お墓参りの線香は束でお供えしていいの?マナーや火の付け方も解説

お墓参りでの定番といえばお線香ですが、お線香をお供えするには意味があることをご存知ですか?さらに、お線香に関してもきちんとマナーが存在します。今回、お墓参りの線香は束でお供えしていいのか、火のつけ方についてまとめていきます。

目次

  1. お墓参りの線香は束でお供えしていいの?
  2. お墓参りでの線香の意味
  3. お墓参りの線香は束でお供えして良いのか?
  4. 線香をお供えする際の注意点
  5. お墓参りの線香を束でお供えすることまとめ

お墓参りの線香は束でお供えしていいの?

困った人々

お墓参りに行くと、何も気にすることなく線香をお供えしている方も多いのではないでしょうか。
当たり前のようにお供えしているお線香ですが、仏教において線香を供えることには意味があります。

また、お寺などで線香を購入すると束で渡されますが、束で渡された線香をそのまま束でお供えしてもいいのでしょうか。

改めて考えてみるとあまり気にしたことがないという方も多いと思います。

そこで今回終活ねっとでは、線香を束でお供えしてもいいのかなど、線香に関するマナーについて以下のようなポイントを中心に解説していきます。

  • お墓参りで線香を供えることにはどんな意味があるのか?
  • お墓参りで供える線香は束のままでお供えしても良いのか?
  • お墓参りで線香をお供えする際にはどのような注意点があるのか?

今回の終活ねっとの記事を参考に、お墓参りで何気なくお供えしている線香においてのマナーや知識を深めてみてください。

お墓参りでの線香の意味

お墓

そもそもなぜ、お墓参りで線香をお供えするのでしょうか?
線香をお供えする理由を深く考えたことがある方はあまりいらっしゃらないでしょう。

お墓参りにおいて線香をお供えすることには、仏教上の意味が込められています。
以下のような線香の意味を知っておくと、お墓参りにおける線香は欠かすことのできないお供えものであることが分かります。

故人の食べ物

古代の仏教において、死者は匂いだけを食べるとされています。
生前善い行いをした人は良い香りを食べ、悪い行いをした人は嫌な匂いしか食べられないとされています。

したがって、お墓参りにおいて線香を供えるというのは、故人への食べ物を捧げているということになります。

そして、お墓参りで良い香りのする線香をあげることで、故人は生前良い行いをした人であり、極楽へ導いてほしいという想いが込められています。

空間や五感を浄化する

線香を供えることで、その香りの作用により、人の心を清める・煩悩を鎮める・心を落ち着かせるという役割があります。

香りは人間の嗅覚を通じて多くの人と共有できます。
四方八方へ広がる目に見えない香りを多くの人と共有することで、仏や故人と対話ができると考えられています。

また、香りにはその場を清めるという意味があり、土葬の時代には臭いを消したり動物などを寄せ付けない効果があるためお香を焚いていました。

お墓参りの際にも、線香を供えることでその香りによって場を清め、浄化するという役割から線香をお供えする必要があります。

お墓参りの線香は束でお供えして良いのか?

お墓

通常、お寺などでは線香を束で販売しており、束で購入した線香に火を付けてお墓参りに来た人で分け合ってお供えすることが一般的です。
では、お寺などで束で購入した線香を、そのままお供えしても良いのでしょうか。

お寺などで購入した束の状態の線香にそのまま火をつけお供えすることに対して、抵抗を感じてしまう人もいらっしゃるでしょう。

そこで、線香をお供えするマナーとして、束でお供えしても良いのかについて解説していきます。

細かく気にする必要はない

基本的には、線香を束でお供えしても、参列者で分けてお供えしても問題はありません。

ただし、お供えする線香の本数については地域や宗派によって異なっているため、厳密には地域の風習や宗派にしたがった本数をお供えする必要があります。

マナーを厳密に守るのであれば、決まった本数をお供えする必要があります。
ですが、細かく分けてお供えしても、束でお供えしても、どちらでもよいとされています。

厳密には線香の本数は宗派によって異なる

上述したように、線香の本数は、厳密には地域の風習や宗派によって異なっています
以下では、宗派ごとに異なる線香の本数を整理して記載しておきますので参考にしてみてください。

  • 天台宗…3本
  • 真言宗…3本
  • 曹洞宗…1本又は2本
  • 臨済宗…1本又は2本
  • 浄土真宗…1本

線香をお供えする際の注意点

お墓

線香をお供えする場合においては、どういった点に注意してお供えすべきかまで正確に把握している方はあまり多くはありません。

線香をお供えする際の注意点を知らずに気づかないうちに失礼なことをしてしまった、なんてことになりたくはありませんよね。

ここでは、線香をお供えする際の注意点についてまとめていきます。

線香の向き

線香をお供えする際の向きについては、基本的に火のついている部分が左にくるように寝かせてお供えするようにします。
ですが、線香の向きはあまり固く考える必要はなく、右向けでも左向きでも問題はありません。

ただし、火のついている部分を気にせずにお供えしてしまうと両端から火が出てしまうことになり兼ねませんので、向きはそろえるようにすることが無難です。

途中で火を消さない

線香やロウソクの火は、途中で消さないように注意しましょう。

「火」は仏教において、あの世とこの世を結ぶ役割があるとされており、ロウソクの火や線香の香りが、故人をあの世まで導くとされています。

また、仏教において人間の息は「不浄」なものとされています。

したがって、線香やロウソクの火を途中で息を吹きかけて消したりする行為は不作法にあたりますので注意が必要です。

線香立てに入る分だけ火を付ける

線香立てにお供えする場合、線香立てに入りきらなかったために火のついた線香が余ってしまうと危険が伴います。
事前にどのくらい線香が線香立てに入るかを確認したうえで、線香立てに入る分だけ火をつけるようにしましょう。

コツとしては、あらかじめ少なめに線香に火をつけておき、足りない分を足して余らないようにすると良いでしょう。

お墓参りの線香の火の付け方・消し方

線香の火の付け方にもマナーがあることをご存知でしょうか。
火を付けてお供えするということが当たり前でも、火のつけ方のマナーまで把握している方は少ないのではないでしょうか。

また、線香についた火の消し方にもコツがあります。
上述したように、線香についた火に息を吹きかけて消すことはマナー違反とされています。

では、線香に着いた火はどのように消すのが良いのでしょうか。

火の付け方と火の消し方についてのマナーを解説していきます。

火の付け方

火の付け方は、線香を束にして火をつけることが一般的です。
束で火をつけることでたくさんの煙が立ち、その場を清める効果が高まると考えられます。

ただし、線香を束の状態で火をつける場合、ライターなどで直接火をつけようとすると、束の中心部分になかなか火がつかないということもあります。

そのような場合には、線香を扇の形に広げ端の方から火をつけるようにすると、全体に火がつきまんべんなく線香に火をつけることができます。

火の消し方

線香に付いた火を消す場合、直接息を吹きかけることはできません。

線香に付いた火は、線香を振って消すようにしましょう。
線香の火を消すにはコツがあり、線香を横に振ってしまうと余計に火が強くなってしまいます。

火の付いた線香は横に振るのではなく、縦に振るようにしましょう。
縦に振ることで簡単に、線香の火を消すことができます。

お墓参りの線香を束でお供えすることまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓参りの線香を束でお供えしてもよいのか、線香のマナーについて、火のつけ方や消し方にも触れながらまとめてきました。

今回の内容をまとめると以下のとおりです。

  • 仏教において、故人は煙を食べるとされていることから、お墓参りで線香を供える行為には故人へ食べ物を捧げているという意味がある。
    また、香の香りによってその場を清め、浄化するという役割もある。
  • 線香は束でお供えしても良いが、宗派によってその本数が決まっている。
    天台宗と真言宗は3本、曹洞宗と臨済宗は1本又は2本、浄土真宗は1本。
  • 線香をお供えする際には、向きに決まりはないが揃えることで、線香の両端から火が出る危険がない。
  • 束の線香に火を付ける場合には、扇形にすることで全体にまんべんなく火をつけることができ、火を消すときは線香を縦に振ると良い。

いかがでしたでしょうか。
お墓参りにおいて線香をお供えする行為は当たり前すぎて、そのマナーなどについて深く気にしていた方は少ないのではないでしょうか。

今回の記事を参考に、今まで深く考えることのなかった線香のマナーや知識を把握して、次のお墓参りの際に実践してみてください。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓参りの作法について解説しています。
お墓参りに行かれる方はぜひ以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓参りの正しい作法とは?手順や注意事項と一緒に解説!

あなたはお墓参りにも手順や作法があることをご存知ですか?失礼が無いよう正しいお墓参りをしたいですよね。そこで今回終活ねっとではお墓参りの基本的な作法やマナーについて解説しています。必要な持ち物や服装、お墓参りの時期、宗派によって違うお墓参りの作法も紹介します。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓参り・線香・束」に関連する記事

「お墓参り・線香・束」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓参り・線香・束」についてさらに知りたい方へ

お墓参りでなぜお線香を焚くの?意外と知らないお線香のことのサムネイル画像

お墓参りでなぜお線香を焚くの?意外と知らないお線香のこと

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!のサムネイル画像

お墓参りのお線香の正しいあげ方って?お線香に関するマナーまとめ!

お墓に供える【お線香】のマナーや意味について徹底解説!のサムネイル画像

お墓に供える【お線香】のマナーや意味について徹底解説!

墓参りの基本、線香のマナー。あなたは大丈夫?のサムネイル画像

墓参りの基本、線香のマナー。あなたは大丈夫?

仏壇にお供えするお線香についてのマナーをご存知ですか?のサムネイル画像

仏壇にお供えするお線香についてのマナーをご存知ですか?

お墓参りでお線香に簡単に火をつけるには?ライター?のサムネイル画像

お墓参りでお線香に簡単に火をつけるには?ライター?

お墓参りでお線香の供え方と簡単に火がつけられる着火器のサムネイル画像

お墓参りでお線香の供え方と簡単に火がつけられる着火器

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

線香の種類や宗派によるあげ方についてわかりやすく解説します。

線香の本数には決まりがある?宗派による違いを比べてみましたのサムネイル画像

線香の本数には決まりがある?宗派による違いを比べてみました

お墓参りの必需品!知っておきたいお線香の意味と使い方のサムネイル画像

お墓参りの必需品!知っておきたいお線香の意味と使い方

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと