地蔵盆の由来ってなに?期間中にすることや子供への伝え方も解説!

地蔵盆という行事をご存知ですか?地蔵盆とは子供の成長を願う伝統的なお祭りです。地蔵盆の歴史はとても長く、由来とされる説は諸説あります。この地蔵盆の由来と共に、地蔵盆の期間中に行うことや、地蔵盆について子供達へどのように伝えれば良いのかを解説していきます。

目次

  1. 地蔵盆の由来について
  2. 地蔵盆とは
  3. 地蔵盆の由来
  4. 地蔵盆ですること
  5. 地蔵盆を子供に伝える方法
  6. 地蔵盆の由来まとめ

地蔵盆の由来について

困った人々

子供の頃、夏休みの終わりに行われる地蔵盆を楽しみにしていたという方は多いのではないでしょうか。
特に関西地方の方にとって、地蔵盆は夏の風物詩の1つとしてとても馴染みのある行事です。
町内の子供達が集まり楽しそうに過ごす姿は、いつの時代も変わらぬ地蔵盆ならではの風景となっています。

長い歴史を持つ地蔵盆ですが、由来については諸説あります。
今回はこの地蔵盆の由来について、以下の項目に沿って詳しく紹介していきます。

  • 地蔵盆とは?
  • 地蔵盆の由来について
  • 地蔵盆で行うこととは?
  • 地蔵盆を子供に伝える方法とは?

地蔵盆の由来については、数ある諸説の中から特に有力とされている説を紹介します。

地蔵盆の由来以外にも、地蔵盆で行うことや地蔵盆を子供達へ分かりやすく伝える方法についても紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

地蔵盆とは

人々

地蔵盆とは子供のためのお祭りであり、子供の健やかな成長を願ってお地蔵様を供養する行事のことを言います。

お地蔵様のことを「地蔵菩薩(じぞうぼさつ)」と言いますが、この地蔵菩薩の縁日(えんにち)を「地蔵会(じぞうえ)」と呼びます。
ここで言う縁日(えんにち)とは「特定の神仏と縁を結ぶ日」と言う意味があり、この日にはお祭りや供養といった行事が行われます。

地蔵会(じぞうえ)は毎月24日とされていますが、旧暦の7月24日前後2〜3日間に行われる地蔵菩薩のお祭りのことを「地蔵盆」と言います。
このように、かつては旧暦の7月24日前後で行われていた地蔵盆ですが、近年では月遅れの8月24日前後2〜3日間で地蔵盆を行うという地域が多いようです。
ちなみに、2018年の地蔵盆は8月23日(木)と24日(金)となります。

また24日が平日である場合には、お祭りの準備の都合などによって日にちをずらし、地蔵盆を土日に合わせて行うという町内も増えています。

地蔵盆の由来

お墓

関西地方でよく知られている地蔵盆ですが、実は発祥の地は京都であると言われています。
その理由として、京都の古い歴史や、人々とお地蔵様との深い関わりが関係しているとされています。
ここでは、地蔵盆の発祥の地が京都とされている根拠について紹介します。

また、地蔵盆の由来には諸説あり、その中でも特に有名な2つの説が存在します。
この地蔵盆の由来とされる説についても詳しくみていきましょう。

京都が発祥

先程も少し述べましたが、地蔵盆は関西地方を中心とした行事です。
そのため地蔵盆自体を知らないという地域の方もいらっしゃるでしょう。

関西地方の中でも、地蔵盆の発祥の地は「京都」であると言われています。
なぜ地蔵盆の発祥の地が京都であると言われているのでしょうか?

地蔵盆とは、道端や街角に祀(まつ)られているお地蔵様を供養するための行事です。
古くから京都では、各町内にお地蔵様が祀られてきました。
その主な理由として、

  • 京都は古くから火災が多く、各町内ごとに火除け地蔵が建てられていた。
  • 江戸時代、京都では通りを挟んで両側の家を一つの町内としていて、夜になると通りの出入り口が木戸によって閉められた。
    その木戸のそばにお地蔵様を置くことで、悪いものが入って来ないと信じられていた。

という2つの理由が挙げられます。

京都では、火を使う台所に愛宕山(あたごさん)の火除けのお札を貼っている家庭やお店が多く見られます。
その理由は、愛宕大権現は火除けの神様とされているからです。
昔から火災が多かった京都において、愛宕大権現と火除け地蔵が対となって信仰され、各町内に火除け地蔵が建てられたとされています。

また昔から京都では「六地蔵巡り」という行事が行われており、京都に出入りする旧街道6箇所にあるお地蔵様を、8月22日と23日の2日間でお参りするとご利益があるとされる伝統行事があります。
古くから「六地蔵巡り」によって京都の地に、更に町内のお地蔵様を囲み「地蔵祭」を行うことで町内に悪いものが入って来ないと信じられていたようです。

更に石像を作るために適している花崗岩も多く採取できたこともあり、京都では古くからお地蔵様と深い関わりを持ってきました。

このように古くからお地蔵様と深い関わりのあった京都ですが、明治政府によって「神仏分離令」が出され、仏教を排除しようとする廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の運動が起こりました。
それによってお地蔵様は、川に沈められたり山に埋めらたりしてしまいました。
やがて廃仏毀釈の運動がおさまると、川や山に廃棄されたお地蔵を取り出し、以前のように各町内にお祀りし「地蔵盆」としてお地蔵様を供養するためのお祭りが復活したとされています。

このような京都ならではの古い歴史もあり、現代においても各町内で地蔵盆が行われている地域は、関西でも京都のみと言われています。
そして地蔵盆は、京都の無形文化遺産となっているのです。

「賽の河原」説

前にも述べたように地蔵盆の由来には諸説あるようですが、この「賽の河原(さいのかわら)」説は有力な説とされています。

親よりも先に亡くなった子供達は、三途の川の「賽の河原」で石を積み上げます。
離れてしまった親や家族を思い出しながら一生懸命積み上げた石塔を、現れた鬼によって壊されてしまいます。
子供達はまた一から石を積み上げ始めますが、またまた鬼に石塔を壊されてしまうのです。
このやり取りを見た地蔵菩薩は、離れた両親に代わって鬼から子供達を守りました

このような言い伝えから地蔵盆は、子供の健やかな成長を願う子供達のためのお祭りとして広く伝わりました。

「小野篁」説

賽の河原説と同様に、地蔵盆の由来として有力とされる説が「小野篁(おののたかむら)」説です。

小野篁(おののたかむら)は、平安時代の公卿(くげ)であり歌人としても有名な人物です。
日中は公卿として朝廷に仕え、夜になると井戸を通り地獄へ行き閻魔大王の裁判の補佐をしていました。
ちなみに、この小野篁が地獄への行き来に使用していた井戸は、京都府東山区の六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)にあります。

ある時小野篁は、地獄で苦しんでいる死者に代わり自身を地獄の炎で焼いて苦しんでいる閻魔大王を目撃します。
閻魔大王の慈悲深い心に打たれた小野篁は、閻魔大王を救うために供養を行ったとされ、これが地蔵盆の由来と言われています。

なぜ閻魔大王が地蔵盆と関係あるのでしょうか?
それは、閻魔大王が地蔵菩薩の化身とされていたからです。
慈悲深い地蔵菩薩は、地獄で閻魔大王の姿になっても苦しむ人を救ったとして伝えられているのです。

地蔵盆ですること

葬儀

地域や町内によって多少違いはありますが、地蔵盆には独特な習慣や行事があります。

地蔵盆は、日頃の感謝を込めてお地蔵様を供養するとともに、子供達の幸せを願うためのお祭りです。
辻地蔵に子供達が集まる風景も、地蔵盆ならではのものと言えるでしょう。

ここでは、地蔵盆で行う習慣やお供え物について詳しく紹介していきます。
特にお供え物については事前にきちんと確認しておくと安心です。

辻地蔵を綺麗にする

辻地蔵とは、道端に建てられているお地蔵様のことを言います。

地蔵盆では、日頃の感謝を込めて辻地蔵を掃除します。
お地蔵様を洗い、よだれ掛けや頭巾を新しいものと交換し化粧をします。
化粧とはお地蔵様のお顔を白く塗るのですが、この真っ白なお顔のお地蔵様を見られるのも地蔵盆ならではの風物詩となっています。

辻地蔵にお供えする

辻地蔵を綺麗に飾りつけた後、お供えをします。
地蔵盆での供物として特によく使用されるものを紹介します。

主にお菓子

地蔵盆でよく使われる供物として、お菓子があります。

地蔵盆は子供達のためのお祭りです。
お地蔵様に供えられたお菓子は、お下がりとして子供達に分けられます。
そのため個装されているお菓子や缶ジュース、果物など分けやすいもの物は地蔵盆の供物としてよく使用されます。

また、スーパーでも地蔵盆の時期になると、小袋に入ったお菓子の詰め合わせなどが売られていてとても便利です。
地蔵盆の時期のみの限定品として、1,000〜2,000円程度で色々なお菓子がセットになっているので、子供がいないご家庭などお菓子選びに迷うという方でも利用しやすくなっています。

ちなみに地蔵盆は暑い時期に開催されることからも、チョコレートやアイスクリーム、ケーキなど溶けやすいものや常温保存できないものは避けた方が無難です。

お金の場合も

地蔵盆でお供えするお金のことを「ほうがん」と言います。
子供達が各家庭を回って集めるケースや町内会費から徴収するケースなど、地域によって集め方も異なります。
中には金額があらかじめ決まっている地域もあるので、不明な場合は事前にお住まいの地域の町内会長などに確認をとっておくと安心です。

ほうがんの相場は、一般的に2,000〜3,000円程度と言われており、包み方は以下のようになります。

  • のし紙

    紅白の祝儀用または黄白の仏事用。
    一般的なお供えの場合には黄白ですが、地蔵盆は子供の成長をお祝いするためのお祭りであることから紅白の祝儀用を使用するケースが多いようです。
    地域によって異なるため、あらかじめ確認をしておきましょう。

  • 表書き

    黄白の仏事用の場合であれば「志」
    紅白の祝儀用の場合であれば「お供え」「御供」「灯明料」「御尊前」

    一般的には「お供え」「御供」とすることが多いようです。
    子供がいる家庭では下に子供の名前を、子供のいないご家庭では下に世帯主の名前を書きます。

  • 金額が少額の場合

    半紙に包む、またはポチ袋などに入れます。

一般的に「お供え」と言うと、のし紙も黄白なのかと思いがちですが、地蔵盆ではお祭りの要素も強く、紅白ののし紙を使用することが多いようです。
しかしながら地域によって異なるため、あらかじめ確認をしておくと安心です。

紅白の提灯を飾る

地蔵盆と言えば、提灯(ちょうちん)を飾ることで有名です。
地蔵盆の時期になると、お地蔵様のある家や祠(ほこら)の周辺に紅白の提灯を飾ります。
地蔵盆に欠かせないこの提灯ですが、どのような意味が込められているのでしょうか?

紅白の提灯には、地蔵尊と子供の縁を結ぶと言う意味があります。
片方の提灯には地蔵尊のお名前が、もう片方の提灯には子供の名前が記されていて、お地蔵様に子供の健やかな成長を願う意味が込められています。

また近年では、地蔵尊のお名前と共に紅い提灯には女の子の名前を、白い提灯には男の子の名前を記すケースも増えており、地域によって提灯の色も異なります。

数珠回し

地蔵盆で行われる行事の一つに「数珠回し」があります。
「数珠繰り」とも言われ、古くから伝わる伝統行事です。

数珠回しとは、大人も子供もみんなが輪になって座り、僧侶の読経に合わせて大きな数珠を回す儀式です。
数珠回しに使用される数珠は直径2〜3m程ととても大きく、無病息災を祈願しながらこの大きな数珠を回します。

地蔵盆を子供に伝える方法

人々

昔からある伝統的な行事の一つ「地蔵盆」ですが、近年では少子化の影響もあり参加する子供の数も減っています。
地蔵盆は子供のためのお祭りです。
子供達に少しでも地蔵盆について興味をもってもらうには、どのように伝えれば良いのでしょうか?

地蔵盆について子供に説明をする際には、地蔵盆が「お盆の時期にお地蔵様にお供えをして、子供達の成長を願うための行事」であると言うことを、子供達に分かりやすいように伝えましょう。
お盆の時期についても「ご先祖様が、みんなの顔を見に戻って来られる日」と伝えると分かりやすいかもしれません。

地蔵盆は子供が主役のお祭りです。
これからも地蔵盆を続けていくためにも、きちんと子供達に地蔵盆の意味を伝え、積極的に参加してもらうことがとても大切なことと言えるでしょう。

地蔵盆の由来まとめ

人々

地蔵盆の由来について紹介してきました。
いかがでしたでしょうか?

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 地蔵盆は子供のためのお祭りであり、子供の健やかな成長を願ってお地蔵様を供養するための行事である。
  • 地蔵盆は、旧暦の7月24日前後2〜3日で行われる地蔵菩薩のお祭りであるが、近年では月遅れの8月24日前後で行われる地域が多い。
    2018年の地蔵盆は、8月23日(木)と24日(金)の2日間。
  • 地蔵盆は関西地方を中心とした行事であり、発祥の地は京都であると言われている。
  • 地蔵盆の由来には、有力な説として「賽の河原(さいのかわら)」説と「小野篁(おののたかむら)」説の2つがある。
    「賽の河原」説は、親より先に亡くなった子供達を、地蔵菩薩が親の代わりに鬼から守ったとされる説。
    「小野篁」説は、地獄で苦しむ死者の代わりに自身を地獄の炎で焼いて苦しんでる閻魔大王を、小野篁が供養したとされる説。
  • 地蔵盆で行うこととして「辻地蔵を綺麗にする」「辻地蔵にお供えをする」「紅白の提灯(ちょうちん)を飾る」「数珠回しを行う」ということが挙げられる。
  • 地蔵盆を子供達に伝える方法として、地蔵盆とは「お盆の時期にお地蔵様にお供えをして、子供達の成長を願うための行事」であることを、子供達に分かりやすいように伝える。

前に述べたように地蔵盆の由来にはいくつか異なる説があります。
しかしながら共通点として、弱い者を助けようとする慈悲深いお地蔵様の姿は変わりません。
そういったことからも、地蔵盆が子供達の成長を願うためのお祭りであると言われる所以(ゆえん)なのでしょう。

近年では、少子化の影響もあり地蔵盆に参加をする子供の数が少なくなってきています。
この長い歴史のある地蔵盆を次世代に繋げていくためにも、子供達へきちんと地蔵盆の意味を伝えていかなければならないのではないでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
地蔵盆のお供えについて詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

地蔵盆のお供えにはなにを用意する?金額相場やのしについて解説

地蔵盆は主に関西地方に伝わるお地蔵様を供養するお祭りです。地蔵盆についてはいくつかの大切なしきたりがあります。今回は地蔵盆のお供えになにを用意すればよいのでしょうか。お供えの相場などを詳しく解説します。知っておいて役立つ地蔵盆に関する情報です。

「地蔵盆・由来」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「地蔵盆・由来」についてさらに知りたい方へ

地蔵盆のお供えにはなにを用意する?金額相場やのしについて解説のサムネイル画像

地蔵盆のお供えにはなにを用意する?金額相場やのしについて解説

地蔵盆で飾る提灯にはどんな意味がある?提灯の相場や処分方法を解説のサムネイル画像

地蔵盆で飾る提灯にはどんな意味がある?提灯の相場や処分方法を解説

地蔵盆にする遊びって?定番の遊びから地蔵盆でのお供え物までご紹介のサムネイル画像

地蔵盆にする遊びって?定番の遊びから地蔵盆でのお供え物までご紹介

地蔵盆では何をお供えするの?お供え物の金額相場やのしについて解説のサムネイル画像

地蔵盆では何をお供えするの?お供え物の金額相場やのしについて解説

地蔵盆で行う数珠回しとは?由来から行い方までをご紹介します!のサムネイル画像

地蔵盆で行う数珠回しとは?由来から行い方までをご紹介します!

地蔵盆のお供えの表書きの書き方とは?のし袋の選び方についても解説のサムネイル画像

地蔵盆のお供えの表書きの書き方とは?のし袋の選び方についても解説

地蔵盆で配るのにオススメなお菓子とは?金額相場やポイントを解説!のサムネイル画像

地蔵盆で配るのにオススメなお菓子とは?金額相場やポイントを解説!

京都で行われる地蔵盆とは?由来や意味からお供え物まで解説します!のサムネイル画像

京都で行われる地蔵盆とは?由来や意味からお供え物まで解説します!

地蔵盆の飾り付けってどう行うの?提灯の飾り方や地蔵盆の流れも紹介のサムネイル画像

地蔵盆の飾り付けってどう行うの?提灯の飾り方や地蔵盆の流れも紹介

地蔵盆で使用する提灯の意味とは?地蔵盆の提灯の由来についても解説のサムネイル画像

地蔵盆で使用する提灯の意味とは?地蔵盆の提灯の由来についても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「地蔵盆・由来」についてさらに知りたい方へ

地蔵盆のお供えの表書きの書き方とは?のし袋の選び方についても解説のサムネイル画像

地蔵盆のお供えの表書きの書き方とは?のし袋の選び方についても解説

地蔵盆では何をお供えするの?お供え物の金額相場やのしについて解説のサムネイル画像

地蔵盆では何をお供えするの?お供え物の金額相場やのしについて解説

地蔵盆で飾る提灯にはどんな意味がある?提灯の相場や処分方法を解説のサムネイル画像

地蔵盆で飾る提灯にはどんな意味がある?提灯の相場や処分方法を解説

地蔵盆で行う数珠回しとは?由来から行い方までをご紹介します!のサムネイル画像

地蔵盆で行う数珠回しとは?由来から行い方までをご紹介します!

京都で行われる地蔵盆とは?由来や意味からお供え物まで解説します!のサムネイル画像

京都で行われる地蔵盆とは?由来や意味からお供え物まで解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと