ペットが亡くなってしまった時に考えたい動物霊園について紹介!

家族と同様に過ごしてきた大切なペットとの別れは必ずやってきます。そして、お別れはとても辛く悲しいことです。だからこそ、動物霊園では何ができるかを知っておきたいものです。今回は、動物霊園の選び方のポイントや費用などもご紹介します。ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 動物の霊園ってどんなところ?
  2. 動物霊園でやってもらえること
  3. 動物霊園の費用
  4. 動物霊園の種類
  5. 動物霊園の一例
  6. 動物の霊園についてまとめ

動物の霊園ってどんなところ?

お墓

これまではペットが亡くなったとき、自分で埋葬するのが一般的でした。
近年ではペットも大切な時間を一緒に過ごした家族という思いから、ペットに対して感謝の気持ちを込めてお葬式や火葬を行う方が増えてきています。

ペットが亡くなったら、どのような別れをお考えですか?

お葬式や火葬をしてあげたくても、どんな流れで行うのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ペットとの別れはとても辛いものです。
大切な家族だったからこそ、最後にしてあげられることがたくさんあります。

今回終活ねっとでは、ペットとの最後の大切な時間を過ごすために考えたい、動物の霊園について紹介したいと思います。

  • 動物霊園ってどんなところ?
  • 動物霊園でやってもらえること
  • 動物霊園とは何か
  • 動物霊園での葬儀・火葬・法要・供養について
  • 動物霊園でかかる費用の目安
  • 動物霊園の種類
  • 動物霊園の一例

まだ考えなくても大丈夫と思っている方も、突然にやってきた場合に備えて、ぜひ大切なペットに何をしてあげられるか知っていただければと思います。

また、ペットはとても大切だけれども、お葬式をお考えではない方もいらっしゃると思いますが、最後までお読みいただければ幸いです。

動物霊園でやってもらえること

お墓

もしも大切なペットが亡くなってしまったら、悲しみが止まらないことでしょう。
しかし、ペットとの最後の時間をゆっくり過ごすために、まず、気持ちを落ち着かせましょう。

ご自宅でペットが亡くなったら以下のようなことをしてあげましょう。

  • ご遺体をきれいにして寝かせてあげましょう

    ペットの全身の汚れをやさしく拭いて、ブラッシングしてあげてください。
    タオルを敷いてご遺体を、やさしく包んであげてください。
    また、2時間ほどで死後硬直が進む場合があるので、猫や犬の場合の手足は、胸のほうに優しくたたんであげてください。

  • ご遺体を冷やしてあげましょう

    ご遺体をできるだけ良い状態に保つために、保冷剤やドライアイスで、お腹と首を冷やしてあげてください。

  • 専門家にお葬式の相談・予約をしましょう

    一般的には、ペットの種類や大きさ、お葬式の希望日などを伝えます。
    動物霊園によっては、自宅までご遺体を引き取りに来るケースもあるようです。
    その他、疑問に思うことはすべて聞き、納得いくまで相談してから依頼するようにしましょう。

最近、ペットとのお別れの場所として、お葬式や火葬ができる動物霊園を選ばれる方が増えてきています。

では、動物霊園とは何か、どのようなことできるかを紹介していきます。

動物霊園とは何か

今までは、ペットが亡くなったときには自治体に届けて焼却することが一般的な方法でした。
最近になるとペットは大切な家族という考えで、ペットに対してきちんとお葬式や供養をしたいと考える方が多くなってます。

動物霊園では、ペットのお葬式や供養を行ってもらうことができます。

自治体で焼却する場合の費用に比べると、動物霊園で火葬を行ってもらう場合の方が、費用は高くなるのが現状です。

しかしそれでも、ペットに対する感謝の気持ちを大切にして、悔いの残らないようにお別れをしたいと望む方も増えてきています。

では、どのような内容で動物霊園を選べばよいのでしょうか。
ポイントとして以下のような点を見ていきましょう。

  • お葬式の種類

    動物霊園で行う火葬(お葬式)には、合同火葬・個別火葬・立会火葬の3種類の方法があります。
    お葬式に決まった形式はありませんが、まず、ご希望にあうプランの内容が必要です。
    立会いやご返骨後の供養まで行いたいという方もいれば、立会いやご返骨は必要ではないという方もいっらしゃるのではないでしょうか。

  • 動物霊園での費用

    プランの内容や火葬方法、ペットの種類や大きさで費用が異なります。
    供養の考え方にも様々です。
    費用に無理のないようにしっかりと確認をしましょう。

  • 動物霊園の場所

    いつでも火葬後も会いに行ける場所として考えておきたいものです。
    自宅からの距離や利便性、動物霊園の立地や環境の雰囲気も確認しましょう。

それぞれ、ペットに合った形で弔ってあげたいですよね。
一つ一つのポイントをしっかり検討しましょう。

葬儀・火葬

次に、動物霊園で行われる火葬の種類(合同火葬・個別火葬・立会火葬)について解説します。

それぞれ火葬方法の3つの違いを比べておくことが大切となります。

合同火葬

ご家族の立会いはできません。
他家のペットたちと合同で火葬されることになります。
また、ご遺骨を自宅へ連れて帰ることもできません。

火葬後は、他家のペットたちのご遺骨と一緒に動物霊園の合同墓地へ埋葬されます。

この合同火葬では、他の火葬と比べると費用を抑えることができます。

合同火葬の流れを簡単にまとめると以下のようになります。

  • ご自宅で保管していたご遺体は、動物霊園へ来園するか、ご自宅へ動物霊園のスタッフのお迎えにてご遺体を預けます。
  • 動物霊園にて他家のペットと一緒に合同で火葬されます。
  • お骨拾いは全て動物霊園へ一任します。
  • 火葬後のご遺骨は、動物霊園の合同墓地にて埋葬され永年供養します。

個別火葬

ご家族の立会いはできませんが、火葬は個別に行われお骨上げは動物霊園へ一任します。
ご遺骨は、動物霊園での埋葬や自宅にも連れて帰ることができます。

個別火葬の流れは以下のようになります。

  • ご自宅で保管していたご遺体は、動物霊園へ来園するか、ご自宅へスタッフのお迎えにてご遺体を預けます。
  • 動物霊園にて個別に火葬されます。
  • 動物霊園にてお骨上げが行われます。
  • ご遺骨は、動物霊園の納骨堂や個別墓地などで供養するか、自宅(手元)で供養します。

立会火葬

ご家族がすべての儀式に立会いをすることができます
火葬は個別に行われ、火葬後はご家族でお骨上げを行います。
ご遺骨は、動物霊園での埋葬や自宅にも連れて帰ることができます。

立会火葬の流れを簡単にまとめますと以下のようになります。

  • ご自宅で保管していたご遺体とご一緒に、動物霊園へ来園します。
  • ご家族とペットとの最後のお別れの儀式をします。
  • 個別に火葬されます。
  • 火葬が終わると、ご家族がお骨拾いをします。
  • ご遺骨は、動物霊園の納骨堂や個別墓地などで供養するか、自宅(手元)で供養します。

動物霊園によって火葬のプランは様々です。
プランの内容を確認し、吟味して選択することが大切です。

法要

法要では、ご家族などで集まり亡くなったペットの冥福を祈ります

個別法要は人と同じように、初七日・四十九日・一周忌などの区切りで行われます。

また、合同法要では他家のペットたちの供養と一緒に行われます。
多くの動物霊園では月例法要、彼岸などの定例合同法要を執り行う場合が多くなっています。

供養

ペットが亡くなった後の供養は、人間とは違い、動物自身は宗教や宗派といったものには属していません。

ペットの供養では、納骨堂やお墓・合同墓地が一般的となります。
お墓など以外にも手元供養などの方法がありますが、ここでは、個別供養と合祀を見ていきましょう。

個別供養

個別に供養を望まれる場合の単独のお墓になります。

動物霊園の一定の敷地に墓石を購入し、個別墓に納骨されることとなります。
設置している動物霊園も限られ、費用も比較的高くなります。

合祀

永代供養の合同墓で、動物慰霊塔へ他家のペットたちと一緒に入ることになります。

費用が抑えられるということもありますが、他家のペットたちと一緒なので、ペットに寂しい思いをさせたくないという考えから選択するかたも多くなっています。

動物霊園の費用

お金

では、動物霊園の費用相場はいくらなのでしょうか。

実際のところ、費用はお葬式のプランや火葬の種類や供養の考え方によって様々です。
また、火葬費用は亡くなったペットの種類や大きさや火葬の種類によって異なりますので、事前に確認が必要です。

火葬費用の目安は以下のようになりますので、参考にしてください。

  • 小動物(2㎏未満)1~2万円
  • 猫や小型犬(5㎏未満)で2~3万円
  • 中型犬(20㎏未満)で3~4万円
  • 大型犬(30㎏未満)で4~5万円

また、火葬以外に発生する可能性のある費用としては

  • 位牌や仏壇、メモリアル写真の購入費 数千~数万円
  • 個別に四十九日法要など、お坊様へのお布施 数千~数万円
  • 個別墓地への墓地区画料、墓石料 数十万~百万円
    別途 年間管理費
  • 合同墓地への合祀料 数千円~数万円
  • 納骨堂の利用費や管理費 年間数万円

などがあります。

これらは、動物霊園や専門業者により値段設定が大きく変わり、目安となる費用がないようです。
無理のないように、費用は事前にしっかりと確認しておきたいものです。

動物霊園の種類

お墓

大切なペットをきちんと供養してあげたいと思う気持ちは同じだと思います。

動物霊園の種類もさまざまです。
参考にいくつかご紹介していきたいと思います。

ガーデニング霊園

動物霊園のひとつであるガーデニング霊園は、広大な墓地にいろいろなお花が咲いている公園のようなイメージの場所です。

花壇のような一画に草花を植え、納骨スペースを確保してご遺骨を入れるようになります。

このガーデニング霊園では、樹木葬やお花葬などの供養を行うことがあります。

  • 樹木葬について

    最近では、ご遺骨を自然に還して供養したいと考える方も増えてきています。
    樹木葬では、ご遺骨を墓石ではなく樹木や草木の下に埋葬します。
    お墓を個別に購入したり、費用の負担を軽減したいという理由でも選ばれてきています。

  • お花葬について

    お庭やプランターにご遺骨を敷いた土で、お花や樹木を育てて供養します。

人と一緒にお墓に入れる霊園

ペットはいっしょに過ごしたかけがえのない家族だから、亡くなってからもずっと一緒にいたいと思う方も増えてきています。

ペットが一緒に入れるお墓は、霊座を備えたものと、ペットも一緒に埋葬できるようにしたものも増えています。

契約していたお墓にペットを先に入れて、人は後で一緒に入るケースが一般的なようです。

人と一緒に入れるお墓を対応している霊園はまだ少ないようですが、規模が大きい霊園で対応することができますので、一度探してみると良いでしょう。

また、ペットと一緒に入るお墓については、以下の記事で解説しております。
詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

こちらも読まれています

今話題のペットと一緒に入れるお墓について徹底解説します!

ペットは大切な家族の一員です。ペットが先立ってしまったら、とてもつらい思いをしますよね。最近はペットと一緒のお墓で眠りたいと願う人が増えています。どんなお墓なら可能なのでしょうか?今回は、ペットと一緒に入れるお墓について徹底解説します。ぜひご覧ください。

動物霊園の一例

お墓

最後に、動物霊園の一例としてオススメの霊園をご紹介します。

動物霊園を探す参考として、ぜひご覧ください。

赤羽・東京動物霊園

まずご紹介するのは、東京都赤羽にある東京動物霊園です。
この霊園は、昭和53年に法善寺境内に設立されました。

ここでは、お葬式や火葬以外のご供養方法として、ご遺骨を粉末化にして遺石に加工をおこなうこともできるようです。

東京動物霊園 
東京動物霊園 

所在地東京都北区赤羽台3-24-2法善寺内

営業時間4月~9月 9:00-18:00 10月~3月 9:00-17:00

南多摩・ペットメモリアルパーク

続いて紹介するのが、ペットメモリアルパーク南奥多摩です。

この霊園は豊かな花と緑に囲まれ、納骨堂や各種墓地もあり、とても眺望の美しい動物霊園となっています。

ペットメモリアルパーク南多摩 
ペットメモリアルパーク南多摩 

所在地東京都町田市上小山田町2143-5

営業時間9:00-17:30

動物の霊園についてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、動物の霊園について紹介してきました。

大切なペットとのお別れだから、考えておけることもたくさんあったかと思います。

この記事についてまとめると、以下のようになります。

  • まずペットが亡くなったら、体をやさしく拭いてタオルなどで包んであげ、ドライアイスなどで体を冷やし、ご遺体を良い状態で保管する。そして専門業者には疑問のないように相談しておく。
  • 動物霊園での火葬の種類には、他家のペットたちと一緒に火葬し、立会いは行えない合同火葬、個別に火葬はされるが立会いは行えない個別火葬、全ての儀式の立会いを行うことができ、火葬後のお骨上げも行うことができる立会火葬の3つがある。
  • 霊園の場所を選ぶときは、火葬後や合同慰霊祭などにも行けるように、利便性や環境も大切になる。
  • 動物霊園でかかる費用はペットの種類や体の大きさ、火葬の種類によって異なるが、火葬の種類でみると、合同火葬で行うと費用が抑えられる。
  • 自然に還すことのできる樹木葬やお花葬を選ばれる方も増えている。
  • 人と一緒に入れるお墓は、契約していたお墓にペットを先に入れて、人は後で一緒に入るケースが一般的で、数は少ないが規模の大きい霊園では対応するところも増えている。

今まで大切に過ごしてきたペットとの別れは必ずきます。

元気なときに、お別れのことは考えたくないものです。
しっかりと情報を集めて、悔いのない選択をしてあげてください。

終活ねっとでは、この他にもペットのお墓についての記事を多数掲載しております。
以下の記事ではペットの納骨堂について解説しております。
詳しく知りたい方はこちらもぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

亡くなったペットを納骨堂で供養してもらうにはどうすればいい?

愛するペットが亡くなり、ペットの納骨堂で供養をしてもらう決心したけれど、どのようにしたらよいのでしょうか。今回はペットの納骨堂の施設や許可、費用はどれくらいかかるのかを、ペットを納骨堂に納めず、自宅で埋葬する方法も含めて紹介します。是非最後までご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「動物・霊園」に関連する記事

「動物・霊園」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「動物・霊園」についてさらに知りたい方へ

東京・大阪・神戸・札幌の動物霊園、獣医師の相談サイトのサムネイル画像

東京・大阪・神戸・札幌の動物霊園、獣医師の相談サイト

ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とはのサムネイル画像

ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とは

動物が亡くなった時に供養は何をすればいいの?事故時の対応も紹介のサムネイル画像

動物が亡くなった時に供養は何をすればいいの?事故時の対応も紹介

あなたはどれだけ知っていましたか?動物を使った慣用句!のサムネイル画像

あなたはどれだけ知っていましたか?動物を使った慣用句!

動物の墓地事情は?動物の墓地の種類や主な墓地について紹介します!のサムネイル画像

動物の墓地事情は?動物の墓地の種類や主な墓地について紹介します!

動物の埋葬はどうやってやったらいいのか?のサムネイル画像

動物の埋葬はどうやってやったらいいのか?

大切な家族、動物が亡くなった時の埋葬方法は?のサムネイル画像

大切な家族、動物が亡くなった時の埋葬方法は?

大切にしていた動物の供養ってどうしたらいいの?のサムネイル画像

大切にしていた動物の供養ってどうしたらいいの?

動物のお墓とは?人間のお墓との違いや埋葬方法について解説します!のサムネイル画像

動物のお墓とは?人間のお墓との違いや埋葬方法について解説します!

動物の共同墓地とは何?ペットが亡くなった時の供養方法について解説のサムネイル画像

動物の共同墓地とは何?ペットが亡くなった時の供養方法について解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと