お布施の封筒の書き方とは?表書きや金額の書き方など詳しくご解説

お布施の封筒の書き方ってついつい忘れがちではありませんか?今回終活ねっとではお布施の封筒の書き方について解説をしていきたいと思います。覚えておくと役に立つ表書きの書き方、金額の書き方までしっかりとご紹介しますので最後まで読んで頂ければと思います。

目次

  1. お布施の封筒の書き方とは?
  2. お布施とは
  3. お布施の封筒の書き方
  4. お布施の封筒は薄墨で書くの?
  5. お布施の包み方
  6. お布施の渡し方
  7. お布施の金額相場とは?
  8. お布施以外に僧侶に渡すお金
  9. お布施の封筒の書き方に関するまとめ

お布施の封筒の書き方とは?

お金

法要に絶対必要不可欠なのがお布施ですよね。
しかし法事はそんなに頻繁にあるものではありませんから、ついつい書き方を忘れがちですよね?
大事なときにすぐ思い出せなくて困った、という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

不幸は起きて欲しくないものですが、万が一に備えてお布施の書き方について学んでおく必要があります。
そこで今回終活ねっとではお布施の封筒の書き方について、

  • お布施とは何なのかについて
  • お布施の封筒の書き方について
  • お布施の文字を書く墨の濃さについて
  • お布施の包み方、渡し方について
  • 気になるお布施の金額の相場について
  • お布施以外に必要なお金について

の点について詳細に解説していきたいと思います。
お布施の封筒の書き方以外にも、お布施の相場やお布施の包み方についても解説しています。
ぜひ最後までご一読頂ければ幸いです。

また、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

お布施とは

葬儀

ではまず最初に簡単にお布施とは何か、ということについて解説させて頂きます。
お布施とは法要をしてくださった僧侶に対して感謝の気持ちをこめてお渡しするお金や品物のことを言います。

元々お布施は仏教の言葉で、3つのものから成り立っています。
「財施」、「法施」、「無畏施(施無畏)」のものを合わせて布施と呼んでいます。
僧侶から「法施」という法要による施しを受け、受けた側は「財施」という形でお金やお菓子などの品物をお渡しします。
このようにお布施は成り立っているんですね。

僧侶は読経をしてくださったり故人に戒名をつけてくださります。
戒名を付けて頂いた場合は「戒名料」と表記してお渡しすることもあるようですが、基本的には「お布施」としてお渡しして良いようです。

お通夜や葬儀はもちろんのことですが、一周忌やそれ以降の法要、お墓を建てた際の読経などでお布施は必要となります。

お布施の封筒の書き方

葬儀

では続いて本題である、お布施の封筒の書き方について解説させて頂きます。
終活ねっとでは宗教ごとにわけて解説していきます。

上包みの書き方

最初に上包みの書き方から解説させて頂きます。
上包みとは中袋の上から包むものでお布施の一番外側になる部分です。
表書きの書き方はこちらになります。

表書きの書き方

表書きは宗教によって違いがあります。
宗教に沿った書き方を心がけるようにしましょう。

仏教の場合

仏教の場合のお布施の表書きですが、「御布施」もしくは「お布施」となります。
何も書かなくて良いという意見もあるようですが、気になるようでしたら一言「お布施」と書くとよいでしょう。

最近では既に文字が印刷された不祝儀袋がありますから、そちらを使用して問題ありません。
その場合は水引が必要になります。
このとき水引は結び切り、色は黒白か黄白のものを用います。
あらかじめ不祝儀袋の表に印刷されているものもあります。

浄土真宗の場合

浄土真宗の場合のお布施の表書きですが、「御布施」もしくは「お布施」となります。
このとき「御布施」の文字の右側に〇回忌法要などと書き加えておくとより丁寧なお布施に仕上がります。

ちなみに浄土真宗の場合は法名にランクの違いがありません
ランクによってお布施の金額が上がるということもなく、お布施以外に戒名料といったものも不必要です。

神道の場合

仏教、浄土真宗の場合のお布施の表書きは共通して「お布施」でしたが新道になると違います。
神道の場合のお布施の表書きは「御礼」もしくは「御祭祀料」となります。

仏教の場合は僧侶への感謝の気持ちをお布施にしますが、神道の場合は神官への感謝の気持ちをお包します。

キリスト教の場合

キリスト教の場合でもお布施をお渡しする必要があります。
キリスト教の場合のお布施の表書きは「御礼」「献金」となります。
こちらは牧師さん宛ではなく、協会宛にお渡しするという扱いになります。

キリスト教の中でもカトリック系であった場合は「御ミサ料」としてもかまいません。
プロテスタント系の場合は「記念献金」や「召天記念献金」としてもよいでしょう。

キリスト教の法要の場合牧師さんやオルガン奏者さんに感謝の気持ちを伝えたいこともありますよね。
その方へ個人的にお礼を渡したい場合などは「謝礼」や「お礼」としてお渡ししましょう。

名前の書き方

続いて名前の書き方の解説に移らせて頂きます。
「お布施」と書いた下あたりに書く名前の書き方に決まりはあるのでしょうか。

家名を書く

お布施の表書きというとフルネームで書くものという意識があるかと思いますが、家名のみでも結構です。
〇〇家、という風に普通の濃さの墨で書きます。

○○家と書いた場合は中袋にフルネームを書くことを忘れないようにしましょう。
もしも中袋を用いず半紙で包んだ場合は上包の裏にフルネームを書きます。

施主のフルネームを書く

もちろん施主の名前のみをフルネームで書いてもかまいません。
ここで注意したいのは喪主ではなく、施主の名前を書くというところです。
喪主は葬儀などを取り仕切る人のことを指し、施主はお金を支払う人のことを指します。
ですから、喪主と施主が違う場合はお包のお金を出した施主の名前を書くというわけです。

中袋の書き方

次に中袋の書き方の解説に移らせて頂きます。
中袋とはお札を包む袋のことを指します。
封筒にそのまま入れることもありますが、半紙で包むこともあります。
上包みをしっかりと仕上げたなら、中袋も丁寧に仕上げたいですね。

表には金額を書く

中袋の表には金額を書くのがきまりとなっています。
中には裏に書く地域もあるようですが、基本的には表で問題ありません。

金額の書き方は特殊な漢字を用いますが、最近ではアラビア数字でも良いという風潮になりつつあるようです。
それでもやはり漢数字を用いて書いた方がトラブルにもなりません。
下記の表に書き方をまとめてみましたので参考にしてみてください。

アラビア数字123456~9
漢数字六七八九
数字など101001000
漢数字など

金額の前には「金」を付けます。
例えば5千円のお布施をお包した場合は、「金伍仟圓」となります。

圓のあとには「也」を付けます。
ですから最終的に表に金額を書く場合は「金伍仟圓也」というかたちになります。

一応「四」「九」についても表記していますが、お布施や香典において「四」や「九」は避けるべき数字とされています。
結婚式で割れる数字が嫌われているのと似ていますね。

「四」や「九」は死や苦しみを連想させる数字とされていますから、お布施であっても四や九のつく数のお包をするのは避けましょう。

裏には住所を書く

中袋の裏側には住所を書くのがマナーとなっています。
もしも中袋を用いずに半紙でお包した場合は上包の裏側に書くことになります。
忘れずにしっかりと書くようにしましょう。

中袋にお札を入れるわけですが、お札にも裏表があります。
ここで中袋の裏に住所を書きましたが、住所を書いた側にお札の人物が描かれた面が表に来るように入れます。
お札では人物の描かれた面が表になりますが、中袋に入れるときは裏に相当する面に表がくるように入れると覚えておきましょう。

お布施の封筒は薄墨で書くの?

葬儀

お布施の封筒に文字を書くとき、墨の濃さはどうしたらいいのか迷ったことはありませんか?
回答から申しますと、お布施の封筒の文字は普通の濃さの墨で書きます。
薄墨で書くのは参列者の方が用意してくださる香典関係になります。

そもそも薄墨を用いる理由は「悲しみの涙で墨が薄まってしまった」という意味からきています。
そう言った理由から四拾九日法要の香典までは薄墨で表書きを書くという習わしが残っています。
ですから故人に向けた香典のみ、薄墨を用いることがあるということになります。

今回のお布施の場合は僧侶への感謝の気持ちを込めたお包となりますから、薄墨を用いる必要はないということがお分かりいただけるかと思います。
筆ペンは薄墨と普通の濃さの墨のものの2本を常備しておきたいですね。

お布施の包み方

葬儀

ここからはぜひ知っておきたいお布施にまつわる情報について解説させて頂きます。
まずはお布施の包み方について見ていきましょう。

白い封筒に包む

お布施の包み方ですが、白い封筒にお入れするのが一般的です。
その場合、表側に何も書かれていない封筒を用意しましょう。
一般的な白封筒だと、表側に郵便番号を書く欄があったりしますから、そういった印刷のないものを選ぶようにしましょう。

白い封筒にお布施を包む場合は水引は不要とされています。

奉書紙に包む

奉書紙とは和紙の一種であり、一番丁寧な包み方と言われています。
ざらざらとした面が裏側、つるつるとしたほうが表側になります。
感謝の気持ちを包むのがお布施ですから、不祝儀袋の包み方にならないように気を付けましょう。

奉書紙にお布施を包んだ場合も水引きは不要となります。

お布施の渡し方

葬儀

お布施の渡し方についても簡単に解説させて頂きます。

お盆にのせて渡す

僧侶へのお布施の渡し方として一番丁寧なのがお盆にのせて渡す方法です。
切手盆と呼ばれる小さいお盆を用意しておくと良いでしょう。
この切手盆は法要の際に活躍してくれる冠婚葬祭のアイテムとなりますから、ひとつは常備しておくと困りません。

切手盆には複数サイズがありますが、お布施をお渡しする際に使用することを考えると一番小さいサイズで問題ありません。
家紋を入れることもできますから、ぜひ家紋入りのものを用意しておきたいですね。

袱紗に包んで渡す

お盆がない場合は袱紗に包んで持っていき、お渡しするときに袱紗から出してお渡ししましょう。
僧侶の前で袱紗を開き、袱紗をお布施の大きさに折り畳み、その上にお布施を置きます。
そしてそのまま僧侶にお渡しします。

お盆にのせて渡す方法は丁寧な渡し方ですが、法要がお寺である場合はお盆を持ち運びする必要はありません。
最近では盆付きの袱紗もあるようですから、用意しておいても良いかもしれません。

お布施の金額相場とは?

お金

気になるお布施の金額相場をご存知ですか?
法要ごとに解説させて頂きます。

水子供養

水子供養とは生まれる前に亡くなってしまった子供を供養することを言います。
エコーの写真などを持ち寄り、お寺で供養をしていただけます。
そんな水子供養のお布施の相場は大体1万円~3万円のようです。

お寺によってあらかじめお布施を決めてくれている場合があるようですので、調査してみると良いでしょう。

葬儀

葬儀は供養の中でも一番重要な位置づけのものですよね。
そんな葬儀のお布施にはお通夜や火葬場での読経も含めたものになります。
一番重要な供養ですから、お布施の額も高いようで相場は30万〜50万程度となっています。

しかし葬儀のお布施の相場はかなり地域差があるようです。
地域の方やお寺さんにおうかがいしておくと良いでしょう。

四十九日法要

四十九日法要のお布施の相場は葬儀に比べるとぐっと下がるようです。
大体3万円~5万円と言われています。
ここの相場も地域差が表れるようですので地域の方の話をきいたり、お寺さんに要確認が必要となります。

納骨式

納骨式とは新しくお墓にお骨をお納めする際に行います。
相場は3万円~5万円とされております。
注意したいのが納骨式で開眼法要を行ったり、回忌法要も行った場合はお布施の額も高くなります。

必ず行って頂いた法要分の金額をお包するようにしましょう。

一周忌

一周忌とは故人が亡くなって一年目に行われる法要であり、残された家族にとっても重要な法要となります。
ここでの法要のお布施の相場は3万円~5万円と言われています。
この法要までが大きな法要と呼べるものになりますので、しっかりと相場を知った上でお包しておきたいですね。

年忌法要

一周忌法要以降の法要は、法要の規模も小さくなっていくことから相場が下がる傾向にあるようです。
相場としては1万円~5万円とされています。
少し幅広い相場になっていますが、やはり地域でお布施の金額に差がでているようです。
迷った際にはお住いの地域の相場を参考にしてみてください。

お盆(初盆)やお彼岸

初盆に法要をして頂く場合は3万円~5万円が相場とされているようです。
初盆以降のお盆は相場が下がり5千円~3万円程度のお布施となります。

お彼岸法要は合同か個別かで金額が変わりますが、合同の場合は3千円~1万円程度、個別の場合は3万円~5万円程度が相場と言われています。
個別に法要したい場合は多めに用意しておくと覚えておくといいですね。

お布施以外に僧侶に渡すお金

葬儀

お布施以外にも僧侶にお渡しするお金があることをご存知でしょうか。
ここではそんなお金について解説させて頂きます。

お車代

家で法要する際やお墓や火葬場で読経を頂くこともあると思います。
そんなとき僧侶にお渡しするのがお車代になります。
僧侶に移動をして頂くわけですから、お車代が必要になるというわけです。

お車代の相場は5千円~1万円程度になっています。
お布施と一緒にお包せずに、単独のお包にすることを忘れないようにしましょう。

御膳料

法要をした後は会食を開くことがありますよね。
もちろん僧侶もお招きしますが、お忙しい場合は参加いただけないことが多いです。
参加いただけない場合にお包するのが御膳料となります。

こちらの相場も5千円~1万円程度となっています。
お布施と一緒にお包するのではなく、必ず個別の包にするようにしましょう。

またお寺のスペースを借りて会食をする場合は「御席料」というものが必要となります。
別に用意するようにしておきましょう。

お布施の封筒の書き方に関するまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
お布施の封筒の書き方からお布施にまつわる疑問について解説させて頂きました。
意外と覚えておくことやマナーが多く大変そうな印象ですね。

要点を以下の通りまとめてみました。

  • お布施とは僧侶への感謝の気持ちをお包するものである
  • 宗教により違いはあるが、お布施の表書きは「お布施」が一般的である
  • お布施の表書きは通常の濃さの墨を用いること
  • お布施の相場は法要の種類によって変化する
  • お布施以外にもお包すべきお金が存在する

封筒の表書き書き方や奉書紙の包み方を知っておくことは、お布施以外の場でも活躍する知識となります。
香典をお包する際にも活用できるものとなっておりますから、しっかりと覚えておくことをおすすめします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
お布施の包み方について詳しく知りたいという方は、こちらもご覧ください。

こちらも読まれています

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介

みなさんは正しいお布施の包み方を知っていますか?お葬式や法要の場でお布施をお坊さんに渡すことは知っていても、お布施の包み方を知っている方は少ないのではないでしょうか。今回は、正しいお布施の包み方とその表書きや渡し方のマナーにご紹介いたします。

「お布施・封筒・書き方」に関連する記事

「お布施・封筒・書き方」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「お布施・封筒・書き方」についてさらに知りたい方へ

3回忌に渡すお布施の相場を知っていますか?お布施以外の費用も紹介のサムネイル画像

3回忌に渡すお布施の相場を知っていますか?お布施以外の費用も紹介

水子供養のお布施、相場、封筒、水引は?わかりやすく解説しますのサムネイル画像

水子供養のお布施、相場、封筒、水引は?わかりやすく解説します

直葬をするときお布施は必要?お布施の相場についても紹介します!!のサムネイル画像

直葬をするときお布施は必要?お布施の相場についても紹介します!!

五十回忌のお布施はいくら包む?金額相場やお布施の包み方をご解説のサムネイル画像

五十回忌のお布施はいくら包む?金額相場やお布施の包み方をご解説

檀家のお寺にお布施はいくら払えば良いの?葬儀や法要のマナーのサムネイル画像

檀家のお寺にお布施はいくら払えば良いの?葬儀や法要のマナー

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと