四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!

四十九日法要では、喪主はお葬式が終わってから短い期間で様々な準備をしなければなりません。今回の記事では、四十九日法要の準備について、喪主がするべきことと合わせて、参列者がするべき準備についても説明し、さらに宗派別の準備についても解説しています。

目次

  1. 四十九日法要の準備について
  2. 四十九日法要の流れ
  3. 喪主がする四十九日の準備
  4. 参列者がする四十九日の準備
  5. 宗派別の四十九日の準備
  6. 自宅で法事を行う際の準備
  7. 四十九日法要の準備に関するまとめ

四十九日法要の準備について

仏壇

四十九日法要は、故人が仏様になるという意味があり、大きな節目の法要です。

とはいえ、お葬式が終わったばかりで、喪主としてどのように四十九日法要を行えばいいのか、悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回の終活ねっとでは、四十九日法要の準備について詳しく解説していきたいと思います。

  • 四十九日法要はどのように行う?
  • 四十九日法要の日程の決め方は?
  • 四十九日法要で準備しなければならない物は?
  • 参列者はどう準備すればいい?
  • 宗派によって四十九日法要の準備は違う?
  • 自宅で四十九日法要を行いたい場合は?

以上のことなどを中心にして、四十九日法要の準備について説明していきますので、参考にしていただければ幸いです。

その他にも参列者としての準備や、自宅で法事を行うための準備についても述べていきますので、最後までご覧ください。

また、お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

四十九日法要の流れ

仏壇

四十九日法要は、亡くなった方が往生して成仏するための供養として行われます。
基本的には、親族や親しくしていた方で集まり、お坊さんに読経をしてもらいます。

それでは、四十九日法要の流れについて解説したいと思います。

  • 開式

    お坊さんが会場へ入るまでに、参列者は全員着席しておきます。
    そしてお坊さんが着席してから、喪主が挨拶をして開式となります。

  • 読経・焼香・法話

    お坊さんがお経を読み始めると、喪主から焼香が始まります。
    読経が終わると、お坊さんの法話があります。

  • 納骨式・お墓参り

    遺骨を持ってお墓へ行き、遺骨をお墓の中に納める納骨式をします。
    そして故人が亡くなってから初めてのお墓参りをします。

  • 会食

    場所を変えて会食をし、精進落としをします。
    会食は喪主の挨拶から始めます。

喪主がする四十九日の準備

葬儀

四十九日法要は、故人が成仏するという大きな節目の法要ですので、喪主は様々な準備をすることになります。

日程を決めて親戚やお坊さんへ連絡をしたり、お墓の準備をしたり、引き出物などの手配をしたりと、前もって決めておかなければならないことが多くあります。

さらに、喪主は四十九日法要当日に、皆の前で挨拶をしますので、どのような挨拶をするか考えておかなければなりません。

それでは、四十九日法要の準備について説明していきます。

四十九日法要の日程を決定する

四十九日法要の日程を決めるには、ポイントがあります。

まず、亡くなってから四十九日目の法要ですので、数え方が大切です。
誤解されることも多いのですが、お葬式の日から数えるのではなく、亡くなった日を一日目として四十九日を数えます

次に、多くの人が参列しやすいように土日を選びます。
四十九日の当日が一番望ましいのですが、日程的に当日に行えない場合は、それよりも前の日を選びます。

四十九日目を過ぎてから法要を行うことは、大きなマナー違反ですので避けましょう。

お寺に連絡をする

四十九日法要をお寺で行う際は、他の予定で埋まってしまう前に、早めに連絡をしておくことをおすすめします。

お坊さんに法要を執り行ってもらう場合も、お坊さんの都合を考えて、早い時期から連絡をしておきましょう。

早く連絡をするためにも、四十九日法要の日程を早くから決めておくことは重要です。
葬儀のときに直接お坊さんと話をしておくといいでしょう。

本位牌の準備

四十九日法要では、故人の魂を宿すための本位牌を準備します。

葬儀から四十九日までは白木位牌に故人の魂が宿っているのですが、四十九日法要で正式な位牌である本位牌に魂を移すのです。

本位牌には葬儀屋か仏壇・仏具屋で、故人の戒名を彫ってもらいます。
準備するのに注文してから1〜2週間はかかるので、余裕をもって本位牌を手配しておきましょう。

戒名とは?

準備に必要な本位牌に彫る戒名は、お坊さんから与えられる名前のことです。
死後に授かる場合がほとんどですが、生前であっても出家して戒名を授かることもできます。

浄土真宗では戒名ではなく法名と呼びます。

引き出物・会食の手配

四十九日法要に参列してくださった方への引き出物や、香典返しも準備する必要があります

引き出物や香典返しは、葬儀屋が請け負っている場合もありますので、相談してみましょう。
もしくは百貨店などの冠婚葬祭コーナーで選んでもいいでしょう。

会食は、法要会場に専用の部屋がある場合もありますし、近場の料理屋に人数分の予約を入れてもいいでしょう。

引き出物や会食は、準備や予約に時間がかかりますので、早めに手配することをおすすめします。

納骨のためにお墓を用意する

四十九日法要では、遺骨をお墓に納める納骨式をしますので、それまでにお墓を用意しておく必要があります。

先祖代々のお墓がある場合は、そのまま納骨式を行えますが、納骨できるお墓がない場合は、新しく霊園や墓地にお墓を建立します。

お墓の手配には約1ヵ月かかりますので、葬儀が終わればすぐに注文するようにしましょう。
もし四十九日法要に間に合わなければ、後日お墓が完成した際に納骨式を行うこともできます。

お墓に納骨するには埋葬許可証が必要ですので、四十九日当日に忘れずに持参しましょう。

仏壇の準備をする

四十九日法要では仏壇に本位牌を飾ってお経を読みます。

仏壇が先祖代々からすでにある場合は、故人の本位牌を飾るだけでいいのですが、新しい仏壇を用意する時は開眼法要をする必要があります。

開眼法要は、お坊さんにお経を読んでもらい、新しい仏壇に霊験を与える儀式です。

本位牌に故人の魂が宿る四十九日法要の際に、仏壇の開眼法要を一緒にするのが一般的ですが、仏壇の用意が間に合わない場合は、後日に行っても構いません。

新しい仏壇を用意する際は、遅くとも一周忌までには仏壇の開眼法要を済ませます。

挨拶を考えておく

準備が整えば、後は喪主としての挨拶を考えておきましょう。

喪主は、まず開式の挨拶を行い、最後に会食の挨拶を行うので、計2回の正式な挨拶を必ず行う必要があります。

会食にお坊さんが参加する場合は、お坊さんへの挨拶も必要です。
前もって考えた挨拶文を紙に書いておき、法要に持参しておくと安心です。

内容を覚えておくのが望ましいのですが、挨拶文を書いた紙を見ながら挨拶しても構いません。

参列者がする四十九日の準備

仏壇

四十九日法要に参列する側は、お供え物を贈ったり香典を用意したりします。
自分で直接仏壇に供えることはマナー違反ですので、まず喪主へ挨拶しながら、故人への敬意を持ってお供え物や香典を渡しましょう。

故人が亡くなってから、まだ一月あまりの時間しか経っていませんので、残された遺族の方への配慮が必要になることもあります。

何か手伝えることはないか一声かけるだけでも、遺族の心の負担を軽くできますので、様子を見ながら声をかけてみましょう。

四十九日は「忌明け」となる大切な節目の法要ですので、服装にも気を遣い、マナーを守って故人の供養をしましょう。

それでは、お供え物や香典をどのように準備すればいいのか、説明したいと思います。

お供え物を選ぶ

四十九日法要では、参列者は故人にお供え物を贈ります。
地域によっては、お供え物の代わりに「御供物料」としてお金を包むこともあります。

お花など大きなサイズになるお供え物は、置き場所の問題もありますので、事前に喪主と相談しておきましょう。

お供え物を選ぶ際は、お菓子や果物など日持ちのする食べ物を選ぶことがポイントです。
特に夏場は、日持ちするかどうか気をつけて選ぶといいでしょう。
お菓子は個包装してあると、皆で分けやすいので喜ばれます。

注意点として、魚や肉などは殺生を禁じる仏教では、お供え物として相応しくありません。
さらに、重い品物やサイズが大きい品物は、後で持ち帰る際に困るので避けましょう。

香典を用意する

四十九日法要では、参列者は香典を用意して喪主へ渡します。

香典は不祝儀袋へ包んで、「御仏前」や「御香料」と表書きを書いておきましょう。
金額相場は故人との関係で変わりますし、精進落としの会食に参加するかどうかでも変わります。

以下の記事で、四十九日法要での香典の相場や入れ方・書き方について詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

こちらも読まれています

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説

身内の方の葬儀が終わりしばらくすると、その方の供養の上で重要な四十九日法要を迎えることになります。葬儀と同じように参列することになりますが、この際に気になるのが持参する香典の金額の相場です。そこで今回は、四十九日で持参する香典の金額の相場を見ていきましょう。

服装について

四十九日法要での服装は、喪主から「平服で」という案内がなければ喪服を着ます。
基本的には、お葬式と同じ正式な礼装で参列します。

メイクやヘアセットも派手にならないよう気をつけて、アクセサリーは結婚指輪だけにするか、女性であれば真珠のネックレスを合わせる程度にしましょう。

子供は喪服でなくても構わないので、地味なデザインの暗い色の服を着せます。
制服があれば、色に関わらず制服を着るのがマナーです。

宗派別の四十九日の準備

仏壇

四十九日法要でしなければならない準備は、同じ仏教であっても、宗派によって多少の違いがあります。
同じ宗派の親戚や、法要をお願いするお坊さんに前もって聞くことをおすすめします。

それでは、それぞれの宗派でどのように準備をするのか、説明しましょう。

浄土真宗

浄土真宗では、魂は往生すると位牌には宿らないという教えがあるので、本位牌を飾りません
四十九日法要までは、白木位牌を拠り所としてお経を読むこともあるため、白木位牌は必要です。

本位牌がない代わりに、法名(戒名)は法名軸や過去帳に書いて仏壇に飾ります。
それまで使っていた白木位牌は、四十九日法要でお坊さんに渡して、お寺で供養してもらいましょう。

現代では、魂は宿らなくても本位牌を飾りたいという意向で、本位牌を用意する方も増えています。

法名軸とは?

浄土真宗では、位牌ではなく法名軸に法名(戒名)を記入して、仏壇に飾るのが基本です。
ただし、位牌の代わりと言っても、法名軸にも魂は宿りません。

仏壇の正面にはご本尊を飾りますので、法名軸は仏壇の中の側面に飾ります。
法名はお坊さんに書いてもらうのが望ましいのですが、仏壇屋や仏具店でも請け負っています。

過去帳とは?

過去帳は浄土真宗以外でも広く使われている仏具ですが、位牌の代わりに使うのは浄土真宗だけです。

過去帳には、今までのご先祖様や故人の名前と没日(亡くなった日)を連ねて書いていき、代々受け継いでいきます。

法要で仏壇に飾る際は、見台という置き台に過去帳を乗せ、ご本尊が見えるように脇に置きます。

曹洞宗

曹洞宗では、ご本尊として掛け軸を三つ掛けることが特徴です。
これは三尊仏を祀るためですので、一つの掛け軸に三尊仏を描いたものを飾っても構いません。

四十九日法要では、故人の魂が宿る本位牌を用意して、白木位牌から本位牌へ魂を移します。
曹洞宗はお釈迦様の弟子になるという教えのため、本位牌はご本尊の掛け軸の横に飾ります。

真言宗

四十九日法要を真言宗で行う場合も、故人の魂を宿す本位牌を用意します。

真言宗では、位牌の戒名の一番上に必ず梵字を付ける決まりがあります。
宗派によって戒名の書き方は様々ですが、梵字を使うのは密教である真言宗の大きな特徴です。

自宅で法事を行う際の準備

仏壇

四十九日法要は、会場ではなく自宅で行う場合もあります。

お経を読み、故人の供養をすることは、会場やお寺でするイメージがありますが、個人の自宅で行っても問題ありません。

四十九日までにお墓を用意できなかった場合に、後日に納骨式をお寺で行うため、四十九日法要は自宅で行うというケースもあります。

ここでは、四十九日法要を自宅で行うには、どのように準備をすればいいのか、解説していきたいと思います。

ろうそく・線香・焼香炉の準備

四十九日法要を自宅で行う場合は、自分でろうそく・線香・焼香炉を準備する必要があります。

ろうそくは絵が描かれたものや、蓮の花などにデザインされた物は避けましょう。
線香は、法要が終わるまでは絶やしてはいけないので、多めに用意しておきます。

焼香炉は焼香をする際に必要になりますので、炭と香も用意して焼香盆にまとめます。

お供え物・お花を用意

四十九日法要の準備として、自宅で行う際にも、お供え物とお花は必ず用意しましょう。

親戚など参列者からお供え物やお花を贈ってもらう場合は、前日までに自宅へ届くようにお願いしておくと、当日の準備がスムーズに進められます。

引き出物・会食を用意

四十九日法要では、集まってくれた参列者へ引き出物を渡します。

自宅で法要を行う場合は、引き出物を紙袋に入れて人数分用意しておき、法要が終わってから参列者に渡します。

精進落としとしての会食は、そのまま自宅の別室で場を設けることが多いですが、準備が大変であれば、近くのお店を予約しておくといいでしょう。

四十九日法要の準備に関するまとめ

仏壇

四十九日法要の準備はどのようにすればいいのか、詳しく説明してきましたが、いかがでしたか。

今回の終活ねっとの記事の内容を、以下にまとめてみましょう。

  • 四十九日法要は、開式・読経・焼香・法話・納骨式・お墓参り・会食という流れで行われる。
  • 四十九日法要の日程は、亡くなった日を一日目として、四十九日を数えた日にするのが望ましいが、参列者の都合を考えて土日に日程を組む。
  • 四十九日の準備として、本位牌は必ず用意するが、お墓や仏壇は後日でも構わない。
    引き出物や会食の手配は早めにしておき、挨拶も事前に考えておく。
  • 参列者の場合は、四十九日にお供え物や香典を用意して、正式な礼装を着用する。
    お供え物には肉や魚は避けて、日持ちのするお菓子や果物を選ぶ。
  • 浄土真宗では、本位牌の代わりに法名軸や過去帳を使う。
  • 曹洞宗は本位牌が必要、さらにご本尊の掛け軸を三つ用意し、真言宗は必ず梵字を使った戒名の位牌を用意する。
  • 自宅で四十九日法要を行う場合は、ろうそく・線香・焼香セットを自分で用意する。
    お供え物やお花も必要、引き出物や会食の手配も必要。

今回の記事をお読みになることで、四十九日法要の準備について参考にしてくださると幸いです。

四十九日の準備には時間がかかりますが、特に本位牌や仏壇・お墓は重要ですので、間に合うように余裕を持って手配しておくことをおすすめします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「四十九日・準備」に関連する記事

「四十九日・準備」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「四十九日・準備」についてさらに知りたい方へ

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説のサムネイル画像

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説

四十九日の計算方法をご紹介!日程の決め方や宗派による違いまで解説のサムネイル画像

四十九日の計算方法をご紹介!日程の決め方や宗派による違いまで解説

四十九日はすぐにやってきます。準備と当日の納骨について解説しますのサムネイル画像

四十九日はすぐにやってきます。準備と当日の納骨について解説します

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説しますのサムネイル画像

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説します

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説のサムネイル画像

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説

四十九日法要にかかる時間はどれくらい?開式の時間についても解説!のサムネイル画像

四十九日法要にかかる時間はどれくらい?開式の時間についても解説!

四十九日法要に持参するものとは?喪主・参列者の持ち物を徹底解説!のサムネイル画像

四十九日法要に持参するものとは?喪主・参列者の持ち物を徹底解説!

四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!のサムネイル画像

四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!

四十九日まで飾る祭壇ってどんなもの?飾り方や片付け方を解説しますのサムネイル画像

四十九日まで飾る祭壇ってどんなもの?飾り方や片付け方を解説します

お墓への納骨式は四十九日に行われることが多い?のサムネイル画像

お墓への納骨式は四十九日に行われることが多い?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと