初七日法要のお布施の金額相場は?お布施の渡し方や包み方もご紹介

皆さんは、初七日で渡すお布施の包み方をご存知でしょうか?法要の場ではお坊さんにお布施をお渡ししなければなりませんが、正式なお布施の包み方を知っている方は少ないのではないでしょうか。今回は、初七日法要のお布施の包み方や渡し方、金額相場についてご紹介いたします。

目次

  1. 初七日のお布施はどうやって包む?
  2. 初七日とは
  3. 初七日のお布施の金額相場はいくら?
  4. 初七日のお布施の書き方
  5. 初七日のお布施の包み方
  6. 初七日のお布施の渡し方
  7. お布施以外に僧侶に渡すお金
  8. 初七日のお布施に関するまとめ

初七日のお布施はどうやって包む?

葬儀

初七日のお布施は、どのように包むのが正しいのでしょうか。

法要の場では、お坊さんに対するお経のお礼としてお布施を渡さなければなりません。
しかし、お布施を渡すこと自体は知っていても、正しい包み方をご存知の方は少ないのではないでしょうか。

お布施を自分で準備して、お坊さんに渡す機会は人生においても多くあるものではありません。
お布施の準備が必要になった時に、どのように包むのが正しいのか迷われる方も多いと思います。

しかし、お布施の包み方のマナーを知らないと大人として恥ずかしいものです。

また、初七日は故人を偲ぶための大切な法要のひとつです。
このような大切な場で、マナー違反をして失敗したくないですよね。

そこで今回終活ねっとでは、初七日法要のお布施の包み方や渡し方、金額相場について、以下のポイントを中心にご紹介いたします。

  • 初七日とは
  • 初七日のお布施の金額相場はいくら?
  • 初七日のお布施の書き方
  • 初七日のお布施の包み方
  • 初七日のお布施の渡し方
  • お布施以外に僧侶に渡すお金

ぜひ一緒に初七日法要のお布施の包み方や渡し方、金額相場について学びましょう。

また、記事の後半ではお坊さん渡すお布施以外のお金についても解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

お布施の包み方について学ぶのは、先送りにしようとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、早いうちから常識として知っておいても損はない大切なマナーです。

お坊さんを手配したい方はこちら

初七日とは

葬儀

初七日とは、仏教の死後7日目に行われる法要です。
法要には中陰供養と年忌法要とがありますが、初七日は中陰供養です。

一般的には、自宅またはお寺でお坊さんにお経をあげてもらいます。
初七日の法要は、親族やごく親しい友人のみだけが出席することが多いです。

近年では簡略化され葬儀と一緒に執り行われる場合も多くなっています。

北海道では繰り上げ法要が主流

現代では、お葬式と初七日を一緒に行う「繰り上げ法要」を選択する場合も増えてきています。
これは、火葬後に初七日法要を行います。

一般的に初七日とはお葬式の一週間後に執り行ないます。
しかしこの場合、日程調節が難しく、親族にもまた集まってもらわなければならないので、お葬式の際に一回で済ませてしまうのが目的です。

そして、この「繰り上げ法要」が北海道、主に札幌では、主流になっています。

これは、法要のために集まる親族への気遣いから生まれた習慣であると考えれています。
北海道の土地はとても広いので、親族が忙しい中何度も足を運ぶのは大変だということで、お葬式と一緒に一回で済ませてしまおうと考えたわけです。

また、北海道では告別式の日に初七日法要だけでなく二十七日の法要、さらに四十九日の法要も一緒に行う場合が多いです。
7日ごとに毎回親族が集まることが難しいので、中陰供養をお葬式の際にまとめて行うという習慣が根付きました。

繰り込み法要とは?

初七日の法要を一緒に行う場合、「繰り上げ法要」または「繰り込み法要」どちらかを選ぶことになります。

「繰り込み法要」は「繰り上げ法要」と違って、火葬の前に初七日法要を行います。

どちらもお葬儀の日に初七日法要を行うことですが、「繰り込み法要」を選ばれる方が多いです。

繰り込み法要は火葬前に初七日の法要を行いますので、火葬後に精進落しを行うことができます。
また、時間ができるのでその時に親族と今後の法要について予定などを相談できます。

これらの時間的メリットがあるため、お葬式と初七日法要を一緒に行う際には、「繰り込み法要」を選ぶ場合が多いです。

初七日のお布施の金額相場はいくら?

お金

では、初七日のお布施の金額相場はいくらでしょうか。

お布施の金額をお坊さんに聞くのも聞きづらいですし、仮に聞いたとしても「お気持ち程度で」と言われることが多いです。
多い分には問題ないように思いますが、少なすぎる場合には失礼に当たるかもしれません。

初七日のお布施の金額相場を知っておくことは大切です。

宗派によって異なる

お布施の金額相場は、宗派によって異なります。

ただし、初七日の法要をお葬式と一緒にしない場合は、宗派にかかわらず一般的に大体3万円〜5万円が相場になります。

また、初七日の法要はお葬式の流れで済ませる場合が多いので、その金額相場も具体的に説明してきます。

浄土真宗

浄土真宗の場合、初七日のお布施の相場は大体3万円〜5万円程度です。

お葬式と一緒に初七日を行う場合は、法名も含む金額となりますので大体25万円~50万円程と言われています。
法名とは、他の宗派での戒名にあたります。

また、浄土真宗の中でも真宗大谷派や浄土真宗本願寺派のように宗派に分かれています。
浄土真宗の中でも、宗派によっては風習が違う場合もありますので注意が必要です。

浄土宗

浄土宗の場合、初七日のお布施の相場は大体3万円〜5万円程度です。

お葬式と初七日を一緒に行う場合のお布施は年収の1から2割程度と言われていますが、だいたいは15万円~50万円程度と言われています。

また、戒名をつけてもらう場合は50万円程度になると言われています。

曹洞宗

曹洞宗の場合、初七日のお布施の相場は大体3万円〜5万円程度です。

お葬式と初七日を一緒に行う場合のお布施は大体30万円~60万円程と言われています。

このお布施の金額は、戒名の文字数や格式によって変わってきます。
高い格式のものだと100万円以上する場合もあります。

お寺によって金額が異なる場合もありますので、お寺や専門家に相談してみるのも良いでしょう。

真言宗

真言宗の場合、初七日のお布施の相場は大体3万円〜5万円程度です。

お葬式と初七日を一緒に行う場合のお布施の相場は大体20万円~50万円程と言われています。
また、戒名をつけてもらう場合は50万近くになると考えられています。

日蓮宗

日蓮宗の場合、初七日のお布施の相場は大体3万円〜5万円程度です。

お葬式と初七日を一緒に行う場合のお布施の相場は大体20万円~50万円程と言われています。
また、戒名をつけてもらう場合は50万近くになると考えられています。

地域によって異なることも

お布施の相場、地域によっても異なる場合があります。

だいたいの相場金額は、3万円〜5万円程度の範囲です。
しかし、冠婚葬祭にお金を多く使う中部地方においては5万円以上包む場合もあります。

自分の住む地域の相場が気になる場合は、家族やその地域に昔から住んでる人に尋ねてみるのも良いでしょう。

初七日のお布施の書き方

葬儀

初七日のお布施の書き方にも大切なマナーがあります。

以下では、正式な書き方について解説していきます。

お通夜やお葬式では薄墨を使いますが、法要の際は普通の黒墨を使用しましょう。

表書きは?

お布施の表書きは、上段には御布施と書くのが一般的です。
また、何も書かずに空白でも問題ありません。

名前の書き方

下段に○○家と書きましょう。
または、施主のフルネームを書いてもよいとされています。

住所の書き方

住所は中袋に記載しましょう。
中袋にあらかじめ住所を書く欄がある場合は、そちらへ記入しましょう。

金額の書き方

金額は、中袋の表面の中央か裏面の右側下に記載しましょう。

また、金額は漢字の旧字体を使うのが一般的なマナーになります。
数字の頭には「金」と付け最後には「圓也」と記載しましょう。

こちらも読まれています

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

葬儀やお墓のことなどでお世話になるのが僧侶の方です。僧侶の方にお経をあげてもらったことへの謝礼がお布施ですが、香典などと違って書き方がわからないという方も多いでしょう。今回はお布施を手渡す際、恥ずかしい思いをしなくて済むお布施の書き方について見ていきます。

初七日のお布施の包み方

葬儀

それでは、初七日のお布施の包み方をみていきましょう。

正しいお布施の一般的な包み方は2通りありますので、以下で詳しく解説していきます。

白色の封筒に包む

お布施を包む封筒は白色を選びましょう。

郵便番号欄が印刷されているものは避けて、無地のもので包みましょう。
お札は直接封筒に入れるのではなく、必ず中袋に入れましょう。

2枚重ねの封筒は「不幸が重なる」ということで縁起が悪いといわれている地域もあります。
地域によっては、二重封筒は使用するのを控えたほうが無難です。

また、市場に売っている白い封筒に「お布施」とプリントされているものを使用しても問題ありません。

奉書紙に包む

一般的に、お布施の包み方でもっとも正式な渡し方とされるのが、奉書紙に包む渡し方です。

奉書紙に包むとなると難しそうですが覚えてしまうと簡単にできますよ。
以下で説明しますので、一緒に学びましょう。

まずは中包みを用意しましょう。
お札を半紙で包むか、中袋に入れましょう。

その中包みを奉書紙で包みましょう。

奉書紙の包み方はあくまで、慶事の包み方にします。
お布施はお礼の気持ちということから、弔事の折り方は失礼に当たるとされています。
折り方を間違えないように、十分に注意が必要です。

慶事の包み方は、中包みの場合は折り返しの空いた部分は「左上」にします。
また、上包みの折り返しの重なりは「下側が上」にくるように折りましょう。

このように、お布施をお渡しするときは奉書紙に包んで渡すのが丁寧とされています。
お布施を用意する時間があるようでしたら、奉書紙に包んで渡しましょう。

水引は必要?

そもそもお布施に水引は必要ありません

ただし、上記の白い封筒や奉書紙がどうしても準備できない場合には、水引がついているのし袋に包む場合もあります。

もし、のし袋に包む場合は水引の色が「黒白」か「双銀」のものを選びましょう。
一般的にこの時の結び方は「あわび結い」のものを探しましょう。

また、地域によっては「黄白」の水引を選ぶこともあります。

のし袋は上記で述べた白い封筒や奉書紙が用意できない時に選びましょう。
お布施を渡す際には、白い封筒や奉書紙に包んだ方が無難です。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
お布施袋の水引についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください

こちらも読まれています

お布施袋の水引はどうする?お布施の水引の色や結び方も紹介します!

お布施に水引は必要なのでしょうか。水引には種類があってお布施の場合にどのような水引にしたらいいかわからない、あるいはそもそもお布施に水引っているのと疑問に思われる方も多いかもしれません。そこで今回はお布施に水引きが必要なのかについて解説していきたいと思います。

初七日のお布施の渡し方

葬儀

お布施をの渡し方や渡すタイミングもきちんとしたいですよね。
以下で、詳しく解説してきます。

お布施はどうやって渡すの?

お布施の渡し方には、注意が必要です。
お布施を手で直接渡したり、床に置いて渡すことはマナー違反となり失礼に当たります。

正しいお布施の渡し方は2通りあります。

  • お盆(切手盆)にのせて渡す

    お布施は切手盆にのせて渡しましょう。

    まず、切手盆にお布施を乗せ準備をしましょう。
    それを時計回りに回転させ、お坊さんから見てお布施が正面にくるようにしましょう。
    そして、それをお坊さんへ差し出すか、お坊さんの手の届く位置に置きましょう。

  • 袱紗(ふくさ)に包んで渡す

    お盆の準備ができない場合や、葬儀場で渡す場合は袱紗に包んで渡しましょう。

    まず、袱紗に包んだお布施を取り出します。
    お布施と同じくらいの大きさにふくさを折りたたみ、その上にお布施を置きます。
    この時、お坊さんから見てお布施が正面にくるようにしましょう。
    そしてそのまま、袱紗を差し出しましょう。

またお布施を渡す際には、無言でお坊さんに渡すのではなく、必ず挨拶をしましょう。
「どうぞお納め下さい」などと挨拶するのが良いとされています。

お布施を渡すタイミングはいつ?

お布施を渡すタイミングですが、自宅で渡す場合と葬儀の場で渡す場合とで異なります。

初七日をお葬式と別日にする場合は、自宅にお坊さんを招きます。
その場合は、お経を読み終わりお坊さんが帰る準備をする前に渡すのが良いとされています。

一方、初七日を葬儀と一緒する場合は、葬儀が始まる前にお坊さんに挨拶をします。
その時にお布施を渡すと良いでしょう。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
お布施の渡し方についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください

こちらも読まれています

お布施の渡し方を解説!渡すタイミングやお盆・ふくさも解説!

法事の際に僧侶の方にお経をあげてもらった際にその感謝の気持ちとして渡すのがお布施です。実はお布施は単に手渡しをすればよいというものではなくきちんとした渡し方があります。そこで今回は法事の際の常識でもあるお布施の渡し方について見ていきましょう。

お布施以外に僧侶に渡すお金

仏壇

法要では、お布施以外にお坊さんに渡すお金もあります。
ここでは、お車代と御膳料について簡単に解説します。

お車代

お車代は、お坊さんを自宅に招いた場合にお渡しする交通費です。
お忙しい中、自宅までご足労いただいたお礼にお渡しするのが一般的です。

お渡しする場合はお布施と一緒に渡すようにしましょう。
ちなみにお車代の相場は5千円~1万円程度です。

御膳料

御膳料は、お坊さんのお食事代としてお渡しするお金です。
法事では会食の場を設けることが多く、お坊さんが出席できない場合に渡すのが一般的です。

御膳料をお渡しする場合は、お車代と同じくお布施と一緒に渡すようにしましょう。
ちなみに御膳料の相場は5千円~1万円程度です。

初七日のお布施に関するまとめ

葬儀

いかかでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、初七日法要のお布施の包み方や渡し方、お布施の金額相場についてご紹介いたしました。

記事をまとめると、以下のようになります。

  • 初七日法要はお葬式と一緒にする「繰り上げ法要」または「繰り込み法要」が近年では増えてきている
  • 初七日のお布施の金額相場は宗派やお寺、地域によって異なる
  • 初七日のお布施の書き方には大切なマナーがある
  • 初七日のお布施は白い封筒か奉書紙に包んで渡すのが良いとされている
  • 初七日のお布施の渡し方やそれを渡すタイミングにもマナーが存在する
  • 僧侶に渡すお金はお布施以外にお車代や御膳代がある

初七日法要のお布施について詳しく理解していただけましたでしょうか。
今回の記事が、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「初七日・お布施」に関連する記事

「初七日・お布施」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「初七日・お布施」についてさらに知りたい方へ

初七日のお返しの金額相場は?お返しを包むのしについても解説!のサムネイル画像

初七日のお返しの金額相場は?お返しを包むのしについても解説!

沖縄の初七日法要に着ていく服装のマナーは?かりゆしについても解説のサムネイル画像

沖縄の初七日法要に着ていく服装のマナーは?かりゆしについても解説

初七日の香典の表書きの書き方は?金額相場についても解説します!のサムネイル画像

初七日の香典の表書きの書き方は?金額相場についても解説します!

初七日法要では何をお供えする?のしの書き方やお返しについても解説のサムネイル画像

初七日法要では何をお供えする?のしの書き方やお返しについても解説

初七日法要の喪主の挨拶を解説!親族代表の挨拶の例文も紹介しますのサムネイル画像

初七日法要の喪主の挨拶を解説!親族代表の挨拶の例文も紹介します

初七日のお布施の金額相場をご紹介!お布施の渡し方についても解説のサムネイル画像

初七日のお布施の金額相場をご紹介!お布施の渡し方についても解説

初七日で渡す香典の表書きはどう書く?宗派、宗教ごとの書き方も解説のサムネイル画像

初七日で渡す香典の表書きはどう書く?宗派、宗教ごとの書き方も解説

初七日のお布施の表書きはどう書く?金額の相場やマナーとともに解説のサムネイル画像

初七日のお布施の表書きはどう書く?金額の相場やマナーとともに解説

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説します

初七日法要の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

初七日法要の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと