の内容によって変動がありますが、相場は5千円から1万円とされているようです。

お車代や御膳料の包み方

初盆法要のお車代や御膳料も、白い封筒に包んでお渡しします。
表書きも濃い墨で、封筒の上段に「お車代」や「御膳料」と書いてください。

お布施と異なる部分は、住所や氏名、金額を書く必要がない点です。
どうしても書きたい場合は、裏面にお布施と同じように書きましょう。
金額は旧字体を使うことを忘れないように注意してください。

また、お車代と御膳料は2つとも支払うことが多いです。
その場合、表書きにお車代と御膳料を連記して同じ封筒にまとめて入れても構いません

初盆のお布施の相場についてまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか。

今回終活ねっとでは、初盆のお布施の相場や書き方・渡し方について説明しました。
その結果をまとめると、以下のようになります。

  • お布施とは、僧侶にお経をあげて頂いた感謝の気持ちとして金品を渡すこという

    お経をあげてもらった対価という意味ではないので注意する。

  • お布施の相場というものは、明確には設定されていない

    宗派や地域によって考え方が異なるため多少の違いはあるが、一般的には約1万円~3万円の範囲となっている。

  • お布施は白い無地の封筒を使う

    書く際は薄墨ではなく、濃い墨を使用する。

  • お布施を渡すタイミングは3つ

    受付で渡すか、法要前後の挨拶のときに渡す。

  • お布施以外に、お車代と御膳料がある

    僧侶がいらしたときと、会食を振る舞えなかったときにお渡しする。

初盆におけるお布施の相場は、金額としては明確な答えがないというのが現実です。

ですが、「心をこめて感謝の気持ちを伝える」ということはどんな宗派であれ重んじられ、大切にされていることです。
つまり、お布施に大切なのは、相場を見てからの金額ではなく、心が通じるかということです。

故人が亡くなってから初めての里帰り。
みなさんの初盆の一助としていただければ幸いです。

また、終活ねっとでは法事法要に関する記事をこの他にも多数掲載しております。
初盆の法要での挨拶について知りたい方は、以下の記事をお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらも読まれています

初盆での喪主の挨拶は何を話せばいいの?参列者側の挨拶も解説します

初盆にて喪主を務めることとなった場合、挨拶で何を話せばいいのか困ってしまう方もいらっしゃるでしょう。また、法要に参列する場合にはどのような挨拶をしていいか迷ってしまうこともあるでしょう。今回は、初盆での喪主の挨拶及び参列者の挨拶について解説していきます。

「初盆・お布施・相場」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「初盆・お布施・相場」についてさらに知りたい方へ

初盆供養の仕方とは?お布施の包み方や服装のマナーについてもご解説のサムネイル画像

初盆供養の仕方とは?お布施の包み方や服装のマナーについてもご解説

神道にも初盆がある?提灯や祭壇はどうすればいいの?のサムネイル画像

神道にも初盆がある?提灯や祭壇はどうすればいいの?

初盆で渡すお供え物の表書きとは?のしのマナーについても解説しますのサムネイル画像

初盆で渡すお供え物の表書きとは?のしのマナーについても解説します

初盆はネクタイを着用するべき?適したネクタイやNGな服装を解説のサムネイル画像

初盆はネクタイを着用するべき?適したネクタイやNGな服装を解説

初盆のときの浄土真宗の飾り付けとは?大谷派など宗派別に解説しますのサムネイル画像

初盆のときの浄土真宗の飾り付けとは?大谷派など宗派別に解説します

初盆には何をお供えする?金額相場から渡し方まで解説します!のサムネイル画像

初盆には何をお供えする?金額相場から渡し方まで解説します!

初盆時のお供え物は何が良いの?お金を供える場合は?のサムネイル画像

初盆時のお供え物は何が良いの?お金を供える場合は?

初盆にお供えするお花には何を選ぶ?メッセージカードの書き方も解説のサムネイル画像

初盆にお供えするお花には何を選ぶ?メッセージカードの書き方も解説

初盆にプリザーブドフラワーをお供えしてもいいの?詳しく解説しますのサムネイル画像

初盆にプリザーブドフラワーをお供えしてもいいの?詳しく解説します

初盆で包む孫の香典はいくら?故人との関係性別の金額相場をご紹介!のサムネイル画像

初盆で包む孫の香典はいくら?故人との関係性別の金額相場をご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「初盆・お布施・相場」についてさらに知りたい方へ

初盆の提灯の飾り方はどうする?処分方法や金額相場についてもご紹介のサムネイル画像

初盆の提灯の飾り方はどうする?処分方法や金額相場についてもご紹介

初盆で渡す香典の金額相場はいくら?香典の書き方についても解説!のサムネイル画像

初盆で渡す香典の金額相場はいくら?香典の書き方についても解説!

初盆の香典の金額相場はいくら?お布施や提灯代の相場も紹介しますのサムネイル画像

初盆の香典の金額相場はいくら?お布施や提灯代の相場も紹介します

初盆のときの浄土真宗の飾り付けとは?大谷派など宗派別に解説しますのサムネイル画像

初盆のときの浄土真宗の飾り付けとは?大谷派など宗派別に解説します

初盆の期間っていつ?提灯を飾るべき期間や初盆の服装についても解説のサムネイル画像

初盆の期間っていつ?提灯を飾るべき期間や初盆の服装についても解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと