新盆法要の場所や流れとは?お布施や服装についてのマナーも解説!

新盆の法要はいつもとお盆とは異なり、気を引き締めて臨まなければならないことが多いです。斎場の手配や服装だけでなく、期間中に行われる法事の内容にも目を配らなければなりません。今回の記事では新盆の法要について、具体的な流れから準備の方法まで詳しく解説します。

目次

  1. 新盆の法要について
  2. 新盆とは?
  3. 新盆の法要はなにをするの?
  4. 新盆法要のお布施
  5. 新盆法要に参列する際の服装
  6. 新盆の準備は何をするの?
  7. 新盆法要の日程を前倒ししても大丈夫?
  8. 浄土真宗では新盆法要をしない?
  9. 新盆の法要のまとめ

新盆の法要について

お墓

新盆は、普通のお盆とは違ったものとして扱われます。

お盆はほぼ親族だけですし、例年通りに施主の方針にしたがっていれば大方問題ありませんが、親族以外も集まる新盆まで同じようにとはいきません。
かといって、自分の立場だとどう振舞ったらいいのかは、親族であってもなかなか尋ねにくいものです。

そこで、今回終活ねっとでは新盆の法要について、以下を調べてみました。

  • そもそも新盆とは何か?
  • 新盆では、具体的に何をするのか?
  • 新盆で出すお布施について、金額相場・表書き・渡し方の解説。
  • 新盆法要に参列する際の服装について。
  • 新盆で準備するものについて。
  • 新盆の予定を前倒ししてもいいか?
  • 浄土真宗における新盆とは?

作法に倣うのはそれほど難しくなくても、実際に法事に臨むにはある程度、事前に知識を入れておくことが不可欠です。
新盆の法要では何をするのか、何が必要なのか、この記事で余すところなく把握していってください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

新盆とは?

お墓

まず、新盆の意味と時期を知っておきましょう。

意味

新盆とは、故人が亡くなってから四十九日を終え、初めて迎えるお盆のことをいいます。
初盆とも呼ばれますが、意味は同じです。

仏様となった故人が初めて故郷に帰ってくるお盆となるので、通常のお盆より盛大に行われます。
親戚だけでなく、親しくしていた知人や会社関係の人も招いて催されます。

新盆の時期はいつ?

新盆もお盆のひとつではあるので、時期が特別変わることはありません。
一般的には、7月か8月の13~16日の間に行われます。

規模が大きくなるので、新盆の1か月前までには連絡を済ませ、手筈を整えておくのが理想的です。
普通のお盆では参列者の都合次第で期間を省略することもありますが、新盆ではそういったことは稀です。
参列する場合は、案内状の案内に従いましょう。

新盆の法要はなにをするの?

お墓

それでは、新盆の法要で実際に行うことを見ていきます。
お盆と大きく変わりませんが、ほとんどの場合全てを通しで正式に行うことになるので、油断は禁物です。

法要を行う場所

お盆の意義から、新盆も普通は自宅で行います
しかし、近年では分譲住宅や交通機関の問題で、人を招待しきれないこともあります。
その場合は、菩提寺で行ったり斎場を借りて行うこともあります。

葬儀の際に斎場のお世話になっている方も多いので、各種法要に使用可能な施設を検討するのは難しくないかと思います。
ただ、お盆の時期はみな同じなので、新盆を検討するなら早めにしておかないと予約ですぐに埋まってしまいます。

僧の方への連絡も必要なので、自宅で行うのが難しいと予想される場合は、早急に手を打っておきましょう。

新盆法要の流れ

新盆法要での、全体の流れを解説していきます。

  • 僧侶の入場

    まず、僧侶の方を斎場でお迎えします。
    挨拶時に、暑中に足を向けてくださったことと、供養のお世話になることに対してお礼を言っておきましょう。
    冷たい飲み物をお出しして、スケジュールの確認をしておきましょう。

  • 喪主・施主の挨拶

    予定していた時間がきて参列者が集まり終えたら、喪主・施主の挨拶へと移行します。
    挨拶は、メモを見ながらしてもかまいません。
    御足労に対する礼と、故人の供養へ参加してくださったことに対しての感謝を述べましょう。

  • 読経・焼香

    挨拶が済んだら、僧侶の読経と参列者の焼香に移ります。
    僧の方からやり方の説明がある場合はそれに従いますが、ご焼香は基本的にその家の宗派に合わせて行います。

    判断がつかないときは、勇気を出して尋ねておきましょう。
    丁重に供養しようとする気持ちが大事です。

  • 法話

    読経や焼香が終わったら、僧の方から法話を聞くことがあります。
    普段仏教の話を聞く機会はあまりありませんので、故人の属している宗派への理解を深めてみましょう。

  • 僧侶の退場

    一通り僧の方のやることが終わったら、大抵の場合はそのままお帰りになられます。
    法要を執り行ってくださったことに対してお礼を述べ、お布施を渡しましょう。
    お車代や御膳料などの他の謝礼金も、このときに一緒に渡します。

  • 墓参り

    お墓への交通に難がない場合は、お墓参りも行っておきたいところです。
    宗派によっては墓前でお供えをしたり、お経をあげることもあります。
    お供え物は野生動物に荒らされる恐れがあるので、管理者と相談してから行いましょう。

  • お斎

    お盆では、お斎と呼ばれる会食を行います。
    故人にお酒を使って献杯する場合は、献杯が終わるまで食事に手をつけてはいけません。
    時間に余裕がないので辞退が多いですが、僧の方もご一緒されるときは御膳料を渡すことがなくなります。

お墓参りは省略しても大丈夫?

最近では、お墓参りを省略することもあります。
混雑を解消しようのない交通機関や、散り散りになっている参列者の住所など、現実的にやむを得ない事情も多くあります。

故人がお墓を通して家に帰ってくるという考え方もあるので、本来であれば新盆もお墓参りが必要です
しかし、意義を考えると盆提灯と精霊棚でも最低限迎える準備は整えられますので、ないとダメというほどではありません。

宗派の段取りと参列者の様子を見て、無理のないように決めるのがいいでしょう。
菩提寺やお墓近くの斎場で行う場合は、予定も厳しくならないのでお墓参りも同時に行うことが推奨されます。

初盆で行わない場合も、胸につかえが残りがちですので、時期を見てお墓参りの機会を考えておくといいでしょう。

新盆法要のお布施

お墓

新盆法要で僧の方に渡すお布施についても、知識を確実なものにしておきましょう。
故人がなくなってから初のお盆とはいえ、親族の数を考えると大抵の方は何回かにわたって経験することになります。

お布施の金額相場

新盆のお布施の金額相場は、3~5万円ほどとなります。
人数の集まる大事な法要で、斎場を借り切ったり手間のかかることが多いですので、法要全体から見てもそれなりの水準となっています。

もちろん相場は目安ですので、経済状態が厳しいなら2万円からでもいいですし、御本尊やお寺への感謝と貢献を考えるなら、相場以上の金額を包んでもかまいません。
お寺の方が飲み物や敷物などを用意してくれる場合もあるので、それについての謝礼も含めて考えておくといいでしょう。

表書き

表書きでは、まず中央上部に「お布施」「御布施」「御経料」のいずれかを書きます。
故人のご遺族に渡すものではないので、御仏前や御香典ではありません。

中央下部に、代表者となる施主の名前をフルネームで書きます。
それほど多くはありませんが、新盆はその家と故人に対して行われるものであるので、「〇〇家」としても間違いではありません。

これらの記載は、実はなくても大丈夫です。
表に書かない場合は、裏の方に名前や住所など、お寺にとって必要なことを書いておきます。
表に「お布施」、裏に名前という形の書き方でもOKです。

急な葬儀でもないので、濃い墨を使いましょう。
筆で書くのが望ましいですが、筆ペンや万年筆などでもかまいません。

奉書紙を使うのが正式なやり方ですが、白い封筒でも大丈夫なのでそちらを使う方が多いです。
印刷されているお布施用ののし袋もありますが、水引はなくてもかまいません。

お布施の渡し方

お布施を渡すときは、袋を直接手渡ししてはいけません。
机や床に置いて、滑らせて差し出すのも失礼にあたります。

お布施はお盆の上に乗せるか、畳んだ袱紗を台にして差し出しましょう。
筆記用具や刃物を渡すときと同じように、相手から見て正面となる向きで渡します。

全ての法事を終えてから渡すのが理想的ですが、僧の方がお急ぎであったり、斎場での参列者の対応に追われることもありますので、その場合は挨拶時に渡しておきましょう。

新盆法要に参列する際の服装

お墓

新盆法要では何日にもわたって、遠い親戚から知人まで顔を合わせるため、服装にも注意する必要があります。

新盆は故人との関係性も広くなる大きめの法事ですが、お盆は平服でもいいとされていますので、間を取って喪服の中でもっとも格下となる略喪服が選ばれやすいです。
直接的な黒はほぼなく、普段接点のない人と法事で顔を合わせるのにも、フランクすぎない格好になるからです。

男性の場合は、ダークスーツと呼ばれる略喪服が使いやすいでしょう。
紺・グレーなどの落ち着いた色を基調としており、葬礼ほどではないものの適度に弔意を示すことができます。
仏事での礼儀として、金属の腕時計や金具のついた靴・小物などは避けておきましょう。

女性の場合は、ダークグレーや紺などの暗い色を中心とした品のあるワンピース・アンサンブル・ジャケットなどが挙げられます。
露出は避けたほうがいいのですが、時期的なものもありますので、派手な色でなければ半袖のブラウスとスカートでもかまいません。

こちらも読まれています

新盆見舞いにふさわしい服装とは?持参する物についても解説します

梅雨が終わり暑い夏に入るとお盆が近づいてきます。では、「新盆見舞い」を行う際、どのような服装がふさわしいのでしょうか。今回は、新盆見舞いでのふさわしい服装について男女、子ども別に解説します。持参すべきものについてもお伝えしますので、ぜひ最後までお読みください。

新盆の準備は何をするの?

困った人々

新盆の準備は、状況によっては葬儀と近いくらいに大掛かりなものとなります。
施主の方は精霊棚・盆提灯・お返しなどの準備の他に、会食や招待する人への連絡など大忙しとなりやすいです。

参列者も、お供え物やご香典を用意しなければいけません。
お金の準備も必要ですが、施主の方の負担も考えて、率先して協力してあげるといいでしょう。
故人の供養は皆で行うことを忘れてはいけません。

準備するものも、それぞれの立場に応じて適切なものを選ぶ必要があります。
新盆の準備をもっと詳しく知りたい方は、下記の記事が参考となりますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説します

「お盆」は毎年夏になればよく耳にするものであり、また楽しみな季節といえるでしょう。一方で身内の方の四十九日が過ぎて最初のお盆を場合は初盆といい、故人が初めて戻ってくる大切な時期でやることも多いです。故人を気持ちよく迎えるために初盆でやることを見ていきましょう。

新盆法要の日程を前倒ししても大丈夫?

困った人々

他の方のお盆とも被りますので、新盆の日程の前倒しを考える方も多いです。
施主や参列者の事情もありますし、手順に則って法事を行うことができれば、前倒ししても大きな問題はありません。

ただ、その場合は僧の方やご親族と前もってよく話し合っておく必要があります
お盆では故人のお迎えとお送りを行いますので、スケジュールにミスが出ないよう注意を払ってください。

浄土真宗では新盆法要をしない?

お墓

浄土真宗では、基本的に新盆やお盆といった法事は行いません。
浄土真宗の解釈では、どんな人でも阿弥陀如来の力によってすぐに成仏し、霊体となって故郷や家に帰ってくることがないからです。

しかし、先祖への感謝を蔑ろにしているわけではないので、先祖から受け継いだ命の尊さに感謝しつつ、仏教に触れることを喜ぶ行事として扱われています。
浄土真宗では戒律がありませんので、上記の作法や準備するものも必須ではなく、任意となってきます。

そのため、新盆として盛大に行うことはまずありません。
浄土真宗のお盆に参列する場合、浄土宗・真言宗・曹洞宗といった他宗派より自由な点が多いので、事前に様子を伺っておきましょう。

新盆の法要のまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
今回、終活ねっとの新盆の法要について、記事の内容をまとめると以下となります。

  • 新盆とは、故人が亡くなって四十九日を終えてから初めて迎えるお盆のこと。
    通常のお盆と同じく、7月か8月の13~16日にかけて行われるのが一般的。
  • 新盆は基本的に自宅で行うが、規模を鑑みて菩提寺や斎場を借りることもある。
    僧侶を迎えて、挨拶の後に読経と焼香を行い、法話を聞いたり、お墓参りや会食となるお斎を行ったりする。
  • お布施の金額相場は、3~5万円ほど。
    「お布施」「御経料」などと書き、名前を記す。
    表書きを書かない場合は、裏に最低限必要なことを書く。
  • お布施を僧の方に渡すときは、お盆に乗せるか袱紗で台を作って乗せること。
  • 初盆に参列する時の服装は、略喪服か落ち着いた夏服にする。
    光物や金属、過度な装飾はしないという基本的なマナーを守ること。
  • 新盆では施主・参列者ともに準備がいろいろと必要。
    それぞれの立場に応じた準備をしていくこと。
  • 事情が厳しければ、僧侶や親族と相談の上、日程を前倒しにする選択肢もある。
    浄土真宗では、お盆自体の意義や解釈が違うので、新盆として盛大には行わない。

普段のお祭りに近いお盆とは違い、直近の故人と結びつく新盆では念入りに確認しておかなければいけないことがたくさんあります。
次々と項目が重なってくるので、ひとつひとつチェックしながら進めていきましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

「新盆・法要」に関連する記事

「新盆・法要」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「新盆・法要」についてさらに知りたい方へ

新盆の贈り物には何を選ぶ?人気の品物やのしのマナーについてご紹介のサムネイル画像

新盆の贈り物には何を選ぶ?人気の品物やのしのマナーについてご紹介

新盆で渡すお布施の金額相場とは?お車代や御膳料についてもご解説のサムネイル画像

新盆で渡すお布施の金額相場とは?お車代や御膳料についてもご解説

新盆はいつになるの?飾りは?宗派毎にアドバイスしますのサムネイル画像

新盆はいつになるの?飾りは?宗派毎にアドバイスします

新盆の御仏前はいくら包む?金額相場や表書きの書き方についても解説のサムネイル画像

新盆の御仏前はいくら包む?金額相場や表書きの書き方についても解説

新盆と旧盆はいつからいつ?地域ごとに違うの?詳しく解説します!のサムネイル画像

新盆と旧盆はいつからいつ?地域ごとに違うの?詳しく解説します!

新盆を家族だけで行う場合の準備とは?当日の流れや服装を解説しますのサムネイル画像

新盆を家族だけで行う場合の準備とは?当日の流れや服装を解説します

新盆見舞いの挨拶の仕方とは?挨拶のタイミングや例文について解説のサムネイル画像

新盆見舞いの挨拶の仕方とは?挨拶のタイミングや例文について解説

新盆で使うのし袋とは?表書きの書き方や水引の色などを解説しますのサムネイル画像

新盆で使うのし袋とは?表書きの書き方や水引の色などを解説します

新盆には何をお供えするの?のしのマナーや金額相場についてもご解説のサムネイル画像

新盆には何をお供えするの?のしのマナーや金額相場についてもご解説

新盆の流れ・やり方とは?迎え火や送り火の仕方についてもご解説のサムネイル画像

新盆の流れ・やり方とは?迎え火や送り火の仕方についてもご解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「新盆・法要」についてさらに知りたい方へ

新盆に渡す返礼品の金額相場とは?いくつ用意する?適した品物も紹介のサムネイル画像

新盆に渡す返礼品の金額相場とは?いくつ用意する?適した品物も紹介

曹洞宗の新盆の迎え方とは?精霊棚の飾り方についても解説しますのサムネイル画像

曹洞宗の新盆の迎え方とは?精霊棚の飾り方についても解説します

新盆の贈り物には何を選ぶ?人気の品物やのしのマナーについてご紹介のサムネイル画像

新盆の贈り物には何を選ぶ?人気の品物やのしのマナーについてご紹介

新盆のお布施の金額はいくら?書き方や渡し方についても解説します!のサムネイル画像

新盆のお布施の金額はいくら?書き方や渡し方についても解説します!

初めて迎えるお盆。新盆の準備、提灯の意味と飾り方のサムネイル画像

初めて迎えるお盆。新盆の準備、提灯の意味と飾り方

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと