お盆にふさわしいお供え物とは?熨斗のマナーや処分方法も解説します

お盆にふさわしいお供え物とはなんでしょうか。亡くなった故人を偲ぶためにもお盆のお供え物をしようという方もいらっしゃると思います。ですが、何のお供え物を選べば良いのか迷いますよね。今回はお盆にふさわしいお供え物と熨斗のマナーや処分方法について解説します。

目次

  1. お盆のお供え物に何を選ぶ?
  2. お盆とは
  3. お盆のお供え物の金額相場とは?
  4. お盆のお供え物に人気の贈り物
  5. お盆のお供え物の熨斗(のし)のマナー
  6. お盆のお供え物の渡し方
  7. お盆が終わったらお供え物はどうする?
  8. お盆のお供え物のお返しはどうする?
  9. お盆のお供え物に関するまとめ

お盆のお供え物に何を選ぶ?

仏壇

お盆のお供え物に何を選ぶのが良いのでしょうか。

毎年やってくるお盆ですが、いざとなるとお盆のお供え物に何を選べば良いのか悩みますよね。
いつも誰かに任せてきたお供え物もきちんと自分で選べるようになりたいものです。

また通常のお盆でなく初盆だった場合には、いつもより十分な供養を行うため、お供え物選びも慎重にする必要があります。

今回終活ねっとでは、お盆にふさわしいお供え物と熨斗のマナーや処分方法について以下のポイントを中心に解説していきます。

  • お盆とは
  • お盆のお供え物の金額相場とは?
  • お盆のお供え物の熨斗(のし)のマナー
  • お盆のお供え物の渡し方
  • お盆が終わったらお供え物はどうする?
  • お盆のお供え物のお返しはどうする?

記事の後半ではお盆のお供え物のお返しについても触れていますので、最後まで必見です。
お盆にお供えをしたことがない方も、この機会にぜひご覧ください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

お盆とは

仏壇

お盆には故人やご先祖様の御霊があの世からこの世に戻ってくるとされています。

一般的に故人やご先祖様の御霊を迎え入れるため「迎え火」を焚き、お盆の最終日に御霊を見送る「送り火」を焚く一連の法要行事をお盆といいます。

お盆には各家庭で盆提灯を飾りご先祖様の御霊をお迎えし、お供物を捧げてその御霊を供養します。

お盆はいつからいつまで?

お盆はいつからいつまでなのでしょうか。

一般的にお盆は7月または8月の13日から16日の4日間に行われています。
このお盆の期間は住んでいる地方によって異なってきますが、全国的には8月に行われるお盆が多いです。

また、関西地方では8月のお盆が比較的多く、関東地方の一部の地域では7月にお盆が行われるところもあります。

初盆と通常のお盆の違いとは?

初盆は故人が亡くなって四十九日法要を終えてから初めて迎えるお盆のことを言います。

初盆は通常のお盆よりも盛大に行われるのが一般的とされています。
それは、故人が亡くなって初めてのお盆ということもあり十分に供養する必要があるからです。

また通常のお盆は家族や一部の親族で執り行われることが多いですが、初盆には、親族や故人と近しい友人を自宅に招いて、大人数で故人を偲ぶことが多いです。
この際に、供物を捧げたり、お坊さんを自宅に招いてお経を読んでもらうのが一般的とされています。

これは補足になりますが、初盆の時に使う提灯は白提灯と言って通常のお盆で使う盆提灯とは別のものになりますので、覚えておくと良いでしょう。

お盆にお供えをする意味

ではなぜお盆にお供え物をするのでしょうか。

お盆にお供え物をするのは、生前にお世話になった故人やご先祖様を思う気持ちを伝えるためです。
故人やご先祖様の御霊が自宅に戻ってくるのでお供え物で盛大に歓迎し、そして感謝の気持ちを伝えるということです。

お盆にお供えする意味は地域の習慣や人それぞれの捉え方で変わってきますが、故人やご先祖様の御霊を供養したい気持ちに変わりありません。

お盆のお供え物の金額相場とは?

お金

お盆のお供え物の金額相場は地域によっても違ってきますが、大体3千円から5千円程度とされています。

お盆でも初盆の場合は供養を十分に行うということから、通常のお盆のお供え物の相場より少し金額が上がり大体5千円から1万円程度とされています。

また、初盆の場合のお供え物は品物よりも香典という形でお金でする場合が多いです。

お盆のお供え物に人気の贈り物

仏壇

ではお盆のお供え物にふさわしい物はなんでしょうか。
故人やご先祖様を大切に思う気持ちを伝えるために、きちんとしたものをお供えで贈りたいものですよね。

以下で、お盆のお供え物に人気の贈り物について詳しく解説いたします。

五供(ごくう)

お盆には「五供」をお供えするのが良いとされています。

この「五供」とは「香」「花」「灯明」「浄水」「飲食」のことをさします。
仏教においてこれは、故人やご先祖様を敬う気持ちを表すとされています。

「香」とは香りが立つものを言います。

お線香のことを言い、このお線香の煙がこの世とあの世をつなぐともされています。
お供え物をした最後にお線香をあげ、おりんを鳴らし故人やご先祖様を供養しましょう。

普段からお線香をお仏壇にあげる方も多いと思いますが、お盆にもお線香をあげるようにしましょう。

「花」とは仏花のことをさします。

ご先祖様は、供えられた花の香りも召し上がるとされておりお花をお供えすることは大切なことと考えられています。

お供えするお花には、バラのような棘や毒のあるものは避けた方が良いとされていますので注意が必要です。

灯明・灯燭(とうしょく)

「灯明・灯燭」はお供えする明かりのことをさします。

主にローソクに火を灯すことでご仏壇を明るく照らします。
このローソクの明かりは暗闇を明るくしてくれる仏様の慈悲の光だという解釈もあります。

また、近年では火を使わないタイプのローソクも増えていますが、これでも問題ありません。
明かりをお供えするという気持ちが大切です。

お供えしたローソクの明かりを消すときは、息を吹きかけるのはマナー違反になります。
手で優しく仰いで消すようにしましょう。

浄水

「浄水」とは透き通った綺麗な水をさし、それは極楽浄土を象徴するものとされています。
これはご先祖様の喉を潤すものとされ、お水は絶やさない方が良いとされています。

お仏壇に食べ物などのお供え物をする際には、きれいな水を一緒にお供えしましょう。

飲食

「飲食」とはいつも自分たちが食べている食事を供えることをさし、お仏飯やおんじきと呼ばれています。

仏様はお仏飯の香りを召し上がるとされていますので、基本的には炊きたてのご飯を仏飯器によそうようにしましょう。
また、その他にも精進料理をお供えしましょう。

お仏飯をお供えした後、仏壇から下げた後はお下がりとしていただくことが良いとされています。

お菓子

お盆には上記で述べた五供意外にお菓子をお供えすることも多いです。
個包装のものが多く、親戚などにも配りやすいからです。
以下でお盆にふさわしいお菓子のお供え物を紹介していきます。

砂糖菓子(落雁)

お盆でのお供え物として定番となっている落雁ですが、昔は身分の高い人でなければ食べることができない高級なお菓子とされてきました。

よってお盆には特別に良いものをお供えしようとして落雁が選ばれていたのが、今になってもお盆の習慣として残っています。

また、落雁は果物や他のお菓子よりも日持ちすることもあり、お盆の暑い時期のお供えに選ばれることが多いです。

また、落雁の中でも蓮の花の形をしたものがよく選ばれています。
蓮の花は極楽浄土を象徴する高貴な花とされていますので、落雁を選ぶ時は蓮の花の形のものを選ぶよ良いでしょう。

果物

お供え物に果物を選ぶ場合は、できるだけ傷みやすいものを避け、日持ちするものを選びましょう。

また、お供え物には丸い果物を選ぶようにしましょう。
「円=縁がある」という意味合いが昔からあり、丸い果物は縁起物としてお供え物にふさわしいとされています。

具体的には、みかん・オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類の他、りんごやぶどうなどが人気です。

また、お盆のお供えには季節感のあるスイカやメロン、桃などを選ぶと喜ばれます。

団子

お盆には地域によって違う場合もありますがお団子を供える風習があります。

お盆にお供えするお団子は、故人やご先祖様の御霊を迎え入れるための「迎え団子」とお見送りをするための「送り団子」をお供えしましょう。

迎え団子は、基本的にあんこやタレなどがついたお団子にしましょう。
これは、ご先祖様の御霊があの世からこの世に戻ってきた道のりの疲れを癒してもらうために捧げるものとされています。

また、送り団子はタレなどがついていない白いお団子にしましょう。
これは、ご先祖様の御霊があの世に帰ってから好きなように召し上がっていただくためとされています。

故人が好きだった食べ物

お供え物で喜ばれるのが、故人が好きだった食べ物です。
生前に故人が好きだったものをお供えすることで、故人を偲ぶ気持ちが伝わります。

お盆のお供え物の熨斗(のし)のマナー

葬儀

お盆のお供え物の熨斗にも大切なマナーがありますので、以下で解説していきます。

薄墨で書いたほうがいいの?

お盆の熨斗は薄墨でなく普通の黒墨で書きましょう。

薄墨は悲しみを表すとされてお通夜やお葬式のお香典で使われますが、お盆のお供え物の場合は普通の墨で大丈夫です。

熨斗は毛筆で書くのが良いとされています。
毛筆の準備ができない場合は、ボールペンなどの使用は避け筆ペンで書きましょう。

のしの書き方

熨斗には内のしと熨斗は誰からのお供え物か分かりやすいように外のしを選びましょう。

表書きの書き方

お盆のお供え物の表書きの書き方はそれぞれの宗教によって違います。

  • 仏教の場合

    「御供」または「御供物料」としましょう。

  • 神道の場合

    「御玉串料」としましょう。

  • キリスト教の場合

    「お花料」よしましょう。

名前の書き方

名前は表面の下段にフルネームで書くようにしましょう。

水引の選び方

では水引はどのように選べば良いのでしょうか。

これは住む地域や宗教によって異なってきますが、基本的には黒白か黄白の水引を選ぶようにしましょう。
主に関西地方では黄白、関東地方では黒白がを選ぶことが多いようです。

水引の選び方は住む地域や宗教の風習によって違ってきます。
不安の場合は、家族や詳しい専門家に先に相談してから準備することをおすすめします。

お盆のお供え物の渡し方

仏壇

お盆のお供え物の渡し方にもマナーがあります。
お盆を迎える家にお供え物を渡しに行くときは、盆の入りの13日、または14日にしましょう。
この時、「心ばかりですが仏前にお供えください」などと一言添えて施主に渡すと良いでしょう。

また、お供え物を持っていく際は、事前に連絡しておきましょう。
お盆の忙しい時期の突然の訪問は失礼に当たります。

お供え物を直接渡しにいけない場合には、郵送でも構いません。
お供え物を送る場合は、お盆入りまでに届けるのが良いとされています。
10日あたりを着日に設定すると無難でしょう。

お盆が終わったらお供え物はどうする?

困った人々

お盆が終わった後のお供え物はどうしたら良いのでしょうか。
以下で解説していきます。

お供え物はいつ下げる?

お盆のお供え物は16日の晩に下げましょう。

ただし、供え物の種類によっては長い時間放置してはいけないものもあります。
お供え物は食べれる状態の物を捧げますので、果物や日持ちしないものは朝に供えてその日の夕方には下げるようにしましょう。

お供え物の処分方法

お供え物の正しい処分方法を紹介していきます。

家族で分けて食べる

お盆のお供えは、無駄にならないように家族で分けて食べましょう。
みんなでいただくことで供養に繋がるとも言われています。

友人などに配る

家族だけで食べきれないお菓子などは、親族や友人に配りましょう。

川や土に戻す

食べるのに抵抗のある物は、川に流したり土に戻すこともあります。
精霊棚に飾ったきゅうりやなすでできた精霊馬や精霊牛がこれにあたります。

しかし近年では環境問題のこともありますので、そちらを考慮した上で処分方法を決めてください。

白い紙に包んで捨てる

お供え物は基本的に燃えるゴミに出して構いません。
しかし一度お供えしたこともあってゴミに出すのには抵抗がありますよね。

この場合、白い紙に包んで捨てるようにしましょう。
この時、お塩で清めて処分すると尚よいでしょう。

お盆のお供え物のお返しはどうする?

仏壇

お盆にお供え物をいただいた場合はお返しをしましょう

お返しの金額相場

お返しの金家具相場はいただいたお供え物の半額から3分の1程度とされています。

お返しにおすすめの品物

一般的には、のりなどの乾物食品、お茶・ビール・コーヒーなどの飲み物がおすすめです。
また、タオルや洗剤などの消耗品を選ぶ人も多いです。

最近ではカタログギフトも便利ということから人気です。

お返しを贈る時期は?

お返しを贈る時期できるだけ早い方が良いのですが、遅くともお盆明けから二週間以内くらいを目安に届くようにしましょう。

お返しののしのマナー

お盆のお供えのお返しの掛け紙・のしの表書きは「志」とするのが一般的です。

水引の色は地域によって異なりますが、黒白や黄白の水引を選ぶようにしましょう。

お盆のお供え物に関するまとめ

仏壇

いかかでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、お盆にふさわしいお供え物と熨斗のマナーや処分方法について詳しく解説いたしました。

記事をまとめると、以下のようになります。

  • お盆のお供え物の金額相場は大体3千円から5千円程度とされている
  • お盆のお供え物に人気の贈り物は「五供」の他にお菓子や果物、団子、故人の好きだった物があげられる
  • お盆のお供え物の熨斗にはその書き方など大切なマナーがある
  • お盆のお供え物を渡すときは失礼のないよう渡す時期も含めて考える必要がある
  • お盆が終わった後のお供え物には正しい処分方法がある
  • お盆にお供え物をいただいた場合はお返しが必要

今回の記事が、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「お盆・お供え物」に関連する記事

「お盆・お供え物」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「お盆・お供え物」についてさらに知りたい方へ

お盆にお団子をお供えする意味とは?お団子の作り方や供え方をご紹介のサムネイル画像

お盆にお団子をお供えする意味とは?お団子の作り方や供え方をご紹介

お盆のお墓参りは7月なの、8月なの?いつ行けばいい?のサムネイル画像

お盆のお墓参りは7月なの、8月なの?いつ行けばいい?

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!

お盆法要の香典はいくら包む?香典の金額相場やのしの書き方を解説のサムネイル画像

お盆法要の香典はいくら包む?香典の金額相場やのしの書き方を解説

お盆に落雁をお供えする意味とは?落雁のおいしい食べ方も解説しますのサムネイル画像

お盆に落雁をお供えする意味とは?落雁のおいしい食べ方も解説します

お盆で渡すお供えの表書きの書き方とは?のしの選び方についても解説のサムネイル画像

お盆で渡すお供えの表書きの書き方とは?のしの選び方についても解説

お盆の飾り付けのやり方は?宗派ごとの違いについてもご紹介しますのサムネイル画像

お盆の飾り付けのやり方は?宗派ごとの違いについてもご紹介します

2018年のお盆休みは富良野で楽しもう!おすすめ観光地をご紹介!のサムネイル画像

2018年のお盆休みは富良野で楽しもう!おすすめ観光地をご紹介!

2018年のお盆休みはニュージーランド旅行で決まり!徹底解説!のサムネイル画像

2018年のお盆休みはニュージーランド旅行で決まり!徹底解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お盆・お供え物」についてさらに知りたい方へ

なぜお盆に野菜で作った動物を飾るの?精霊馬の意味や飾り方を解説のサムネイル画像

なぜお盆に野菜で作った動物を飾るの?精霊馬の意味や飾り方を解説

お盆のお墓参りのお供えは何が良い?お供えする時の注意点も紹介!のサムネイル画像

お盆のお墓参りのお供えは何が良い?お供えする時の注意点も紹介!

2018年のお盆におすすめの安い旅行先とは?国内も海外もご紹介!のサムネイル画像

2018年のお盆におすすめの安い旅行先とは?国内も海外もご紹介!

お盆に入籍するのは縁起が悪いって本当?入籍する際の注意点も解説!のサムネイル画像

お盆に入籍するのは縁起が悪いって本当?入籍する際の注意点も解説!

長野県ではお盆に天ぷらを食べる?その由来からレシピまでご紹介!のサムネイル画像

長野県ではお盆に天ぷらを食べる?その由来からレシピまでご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと