葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説

訃報は突然訪れるものです。実際に葬儀に参列したことはあっても、葬儀を行うにはどんなことを準備すればいいのか分からず不安になりますよね。この記事では、葬儀の準備の流れを詳しくご紹介します。ぜひ一緒に確認し、いざというときに焦らないよう準備しましょう。

目次

  1. 葬儀前に準備することは?
  2. 葬儀までの準備の流れ
  3. 葬儀直前の準備
  4. 葬儀の準備を行う際のポイント
  5. 自分の葬儀の準備をするという終活
  6. 葬儀の準備についてまとめ

葬儀前に準備することは?

葬儀

訃報はいつも突然訪れるものです。

葬儀に参列したことはあっても、葬儀を準備する際の流れを理解している方は少ないのではないでしょうか。
いざというときに慌てないよう、事前にある程度の葬儀の準備の仕方を知っておきたいという方も多いと思います。

そこで今回終活ねっとでは、

  • 葬儀までの準備の流れ
  • 葬儀直前の準備
  • 葬儀の準備を行う際のポイント
  • 自分の葬儀の準備をするという終活

以上のことについて、詳しく解説します。
ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀までの準備の流れ

葬儀

最近はほとんどの方が病院で亡くなります。
医師が死亡を確認すると「死亡診断書(死体検案書)」が発行されます。
そして葬儀までのご遺体の安置場所を決めます。

自宅で亡くなられた場合はかかりつけ医に連絡し、死亡判定をしてもらったあと、死亡診断書を発行してもらいます。

その後葬儀に関する様々な手続きをすることになりますが、どのように準備すればいいのか、葬儀までの流れについて確認していきましょう。

はじめに喪主を決める

喪主とは、ご遺族の代表者のことです。
葬儀に関することの決定権を持ち、様々な役割を担います。

葬儀全体の指揮監督を行い、また受付時や出棺時などさまざまな場面で挨拶をします。
寺院への連絡や、葬儀社への依頼も喪主の役割です。

喪主を決める際、故人の遺言に喪主の指定がある場合はそちらを最優先します。

遺言に指定がない場合もあります。
指定がない場合、以下の優先順位に沿って喪主を決めます。

  • 故人の配偶者
  • 長男
  • 次男以降の直系男子
  • 長女
  • 次女以降の直系女子
  • 故人の両親
  • 故人の兄弟姉妹

遺言の有無を確かめる

故人の遺言の有無を確かめます。
もしかすると故人が望んでいた葬儀の形があるかもしれません

最近では正式な遺言の他に、葬儀のための遺言を書く人もいるようです。
葬儀の形式、葬儀会社、宗教・宗派、亡くなったときに連絡をしてほしい人、棺に入れてほしいものなどの記載があるかもしれません。

葬儀の規模や費用、形式を決める

喪主が決まり、遺言の有無を確認したら、葬儀の規模や費用を決めます。
親しい人のみで行うのか、一般の方もお呼びするのか、などの参列者の人数を決めます。

葬儀の形式は、一般葬・家族葬・直葬・一日葬・密葬などがあります。
最近は家族葬を選ぶ方が増えてきています。

また、葬儀の宗教は仏式・神式・キリスト教式・無宗教式の4つに大きく分けられています。
必ず宗教の確認をしてから、葬儀の手続きを始めましょう。

葬儀の相場費用については、以下の記事で詳しく紹介しておりますのであわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

葬儀にかかる費用がいくらかご存知ですか?葬儀はめったにない出来事ですからご存じないという方も多いでしょう。しかし、葬儀の費用について事前に理解を深めることは大切です。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法まで紹介します。

葬儀会社を決める

葬儀の形式が決まったら、依頼する葬儀会社を選びましょう。
少し前までは、電話帳で葬儀会社を調べたり、亡くなった病院から紹介される場合がほとんどでした。
しかし最近ではインターネットで探すことが多くなってきています。

病院の紹介などで葬儀会社を決めると、金額が高い場合などもあります。
インターネットではかかる費用の比較も簡単にできるため、自分の希望に合った葬儀会社を見つけることができます

終活ねっとでも葬儀プランを提供しております。詳しくはこちらをご覧ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀の日程を決める

葬儀会社が決まったら、次は葬儀の日程を決めます
葬儀の日程を決めるときの大切なルールですが、死後24時間以内の埋葬・火葬は、墓地・埋葬等に関する法律で禁止されています。

また友引の日も「凶事に友を引く」という意味があり、縁起が悪いとされています。
故人と親しかった友人や親族が一緒にあの世に連れていかれると考えられているのです。

友引にあたってしまう場合は、通常であれば1日ずらすのが一般的です。
しかし、どうしても友引に行わなくてはならない場合は、棺に身代わりの「友人形」という人形を入れるという風習もあります。

招待する人を決め、連絡する

葬儀の場所と日時が決まったら、葬儀に招待する人を決めます
しかし、故人とどの程度の関係の方まで連絡すれば良いのか迷いますよね。

一般的には次のような基準で招待する人を決めます。

  • 親族:三親等くらいまで

    故人の両親、子ども、兄弟、祖父母、叔父・叔母、甥・姪、配偶者の両親、配偶者の兄弟

  • 友人:故人が最も親しかったと思われる友人

    ご遺族が故人の友人関係を全て把握するのは難しいため、最も親しかったと思われる友人1~3人程度にお知らせします。
    すると、その友人から交友関係のある友人へ訃報が伝わるでしょう。

  • 故人の勤めていた会社

    故人の職場には必ず連絡をします。上司や同僚に連絡をしましょう。
    しかし故人が既に定年退職していた場合は、基本的には連絡は入れません。

以上が、一般的に連絡するところですが、例外もあります。

例えば故人に離婚経験のある場合は、元夫・妻・子どもなどにも連絡を入れた方がいいこともあります。
離婚の理由によって、必ず連絡するべきとは言い切れませんが、一報を入れておく方が無難です。

また、故人が定年退職をしていても、会社の方との個人的な関係が続いている場合は、連絡したほうがいい場合もあります。

訃報を伝える際は、訃報の連絡のみをする人と、参列のご案内もする人を分けておくとスムーズです。

訃報の連絡は、直接または電話でするのがマナーです。
最近ではメールやSNSなどを利用する場合もあるようですが、「人の死を軽く見ている」と感じる方もいるようなので、注意が必要です。

また、故人が広い交友関係があった方の場合や、社会的に立場の高かった人が亡くなった場合は、新聞に有料で掲載できる死亡広告を出すこともあります。

料理や供花、返礼品を手配する

葬儀にはたくさん用意しなければならないものがあります
精進料理や、茶菓子・お酒・ジュースなどを人数分用意する必要があります。
精進料理は野菜が中心です。しかし最近では、寿司なども並ぶことがあるようです。

供花の手配もしなくてはいけません。
喪主の名前や親族の名前、可能であれば喪主の会社名で手配するようにしましょう。

祭壇には、白木の祭壇と花祭壇があります。
近年では生花で飾る花祭壇が多くなっています。
花祭壇の場合は故人の好きだった花なども使用できます。
また、遺影用の写真も用意する必要があります。

また、会葬返礼品の用意も必要です。
会葬返礼品は、香典とは関係なく、葬儀に参列してくれた方にお礼状をつけて渡す品物のことです。
金額の相場は1,000円前後が多いようです。

また香典返しを当日に行う場合は、香典返し用の品物も用意しておく必要があります。
即日返しの金額の相場は、2,000~3,000円くらいです。
即日返しの場合、香典の金額に合わせたお返しができないため、高額の香典をいただいた場合には後日個別に対応します。

役所の手続きをする

葬儀の前に、火葬許可証に関する手続きを役場で行いましょう。
火葬許可証は火葬場に提出する書類です。ない場合は火葬ができません。

役場に死亡届を出す際に、火葬許可申請書を提出すると、火葬許可証がもらえます。
ちなみに火葬が終わると、火葬許可書は埋葬許可証として使えるようになります。

このような手続きは葬儀業者が代行してくれる場合がありますので、確認してみましょう。

葬儀直前の準備

葬儀

葬儀までの準備を一通り確認できました。
それでは、葬儀直前にチェックしなければならないポイントについて、確認していきましょう。

参列者への挨拶を考える

通夜、告別式で喪主が行う挨拶についてまとめます。

通夜ぶるまいの前に、喪主は通夜の参列のお礼の挨拶をします。
参列のお礼のあとに、故人がお世話になったことの感謝も述べ、料理の用意があることを伝えます。
最後に、告別式の日程をお知らせし結びます。

続いては出棺時に挨拶をします。
霊柩車が火葬場へ向かう前に参列者に挨拶をします。
出棺まで参列していただいた感謝の気持ちを述べます。
そして、故人がお世話になったことの感謝、今後とも変わらぬお付き合いをしていただけるようお願いをします。
出棺時の挨拶のポイントは、参列者が立ちっぱなしとなるため、短く簡潔に挨拶をすることです。

最後に精進落としの挨拶です。
精進落としは、火葬場から戻り、すべての葬儀が終了したところで行うのが一般的です。
葬儀が無事終わったことの報告、お世話になったことのお礼を述べます。
挨拶終了後、会食が始まります。

服装を確認する

葬儀では、喪服を着用します。
ご遺族は主催者の立場となるため、正式な喪服を着用します。

  • 男性の場合

    和装の場合は、染め抜き五つ紋付き羽織袴
    洋装の場合は、ブラックスーツに黒ネクタイ

  • 女性の場合

    和装の場合は、黒無地の染め抜き五つ紋付き着物
    洋装の場合は、黒のアフタヌーンドレスかワンピース

男女ともに、バッグや靴などの小物はすべて黒で統一します。
また、派手なゴールドなどの金具がついた小物や光沢のあるエナメルのような素材はNGです。

女性は、ストッキングも黒にし、夏でも露出は控えましょう。
アクセサリーも結婚指輪のみが無難ですが、身につける場合はパールにしましょう。
一粒や一連のアクセサリーはいいですが、二連になっているものはNGです。
「不幸が重なる」という意味になり大変失礼です。

葬儀の服装については、更に詳しく掲載した記事がございますので、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

席順・焼香順を確認する

葬儀の席順や焼香の順番も確認しましょう。

基本的に席順は、喪主やご遺族など、故人と関係の深い人が祭壇の近くとなります。
焼香はまずご遺族から行い、その後前方の席の人から焼香するのが一般的です。

受付などの役割を決める

葬儀を行うにあたり、受付は重要な役割の一つです。
記帳の手伝いや、香典を預かるのも受付の役割です。
香典返しを当日にする場合などは、受付にしっかりと伝えましょう。

一般的に受付は、町内会や会社の人にお願いすることが多いです。

なぜなら直系の親族が受付を担当すると、葬儀に参列できなくなってしまうからです。
途中から葬儀に参列するのはマナー違反となりますので、ご遺族以外の方にお願いしましょう。

どうしてもお願いする人がいない場合は、葬儀会社に受付代行を頼むことができます。
しかし、別途費用がかかりますので注意が必要です。

僧侶と打ち合わせをする

僧侶に故人の戒名をつけてもらいます。
僧侶から、葬儀の作法やどのように葬儀を進めるのかを聞いておきましょう。
また、僧侶へはお礼をお布施として渡します。

葬儀の準備を行う際のポイント

葬儀

葬儀の準備を滞りなく行うにはどうしたらいいのでしょうか?
葬儀の準備を行うポイントを整理していきましょう。

やることが多いのでチェックリストを作る

葬儀の準備や手続きは、ここまで読んでいただいた通りたくさんあります。

そのため、チェックリストを作り、一つ一つ確実に準備を進めていきましょう。
大切な人が亡くなった直後で、悲しみの中行わなくてはなりません。
頭の中だけで考えられるほどの量ではないと思います。
チェックリストを作りご遺族で共有しましょう。

家族で分担して準備を進める

喪主が中心となって葬儀の内容を決めていきます。
しかし、喪主が決まったからといって、すべて喪主に任せず、遺族で分担して準備を進めましょう
喪主一人だけに負担がかからないよう注意しましょう。

どうしても準備を頼める人がいないという場合は、葬儀会社に代行してもらえることもあるので、相談してみましょう。
費用はかかりますが、一人で抱え込み体調を崩してしまっては大変です。
なるべく無理をせず準備を進めましょう。

かかる金額が多いのでしっかりと把握する

葬儀にかかる費用は、全国平均で195万円だそうです。
慣れないからといって葬儀会社に任せっぱなしもよくありません。
適正な費用かどうか、内訳までしっかりと把握しましょう。

自分の葬儀の準備をするという終活

人々

最近は、終活を行って自分らしい葬儀の準備をするという方が増えてきています。
自分の葬儀の準備とはどのようなことをするのか見ていきましょう。

自分の葬儀の希望を考える

生きているうちに自分で葬儀の内容を決めてしまうという方法があります。
大切なのは、なんとなく決めるのではなく、費用や形式などを具体的に決めて家族に伝えることです。

どの宗教・宗派で行うのか、誰に訃報の連絡をすればよいかなど決めます。
具体的な内容が決まったら、実際にいくつかの葬儀会社に見積もりをしてもらい、比較してみるとよいでしょう。

葬儀費用もどのくらい準備すればよいのかわかるので、自分で用意しておくこともできますね。
ちなみに本人名義の口座に葬儀費用を準備しておいても、死後一時凍結してしまうため注意が必要です。

自分の葬儀の希望を具体的に考え準備することは、大切な人への負担を軽くすることができます。

エンディングノートを書く

エンディングノートは、家族に伝えたいことを書き込んで、想いを伝えるためのノートです。
遺言書や遺書とは、法的効力があるかないかという点で違います。

エンディングノートは、特に必ずこのように書かなければならないなどと決まりがあるものではありません
といっても、いきなり何を書けばよいのか戸惑う場合もあると思います。
そのような場合は、市販で販売されている自分が書きやすそうなエンディングノートを買ってみましょう。

最近では、インターネットでもダウンロードが可能になっています。
全部隙間なく書き込まなければいけないものではないので、書けるところから記入していきましょう。

人生の終わりを考えるなんて縁起が悪いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、必ず誰にでも終わりがきます。
終わりを考えることは、これからどう生きていくのかを考えるきっかけにもなります。

また大切な家族の負担を減らすことにつながるので、ぜひ一度エンディングノートを書くことを考えてみてはいかがでしょうか?

エンディングノートの書き方については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

エンディングノートの作成方法は?書き方や書くべき内容を解説!

終活を行う時にエンディングノートを作成することはとても重要です。しかし書き方や書くべき内容がよくわからないという方もおられることでしょう。そこでエンディングノートの作成方法と作成する時の注意点などを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

生前葬について

生前葬とは、自分が生きている間に自分の葬儀をすることです。
生前葬はまだあまり一般的ではないので、参加したことのある人は少ないと思います。

生前葬の内容に特に決まりはなく、自由に行うことができます
一般的には会食をし、主催者や招待客のスピーチを行います。
人生を振り返った映像を投影したり、カラオケなどの余興もあったりします。

服装は、喪服や礼服を着用するのが一般的です。
しかし、明るい生前葬を行いたいという主催者の希望がある場合は、平服でよい場合もあります。
迷ったときは相談してみましょう。

また、香典は用意するの?と疑問に思う方もいるでしょう。
生前葬は会費制のことがほとんどなので、その場合香典は必要ありません。

生前葬の一番のメリットは、自分の口からお世話になった人へお礼の言葉を言えることです。
そして、自由度が高いため、自分の思い通りの葬儀を行うことができます。
また逝去時は、家族だけの密葬で済むため、ご遺族への負担が少なく済みます。

葬儀の準備についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、葬儀の準備について詳しく解説しました。

  • 葬儀に向けて準備しなければいけないことはたくさんあり、喪主を決め、葬儀の形式、場所、日程を決め、招待者に連絡する、料理や供花、返礼品を手配し、役所への手続きも忘れずに行う必要がある。
  • 葬儀直前に参列者への挨拶を考えたり、服装を確認し、席順の確認や、受付など役割も決める。
  • 葬儀の準備のポイントは、チェックリストをつくること、またやることが多いので家族で分担し、一人に負担が集中しないようにする。
  • 自分の葬儀の準備をするために、終活を始めてみるのもおすすめ。

葬儀の準備はたくさんやることがあります。
大切な人を亡くした直後から、慌ただしく始まります。
いざというときに備え、葬儀の準備の流れを知っておくことは大切ですね。

最近は大切な家族のために、少しでも負担を減らそうと、終活をする方も増えてきています。
ぜひこの機会に終活について考えてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・準備」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

    葬儀は故人の一生の最後の大切な儀式です。 故人は勿論、参列者にも失礼のないよう振る舞わなければなりません。 でも聞き慣れない言葉や慣習もあり、葬儀の流れは分かり難いことが多く、心配になりますね。 葬儀はどんな儀式か、段取りや注意点など納骨までの流れを解説します。

  • 無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!のサムネイル画像

    無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

    最近よく聴く、無宗教の葬儀。 あまり馴染みがないかもしれませんが無宗教の葬儀はどういったものでしょうか。 「無宗教の葬儀をしたいけど、実際には何を決めれば良いの?」 「香典は?法要ってするの?納骨も必要だよね?どうすればいいの!?」 そんな疑問にお答えします! 

  • 終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!のサムネイル画像

    終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!

    終活の中には、ご自身が亡くなった後に行われる葬儀についても、いろいろと考えなければなりません。しかし、葬儀の準備までする必要はあるのでしょうか。この記事では、終活における葬儀の準備について解説いたします。

  • 葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

    葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないためわかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも見ていきます。

  • 葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説のサムネイル画像

    葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説

    身近な方が亡くなるとまず葬儀のことを考えなければいけません。葬儀というものはそんなに何度も経験するものではないので、段取りが良くわからないという方も多いでしょう。そこで、今回は葬儀までの段取りをわかりやすく解説いたします。

  • 兄弟がいる場合は葬儀費用を分担できる?費用を安くする方法もご紹介のサムネイル画像

    兄弟がいる場合は葬儀費用を分担できる?費用を安くする方法もご紹介

    兄弟がいる場合は葬儀費用は誰が負担するものなのでしょうか。 喪主など誰か一人が負担するのか、それとも兄弟で分担してよいのか、金額が大きいだけに心配ですね。 この記事では、兄弟がいる場合の葬儀費用について、葬儀の平均費用や費用を安くする方法などを含めて解説します。

  • 葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

    葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

    人はいつか亡くなります。身近な方が亡くなったときにどう対応したらいいのでしょうか。通夜・葬儀の日程を決めるには?通夜・葬儀・告別式はどういった流れですすめていくのか?など、今回はいつか必ずやってくる葬儀の日程の決め方やマナー、流れについて解説をしていきます。

  • 葬儀の手続きの流れは?葬儀の費用相場や生活保護受給者の場合も解説のサムネイル画像

    葬儀の手続きの流れは?葬儀の費用相場や生活保護受給者の場合も解説

    実際に葬儀を行う時には、葬儀社を決めるだけでなく様々な手続きが必要となります。いざという時には、何から手をつければいいのが、どのような流れで進めていけばいいのか困惑する人も多いでしょう。今回は、葬儀の手続きの流れ、手続きの代行や費用の支給手続きをご紹介します。

  • 葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

    葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

    人生の中では参列する側としての葬儀だけでなく、喪主側としての葬儀を経験する日が来ることもあるかもしれません。そんなとき、一体どんな準備をすれば良いのか知りたい方もいるのではないでしょうか?今回はそんな葬儀の準備や流れ、また服装マナーについても解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・準備」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!のサムネイル画像

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!のサムネイル画像

終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説のサムネイル画像

葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説

兄弟がいる場合は葬儀費用を分担できる?費用を安くする方法もご紹介のサムネイル画像

兄弟がいる場合は葬儀費用を分担できる?費用を安くする方法もご紹介

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

葬儀の手続きの流れは?葬儀の費用相場や生活保護受給者の場合も解説のサムネイル画像

葬儀の手続きの流れは?葬儀の費用相場や生活保護受給者の場合も解説

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・準備」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!のサムネイル画像

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!のサムネイル画像

終活で葬儀の準備をする必要ってあるの?費用や注意点も徹底解説!

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと