法事におけるお布施の表書きはどうする?名前や金額の書き方もご解説

法事・法要を営む際に一番戸惑うことといったら何でしょう?特に難しいのがお布施の表書きではないでしょうか。マナーやしきたりがわからず困ったというお話をよく耳にします。そこで今回は法事の際のお布施について、表書きの書き方を中心に詳しく解説いたします。

目次

  1. お布施の表書きとは?
  2. お布施とは
  3. お布施の表書きは薄墨で書くの?
  4. お布施の表書きの書き方
  5. お布施の名前や金額の書き方
  6. お布施を包む袋はどうする?
  7. お布施の金額相場
  8. お布施の表書きに関するまとめ

お布施の表書きとは?

葬儀

普段からお寺と深い付き合いがあれば、葬儀や法事などの仏事で戸惑うこともないかもしれません。
でも近年ではどこのお宅でも、お寺やお坊さんとのお付き合いは少なくなっていますよね。

身内の葬儀や法事・法要など、そう頻繁に行うわけではありません。
お坊さんにお渡しするお布施の表書きや金額など、初めての経験で作法やしきたりがわからない人も多いはずです。

法事・法要は、お坊さんのお力添え無くして成り立ちません。
供養に水を差すようなことがないように、マナーやしきたりをしっかり守って法事を執り行いたいものです。

そこで今回終活ねっとでは、法事におけるお布施の表書きについて、以下のような内容を中心に詳しく解説します。

  • お布施とは
  • お布施の表書きは薄墨で書くの?薄墨の意味とは?
  • お布施の表書きの書き方~宗教別に細かく解説
  • お布施の名前(家名や施主名)や金額の書き方
  • お布施を包む袋について
  • お布施の金額相場

今回は特に表書きの書き方に着目して詳しく解説していきます。
ぜひ最後までお付き合いください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

お布施とは

仏壇

お布施(おふせ)とは、お寺やお坊さんに渡す謝礼金のことです。
お経をあげていただいたり、戒名をいただいたときの感謝の気持ちとしてお渡しします。

代金や手数料ということではなく、あくまでも「お礼」です。
読経や戒名は、読経料や戒名料を支払うのではなく、お布施としてお坊さんにお礼をお渡しします。

はっきりとした金額が決まっているわけではなく、お寺やお坊さん側から請求があるわけでもありません。
お寺ごとの考え方にもよりますし、地域によっても違いがあります。
そのため、いざとなるといくらぐらい包んだらよいか戸惑う人が多いのです。

また、お布施をお坊さんにお渡しする際にもマナーやしきたりがあります。

家族や親類が亡くなると、仏事や法事を行うたびにお寺とのお付き合いも深くなります。
良い関係を築けるよう、お坊さんへのお布施の渡し方にも気を配りたいものです。

お布施の表書きは薄墨で書くの?

仏壇

香典の表書きについて薄墨で書くかどうか迷うことはないでしょうか。
忌事用の薄墨筆ペンというものもあり、文具店や100円ショップでも売っていますよね。

お布施はどちらなのでしょうか。

一般的には、お通夜や告別式など急な葬儀のときの香典は薄墨で書くとされています。
その後の法事・法要は濃い墨で書きます。
お坊さんにお渡しするお布施も、濃い墨で書くのが一般的です。

薄墨とは文字通り、薄い墨で文字を書くことです。
薄墨には「突然の訃報で墨をする時間がなかった」、「あまりの悲しみに涙があふれて墨が滲んでしまった」といった意味ががあります。
不祝儀袋の表書きの字が薄くなってしまったことが、永い歳月を経て習慣として定着したと考えられています。

では、急なお通夜や葬儀のときのお布施はどうなるのでしょうか。

前に述べたとおり、お布施はお礼です。
お礼は心を込めてきちんと用意するべきです。

お布施の表書きはお葬式も法事でも、薄墨ではなく濃い墨で書きましょう。

お布施の表書きの書き方

仏壇

表書きとは、手紙や書簡の表面に書く文言のことです。
慶事・忌事の場では主に、贈り物やのし袋などの表面に書き添える言葉のことを表書きといいます。

どういうときに渡すものかによって、表書きの書き方も変わりますので注意が必要です。
次に、お布施の表書きについて詳しく解説します。

表面の上半分に書く

まず、表書きを書く位置について確認しておきましょう。
法事のお布施の表書きは、表面の上半分に書きます。

最近では文具店やコンビニなどで「御布施」とプリントされた封筒が手に入ります。
もちろんプリントされたものでも問題ありません。
表書きを書く位置や文字の大きさなどの参考にもなります。

ただ、手書きの方が丁寧なのでお礼の気持ちが伝わりやすいでしょう。

表書きの書き方

お布施とは仏式の儀式での言い方です。
同じように、神式やキリスト教の場合も神社や教会にお礼をお渡しします。

表書きの書き方について、仏教以外の宗教の場合も含めて解説します。

仏教の場合

一般的な表書きは「御布施」「お布施」です。
「御礼」「御回向料」という表書きを使う地域もあります。

別に交通費をお渡しするときは「御車料」と書きます。
お坊さんが法要の後の会食を辞退される場合、お膳料をお渡しするときは「御膳料」となります。

浄土真宗の場合

親鸞(しんらん)の説いた浄土真宗では、亡くなるとすぐ極楽浄土に導かれ、仏になると考えられています。
他の宗派と同じように四十九日法要などは行いますが、追善や供養というより、遺された人々が故人を偲び仏に触れる機会であると考えられています。

お布施の意味合いも他の宗派と少し異なります。
浄土へ導いてくださった阿弥陀如来への感謝の気持ちであり、お寺へのお礼ではありません。
そのため、「御礼」「御回向料」という表書きは使いませんので気をつけましょう。

浄土真宗での表書きは、法事のときは「御布施」「お布施」と書きます。

神道の場合

神式では、仏式の法要にあたる儀式のことを「霊祭」「祖霊祭」と呼びます。
神道の儀式の総称です。

霊祭は通常、墓前やご自宅に神主さんをお呼びして行います。
その際、仏教のお布施と同じように謝礼をお渡しします。

袋の表書きは「御玉串料」「御祭祀料」「御祈祷料」などが一般的です。

キリスト教の場合

カトリック教会において亡くなった方を偲ぶ儀式は「ミサ」と呼ばれています。
プロテスタントでは「記念式」や「記念会」と呼びます。

どちらも、仏式の法要と同じように、亡くなってから一定期間たった後に教会に集まり、神父様からお話をいただきます。
その際、お布施同様、神父様や教会へお金をお包みします。

お礼の表書きは、教会によって異なる場合があります。
一般的には、カトリックでは「謝礼」、プロテスタントでは「記念献金」と書くことが多いです。

お布施の名前や金額の書き方

お墓

では次に、表書き以外の書き方について解説します。
書くべきことは、家の名前とお包みした金額です。
どこにどのように書くべきか、細かく解説しますので参考にしてください。

名前の書き方

お布施を受け取るとき、お坊さんは「お預かりします」とおっしゃいます。
どの家からのお布施かわかるよう、名前をきちんと書く必要があります。

名前の書き方について、以下にまとめました。

家名を書く

表書きの真下、表面の下段に家名を書き入れます。
表書きと同じく濃い墨で、「○○家」と施主の姓を書きましょう

施主のフルネームを書く

もし、故人と施主の苗字が異なる場合は、「○○家」よりフルネームで記したほうがわかりやすいです。

同性が多い地域も同様です。
お寺に余分なお手間をかけないよう、施主の名前はフルネームで書いたほうがよいでしょう。

連名で書いてもいいの?

お布施の表面には施主の名前を記すのが一般的です。
しかし、故人との関係などから、施主以外の名前を記すこともあるようです。

その場合は、表面の下部に施主と参列者の名前を縦に並べて書きます。

お布施の金額の書き方

お布施は代金や手数料ではないので、袋に金額を書く必要はありません
しかし、受け取った金額を管理するためにも記入してもらったほうが助かるというお寺も多いです。

お布施の金額の書き方について理解しておきましょう。

避けるべき金額の数字

結婚式の御祝儀では「偶数は割り切れるから別れを連想させるのでよくない」などと言いますね。
祝儀袋・不祝儀袋にお金を入れてお渡しするとき、中に入れる金額の数字にも気を配りたいものです。

では、法事のお布施の場合はどうでしょうか。
偶数・奇数も含めて、金額の数字が問題になることはないようです。

ただし、やはり忌事に関する金額です。
特に決まりごとはないにしても、4(死)や9(苦)は避ける方が多いです。

金額は漢数字で書く

お布施の金額は漢数字で、縦に書きます。
漢数字はお札などに使われている旧字を使います。

古くからお金に関する記述には、以下のような大字が使われてきました。
一や二などは、線を書き加えると三にすることができてしまうため、改ざんされにくくするためとも言われています。

漢数字お布施の金額として書く漢数字(大字)
五・伍
佰・陌
仟・阡

書くときは先頭に「金」の文字を入れ、最後に「也」と書き加えます。
例えば以下のように書きます。

一万円→金壱萬圓也
五万円→金伍萬圓也(金五萬圓也)

書きにくい字が多いので、別の紙に何度か下書きをしてから書くのがおすすめです。
せっかく書くのですから読みにくくなってはいけません。
封筒の裏面、または中包み(中袋)の表面に縦書きで、わかりやすくはっきりと書きましょう。

お布施を包む袋はどうする?

お墓

ここまでお布施の書き方について解説してきました。
では、お布施はどんなものに包んでお渡ししたらよいのでしょうか。
封筒か、それとも熨斗袋に入れるべきか、戸惑ってしまいそうですね。

お布施を入れる袋は、大きく分けて2種類あります。
どんなものに入れたらよいか見ていきましょう。

奉書紙に包む

お布施の正式な包み方です。

上包みとなる奉書紙(ほうしょがみ)と、中包みとなる半紙か白い中袋を用意します。
奉書紙とは表面がツルツルしている、厚めのしっかりした白い和紙のことです。
書道の道具を扱っている店や、一般的な文具店で手に入ります。

まずお金を半紙で包むか、白い中袋に入れます。
それを奉書紙のツルツルしている方が表になるように包みます。

封筒に入れる

奉書紙でなくても、白い無地の封筒に入れてお渡ししてもよいです。

封筒は二重になっていないもの、一重のものを使います
法事のお布施に限らず、忌事の場に二重の封筒は適切ではありません。
「不幸が重なる」ということから、葬儀や法事の場に二重の封筒は用いるべきではないと言われていますので、気をつけてください。

水引は必要?

お布施の場合は、水引は必要ありません

ただし、市販のお布施用の封筒には、水引がついているものもあります。
こうした水引付きの封筒を用いても問題ありません。

無地の封筒や奉書紙に、わざわざ水引を付ける必要はありません。

お布施の金額相場

仏壇

お布施の金額は、地域やお寺との付き合いの深さによって異なります。
以下に相場を示します。
金額を決めるときの目安にしてください。

葬儀

葬儀の際のお布施の相場は、15万~20万円ほどと言われています。
お通夜・告別式の2日間でお経をあげていただき、戒名をお願いした場合の、おおまかな目安です。

葬儀社でお寺を紹介してもらった場合は、お布施の金額について確認しておくとよいでしょう。
だいたいの金額を教えてくれるはずです。

四十九日法要

四十九日法要でのお布施は、だいたい3万円~5万円くらいが相場です。

年忌法要

年忌法要でも一周忌までは3万円~5万円くらいを包むお宅が多いです。
その後、三回忌以降は1万円~3万円を目安にするとよいでしょう。

お布施の表書きに関するまとめ

お墓

今回の終活ねっとでは、法事の際のお布施の表書きについて解説しました。

  • お布施とはお寺やお坊さんへのお礼であり、代金や手数用ではない
  • 表書きは「御布施」「お布施」と書くのが一般的
  • 神道では「御玉串料」、キリスト教では「謝礼」「記念献金」と書く
  • お布施の表書きは薄墨ではなく濃い墨で書く
  • 表面の上段に表書き、下段に施主の家名またはフルネームを記す
  • 包む袋は奉書紙か封筒で、水引は無くてもよい
  • 裏面または中袋に、包んだ金額を難しい漢数字を使って縦書きに書く

お通夜や告別式のときは事前に伺う時間もないと思いますが、法事であれば前もってお訊ねすることもできそうですね。
永く法要を続けていくためにもお布施をきちんとお渡しし、お寺との良い関係を築いていきたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
お布施の入れ方について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介します

葬儀や法要などがあるたび、お布施は毎回準備する必要があります。そのお布施には正しい入れ方があることをご存知でしょうか?この記事では、お布施の正しい入れ方や金額などについて解説します。ぜひ、最後までご覧ください。

「お布施・表書き」に関連する記事

「お布施・表書き」についてさらに知りたい方へ

  • 曹洞宗の場合にお布施はいくら包むの?書き方や金額相場をご紹介のサムネイル画像

    曹洞宗の場合にお布施はいくら包むの?書き方や金額相場をご紹介

    お布施を納めるとき、その金額相場や宛名の書き方は宗派ごとに違いがあります。曹洞宗のお布施には、様々な慣例やルールがあるのです。そこで、曹洞宗のお布施はいくら包めばいいのか、他の宗派との違いにも触れながら、詳しく解説してまいります。

  • 初七日のお布施の金額相場をご紹介!お布施の渡し方についても解説のサムネイル画像

    初七日のお布施の金額相場をご紹介!お布施の渡し方についても解説

    初七日とは故人の方の命日から7日目に迎える法要です。現在では火葬の後に行う場合も増えてきていますが、僧侶の方にお経をあげてもらう以上お布施が必要です。しかし、初七日のお布施の相場をいわれてもわからない方は多いでしょう。はたして初七日のお布施の相場は?

  • 納骨のお布施の表書きの書き方を解説します!のサムネイル画像

    納骨のお布施の表書きの書き方を解説します!

    いきなり身近な人がなくなると、納骨式まであわただしく過ぎていきます。 納骨式でお渡しするお布施の表書きは、どう書けばいいのでしょうか? 納骨の意味、お布施の表書きなども一緒にまとめました。

  • 新盆で渡すお布施の金額相場とは?お車代や御膳料についてもご解説のサムネイル画像

    新盆で渡すお布施の金額相場とは?お車代や御膳料についてもご解説

    お盆の際には、僧侶の方を読んで法要を行いお布施をお渡しする必要がありますよね。特に新盆となると、故人にゆかりのある方が大勢集まりますし、経験も少ないのでお布施の相場がわからず迷ってしまいます。そこで今回は新盆の際のお布施の相場について見ていきましょう。

  • お布施の裏書きの書き方をご紹介!封筒やお札の入れ方についても解説のサムネイル画像

    お布施の裏書きの書き方をご紹介!封筒やお札の入れ方についても解説

    お布施の裏書きの正式な書き方は、意外に見落とされやすいものです。お布施の裏書きにも、表書きと同じく知っておきたいマナーがあります。ここではお布施の裏書きの書き方のマナーを中心として、封筒やお札の入れ方についても詳しく解説をします。

  • 逮夜でのお布施の金額相場は?逮夜についても解説します!のサムネイル画像

    逮夜でのお布施の金額相場は?逮夜についても解説します!

    逮夜に僧侶を招いて読経していただく際、お布施はどれくらい包んだらよいのでしょう?故人を供養する大切な習慣ですが、逮夜とはどういうものかよく知らないという方も多いかもしれません。そこで今回は逮夜のお布施の金額相場を中心に、逮夜について詳しく解説していきます。

  • 永代供養料とお布施は別?永代供養料の内訳も解説!のサムネイル画像

    永代供養料とお布施は別?永代供養料の内訳も解説!

    永代供養料とお布施、この二つは本来別物であり、違いがあることについてご存知でしょうか。どちらもお墓や、供養などのためにに必要な費用です。ここでは、永代供養料とお布施の詳細について解説し、その違いについて説明します。

  • お盆に渡すお布施はいくら包む?新盆の場合や宗派別の相場も解説!のサムネイル画像

    お盆に渡すお布施はいくら包む?新盆の場合や宗派別の相場も解説!

    お盆にわたすお布施の相場についてご存知でしょうか。法要によってはお布施の金額は様々ですから、お盆のお布施の相場をついつい忘れてしまうかたは多いことでしょう。そこで今回はお盆のお布施の相場について新盆や宗派別の場合にも触れつつ解説していきたいと思います。

  • お布施の渡し方を解説!渡すタイミングやお盆・ふくさも解説!のサムネイル画像

    お布施の渡し方を解説!渡すタイミングやお盆・ふくさも解説!

    法事の際に僧侶の方にお経をあげてもらった際にその感謝の気持ちとして渡すのがお布施です。実はお布施は単に手渡しをすればよいというものではなくきちんとした渡し方があります。そこで今回は法事の際の常識でもあるお布施の渡し方について見ていきましょう。

  • 一周忌法要で渡すお布施の相場はいくら?知っておきたいマナーも解説のサムネイル画像

    一周忌法要で渡すお布施の相場はいくら?知っておきたいマナーも解説

    一周忌法要は故人が亡くなってから1年の節目であるとともに喪が明けるということで僧侶の方に読経してもらう形で盛大に行われます。僧侶の方に来てもらうということであれば当然感謝の気持ちとしてお布施を渡す必要が出てきます。一周忌で包むべきお布施の相場を見ていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「お布施・表書き」についてさらに知りたい方へ

納骨のお布施の表書きの書き方を解説します!のサムネイル画像

納骨のお布施の表書きの書き方を解説します!

3回忌に渡すお布施の相場を知っていますか?お布施以外の費用も紹介のサムネイル画像

3回忌に渡すお布施の相場を知っていますか?お布施以外の費用も紹介

新盆で渡すお布施の金額相場とは?お車代や御膳料についてもご解説のサムネイル画像

新盆で渡すお布施の金額相場とは?お車代や御膳料についてもご解説

四十九日のお布施の表書きの書き方は?宗派別の表書きや中袋も解説!のサムネイル画像

四十九日のお布施の表書きの書き方は?宗派別の表書きや中袋も解説!

閉眼供養ってなに?お布施が必要?全部教えます!のサムネイル画像

閉眼供養ってなに?お布施が必要?全部教えます!

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説します

百箇日法要のお布施はいくら?金額相場や書き方について解説しますのサムネイル画像

百箇日法要のお布施はいくら?金額相場や書き方について解説します

お盆で渡すお布施の正しい書き方とは?金額の書き方も徹底解説しますのサムネイル画像

お盆で渡すお布施の正しい書き方とは?金額の書き方も徹底解説します

施餓鬼法要で支払うお布施の相場はいくら?お布施の書き方も解説!のサムネイル画像

施餓鬼法要で支払うお布施の相場はいくら?お布施の書き方も解説!

新盆のお布施の金額はいくら?書き方や渡し方についても解説します!のサムネイル画像

新盆のお布施の金額はいくら?書き方や渡し方についても解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと