初盆には何のお花をお供えする?お花の選び方やマナーについてご紹介

初盆には何のお花をお供えするのが良いのでしょうか。故人が亡くなってから初めて迎える初盆には、それにふさわしいお花をお供したいですよね。そこで、今回が初盆には何のお花をお供えるのが良いのか、その選び方やマナーついて詳しくご紹介いたします。

目次

  1. 初盆にお供えするお花に何を選ぶ?
  2. 初盆とは
  3. 初盆にお供えするお花の選び方
  4. 初盆のお供えにおすすめのお花
  5. 初盆にお供えするお花の金額相場とは?
  6. 初盆にお供えのお花を贈る際のマナー
  7. 初盆にお供えするお花に関するまとめ

初盆にお供えするお花に何を選ぶ?

お墓

初盆にお供えするお花には何を選べばよいのでしょうか。

初盆には、生前お世話になった故人のためにお花を送りたいと考える方も多いと思います。
しかし、一体どのようなお花を選べば良いのか迷いますよね。

故人が亡くなってから初めて迎えるお盆にはきちんとしたお花を選んで送りたいものです。

今回終活ねっとでは初盆には何のお花をお供えするのが良いのか、その選び方やマナーついて以下のポイントを中心に詳しくご紹介いたします。

  • 初盆とは
  • 初盆にお供えするお花の選び方
  • 初盆のお供えにおすすめのお花
  • 初盆にお供えするお花の金額相場とは?
  • 初盆にお供えのお花を贈る際のマナー

後半では初盆にお供えのお花を贈る際のマナーについても触れていますので、最後まで必見です。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

初盆とは

葬儀

初盆とは故人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことです。
初盆のことを新盆と呼ぶ地域もあります。

初盆は毎年行われる通常のお盆よりも盛大に行われるのが一般的です。
親族や故人と近しい友人を自宅に招き、お坊さんに読経をしてもらい故人を偲びます。

故人が亡くなって初めて迎えるお盆ということで、供養も十分に行う場合が多いです。

初盆にお供えするお花の選び方

葬儀

初盆にお供えするお花はどのように選べば良いのでしょうか。

初盆にお供えするお花には、故人にお世話になった感謝の気持ちを伝える役割もあります。
また、故人を偲ぶ気持ちをお花で表すことも大切です。

よって初盆にお供えするお花選びはとても重要です。

まず、故人が亡くなってあまり月日が経過していない初盆では、一般的に白を基調としたお花を選ぶことが多いです。
また、お供えしてはいけないお花もありますので、以下で詳しく解説いたします。

故人が好きだったお花

初盆では故人が好きだったお花を選ぶのも良いででしょう。

故人が好きだったお花を選ぶことにより、故人を偲ぶ気持ちが伝わります。
また、残された遺族も故人を思い出せることができますので、喜ばれることが多いです。

このように白を基調としたお花の中に、故人の好きなお花を入れてもらいましょう。

明るい色のお花を選ぶ

初盆にお供えするお花は明るい色を選びましょう。

ここで言う明るい色をは淡い色のことです。
赤色やショッキングピンクのような激しい色を選ぶのは避けましょう。

また黒や黒に近い色の花は、見た目で縁起が悪いとされていますので、選ばないようにしましょう。

この場合、白を中心とし、その差し色として淡い色のお花を入れると良いでしょう。
ブルーや紫などの淡い明るい色を選ぶと良いでしょう。

棘や毒があるお花は避ける

初盆に限らず法要などのお供えのお花には選んではいけないお花があります。
それは棘や毒があるお花です。

バラなどの棘のあるお花はお供えする際に怪我や面倒の原因となったりするので、そのお世話をする方への配慮として避けるべきです。

また、お手入れのしにくいお花や、支えがないと生けられないお花もお供えとしてはふさわしくありません。

また椿などの枯れると花が落ちるタイプのものも縁起が悪いので贈るのは避けましょう。

お花は故人を偲ぶためのものですが、お手入れする側への配慮も大切です。

このように送ってはいけないとされるお花もあります。
知らずにお供えしてしまうと失礼に当たる場合もありますので、注意が必要です。

あまりにも華美なお花は避ける

上記に加えて、あまりにも華美なお花は避けましょう。

初盆は故人が亡くなってからあまり月日が立っていません。
悲しみもまだ残り、故人を偲び、残された遺族の悲しみに寄り添う気持ちが大切です。
そんな中での華美な花は、故人を偲ぶ場にふさわしくありません。

赤色などの派手な色のお花や匂いがきついお花は避けましょう。

初盆のお供えにおすすめのお花

葬儀

では具体的に初盆にお供えするおすすめのお花を紹介してきます。

以下を参考にお供えのお花を選んでみてください。

ユリ

白いユリは白く見た目にも美しいことから、仏教以外のキリスト教などでの献花としても選ばれています。
棘もなく、凛とした上品な印象を与えるため、世界的に見ても高貴はお花として親しまれています。

お手入れも簡単でお供えにふさわしいとされ人気のお花の一つです。

ただし、ユリには花粉があります。
お供えでユリを選ぶ際には、あらかじめ生花店で花粉をとってもらったものを送りましょう。

トルコキキョウ

トルコキキョウは白と青を基調にした色が多いので、初盆にお供えするお花にふさわしいとされています。

開花時期も春から夏にかけてのため、お盆に選ばれることが多いです。
また、花としても強く長持ちしますので、お供えとして適しています。

キク

キクは高貴な印象を与える他、邪気を祓うと言われています。
そのような理由から仏花ではポピュラーなキクですが、白いキクを選ぶことで初盆のお供えにも使えます。

また、キクもトルコキキョウと同様に花として強く長持ちしますので、お供えとして適しています。

カーネーション

カーネーションは仏教以外のキリスト教や無宗教葬の献花でも使われる万能なお花です。
カラーバリエーションも豊富で、さまざまな場面で用いられています。

お供えの花としては差し色として他の花と組み合わせるのに便利なのが良く使われている理由です。

お花選びが不安な場合は生花店で相談してみても良いでしょう。
要望通りのお花を紹介してもらえます。

初盆にお供えするお花の金額相場とは?

困った人々

では初盆にお供えするお花の金額相場はどれくらいでしょうか。

地域によって金額の相場や家族によっても考え方が違ってきますが、だいたい5千円〜1万円程度が相場として考えれます。

また、家族でない場合は故人とどの程度のお付き合いかによっても金額は変わってきます。

地域や家族によってもお供えする花の金額相場の違いがありますので、不安な方は周りに相談してみるのも良いでしょう。

初盆にお供えのお花を贈る際のマナー

葬儀

初盆にお供えのお花を贈る際には大切なマナーが存在します。
きちんとマナーを理解して、初盆に失礼のないようにお供えのお花を贈りましょう。

お花を贈るタイミング

初盆を迎える家にお供え物を贈る場合は、お盆に入る前に届けるようにしましょう。

お盆の時期は7月13~16日の四日間か8月13日~16日の四日間になります。
これは地域によっても違うので、先にお花を贈る地域を調べておく必要があります。

また、お供えのお花を直接持っていく場合は盆の入りである13日か14日にしましょう。
あらかじめ、ご訪問する場合は、事前に先方に確認しましょう。
急な訪問はお盆ということもあり、忙しい期間なので、迷惑になる場合になります。

お花を贈るタイミングにもマナーがありますので、注意しましょう。

メッセージカードを添える

初盆に迎えるにあたって、直接訪問できない場合は、お供えとして贈るお花にメッセージカードを添えると喜ばれます。

具体的な例文を紹介します。

例文
初盆を迎えられるにあたり、心ばかりですが、お花をおくらせていただきました。
ご生前の◯◯様を偲び、あらためてご冥福お祈り致します。

例文
初盆のご法要にあたり、故人の面影を偲びつつ、衷心より哀悼の意を表します。

上記の例文を参考に、故人を偲ぶ気持ちをメッセージカードで伝えましょう。

プリザーブドフラワーでもいいの?

初盆のお供えの花にプリザーブドフラワーを選んでのも良いのでしょうか。

近年、生花店ではプリザーブドフラワーの仏花の取り扱いが増えており、お供えのお花にプリザーブドフラワーを選んでも良いとされています。

お水をやらなくても良くお手入れも簡単ということから、プリザーブドフラワーをお供えに贈る方も増えています。

お仏前にそのままお供えできるという点も良いですね。

初盆にお供えするお花に関するまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、初盆には何のお花をお供えるのが良いのか、その選び方やマナーついて詳しくご紹介いたしました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 初盆とは故人が亡くなってから初めて迎えるお盆のこと
  • 初盆にお供えするお花は白と貴重とするお花を選ぶ
  • 棘や毒のあるお花や派手なお花は初盆などの法要でのお供えにはふさわしくない
  • 初盆のお供えにおすすめのお花はユリ、トルコキキョウ、キク、カーネンションなど
  • 初盆にお供えするお花の金額相場は五千円から一万円程度
  • 初盆にお供えのお花を贈る際には大切なマナーがあるので注意が必要

初盆には何のお花をお供えるのが良いのか、その選び方やマナーついて理解していただけましたか。
今回の記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
初盆の祭壇について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

初盆とは、故人の四十九日法要を終えて最初のお盆を指します。毎年のお盆よりも特に手厚くお迎えするのが、初盆の慣わしです。初盆の祭壇はどんなものを準備したら良いのでしょうか?直前に困らないように、宗派ごとの祭壇の飾り方の違いをご紹介します。

「初盆・お供え・花」に関連する記事

「初盆・お供え・花」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「初盆・お供え・花」についてさらに知りたい方へ

初盆にお供えするお花には何を選ぶ?メッセージカードの書き方も解説のサムネイル画像

初盆にお供えするお花には何を選ぶ?メッセージカードの書き方も解説

暑い夏の初盆での服装はどうする?男女の服装や平服についても解説!のサムネイル画像

暑い夏の初盆での服装はどうする?男女の服装や平服についても解説!

初盆に参列客へお出しする料理はどんなもの?お供えの料理も解説!のサムネイル画像

初盆に参列客へお出しする料理はどんなもの?お供えの料理も解説!

初盆のお返しにふさわしい品物とは?金額相場や贈り方のマナーも解説のサムネイル画像

初盆のお返しにふさわしい品物とは?金額相場や贈り方のマナーも解説

初盆ののしの表書きはどうする?お供え物とお返しを包むのしも解説!のサムネイル画像

初盆ののしの表書きはどうする?お供え物とお返しを包むのしも解説!

初盆のお布施の相場を宗派別にご紹介!書き方や渡し方まで解説しますのサムネイル画像

初盆のお布施の相場を宗派別にご紹介!書き方や渡し方まで解説します

初盆の粗供養品の選び方とは?のしのマナーやお礼状の書き方を解説のサムネイル画像

初盆の粗供養品の選び方とは?のしのマナーやお礼状の書き方を解説

初盆の香典袋はどうやって選ぶ?袋の選び方や正しい書き方をご解説のサムネイル画像

初盆の香典袋はどうやって選ぶ?袋の選び方や正しい書き方をご解説

初盆はネクタイを着用するべき?適したネクタイやNGな服装を解説のサムネイル画像

初盆はネクタイを着用するべき?適したネクタイやNGな服装を解説

初盆に贈る供花には何のお花を選ぶ?メッセージの書き方も紹介しますのサムネイル画像

初盆に贈る供花には何のお花を選ぶ?メッセージの書き方も紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと