3回忌の香典の金額はいくら?香典の入れ方や香典袋の書き方も解説!

香典の金額について迷ったことはありませんか?法要の回数で香典の金額は変わるのでしょうか?今回は3回忌の法要にスポットライトを当てて、3回忌の香典の金額の相場を見ていきます。合わせて忘れがちな香典の入れ方や香典袋の書き方についてもおさらいしていきたいと思います。

目次

  1. 3回忌の香典金額について
  2. 3回忌とは
  3. 3回忌の香典金額の相場
  4. 香典のお札の入れ方
  5. 3回忌の香典袋の書き方
  6. 3回忌の香典金額についてまとめ

3回忌の香典金額について

お金

法要において一番気になることと言えばずばり、「お金」の問題ですよね。
香典はいくらくらいの金額を包めば良いのか、故人との関係によって違うのか、ということをはじめ、香典袋の書き方を忘れてしまった、など様々な疑問があるかと思います。

自分が終活をしていく上でもこういったお金の問題は忘れてはいけないことの一つに挙げられます。
今回はその中でも3回忌の法要に焦点をあて、香典の金額について見ていきたいと思います。

  • 3回忌とは

    そもそも3回忌とは何?という疑問にお答えします

  • 3回忌の香典金額の相場とは

    血縁関係の有無で分けてさらに詳しい状況下での相場について説明いたします

  • お金の入れ方のマナーについて

    香典袋にお金を入れる際のマナーについて解説します

  • 香典袋の書き方について

    香典袋の書き方で失礼が無いようマナーについて解説いたします

3回忌の法要について覚えておけばその後の法要にも役立ちます。

終活の知識のひとつとして覚えて頂ければ幸いです。

3回忌とは

葬儀

まず最初に本題に入る前に、3回忌とは一体何のことかについて解説させていただきたいと思います。

3回忌とは一周忌の翌年に行う法要のことを指します。
つまり故人が亡くなった翌々年の法要ということになりますね。

ちなみに何故一周忌の次が3回忌なのかというと、厳密に言えばお葬式が「1回忌」にあたるからです。
お葬式が「1回忌」、一周忌が「2回忌」そして亡くなってから2年後が「3回忌」にあたるというわけです。

周と回の違いに惑わされないよう気をつけましょう。

3回忌の香典金額の相場

葬儀

では早速本題に入っていきましょう。
3回忌の香典の金額の相場はいくらなのでしょうか。
故人との関係別に解説します。

故人と血縁関係の場合

まずは故人と血縁関係にある場合の香典の金額について見ていきましょう。
血縁関係にあれば相場も高くなるのでしょうか。

故人が両親

故人が両親の場合であなたが施主ではない場合は香典の相場は1万円~3万円となります。
お葬式のときの香典の相場が10万円程度とされていることを考えると少し落ち着いた金額になっていることが分かりますが、やはり一番の親族でありお世話になっていることも多いため多めに包むのがマナーのようです。

ただし最近の傾向では香典の額は送る本人の年齢によって金額が変わるようです。
結婚式のご祝儀の場合は年齢によって金額は変わりませんから、葬祭関係のみの風潮と言えそうです。
例えば40歳以上の場合だと少し多めにお包みした方が良いという意見が増えています。
今のご自身の年齢や収入に合った額をお包みしたいですね。

こちらの相場は義父母の場合でも同じです。
故人を追悼する気持ちと共に、法要を取り仕切ってくれている施主の方への感謝の気持ちもこめてお包みしましょう。

ちなみに自分が施主の場合は、自分の親であってももちろん香典は不要となります。
これは親以外でも同じで、兄弟であっても祖父母であっても、施主が自分であれば香典は不要です。

故人が兄弟姉妹

故人が兄弟、姉妹だった場合の香典の相場も両親とほぼ変わらないようです。
1万円~3万円の金額を目安にお包みするようにしましょう。

義理の兄弟、姉妹であっても同じです。
配偶者の兄弟や姉妹に送る場合にも参考にしていただければと思います。

兄弟、姉妹というものは社会人になると疎遠になりがちなものです。
そんな場合でも故人をしのぶ気持ちを大切にし、法要に呼ばれた際には参加をするようにしましょう。

故人が祖父母

故人が祖父母の場合も同じです。
1万円~3万円が相場とされておりますが、祖父母を亡くすときというのは若い頃が多いのではないでしょうか。
先にも述べたとおり香典は年齢によって変化させたほうが良いという風潮にありますから、あなたがまだ若い場合は相場より少し少なくても問題ないでしょう。

逆にあなたに十分な収入がある頃に亡くなられた場合は、生前の感謝の気持ちもこめて多めにお包みしてあげると良いですね。

故人と血縁関係でない場合

故人と血縁関係でない場合の香典の金額の相場は5千円から1万円程度と言われています。
血縁関係がなくとも特に親密に交際していた場合は3万円ほどお包みしても良いようです。
故人との生前の関係によって金額が左右されるものと覚えておきましょう。

3回忌法要はお葬式や四十九日法要と違ってごく身近な親族だけで行われることも少なくありません。
そんな中血縁関係がない場合でもお招きいただけたということは故人と親交が深かったのではないでしょうか。
ぜひ故人や施主さんへ気持ちをこめてお包みしてあげると喜ばれるでしょう。

未成年の場合

まだ自分が学生であったり孫の立場のような未成年だった場合の香典の相場はどうなのでしょうか。
例えば同級生への香典の場合は経済的に苦しいことも鑑みて、連名でお包みしても問題ありません。
その際は周りの金額に合わせて、3千円~5千円を目安にお包みするようにしましょう。

ただしお札の枚数に関しては避けなければいけない数字もあるため連名にする人数を調整したり、金額の調整をする必要があることを覚えておいて頂ければと思います。

学生でなくともまだ20代や30代といった若い年齢のときは、多少香典の金額が少なくとも問題ないようです。
できれば周囲に合わせた金額をお包みできるといいですね。

法事の後に会食がある場合

一番注意したいのが法事の後に会食がある場合の香典です。
あなたが親族であり会食がある3回忌法要に出席する場合は、会食分の金額も考慮した金額をお包みしましょう。
大体会食に出席するかどうか問われると思いますから、そのときの話の雰囲気からどのような程度の会食になるか判断しましょう。

親族ではなく友人や知人の3回忌で会食へ招かれることもあります。
参加するのであればその分上乗せした金額をお包みすることを忘れないようにしましょう。

相場の金額ですが大体香典の金額にプラスして5千円~1万円程度とみておきましょう。
あらかじめお店が分かっている場合は、そこのお店の値段を把握した上でお包みしておくと施主さんの負担を軽くすることができます。

連名の場合

先に挙げた学生のときの場合や香典や夫婦で香典をお包みする場合、会社の人たちとお包みをする場合もあるものですよね。
そういった連名でお包みする場合は1人あたりの金額を決めた後、その人数分同じ金額を入れましょう。
例えば2名で連名の香典を出すことになり1人あたり1万円と金額が決まった場合、合計で2万円お包みをする、ということになります。

会食に招かれた場合は会食分も人数分、同じ額をお包みするのを忘れないよう注意してください。

避けるべき数字

結婚式のご祝儀において、2で割れる数字の金額やお札の枚数は包んではいけない、というマナーを耳にしたことはありませんか?
実は香典においても避けるべき数字というものが存在しています。
それは「4」や「9」と言った数字です。

どちらも「死」や「苦しみ」といったマイナスな発想をさせがちな数字です。
お葬式や法要は故人の成仏を祈る気持ちや生前の感謝の気持ちを表す場ですから、そういったマイナスな発想をさせる数字はご法度ということになります。

あまりお包みで4や9と言った金額にはならないと思いますが、4名連名で4万円のお包みになる可能性があります。
香典をお包みする際には数字には気を付けてお包みするよう心がけましょう。

香典のお札の入れ方

お金

香典の金額の相場についてはご理解いただけたかと思います。
続いてもお金にまつわるマナー、お札の入れ方について解説していきたいと思います。

新札はNG

結婚式では新札のお札を用いるのがマナーですが、お葬式や3回忌法要など葬祭関係においては用いないようにしましょう。
故人が亡くなることを予想してお札を準備していたと思われるから、という意味合いで新札を使用しないというマナーが一般化したようです。

現代においてはあまり気にしない人が増えたようですが、使わないでおくほうがベターです。
どうしても手元に新札しかない場合は、一度2つ折りにして折り目をつけてからお包みしましょう。

向きを揃える

細かいようですがお札の向きについてもしきたりが存在します。
ここで言う向きとは縦横ではなく、表裏のことを指します。
お札で人物の書かれている面が表、逆側が裏になります。

香典にお札を入れる際は表書きのほうにお札の裏面がくるように入れましょう。
また2枚以上のお札をお包みする場合はすべて向きを合わせるよう心がけることが大切です。

3回忌の香典袋の書き方

葬儀

最後に香典の表書きのマナーについても確認しておきましょう。
覚えておいて絶対に損はありません。

表書きの書き方

3回忌の香典の表書きですが、仏教の場合は御仏前となります。
「御霊前」は四十九日法要まで使用する表現となりますので間違えないよう注意しましょう。
宗教によって表現が変わりますから、事前に宗教について問い合わせをしておくといいですね。

名前の書き方

香典の袋に名前を書くときは「御仏前」と書いた下に書くのが正しいとされています。

連名で名前を書く場合は左から右へ順番に並ぶように書きます。
会社関係で序列がある場合は、左に位の高い方の名前がくるようにします。
夫婦連名にする場合は、左に夫となるものの名前、その右側に妻となるものの名前を書きます。

墨は薄墨?

3回忌の表書きを書くときは普通の濃さの墨を用いましょう。
薄墨を用いるのは諸説ありますが、四十九日法要の表書きまでです。
地域によってはお葬式の香典の場合のみ薄墨を使用するようですので確認をしておいたほうがよいでしょう。

実際に墨を擦らずとも筆ペンに薄墨タイプと普通の墨タイプがあります。
どちらも常備しておくと良いですね。

3回忌の香典金額についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回の記事をまとめますと次のようになります。

  • 3回忌とは1周忌の翌年に行われる法要であり、故人の死後満二年で行われるもの
  • 3回忌の香典の相場は故人と血縁関係がある場合、親兄弟であるなら1~3万円程度包むのが良いが、若い場合は多少少なくても問題ない
    血縁関係がない場合の相場は5千円~1万円と言われているが、お世話になっていたり特に親しくしていたならもっと包んでも良い
  • 未成年の場合3~5千円程度で良い
    また連名などの場合は周りに合わせるといい
  • 夫婦などで連名で香典を送る場合は一人当たりの金額を決めて入れる
  • 4や9といった数字は良くない言葉を連想させるため、香典の金額は4や9がつかない金額にする
  • お金は新札は準備していたととられるため入れないようにし、お金の向きは表書きの方にお札の裏側が来るように入れる
  • 袋の書き方は、表書きは宗教によって表現が異なるが仏教では御仏前と書く
    表書きの下に名前を書き、書く際の墨はふつうの濃さの墨で良い

今回は3回忌法要においての香典の金額の相場や香典の包み方、表書きの書き方をお伝えしましたが、3回忌法要以降でも応用が利くものとなっています。

私たちが生きていく上で法要という冠婚葬祭の行事は避けては通れないものです。
年齢を重ねるごとに法要に足を運ぶ機会は着実に増えていきます。
生前お世話になった故人やその家族に対して、失礼のないようにしっかりとマナーをわきまえておきたいですね。

またこちらでご紹介した3回忌法要の香典の金額や相場、お札の向きなどに関しては地域差が存在します。
おおよその目安としていただき、ご自身の地域の調査も行った上で参考にしていただければ幸いです。

また、終活ねっとでは3回忌の場に適した服装についても解説しております。
詳しく知りたい方は下のページもあわせてご覧になってください。

こちらも読まれています

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説します

3回忌法要までは、たくさんのご親族の方々が参加する大事な法要です。 3回忌で身内だけになった時に着ていく服装に悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、3回忌法要の服装について、妊婦や赤ちゃんの服装についても解説していきます。

「3回忌・香典・金額」に関連する記事

「3回忌・香典・金額」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「3回忌・香典・金額」についてさらに知りたい方へ

50回忌の香典の表書きはどう書く?金額相場やマナーについても解説のサムネイル画像

50回忌の香典の表書きはどう書く?金額相場やマナーについても解説

13回忌でのお布施の相場はいくら?お布施のマナーについても解説!のサムネイル画像

13回忌でのお布施の相場はいくら?お布施のマナーについても解説!

3回忌に渡すお布施の相場を知っていますか?お布施以外の費用も紹介のサムネイル画像

3回忌に渡すお布施の相場を知っていますか?お布施以外の費用も紹介

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

13回忌のお布施の書き方はどうすればいい?マナーについても紹介!のサムネイル画像

13回忌のお布施の書き方はどうすればいい?マナーについても紹介!

お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説しますのサムネイル画像

お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説します

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

樹木葬って本当に安いの?費用を抑えられる理由や相場をご紹介のサムネイル画像

樹木葬って本当に安いの?費用を抑えられる理由や相場をご紹介

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと