初七日のお布施の表書きはどう書く?金額の相場やマナーとともに解説

初七日を迎えるのが初めてという人は、何かと戸惑うことが多いかと思います。中でもお布施の表書きは、どう書けばいいのか知らない人もいるのではないでしょうか。この記事では、初七日のお布施の表書きや金額相場について解説します。

目次

  1. 初七日のお布施の表書きはどう書くの?
  2. 初七日って一体なに?
  3. 初七日のお布施の表書きはどうやって書く?
  4. 初七日のお布施に関するその他のマナー
  5. 初七日のお布施などの金額・相場
  6. 初七日のお布施の表書きまとめ

初七日のお布施の表書きはどう書くの?

葬儀

ご家族やご親族関連でお葬式を執り行ったり、参列したりといった経験は多くの人が持っていることと思います。
しかし、初七日を迎えたことがないという人は、初めてのことばかりで何かと戸惑うことも多いのではないでしょうか。
中でも初七日のお布施の表書きに関しては、何をどう書けばいいのか、知らないという人もいらっしゃることでしょう。

初七日のお布施の表書きの他にも、金額の相場や気を付けておくべきマナーなど、疑問は尽きないこととおもいます。
そこで今回の記事では、初七日のお布施の表書きについて

  • 初七日の意味
  • 初七日のお布施の表書きの書き方
  • 初七日のお布施にまつわる決まり
  • 初七日でかかるお金の相場

以上のことを具体的に解説していきます。
金額の相場については、お布施以外にも触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

初七日って一体なに?

葬儀

この項目では、初七日とお布施の必要性についてご紹介します。

初七日とは?

初七日とは、人が亡くなってから7日目に行う法要のことです。
仏教では故人が仏様になるため、一週間ごとに7回の試練を課しているとされています。
故人の負担が少しでも軽くなるようにと試練の日に合わせ、一週間ごとに法要を行うようになりました。

初七日はその1回目の法要にあたります。
しかし、近年では参列者の予定を7日目に合わせることが難しいという理由から、お葬式と一緒に初七日を行うことが多くなりました。

お布施は必要なのか?

そもそもお布施は故人を読経などで供養してくれたお坊さんに対し、感謝の気持ちを込めてお渡しするものです。
お坊さんの供養はお葬式だけではなく、初七日法要でも行われるため、お布施は必ず用意した方が良いでしょう。
しかし、これはお葬式と初七日法要を別の日に行った場合の話です。

同じ日に行う場合は、お葬式のお布施と初七日法要のお布施を分けて考えることはありません。
まとめて1つの謝礼として渡す場合が多いです。

初七日のお布施の表書きはどうやって書く?

葬儀

この項目では、お布施の表書きの書き方についてご紹介します。

表書きは、封筒の上部の真ん中に「御布施」と書きます。
「お布施」でも不自然ではありませんが、全て漢字で揃えた方が見栄えは良く、丁寧な印象を受けます。
下部の真ん中には施主、または喪主の名前を書くのですが、書き方には大きく分けて2通りあります。

名前をフルネームで書く、もしくは名字に家をつけて「○○家」で書くことです。

名前については基本的には上から下へ一列で収まるようにしますが、名前が長い場合は名字と名前で二列に分けて書きます。
「○○家」で書く場合にはフルネームで書くよりも短いため、名前が長い人は「○○家」で簡単に済ませる場合が多いです。

初七日のお布施に関するその他のマナー

葬儀

この項目では、初七日のお布施に関する表書き以外のマナーについてご紹介します。

お布施を入れる袋は何が良い?

お布施はのし袋ではなく、白い封筒に入れます。
お坊さんに直接渡すので、郵便番号の欄が印刷されていない無地の封筒を選ぶようにしましょう。
また、二重になっている封筒は「不幸が重なる」とされているため、購入の際は避けてください。

のし袋は本来お祝い事に使われる袋なのですが、近年では「のし」のついていない袋を「弔事用ののし袋」として販売されていたりします。
お布施は謝礼として渡すものなので、弔事用である必要はありません。
そのため、お布施は無地の封筒をおすすめします。

裏書きを書く必要はあるの?

香典の場合は裏書きを書く必要がありますが、お布施の場合は必要ありません。
ですが、書いてあった方がお坊さん側にとってはありがたいため、義務というよりは寺院側に配慮して書きます
裏側に書くのは住所、電話番号です。

地域によっては住所と名前と金額の場合もあります。
金額を書く場合、算用数字(1・2)ではなく漢数字(壱・弐)を記入してください。

墨の色は?

お布施の墨の色は薄墨ではなく、普通の黒い墨を使用してください。

香典の表書きを書く際は薄墨が推奨されていますが、これは「突然の訃報により悲しみで涙がすずりに落ちてしまい、墨が薄くなってしまった」ことを示す意味合いがあります。
しかしお布施は感謝の気持ちを表すものであり、薄墨を使う必要がないため、黒墨でいいということです。

筆に関しては毛筆を使うのですが、手元にない場合は筆ペンなどの安いもので十分です。

初七日のお布施などの金額・相場

葬儀

この項目では、初七日のお布施と金額の相場についてご紹介します。
また、お車代と御膳料についてもご紹介します。

お布施

お布施の金額の相場は、お葬式と初七日を同じ日に行う場合、20万円〜50万円程度です。
初七日だけで行う場合は、3万円〜5万円くらいです。
お布施は先述したように、お坊さんへ渡す謝礼になるので明確な金額設定はされていません

そのため、もしお坊さんに金額を直接尋ねるなら「他の人はどれくらい包んでいらっしゃるのでしょうか?」といった聞き方にしましょう。
また、お布施とお車代と御膳料については、それぞれ別々の封筒に包んでください。

お車代

お車代の金額の相場は、5千円〜1万円です。
お車代はお坊さんがバイクや車で会場にいらっしゃった場合に渡します。
キリのいい金額を意識して包みましょう。

あくまでもお坊さんの交通費代として渡すため、お寺でお葬式や初七日をする場合はお車代を用意する必要はありません。
また、お車代を封筒に入れた場合、表書きの書き方は上部の真ん中に「御車代」と書いてください。

御膳料

御膳料の金額の相場は、5千円〜1万円です。
御膳料はお坊さんが会食への出席を断った場合にのみ渡します。
しかし、お坊さんにお食事やお酒を持ち帰っていただく場合は、御膳料を渡す必要はありません。

御膳料を渡すタイミングは、お坊さんをお見送りする時です。
お礼の言葉とともに御膳料、必要に応じてお車代も一緒に渡します。
また、御膳料を封筒に入れた場合、表書きの書き方は上部の真ん中に「御膳料」と書いてください。

終活ねっとでは、初七日の香典について以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説します

初七日は葬儀が終わった後に一番初めに執り行われる法要です。親族などの身内だけで集まることが多いため、香典の書き方や金額相場などの詳しい知識があまり広く知られていません。今回は初七日の香典のマナーや書き方の他、いただいた香典のお返しについても解説します。

初七日のお布施の表書きまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回の終活ねっとの記事では、初七日のお布施の表書きについて以下のことをご説明してきました。

  • 初七日は故人が亡くなってから7日目の法要
    近年では予定が合わないことを理由にお葬式とまとめて行うことが多い
    お布施は必要だが、お葬式と同日に行う場合は1つにまとめる
  • お布施の表書きは上部の真ん中に「御布施」、下部に施主か喪主の名前を「フルネーム」か「○○家」と書く
  • お布施は郵便番号の欄がなく、二重になっていない無地の封筒に入れる
  • 裏書きに書く必要はないが、お坊さん側に配慮して書く
    書く情報は住所と電話番号、地域によっては住所と名前と金額
    金額は漢数字(壱・弐)で記入する
    墨の色は黒い墨で毛筆を使用する
  • お布施の金額相場はお葬式と初七日を同日に行う場合、20万円から50万円
    初七日単独なら3万円から5万円、お車代と御膳料は5千円から1万円
    封筒はそれぞれ別々に包む

近年では、初七日を行う日がお葬式の当日になっていることが分かりました。
本来行うべき日とは違いますが、参列者の予定が合わないのでは致し方ない変化なのでしょう。

終活ねっとでは、他にも初七日やお布施に関する記事が数多く掲載されております。
ぜひそちらも合わせてご参考にしてください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

終活ねっとでは、直葬の場合についての初七日についても、以下の記事でもっと詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

直葬で初七日法要は必要なの?服装などの注意すべきポイントも紹介!

最近の葬儀では、通夜・告別式を行わずに故人を見送る「直葬」というシンプルな形態が多く見られるようになってきました。 今回はこのシンプルな葬儀方法である直葬において初七日法要は必要なのか?また初七日法要での服装などの注意点について解説します。

「初七日・お布施・表書き」に関連する記事

「初七日・お布施・表書き」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「初七日・お布施・表書き」についてさらに知りたい方へ

13回忌でのお布施の相場はいくら?お布施のマナーについても解説!のサムネイル画像

13回忌でのお布施の相場はいくら?お布施のマナーについても解説!

初七日のお布施の金額相場をご紹介!お布施の渡し方についても解説のサムネイル画像

初七日のお布施の金額相場をご紹介!お布施の渡し方についても解説

お布施の金額相場はいくら?宗派・年忌法要別にご紹介しますのサムネイル画像

お布施の金額相場はいくら?宗派・年忌法要別にご紹介します

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説のサムネイル画像

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

3回忌に渡すお布施の相場を知っていますか?お布施以外の費用も紹介のサムネイル画像

3回忌に渡すお布施の相場を知っていますか?お布施以外の費用も紹介

17回忌のお布施の書き方はどうする?包み方や金額相場も解説しますのサムネイル画像

17回忌のお布施の書き方はどうする?包み方や金額相場も解説します

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!のサムネイル画像

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介のサムネイル画像

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと