お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

目次

  1. お坊さんの派遣とは?
  2. お坊さんを派遣するタイミング
  3. お坊さん派遣のメリット
  4. お坊さん派遣の業者を比較!評判や口コミも
  5. おすすめはお坊さん便!
  6. お坊さんを派遣する際の注意点
  7. お坊さんの派遣についてまとめ

お坊さんの派遣とは?

葬儀

近年ではインターネットなどの発達や生活様式の多様化によって、一昔前まではとても想像のできなかったサービスを利用できるようになってきました。

特に訪問看護や訪問介護など、必要に応じて特定の職業の人材を派遣するサービスが発達してきていることは、これらの社会的なニーズを反映する現象といえるでしょう。

特定の職業の人材の派遣サービスといえば、最近何かと話題となっているのがお坊さんの派遣サービスです。

ニュースなどでもAmazonが2015年末から手掛けていることで知名度が増していますが、必要な葬儀や法事などに合わせて僧侶の方を手配することのできるサービスを指します。

特に最近では、事情があって菩提寺を持たない方も少なくありません。
また、菩提寺のある方にとっても状況によっては、なじみのお坊さんに来てもらえない場合もあるでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、最近注目されているお坊さんの派遣サービスについて以下のポイントを軸にとりあげ、各社のサービスを比較していきます。

お坊さん派遣サービスの概要や、その中でもおすすめできる各業者についてまとめましたので、ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

  • お坊さんを派遣してもらうタイミングとは?

    葬儀や法事などといったお坊さんに来てほしいタイミングについてご紹介します。

  • お坊さん派遣のメリットとは?

    お坊さん派遣を活用するメリットについて詳しく見ていきます。

  • お坊さん派遣サービスを扱っている業者を、評判や口コミも合わせて比較します

    お坊さん派遣サービスがある業者を評判や口コミも交えながら紹介・比較します。

  • おすすめのお坊さん派遣の業者はお坊さん便!

    業界各社の中でも特にお坊さん便についておすすめする理由を見ていきましょう。

  • お坊さんを派遣してもらう際の注意点とは?

    お坊さん派遣を利用する際に気を付けるべき点をご紹介します。

また、今すぐにお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

お坊さんを派遣するタイミング

葬儀

お坊さんに来ていただきたいタイミングとして葬儀や法事の時などが挙げられますが、お坊さん派遣サービスではどの程度網羅されているのでしょうか?

ここではまず、お坊さん派遣サービスでどのような場に来て頂くのかについて見ていきましょう。

葬儀

お坊さんを派遣してもらうことのできるタイミングとして、まず葬儀が挙げられます。

身内の方が亡くなって葬儀を行うタイミングは誰にも予想できるものではないうえ、葬儀には莫大な費用が必要です。

加えて、近年では都市部に住む方を中心に従来の菩提寺に頼るケースが減ってきており、葬儀を行う際にお坊さんにどこから来てもらうか悩む方も少なくありません。

このような場合に頼ることができるのがお坊さん派遣サービスで、菩提寺がなくても葬儀が必要となった場合にいつでも来てもらうことができます。

法事

葬儀が済んだ後は、長期にわたって故人を供養していく必要があります。
そして、お坊さん派遣サービスは故人の法事の際にも利用することが可能です。

葬儀のように急ではなくても、例えば菩提寺の檀家になりたくない方やお墓が遠い方にとっては法事の際の活用もおすすめといえます。

四十九日法要

四十九日法要は、数ある法事の中でも故人の方が仏様となる大切な節目です。
もちろん、四十九日法要の場合でもお坊さんを派遣してもらうことができます。

四十九日法要の際には葬儀ほどではありませんが、故人のご遺族やご親族、知人や友人の方も参列して盛大に開かれるのが一般的です。

盛大さの分、お坊さんを手配できていないのでは身内の間でのトラブルにもなりかねません。

そこで、どうしても来ていただくお坊さんにあてがない場合にこそ、お坊さん派遣サービスを活用すると良いでしょう。

一周忌・三回忌法要

一周忌などの決まった年の故人の命日に行う法要のことを年忌法要といいます。

このうち、故人が亡くなってから丸1年の節目に行う法要が一周忌法要、その翌年(故人没後2年目)に行う法要のことが三回忌法要です。

一周忌法要と三回忌法要は年忌法要の中でも故人が亡くなって比較的間もない時期に行うため、参列者の方も多めで、かつ服装にも気を使う必要があります。

それほど重要な意味があるため、一回忌法要などでお坊さんの方を手配できないという場合はお坊さん派遣サービスを活用すると良いでしょう。

その他年忌法要

三回忌以降も、七回忌や十三回忌、十七回忌と決まった年に年忌法要が行われます。

ただし、三回忌までに比べると基本的にご遺族やご親族のみで行う場合が非常に多く、中には省略するというところも少なくありません。

加えて、年忌法要は多くて三十三回忌や五十回忌まで行うことがありますが、多く行っても三十三回忌を最後とすることもあります。

これらの年忌法要についても、菩提寺がある場合ならばその寺院のお坊さんに依頼できますが、檀家になっていない場合はお坊さん派遣サービスを依頼することが可能です。

戒名・法名授与のとき

故人の供養関係でお坊さんが必要となるタイミングとしては葬儀や法事の時だけでなく、葬儀などの際に故人に戒名や法名を授かる場合も挙げられます。

そして、戒名や法名の種類や、授与してもらう際に必要な金額の相場は宗派によって異なります。

戒名や法名の授与の際には、菩提寺のお坊さんに依頼する必要があります。
しかし、菩提寺がなくまた檀家になりたくない場合はお坊さんの派遣サービスを利用しても大丈夫です。

真言宗・曹洞宗・天台宗・浄土宗

真言宗や曹洞宗、天台宗、浄土宗の各宗派の場合、戒名の種類として見られるのが「信士・信女」、「居士・大姉」、「院信士・院信女」です。

加えて、浄土宗以外の宗派では「院居士・院大姉」の戒名の種類もあります。

授与の際に必要な金額(戒名料)の相場は、「信士・信女」で30万円から50万円、「居士・大姉」で50万円から70万円です。

「院信士・院信女」の相場は浄土宗の場合は70万円以上、天台宗や真言宗で80万円以上、曹洞宗の場合で100万円以上と各宗派によって異なります。

さらに、「院居士・院大姉」は100万円以上というのはどの宗派でも一般的です。

浄土真宗

浄土真宗では他の宗派と異なり、戒名のことを「法名」と呼ぶうえ、法名の種類も「釋(しゃく)・釋尼(しゃくに)」と、「院釋・院釋尼」の2種類のみがあります。

戒名料は、「釋・釋尼」の場合で10万円から30万円、「院釋・院釋尼」の場合で50万円以上と比較的安い相場です。

日蓮宗

日蓮宗の場合は「信士・信女」と「院信士・院信女」、「院居士・院大姉」の3種類の戒名があります。

戒名料は「信士・信女」で30万円以上、「院信士・院信女」で50万円以上、「院居士・院大姉」で100万円以上が一般的な相場です。

お坊さん派遣のメリット

人々

ここまで見てきたように、お坊さん派遣サービスを利用できるタイミングは、普通に菩提寺のお坊さんに参加してもらう葬儀や法事などに及んでいます。

では、お坊さん派遣サービスを利用するメリットとしてどのような点があるのでしょうか?

菩提寺がなくても安心

お坊さん派遣サービスの利点としてまず挙げられるのが、菩提寺のない方にとって安心して利用できるというものです。

先ほども少し触れましたが、社会状況の変化で従来の菩提寺と付き合わない人々が増えてきています。
菩提寺と付き合うことは、その寺院の檀家になることを意味しているうえ、付き合いのたびにさまざまな負担(主に経済的負担)が求められるためです。

ただし菩提寺がない場合、法事のたびにお坊さんをどこから呼ぶかという問題が付きまといがちになります。

その意味では、お坊さん派遣サービスを利用することで希望の条件に沿ったお坊さんに来てもらえるため、菩提寺がなくても心配はありません。

宗派の指定ができる

法事などで大きな問題になりがちなのが、宗派の問題といえます。
なぜなら、葬儀や法事では宗派によってあげるお経も必要な作法も異なってくるためです。

お坊さん派遣サービスではさまざまな宗派のお坊さんが登録されていることから、宗派の指定も可能です。
つまり、希望する宗派を指定しておけば、その宗派のお坊さんに来てもらうことができるため安心できます。

檀家になる必要がない

特定の寺院の檀家になる必要がないというのも、お坊さん派遣サービスを利用するメリットの1つです。

檀家になることは、菩提寺に対するさまざまな経済的負担を強いられたり、宗教上の制約を受けたりすることが少なくありません。

このため、檀家になることに抵抗感のある方たちは檀家にならないという選択肢をとるものの、先ほども見たように法事のたびにお坊さんをどうするかという問題にぶつかりがちです。

お坊さん派遣サービスは檀家になることに抵抗のある方たちでも、気軽に利用することができます。

加えて、業者側にお坊さんが登録されている形であることから、出張してくるお坊さんの側から勝手に檀家への勧誘がされることもありません

法事・法要に付随する追加の心付けが不要

法事などで心配になりがちなのが費用のことですが、お坊さん派遣サービスの利用のメリットは経済面でも見られます。

つまり、法事や法要に付随する追加の心づけが必要ないというメリットです。

これは、派遣する業者の側であらかじめ料金が設定されていることによります。
そのため、従来のお布施には心づけの分も含めて非常に高額になる傾向だったのが、無駄な出費を大幅に削ることも可能です。

お車代や御膳料が不要

お布施以外にお坊さんに渡す金銭として代表的なものにお車代や御膳料が挙げられます。
お車代は交通費、御膳料は会食費(会食に参加しない場合)のことを指しますが、お坊さん派遣サービスの多くではいずれも不要です。

仮に必要であったとしても、全体の料金の中に含まれている場合がほとんどであるため、追加で用意する必要もありません。

お坊さん派遣の業者を比較!評判や口コミも

お金

お坊さん派遣サービスの概要やタイミング、メリットについて見てきたところで、ここではお坊さん派遣サービス各社の特徴や口コミ、金額相場について見ていきましょう。

最初に、お坊さん派遣サービス全体の金額相場について触れておきますと、葬儀の場合で5万円から15万円、法事・法要での読経の料金で3万5千円前後というのが相場です。

金額に関してはこの相場を基準にして、実際にどの業者に依頼するかを判断すると良いでしょう。

お坊さん便(amazon)

2015年末からAmazon(アマゾン)が提供し始めたことで話題となったお坊さん派遣サービスで、業界では最も知名度が高い業者です。

より正確には、ネット経由で葬儀などを受け付けるみんれびが提供し、Amazonのサイト上でお坊さん派遣のチケットを販売する形で展開されています。

対応地域は北は札幌など北海道から、南は福岡など九州・沖縄と全国に及んでいることから、全国どこからでも依頼することが可能です。
宗派も主要なところは全て網羅しています。

口コミでも顧客満足度96%を記録しているだけに、非常に好評です。
「運営会社のスタッフの対応も良く、お坊さんとも事前に電話で打ち合わせできたのでよかった」「定額でわかりやすく価格も抑えられ満足いくものだった」という声が多く見られます。

金額相場は葬儀の際の読経で5万5千円から、法事・法要の際の読経で3万5千円からという料金設定で、追加料金は発生しません。

てらくる

葬儀業界大手「小さなお葬式」が運営しているお坊さん派遣サービスです。

こちらもお坊さん便と同様、全国の依頼に対応しているうえ、全ての宗派を網羅しています。
一方で法事・法要に特化していることから、葬儀関係は「小さなお葬式」で対応する形です。

口コミもお坊さん便と同じようにスタッフの親切な対応を評価する声に加えて、運営元が「小さなお葬式」であるだけに寺院に所属する僧侶を手配する点が評判となっています。

気になる金額相場ですが葬儀の方は「小さなお葬式」利用で5万5千円以上、法事・法要の方は4万5千円からとなっており、追加料金は発生しません

おぼうさんどっとこむ

株式会社おぼうさんどっとこむが運営するお坊さん派遣サービスです。
基本的に法事・法要の際のお坊さん派遣に重点を置いており、葬儀については葬儀社に依頼する窓口となっています。

なお、おぼうさんどっとこむは会員制となっており、あらかじめ入会が必要です。
ただし、一度入会費(1万円)を払って会員になるとお得な料金で利用できるアットホームなところがあります。
加えて、全国どこにでも対応している点も見逃せません。

顧客満足度も実に98%を誇るだけあって、口コミも非常に好評のものが多いです。
低料金の割に高品質であるという点やスタッフの対応の良さが特にポイントとなっています。

金額相場については法事・法要で4万円からです。
葬儀については葬儀社を紹介するという形になるため、スタンダードプランで55万円と一般的に見られるやや安めの葬儀と同じ相場といえるでしょう。

お坊さんjp

名古屋にある株式会社プロが運営するお坊さん派遣サービスですが、お坊さん派遣そのものは東京など関東地方や、大阪など関西地方にも展開しています。

こちらも登録されているお坊さんがすべてお寺に所属しており、かつ有資格者であるという点が特徴です。
また、戒名授与でのきめ細かい対応や送骨納骨サービスがあるというのも特徴に挙げられます。

口コミについては、ご遺族の負担に配慮した低料金や、できる限りあらゆる宗派に対応する姿勢が評価されているため、非常に好評です。

金額相場については葬儀で6万円から、法事・法要で3万円からとなっており、このほか別途お車代が5千円発生します。

和みの僧侶

和みのお葬式が運営しているお坊さん派遣サービスです。
特に全国にお坊さんを派遣できている点を売りにしており、すべての都道府県で対応してもらうことができます。

口コミについても、全国にお坊さんを派遣していることや、対応がスムーズである点を特に高く評価する声が多いです。
また、初めて利用する方にも丁寧に相談に乗ってくれる点にも定評あります。

金額については、葬儀で一般のお通夜まで含めたもので16万円、法事・法要で3万5千円からです

お寺さんjp

静岡に本部を構えるお坊さん派遣サービスで、主な対応エリアは関東・東海・関西ですが、特別対応エリアまで含めると全国のほとんどの地域を網羅しています。

加えて、葬儀や法事・法要へのお坊さん派遣だけでなく、心理カウンセリングなども手広く行っているのも特徴です。

口コミについては、格安の値段で高品質な葬儀をあげたことに感謝する内容が多い傾向にあります。
また、続けて利用したいという声や丁寧な対応に対する評価も高いです。

金額相場は葬儀への派遣で9万円もしくは10万円(宗派指定の場合)、法事・法要への派遣で2万5千円もしくは3万円(宗派指定の場合)となっています。

B-WAYグループ

埼玉県にあるお坊さん派遣業者で、運営会社の相談役にはガッツ石松さんが就任しています。
対応エリアは関東と関西の全地域に及んでおり、他に葬儀社紹介を全国規模で展開しているというのが特徴です。

金額相場は一般の葬儀で15万円から、法事・法要で3万円からとなっています。

お坊さん安心便

合同会社僧友が運営するお坊さん派遣サービスです。

対応エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・茨城の各都県のほか、2018年夏からは大阪にも出張エリアを拡大する予定としています。
宗派については真言宗・浄土宗・浄土真宗に特化しているのが特徴です。

口コミでは、お坊さんの法話や対応に温かみや誠実さがあるという声が多く聞かれます。
金額相場は葬儀(一般葬)で9万円から、法事・法要で3万3千円からとなっており、非常にお手頃です。

和尚さん.com

おしょうさんどっとこむ株式会社が運営するお坊さん派遣サービスです。

対応エリアは関東地方の各都県のほか、山梨・静岡(静岡市以東)・福島の各県となっております。
また、宗派は真言宗に特化しており、他宗派のお坊さんの派遣を依頼する際には、別途紹介料(1万円)が必要です。

金額相場は葬儀一式の場合で10万円、法事・法要で3万5千円(別途交通費5千円必要)となっています。

お坊さん派遣.com

浄土真宗のお坊さん派遣に特化していることや対応エリアも近畿地方や東海地方が中心であるのが特徴です。

ただ、お坊さんの登録の際に面接をきちんと行うため、経験豊富なお坊さんが多いことで評判があります。

金額相場は一般の葬儀で15万円(初七日法要まで含める)、法事・法要で3万5千円です。

おすすめはお坊さん便!

葬儀

ここまで様々なお坊さん派遣サービス業者をご紹介しましたが、その中で特におすすめなのがお坊さん便です。

全国どこでも対応してもらえるうえ、Amazonが提供していることからいつでもネット経由で依頼することができます。
加えて、顧客満足度の高さや金額相場の安さもおすすめできるポイントといえるでしょう。

お坊さん便を利用したいという方はこちらをご覧ください。

お坊さんを派遣する際の注意点

困った人々

ここまで見てきたように、お坊さん派遣サービスは檀家でない方でも気軽に依頼できるうえ、お布施の額もきちんと決まっていて安心できるサービスといえます。

しかし、実際にお坊さん派遣サービスを利用する際には以下の点に注意が必要です。

菩提寺がある場合は確認をとる

もし菩提寺がある場合は、事前に菩提寺に確認したうえで許可を求める必要があります。
特に菩提寺側で日程の都合がつかない場合などに、お坊さんを派遣してもらう際は気を付けた方がいいでしょう。

仮に許可を得ずに勝手にお坊さんを派遣してもらった場合、菩提寺との関係が悪化しトラブルにもなりかねないためです。

僧侶の身元・身上に注意する

お坊さん派遣サービスを利用するときは僧侶の方の身元や身上に注意が必要です。

多くの業者では事前にきちんと寺院に所属し、かつ有資格者であることが確認された僧侶の方が登録されていますが、中には身元自体が怪しい偽僧侶が派遣されてくる場合もあります。

偽僧侶が派遣されてくると、葬儀や法事の際に何らかのトラブルに巻き込まれる恐れがあるため、事前にきちんと確認することが大切です。

日程調整にも注意が必要

お坊さん派遣サービスは確かに非常に便利ですが、すべての日程調整に対応できるわけではありません。

特にお盆などのお寺が忙しい時期は対応できない場合も多くなります。
日程が合わない場合があることも考慮しつつ、時間に余裕を持って依頼するのが良いでしょう。

お坊さんの派遣についてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、最近需要が増しているお坊さん派遣サービスについてとりあげました。
内容をまとめますと、次のようになります。

  • お坊さんを派遣してもらうタイミングとして、葬儀や法事・法要、戒名・法名授与が挙げられる。
  • お坊さん派遣サービスのメリットとして、菩提寺がなくても安心して利用できる点や宗派の指定ができる点、檀家にならなくても良い点、追加の心づけが不要な点が挙げられる。
  • お坊さん派遣の業者にはお坊さん便やてらくるなどいろいろ挙げられるが、全国対応ですべての宗派に対応しているところもあれば、対応地域や宗派が限定されるところもある。
    また、金額の相場は葬儀の場合で5万円から15万円ほど、法事・法要で3万5千円前後が一般的である。
  • 数あるお坊さん派遣サービスの中でも、特にAmazonが運営しているお坊さん便が顧客満足度や費用の安さ、対応エリアなどからおすすめである。
  • お坊さん派遣を利用する際の注意点として、事前に菩提寺に確認することや僧侶の方の身元・身上に注意すること、日程調整が合わない場合もあることが挙げられる。

お坊さん派遣サービスは社会的な変化や菩提寺を必要としない人々の増加に応じて、利用する方も増えてきています。

加えて、檀家になる必要もないうえにご自身の条件に合わせて安い値段で利用できるため、非常に便利な存在といえるでしょう。

葬儀や法事を行いたくても、菩提寺がなかったり経済的に苦しかったりして悩んでいる場合はぜひお坊さん派遣サービスの活用も検討してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「お坊さん・派遣」に関連する記事

  • お坊さんの正しい呼び方は?宗派や地域による違いも解説!のサムネイル画像

    お坊さんの正しい呼び方は?宗派や地域による違いも解説!

    法要や法事の際など、人生の中でしばしばお世話になるお坊さんですが、お坊さんのことをなんて呼べばいいのか分からなかったことはありませんか。今回は、そんなお坊さんの宗教や地域別の正しい呼び方、言わない方がいいNGな呼び方などについてご紹介します。

  • お坊さんの袈裟について解説!袈裟の種類から着方までご紹介のサムネイル画像

    お坊さんの袈裟について解説!袈裟の種類から着方までご紹介

    法要や葬儀でお世話になるお坊さん。ですが、お坊さんの袈裟が位階を表しているってご存知でしたか?しかし、袈裟の色や種類に込められている意味や歴史は、意外と知られていないもの。今回は、その袈裟について細かく解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • お坊さんに相談できる、現代ならではの場所をご紹介!のサムネイル画像

    お坊さんに相談できる、現代ならではの場所をご紹介!

    近年は環境の変化などにより菩提寺を持たない家庭も増加していますが、今新しい相談場所として、お坊さんが開く相談所などが注目されています。新しいタイプのお坊さんがいる相談所をご紹介いたします!

  • まだまだ働きたい高齢者の方は必見!シルバー派遣についてのまとめのサムネイル画像

    まだまだ働きたい高齢者の方は必見!シルバー派遣についてのまとめ

    最近は元気なシルバー世代が増えています。定年後も就労を希望する高齢者もおり、シルバー派遣で働く高齢者が最近増えています。高齢者の主な就労目的は、経済上の理由と健康であるといわれていますが、そのような高齢者が働ける機会を得られるように「シルバー派遣」があります。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お坊さん・派遣」についてさらに知りたい方へ

お坊さんの正しい呼び方は?宗派や地域による違いも解説!のサムネイル画像

お坊さんの正しい呼び方は?宗派や地域による違いも解説!

お坊さんの袈裟について解説!袈裟の種類から着方までご紹介のサムネイル画像

お坊さんの袈裟について解説!袈裟の種類から着方までご紹介

お坊さんに相談できる、現代ならではの場所をご紹介!のサムネイル画像

お坊さんに相談できる、現代ならではの場所をご紹介!

まだまだ働きたい高齢者の方は必見!シルバー派遣についてのまとめのサムネイル画像

まだまだ働きたい高齢者の方は必見!シルバー派遣についてのまとめ

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お坊さん・派遣」についてさらに知りたい方へ

お坊さんの袈裟について解説!袈裟の種類から着方までご紹介のサムネイル画像

お坊さんの袈裟について解説!袈裟の種類から着方までご紹介

お坊さんの正しい呼び方は?宗派や地域による違いも解説!のサムネイル画像

お坊さんの正しい呼び方は?宗派や地域による違いも解説!

お坊さんに相談できる、現代ならではの場所をご紹介!のサムネイル画像

お坊さんに相談できる、現代ならではの場所をご紹介!

まだまだ働きたい高齢者の方は必見!シルバー派遣についてのまとめのサムネイル画像

まだまだ働きたい高齢者の方は必見!シルバー派遣についてのまとめ

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと