お焚き上げ料の相場っていくら?依頼上の注意点や他の供養方法も解説

お焚き上げ料の相場は、どのくらいなのでしょうか。故人の思いのこもったものなどはお焚き上げをして供養しますが、費用の相場はどのくらいなのか心配ですね。終活ねっとのこの記事では、お焚き上げ料の相場について、依頼するときの注意点や他の供養方法もあわせて、解説します。

目次

  1. お焚き上げ料の相場について
  2. お焚き上げとは
  3. お焚き上げ料の相場
  4. お焚き上げできないもの
  5. お焚き上げはどこでできる?
  6. お焚き上げはいつするの?
  7. お焚き上げの注意点
  8. お焚き上げ以外の供養方法
  9. お焚き上げ料の相場まとめ

お焚き上げ料の相場について

お金

お焚き上げ料の相場は、どのくらいなのでしょうか。
お焚き上げは、どこでやってもらえばよいのでしょうか。

初詣のときに神社で頂いたお札のお焚き上げをしたことはあるという方は多いと思いますが、お焚き上げするものはそれだけではありません。

大切なご家族が亡くなった後で遺品を整理しなければなりませんが、故人の思いのこもったものなどは、どうしたらよいのかと迷われると思います。
そんな時は、お寺や神社などにお願いしてお焚き上げをしていただくとよいのです。

しかしお焚き上げと言ってもやり方はいろいろあるようで、費用がどのくらいかかるか心配ですね。

そこで、今回終活ねっとのこの記事では、お焚き上げ料の相場について、以下の事項を解説します。

  • そもそもお焚き上げとはどういうことか?
  • お焚き上げ料の相場は、どの位なのか?
  • お焚き上げできないものは、あるのか?
  • お焚き上げは、どこでできるのか?
  • お焚き上げは、いつ行ったらよいのか?
  • お焚き上げの注意点は、どんなことがあるのか?
  • お焚き上げ以外の供養方法はあるのか?

お焚き上げを依頼するときの注意点や他の供養方法もあわせて、お焚き上げ料の相場について分かりやすく解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

お焚き上げとは

葬儀

そもそもお焚き上げとはどういうことなのか、よく分からないという方もおられるでしょう。

神棚や仏壇など神事や仏事に関わるものや愛着のある人形などは、ゴミとして処分するのはとても忍びないことです。

お焚き上げはこのように神事や仏事に関わるものや、長い間心を込めて使っていたものなどを神社やお寺などにお願いして、感謝と供養の気持ちを込めて焚き上げてもらうことです。

日本には古来、正月に門松やしめ縄などを神社の境内で燃やす「どんど焼き」と言われる慣習があり、現在でも各地で行われています。

お焚き上げの由来は、このどんど焼きの始まりと言われる神社の庭燎(にわび)焚きの儀式と仏教の護摩焚きが結びついたものであると言われています。

お焚き上げの意味は、大切なものの魂を供養して天に還すことにあるというのです。

お焚き上げ料の相場

葬儀

お焚き上げ料の相場は、地域によって異なるだけでなく、お焚き上げを依頼するお寺や神社と専門業者でかなり違います。
特に業者の場合は、品物の種類や大きさによる料金の違いもありますが、箱単位での料金設定も様々あり、大幅に異なることがあります。

以下にお焚き上げ料の相場を記載しておきますが、これとは異なる事例も多いと思います。
お焚き上を依頼するときは、あらかじめお焚き上げの仕方と料金の関係などをよく確認してから依頼するようにしましょう。

お守り・お札

お守りやお札は、基本的にいただいたお寺や神社にお返しするものです。

お守りやお札は、何個かまとめて2千円~3千円でお焚き上げするというところもありますが、一般にどんど焼きの際は無料で行ってもらえることが多いです。

ただどんど焼きは祭神を天に還す儀式ですから、厄除けや安産祈願のお守りはお焚き上げするのではなく、お寺や神社の納札箱などに納めたほうがよいでしょう。

その際の料金は、特に決まりはなく、お気持ちでお賽銭などを入れるという場合が多いです。
気になるようでしたら、お札をいただいた社務所の方に問い合わせてみるとよいでしょう。

位牌

位牌は、頂いたお寺に、魂抜き(たましいぬき)・お性根抜き(おしょうねぬき)をお願いし、お焚き上げしてもらいます。
この場合のお焚き上げ料の相場は、5千円~3万円位です。
仮位牌の白木位牌のお焚き上げ料は、3千円~5千円位です。

位牌の供養と処分を専門業者に依頼することもできますが、魂抜き・お性根抜きからお焚き上げ処分まで含め、5千円~3万円程度が相場です。

神棚

神棚の処分方法には明確なルールはありません。
考えられる方法としては、神社に祈祷をお願いする・お焚き上げだけ依頼する・そのまま処分する、などいくつかあります。

神棚は、仏壇のように故人の魂が込められているわけではありませんので、ご本人のお気持ち次第で比較的自由に決められます。
そうは言っても神事に関わるものですから、きちんと処分したいものですね。

神社にご祈祷をお願いして神棚を清め祓いしていただくときは、3千円~1万円前後になります。

業者に処分を依頼する場合は、1万円~3万円位になります。
金額の違いは、主に神棚の大きさの違いによるものです。

ご自分で持ちこまずに、引き取り来てもらうこともできますが、その場合は引取り料金が別に1万円~1万円5千円位かかります。

宅急便での送付を受け付けている神社などもあります。

仏壇

仏壇は、故人やご先祖の魂が込められていますので、基本的には寺院でまず御魂抜きの閉眼供養などを行っていただき、お焚き上げをします。
お寺に御霊抜き供養とお焚き上げをお願いするときのお焚き上げ料の相場は、1万円~2万円です。

ご自分でお寺を探すのが難しいときは、業者に依頼してお焚き上げしてもらうことになります。
この場合の費用の相場は、5万円~10万円以上のときもあるようです。
価格の違いは主に仏壇の大きさの違いですが、仏壇を買い替えれば安くする仏壇屋さんもあります。

業者に依頼する場合は、料金の内容、特に御魂抜き供養をきちんと行うのかを確認した方がよいです。

人形

人形の供養は、お寺や神社などでも1万円位でやっていただけます。
ただ中にはお焚き上げできない素材の人形もあります。
その場合は供養だけしていただきご自分で処分することになります。

業者の場合のお焚き上げ料は、1個5千円位の個別料金もあれば、まとめて一式1万円など様々です。
この場合も、供養や処分の仕方をよく確認された方がよいでしょう。

遺品

故人の遺品は、お寺や神社で受け付けてもらえるものと、そうでないものがあります。
ですから遺品整理とあわせて、業者にお焚き上げなどの処分を一括してまとめて依頼することが多いようです。

写真や手紙

写真や手紙は、少量であればお寺や神社でも3千円位でお焚き上げしていただける場合もあります。
お焚き上げ専門業者の場合は、段ボール1箱分が2千円~5千円などが多いです。
大きな箱ならさらに高い値段になります。

布団

布団は、業者に頼むと1組で1万円位からになります。
布団は、供養の必要がなければ通常公共団体で粗大ごみとして回収してくれます。

その他

その他のもろもろの遺品は、まとめてダンボール1箱分3千円~1万円とか、ビニール1袋で2千円~5千円(45リットル)などとする業者も多いです。
この料金以外に、読経料・引取料がそれぞれ3千円~5千円が別に必要という場合も多いです。

お焚き上げできないもの

遺品整理

しかしお焚き上げできないものもあります。

ガラスや金属などの燃えないもの、引火性のあるものや有害物質が発生するなどの危険物、リサイクルが必要な家電製品、生ものなどはお焚き上げできません。
また、いわゆる粗大ごみをお焚き上げに出す人もいますが、本来お焚き上げできないものです。

お焚き上げできないものは、マナーを守ってきちんと処分しましょう。

お焚き上げはどこでできる?

神棚

お焚き上げは、どこに頼めば良いのか迷われる方も多いと思います。

お寺や神社に直接お願いすることもできますが、お焚き上げを引き受ける専門業者もいますので、それぞれどんなものなのか、説明しておきましょう。

神社やお寺

お寺や神社は、古くからお焚き上げを行っているところが多く、安心してお願いできるところが多いです。
またお焚き上げの費用も一般に安く抑えることができます。

何よりも、しっかりと供養をしてお焚き上げしていただける点は大きなメリットです。
最近は、宅急便などで送ったものを受け付けてお焚き上げしていただける神社なども増えています。

一方で、お焚き上げができる時期が決まっていることが多く、またお焚き上げを受け付けていただける品物も一定のものに限られることがあります。
神社などによっては、自分のところのお札やお守り以外は受けつけないという場合もありますので、注意しましょう。

遺品整理業者

最近は、遺品整理と一緒にお焚き上げを依頼することができる遺品整理業者が増えています。

お寺や神社などのように受付け時期や品物が限定されることはありませんので、必要なときに必要なものを頼めるという点で使いやすいメリットがあります。

ただ料金は、お寺や神社より一般に高めになることが多いです。
また中にはきちんとした実績がなく、実際にどのような方法でお焚き上げするのか分からない業者もいないわけではありません。

ですから、お寺や神社以外にお焚き上げを頼むときは、あらかじめ数社から見積もりを取るなどして比較検討したほうがよいでしょう。

神社やお寺の場合も含めて、料金や仕組みがきちんとしていて、納得のできる業者を選ぶようにしましょう。

お焚き上げはいつするの?

葬儀

お焚き上げは、いつしたらよいのでしょうか。

お焚き上げをするタイミングは、必ずしも明確なルールや習慣はありません。
ただ一般に四十九日の忌明け法要や一周忌が済んだ後で、故人の遺品の整理をして形見分けをすることも多いです。
そのような際にお焚き上げするものを決めておき、タイミングを見て依頼するとよいでしょう。

お焚き上げの時期は、年末年始が多いのですが、節分や他の時期にもお焚き上げをしている神社やお寺もあります。
お焚き上げのタイミングは、ご自分のお気持ちにもよりますが、お寺や神社の都合なども確認して決めるとよいでしょう。

お焚き上げの注意点

困った人々

お焚き上げを依頼する際に注意すべき点をまとめておきましょう。

宗教が違うものはNG

お焚き上げをしたいものでも、仏事や神事にかかわるものは、それぞれが関係する宗旨・宗派のところへ依頼しましょう。

宗教や宗派が違うのに持ち込むことはやめましょう。
例えば、お寺に神棚を持ち込んだり、神社に位牌や仏壇・仏具などを送ったりするのは、NGです。

キリスト教ではお焚き上げの習慣がありませんので、教会に持ち込むのもNGです。

仏壇は御霊抜きが必要

仏壇は、故人やご先祖の魂が宿っているとされます。
ですから、仏壇を処分する場合は必ず閉眼供養をして御霊抜きを行います。

閉眼供養は、仏壇から故人やご先祖の魂を抜く儀式で、通常菩提寺に依頼します。

閉眼供養で御霊抜きをした仏壇は、単なる物として処分できるようになります。
仏壇は自治体で回収していただけるはずですが、地元の自治体に確認したほうがよいでしょう。

御霊抜きをしてもゴミとして処分するのは気が引けるという方は、お寺や仏壇屋さんと相談してみるとよいでしょう。
有料になるかもしれませんが、仏壇屋さんなどで引き取ってもらえることもあります。

仏壇以外の仏具は供養の必要はありませんので、そのまま処分して構いません。

お焚き上げ以外の供養方法

困った人々

お焚き上げできないものでも、愛着があり簡単に捨てられないものや、処分するにしても自分で心を込めて処分したいものもあると思います。
そのような場合、お焚き上げ以外にどのような供養方法があるのか、説明しましょう。

清め塩

お焚き上げできないものを清め塩をして処分する方法です。

清め塩のやり方は、処分したい物に一礼してから、塩を盛った小皿を左手で持ち、右手で塩を品物の上から左→右→左の順に振りかけて清めて再度一礼して終わります。

清め塩をすることで、お焚き上げをするのと同じように浄化し供養したことになるとされています。

お寺で永代供養してもらう

お焚き上げできない物も愛着があるときは、お寺でお坊さんに読経して供養していただいてから処分することもできます。

神社で祈祷してもらう

神社に頼めば清め祓いの御祈祷をしていただくことは可能です。
その上で処分するか、改めて使用するかを決めてもよいでしょう。

お焚き上げ料の相場まとめ

遺品整理

今回終活ねっとでは、お焚き上げ料の相場について、依頼するときの注意点や他の供養方法もあわせて解説してきましたが、いかがでしたか?
この記事の内容をまとめると以下になります。

  • お焚き上げとは、大切なものを、神社やお寺などでご祈祷や供養をして頂いたうえで、焚き上げてもらうことです。
    お焚き上げの由来は、神社の庭燎焚きと仏教の護摩焚きが結びついたものと言われている。
  • お焚き上げ料の相場は、お焚き上げをするお寺や神社と専門業者でかなり違う。
    お焚き上げ料は、対象の物によっても違うが数千円~1万円前後のことが多い。
    依頼するときは、お焚き上げの方法や料金をよく確認したほうがよい。
  • 燃えないもの、危険物、家電製品、生ものなどお焚き上げできないものがある。
    粗大ごみなどお焚き上げできないものは、マナーを守ってきちんと処分する。
  • お焚き上げは、お寺や神社に直接お願いするか、遺品整理業者に頼む。
  • お焚き上げは、四十九日の忌明け法要や一周忌が済んだ後でタイミングを見て依頼する。
  • お焚き上げの注意点は、宗教が違うところに持ち込むのは原則NGである。
    キリスト教はお焚き上げをしないので、教会に持ち込むのもNGである。
    仏壇は、閉眼供養をして御霊抜きを行うのが基本である。
  • お焚き上げ以外の供養方法としては、清め塩、お寺での供養、神社で祈祷してもらう
    方法がある。

今回の記事を参考に、御遺品の整理を検討されてはいかがでしょうか。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載していますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

「お焚き上げ料・相場」に関連する記事

「お焚き上げ料・相場」についてさらに知りたい方へ

  • お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!のサムネイル画像

    お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!

    神社仏閣からいただいたお札やお守りは、最終的にお焚き上げをして神仏にお返しします。では、お焚き上げはいつどのように行うと良いのでしょうか。今回の記事では、お焚き上げをいつ行うと良いのか、お焚き上げをする対象の品物と合わせてご紹介していきます。

  • 遺品供養は、まずどうする?首都圏での遺品供養。のサムネイル画像

    遺品供養は、まずどうする?首都圏での遺品供養。

    覚悟はしていたものの、いざとなるとどうしたら良いか分からない遺品供養。遺品供養の考え方、手配、基本をほんの少し紹介します。

  • 遺品整理の費用の相場を徹底解説!優良な業者を見分けましょう!のサムネイル画像

    遺品整理の費用の相場を徹底解説!優良な業者を見分けましょう!

    遺品が大量にある場合には、家族だけで整理するには時間的にも難しいといった人もいるでしょう。そんな人の大きな助けとなるのが遺品整理会社です。ただ、このような会社に依頼をする場合には費用の相場が気になるものです。 ここではこの遺品整理の相場について紹介します。

  • 遺品整理を行う時期はいつが適切なの?注意点を解説!のサムネイル画像

    遺品整理を行う時期はいつが適切なの?注意点を解説!

    大切な人が亡くなった後。葬儀の忙しさを過ぎた頃にようやく目に入る、故人が愛用していた遺品の数々。いつかはやらなければいけないけれど、遺品整理を始める時期って難しいですよね。いつ、どのようにすればいいのでしょう?遺品整理とその時期について考えてみましょう。

  • 継承できなくなった位牌の処分はどうすれば・・・のサムネイル画像

    継承できなくなった位牌の処分はどうすれば・・・

    継承できなくなったご位牌の処分方法をまとめています。代々受継がれてきたご位牌をやむを得ず、処分を検討されている方は是非ご覧ください。

  • お守りを処分する時期と方法!神社・寺に持って行けないときは?のサムネイル画像

    お守りを処分する時期と方法!神社・寺に持って行けないときは?

    お守りは受けた神社や寺に返します。しかし、旅行先でいただいたり人にもらった手作りのものなど、お守りの処分に悩むこともあるのではないでしょうか。今回は、お守りの処分方法をいくつか紹介します。

  • 古いお札やお守りってどうすればいいの?返す時期や方法についてのサムネイル画像

    古いお札やお守りってどうすればいいの?返す時期や方法について

    買ったりもらったりして家に置いたままにしているお札やお守り。お寺や神社に返すんだっけ?燃やすんだっけ?と、処分の仕方が分からないままたくさんたまっている人も多いのではないでしょうか。そんなお札やお守りについて、返す時期や方法などをご紹介します。

  • 不用品の処分に困った!処分の方法を紹介します。のサムネイル画像

    不用品の処分に困った!処分の方法を紹介します。

    身内や親戚に不幸があると、不用品を処分する必要が出てきます。終活に備えて不用品を処分しようと思っても、どうやって処分したらいいのか悩んでしまいますよね。いざという時に困らないように、不用品の処分の方法について紹介します。

  • 東京で人形供養をお考えの方へ、様々な供養方法をご紹介のサムネイル画像

    東京で人形供養をお考えの方へ、様々な供養方法をご紹介

    断捨離に取り組まれている方も多い今日。たくさんある人形やぬいぐるみの処分・故人の遺品整理などでお困りの方も多いことでしょう。そんな時は人形供養がオススメです。ここでは東京近郊の方に向けて、人形供養の方法や東京都内で供養をお願いできる寺社などをご紹介します。

  • 永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!のサムネイル画像

    永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

    故人を供養する方法の一つである永代供養をご存知ですか? 高齢化や核家族化の加速に伴い、より注目を集めつつあります。 しかし、「墓じまい」と聞くと馴染みのない言葉で手順も大変そうですよね? ここで複雑な手順や手続き方法、永代供養のポイントを押さえておくと安心です。

「お焚き上げ料・相場」に関連する専門家

「お焚き上げ料・相場」について知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「お焚き上げ料・相場」についてさらに知りたい方へ

お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!のサムネイル画像

お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!

遺品供養は、まずどうする?首都圏での遺品供養。のサムネイル画像

遺品供養は、まずどうする?首都圏での遺品供養。

遺品整理の費用の相場を徹底解説!優良な業者を見分けましょう!のサムネイル画像

遺品整理の費用の相場を徹底解説!優良な業者を見分けましょう!

遺品整理を行う時期はいつが適切なの?注意点を解説!のサムネイル画像

遺品整理を行う時期はいつが適切なの?注意点を解説!

継承できなくなった位牌の処分はどうすれば・・・のサムネイル画像

継承できなくなった位牌の処分はどうすれば・・・

お守りを処分する時期と方法!神社・寺に持って行けないときは?のサムネイル画像

お守りを処分する時期と方法!神社・寺に持って行けないときは?

古いお札やお守りってどうすればいいの?返す時期や方法についてのサムネイル画像

古いお札やお守りってどうすればいいの?返す時期や方法について

不用品の処分に困った!処分の方法を紹介します。のサムネイル画像

不用品の処分に困った!処分の方法を紹介します。

東京で人形供養をお考えの方へ、様々な供養方法をご紹介のサムネイル画像

東京で人形供養をお考えの方へ、様々な供養方法をご紹介

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!のサムネイル画像

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと