初盆のお返しにふさわしい品物とは?金額相場や贈り方のマナーも解説

皆さんは、初盆のお返しについてご存知でしょうか?通常の法事では供物を頂いた方にお返しをしますが、初盆でも通常のようなお返しをするのでしょうか?今回は、初盆のお返しにふさわしい品物の選び方や金額相場、贈り方のマナーなどを解説します。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 初盆のお返しに何を贈る?
  2. 初盆とは
  3. 初盆のお返しは必要?不要?
  4. 初盆のお返しの金額相場とは?
  5. 初盆のお返しに人気の品物
  6. 初盆のお返しを贈る際のマナー
  7. 初盆のお返しに関するまとめ

初盆のお返しに何を贈る?

困った人々

初盆は故人が亡くなってから初めて迎えるお盆であり、特別な日です。

初盆はいつものお盆とは勝手が違うため、戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。
また、初盆のお返しに悩んでしまうという話もよく耳にします。

初盆では、施主として故人のために気を配ってくれた方たちに失礼のないようにふるまいたいですね。

そこで今回の終活ねっとでは、初盆のお返しに何を贈るかについて

  • 初盆とは?
  • 初盆のお返しは必要?不要?
  • 初盆のお返しの金額相場とは?
  • 初盆のお返しに人気の品物とは
  • 初盆のお返しを贈る際のマナーについて

以上の点を中心に解説していきます。
お礼状の例文もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

初盆とは

葬儀

初盆とは、故人が亡くなり、四十九日法要が済んでから初めて迎えるお盆をさします。

初盆(はつぼん)の他にも、新盆と書いて、にいぼん・あらぼん・しんぼん等地域によって様々な呼び方をされています。

お盆の時期にまだ四十九日の忌明けを迎えない場合は、翌年のお盆が初盆となります。

初盆は通常のお盆とは違い、僧侶をお呼びしてお経をあげてご供養する事が多くなっています。

初盆のお返しは必要?不要?

困った人々

初盆の際には参加者はご香典やお供え物を持参することがほとんどです。
主催者はご香典にお返しが必要なのでしょうか?

地域によって風習に差異はありますが、初盆にはお返しをするのが一般的となっています。

ご香典やお供え物を持参して下さった方に、感謝の気持ちを伝えるマナーの一環です。

お返しは引き出物として物品を贈ることが多くなっています。
中には、法要の食事をお返しとする場合もあります。

どのような方法でお返しをするか悩む場合は、法要の参加人数やどのような間柄の方が集まるかで決めるのもひとつの考え方といえるでしょう。

初盆のお返しの金額相場とは?

お金

初盆にはお返しをするのが一般的ということをお伝えしました。
しかし、一体どのようなものを送ればいいのかお悩みの方もいらっしゃることと思います。

悩んでしまった時は、まず一人あたりの金額を決めて、設定した額の中から探すという方法もあります。

一般的に初盆のお返しの金額相場は、頂いた額の3割~5割前後が相場となっています。
具体的な額としては、3千円~5千円くらいとなります。

上記の金額を参考に、お返し用のカタログなどから探せば失礼とはならないでしょう。

また、遠方にお住まいなどの理由で法要に参列はされず、ご香典やお供え物を送ってくださった方にも、同様の相場でお礼状を添えてお送りするとよいでしょう。

初盆のお返しに人気の品物

人々

初盆のお返しの金額相場はおわかりいただけたかと思います。

では、次に実際にどのようなものが初盆のお返しに人気の品物なのかを見ていきましょう。

初盆では食べ物、タオルや石鹸、カタログギフトなどを選ぶ方が多いようです。
それぞれ見ていきましょう。

食べ物

食べ物をお返しとすることは、定番のひとつとなっています。

お菓子を法要の引き出物としていただいた経験がある方は多いのではないでしょうか。

引き出物として送るお菓子は引き菓子といって、お食事のおすそわけといった意味があります。
持ち帰っていただいて、ご家族の方などに法要のお食事の代わりにお渡しするものです。

お菓子以外には、お盆の季節柄からそうめんなどがよく選ばれています。
海苔や調味料、お茶やコーヒーといった季節を問わずに良く使われるものも、長く残らず邪魔になりにくいため人気となっています。

お返しを選ぶ際には、送られる側の気持ちに立って選ぶことが重要です。

タオルや石鹸など

食べ物以外にも、タオルや石鹸といった生活用品もお返しの定番です。
最近では、特に洗剤の詰め合わせなどが人気となっています。

タオルなどの繊維ものを送るのには実は歴史的な背景があります。

故人に着せる死装束には、かつてはよくさらしが組み込まれていました。
そのため、以前は香典返しにはさらしが定番でした。
しかし、現代ではさらしは日常的に使われるものではなくなりました。

なのでさらしの代用品として同じ繊維ものであり、日常的に使用できて送られても困らないタオルがよく贈られるようになったと言われています。

また、故人が旅立っていった悲しみを包み込むという意味合いもあるようです。

食べ物やこういった生活消耗品は、「消えもの」といわれています。
万人受けして誰にでも需要があることから、初盆のお返しに限らず贈り物をする際によく選択肢に上がる人気の品となっています。

カタログギフト

最近では、カタログギフトが贈り物として人気となってきています。

カタログギフトとは、送る側が贈り物を指定するのではなく、贈られた方が通販のようにカタログ本の中から自由に品物を選ぶことができるというものです。

代金はカタログをお渡しした時点で払い終えているので、カタログの中から選んで申し込むだけで手もとに品が送られてきます。

同じ値段帯の品が多数列挙されていて、送られた方は各自が自分の好みに合ったものを手にすることができます。
大勢の方に同じものをお渡しするとなるとなかなか個々人の嗜好までは考慮が及ばなくなるものですが、カタログギフトでしたらそういった心配をせずに済みます。

1500円のカタログ、2000円のカタログ、2500円のカタログといったように細かな値段区分もありますので、送る方に合わせた適正な価格のものを選ぶこともできます。

初盆のお返しを贈る際のマナー

葬儀

初盆のお返しを贈る際のマナーをご紹介します。
お返しをお渡しするタイミングや渡し方の礼法を解説したしますので、ぜひ参考にしてください。

お返しを贈る時期はいつ?

お返しを贈る時期は、大別して2通りあります。

まず一つめは、法要後の会食の終わりにお渡しします。

会食後に贈るのは一般的とされていますが、事前の準備が少し大変かもしれません。
ご香典を持参して下さる方の数と、その上で法要・会食に参加する方の人数をあらかじめ予想してお返しを準備する必要があります。

最近ではセレモニーホールや旅館などで会食を行うことが多くなっています。
その場合には、会場にあらかじめお返しの品を運びこんで支度をする必要があります。

また、用意したお返しが足りなければ来て下さった方に失礼になります。
逆に、多すぎては余った分が無駄になってしまいます。

香典返しを取り扱うお店では、お返しが余った時に返品を受け付けているところもあります。
お返し選びに制限がつくことにはなりますが、返品ができる品を選んでおけば不測の事態に対処することができます。

ふたつめは、初盆の後日に配送するというパターンです。
送る時期はお盆の時期が終わってからになります。

郵送する方法なら、当日にいらっしゃった方の人数は把握することができます。
そのため、どの品をいくつ用意すればいいかということで悩む必要はなくなります。

ただ、発送を手配する手間や送料等が発生しますので、その点はご留意ください。

また、高額なご香典を包んでいただいた方に改めてお礼をするするときも後日にお送りすることになります。

故人のために集まってくださった方に直接感謝の気持ちを手渡したいという想いから、当日にお渡しすることを選ぶ方もたくさんいらっしゃいます。

どちらが正しいといったことはありませんので、ご都合に合わせてご準備ください。

お礼状(挨拶状)を添える

御礼をお渡しする際には、お礼状を添えるのがマナーとされています。

法要には家族や親族だけでなく、故人の友人や仕事の関係者など様々な方がいらっしゃいます。
お礼状は参列してくださった方々に、ご香典やお供え物をいただいたお礼と初盆が無事に済んだという報告をするために添えるものです。

初盆のお礼状を書く上で気をつけることがいくつかあります。

  • 必ず故人の名前を全名で入れること
  • 施主の名前を全名で入れること
  • 文中に句読点を使わないこと
  • 法要に参列していただいたことへのお礼、香典やお供物をいただいたことへのお礼を必ず入れること

これらのことを踏まえて、お礼状の例文をご紹介します。
ご参考までにぜひご覧ください。

ご挨拶

このたびは故(故人名)の新盆を迎えるにあたりご丁寧にお心遣いいただきましてありがとうございました
故人もさぞかし喜んでいると思います
私からも厚く御礼申し上げます

つきましてはささやかではございますが新盆の供養のしるしとして心ばかりの品をお贈りさせていただきます
どうかお納めくださいませ

本来ならばお目にかかりお礼を申し上げるべきところでございますが
略儀ながら書中をもちましてお礼のご挨拶とさせていただきます

○○年○○月○○日
(施主名)

のしをつける

のしの水引は弔事用の関東では黒白の結び切り、関西では黄白の結び切りを使うところが多くなっています。
のしの種類には地域性がありますので、お住まいの地域ではどうしているのか確認するのがよいでしょう。

表書きの書き方

初盆のお返しのための、のしの表書きは以下のような言葉を添えます。

  • 「志」
  • 「御新盆志」・「御初盆志」
  • 「新盆志」・「初盆志」
  • 「粗供養」

「志」が最も一般的で、幅広い地域でも通じます。

名前の書き方

送り主の名前は名字を書きます。
(名字)家と書く場合もあります。

しかし近年では、全名を書くところも増えてきているようです。


終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
のし袋についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

のし袋(熨斗)の水引の種類はなに?色や結び方・包み方も解説します

冠婚葬祭でよく見かける飾りのついた袋をのし袋といいますが、その飾りの部分のことを水引といいます。おめでたいことであれば紅白、お悔やみごとであれば黒白と場によって使う種類が異なるのはご存知でしょう。実はのし袋の水引の種類は他にもたくさん存在します。

初盆のお返しに関するまとめ

人々

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、初盆のお返しとそれにまつわる知識などについて解説してきました。
最後に記事の内容を以下にまとめます。

  • 初盆とは、故人が亡くなって四十九日法要が済んでから初めて迎えるお盆をさす。お盆の時期にまだ四十九日の忌明けを迎えない場合は翌年が初盆となる。
  • 初盆にご香典やお供え物を持ってきて下さった方にははお返しをするのが一般的となっていまる。
  • 一般的に初盆のお返しの金額相場は頂いた額の3割から~5割前後が相場となっている。2000~5000円程の金額となる。
  • お返しの品は食べ物や生活消耗品といった「消えもの」が定番。近年ではカタログギフトも人気がある。
  • お返しは会食の終わりとお盆明けに送る場合がある。お返しに添えるお礼状の書き方と例文をご紹介した。のしの書き方についても詳しく解説した。

初盆の知識は法要の準備をしていても、なかなか詳細が伝わりにくいことだと思います。
初盆のお返しは事前の準備が大切ですので、早いうちから情報を集めて入念な準備をしたいですね。

今回の記事をみなさんの初盆準備の一助としていただければ幸いです。

終活ねっとでは、他にも法要に関する詳細な情報が掲載されております。
ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「初盆・お返し」に関連する記事

「初盆・お返し」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「初盆・お返し」についてさらに知りたい方へ

初盆はネクタイを着用するべき?適したネクタイやNGな服装を解説のサムネイル画像

初盆はネクタイを着用するべき?適したネクタイやNGな服装を解説

初盆での喪主の挨拶は何を話せばいいの?参列者側の挨拶も解説しますのサムネイル画像

初盆での喪主の挨拶は何を話せばいいの?参列者側の挨拶も解説します

初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!のサムネイル画像

初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!

初盆の期間っていつ?提灯を飾るべき期間や初盆の服装についても解説のサムネイル画像

初盆の期間っていつ?提灯を飾るべき期間や初盆の服装についても解説

初盆に贈る供花には何のお花を選ぶ?メッセージの書き方も紹介しますのサムネイル画像

初盆に贈る供花には何のお花を選ぶ?メッセージの書き方も紹介します

初盆ののしの表書きはどうする?お供え物とお返しを包むのしも解説!のサムネイル画像

初盆ののしの表書きはどうする?お供え物とお返しを包むのしも解説!

神式の初盆は新盆祭・新御霊祭とよびます。のサムネイル画像

神式の初盆は新盆祭・新御霊祭とよびます。

初盆の香典の金額相場はいくら?お布施や提灯代の相場も紹介しますのサムネイル画像

初盆の香典の金額相場はいくら?お布施や提灯代の相場も紹介します

浄土真宗の初盆には何を準備する?お供え物や灯篭についても解説!のサムネイル画像

浄土真宗の初盆には何を準備する?お供え物や灯篭についても解説!

初盆と49日が近い時は一緒に行う?お布施や香典のマナーも解説!のサムネイル画像

初盆と49日が近い時は一緒に行う?お布施や香典のマナーも解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと