お布施の渡し方を解説!渡すタイミングやお盆・ふくさも解説!

法事の際に僧侶の方にお経をあげてもらった際にその感謝の気持ちとして渡すのがお布施です。実はお布施は単に手渡しをすればよいというものではなくきちんとした渡し方があります。そこで今回は法事の際の常識でもあるお布施の渡し方について見ていきましょう。

目次

  1. お布施の渡し方について
  2. お布施とは
  3. お布施の渡し方
  4. お布施のお札の入れ方
  5. お布施の金額相場
  6. お布施の渡し方についてまとめ

お布施の渡し方について

葬儀

葬儀をはじめ法事の際にはほとんどの場合で僧侶の方にも参加いただいたうえで、お経をあげてもらうというのはごく一般的な風景です。

皆さんも葬儀や年忌法要(一周忌など)の際には、必ずといって良いほど僧侶の方がお経をあげる姿を見かけるのではないでしょうか。

さて、僧侶の方にご先祖様を供養するためのお経をあげていただいたお礼として渡すのがお布施と呼ばれる金銭です。

せっかくお忙しい中僧侶の方には法事に来ていただいたので、その感謝の気持ちをきちんと示しておきたいところといえます。

しかし、お布施は単に手でポンと僧侶の方に渡せば良いわけではなく、きちんとした渡し方があります。

お布施の渡し方は古くからきちんとした決まりがあるため、知っていないとご自身の常識を疑われることにもなりかねません。

そこで今回終活ねっとでは、以下のポイントに沿ってお布施の正しい渡し方について見ていきます。

なかなか知る機会のないお布施の渡し方についてまとめましたので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

  • お布施とはどのような金銭なのか?

    法事の際に僧侶の方に渡すお布施について簡潔にご説明します。

  • 正しいお布施の渡し方とは?

    僧侶の方への正しいお布施の渡し方について、タイミングやマナーを中心に見ていきます。

  • お布施へのお札の入れ方とは?

    お布施を包む際の正しいお札の向きや種類について見ていきます。

  • お布施の金額相場はいくらなのか?

    お布施の一般的な金額の相場について、49日までの忌日法要の場合と、一周忌法要などの年忌法要の場合とに分けて見ていきます。

お布施とは

葬儀

最初にお布施がどのような金銭なのかについて簡単に見ていきましょう。
お布施とは僧侶の方に法事でお経をあげてもらった際に、その感謝の気持ちを込めて渡す謝礼のことです。

注意すべき点として、あくまでもお経をあげていただいたことへの対価や料金という意味ではないというところが挙げられます。

むしろ、僧侶の方やひいては仏様に対して真心から感謝する気持ちを込めて渡すと良いでしょう。

なお、お布施についてより詳しい内容を知りたいということであれば、下記の用語記事も合わせてご参照ください。

こちらも読まれています

“お布施” とは? - 終活用語集

お布施とは、葬儀や法事・法要で僧侶に読経をして頂いたお礼に渡す謝礼金のことを言います。 お布施は手渡しではなく、お盆の上に乗せて渡します。 また、お布施は読経の料金という考えではないことから、読経料という言い方はしませんので気を付けましょう。

お布施の渡し方

お墓

僧侶の方や仏様への感謝の気持ちの表れである以上、気持ちの良いお布施の渡し方ができれば良いと考える方も多いでしょう。

ここでは、お布施の渡し方の正しいタイミングやマナーについて具体的に見ていきます。

お布施を渡すタイミング

お布施を渡すにはまずタイミングが重要といえます。

いくらお布施を渡すにしてもタイミングを誤れば、渡す側も渡される僧侶の方の側もあまり良い気持ちにはならないためです。

お布施を渡すタイミングとして一般的なのは、法事が終わって僧侶の方がお帰りになる時間といえます。

法事が終わった後が最も一般的な理由として、法事が終わった後の時間帯が最も余裕を持ってお布施を渡すことができるためです。
加えて、法事が終わった後に一息つくことのできる時間があることも挙げられます。

ほかにも法事が始まる前もお布施を渡すタイミングとして挙げられます。
しかし、僧侶の方が法事の準備で忙しくお布施を受け取るどころではない場合などがあるため、あまりおすすめはできません。

お布施を渡す時のマナー

お布施の渡し方として最も重要となってくるのが、お布施を渡す際のマナーです。
実はお布施の渡し方のマナーは古くから決まっており、法事の際に知っておくべき常識であるとさえいわれています。

僧侶の方、ひいては仏様への感謝の気持ちを気持ち良く伝えることができるように、お布施の渡し方に関するマナーをここできちんと身につけましょう。

挨拶の言葉

お布施を渡す際には挨拶の言葉を最初に添えておくと、僧侶の方に対してより感謝の気持ちが伝わって喜ばれます。

単にそのままお布施を渡すだけでは、僧侶の方としても渡す側に感謝の気持ちがあるのかどうかがわかりかねるためです。

特に、お布施を渡すタイミングとして最も一般的な法事が終わった後の僧侶の方がお帰りになる際に渡す場合には、法事の際にお経をあげていただいたことへのお礼の言葉があると良いでしょう。

加えて、僧侶の方が遠路はるばる来ていただいたという場合には、遠い中来ていただいたことへのお礼も挨拶に含まれているとなお良いといえます。

袱紗から取り出す

僧侶の方へのお布施は、袱紗に包んで持っていくことが一般的なマナーとされています。

袱紗とは古くから進物を進呈する際に使われてきた包みのことで、今日では冠婚葬祭関係のお金を包むために使われるのが主です。

実際に僧侶の方にお布施を手渡す際には、袱紗からお布施の入った封筒を取り出します。

なお、袱紗の詳しい包み方や選び方については、下記リンクの記事を参照していただければより理解を深めることができます。

こちらも読まれています

葬儀に持っていく袱紗(ふくさ)ってなに?包み方や選び方を解説!

葬儀に参列した時、他の人が袱紗(ふくさ)に包まれた香典をサッと出しているとカッコイイと思いませんか?でも、そもそも袱紗って何なのでしょう?葬儀の時には絶対必要なものなのでしょうか?そこで、袱紗について詳しく解説しますので、ぜひ読んでくださいね。

お盆や菓子折りにのせる

いよいよ僧侶の方にお布施を渡すことになった際に注意すべき点として、お布施を包んだ封筒をそのまま手渡しで僧侶の方に渡すというやり方です。

手渡しでの渡し方は逆に進物を渡す際の[emp1]マナーに反するこ/emp1]ことですので、間違えないようにしましょう。

正しいお布施の渡し方は、お盆(切手盆程度の小さめのものが一般的)や菓子折りなどに載せた形で僧侶の方に渡すというやり方です。

この際に、お布施の封筒に書かれている表書き(「お布施」もしくは「御布施」)の向きを僧侶の方から見やすいようにするように心がけましょう。

なお、お布施のほかにも僧侶の方の交通費にあたるお車代や、法事後の会食に参加できない場合に渡す御膳料がある場合は一緒に載せて渡すようにします。

自宅外でお盆がない場合

もしもご自宅にお盆などがない場合は袱紗に載せた形で手渡しても問題はありません。
袱紗に載せて渡す場合も、表書きが僧侶の方に見やすいように向けて載せます。

お車代や御膳料の封筒がある場合も、お布施の封筒とともに袱紗に載せた形で僧侶の方に渡しましょう。

お布施のお札の入れ方

お金

お布施にまつわるマナーは、渡し方のほかにもお金の包み方も大切です。
ここでは、お布施のお金の包み方についても簡潔に見ていきましょう。

お札の向きを揃える

お布施を包む際にはお札の向きを揃えることが非常に大切となります。

実際に封筒を開けたときに僧侶の方や寺院の方が中の金銭の額を確認しやすくなることと、進物としてのお布施を整えた形で渡すためです。

また、封筒の中にお札を入れる際には向きを考えることも大切です。
お布施は香典と違って僧侶の方や寺院の方に不幸なことがあったわけではありませんので、お札に印字されている肖像が封筒の表面に来るように入れます。

さらに、肖像が印字されている側が封筒の口に近い方に来るように入れることも重要です。

なお、お布施のお札の向きは結婚式などのご祝儀の際にも使うことができますので、合わせて活用すると良いでしょう。

新札と旧札はどっち?

冠婚葬祭の際に包むお札について新札にすべきか、それとも旧札にすべきかはよく出される疑問ですが、お布施の場合はどちらが良いのでしょうか?

結論から先に書きますと、お布施の場合は新札を包むのがマナーです。

先ほども触れたように、お布施は僧侶の方や寺院の方に不幸ごとがあったわけではありませんので、ご祝儀袋と同じようなお札の包み方をします。

そのため、お札は新しいものを用意するのがマナーとされています。

お布施の金額相場

お金

お布施を用意する際に、どのくらいの金額を包めばよいのかという疑問は多くの方が持つのではないでしょうか?

ここでは、初七日から49日までの忌日法要の場合と、一周忌法要以降の年忌法要の場合に分けて法事のお布施の相場について見ていきましょう。

初七日~49日までの忌日法要

故人の没後7日目に行われる初七日から49日までの忌日法要の場合、お布施の相場は3万円から5万円が一般的です。

なお、初七日法要の場合も、また49日法要の場合もお布施の金額は同じくらい包んで差し支えありません。

一周忌以降の年忌法要

故人が亡くなって1年の節目に行われる一周忌法要から定期的に決まった年に行われる法要を、年忌法要といいます。

その際のお布施の相場としては、一周忌法要の場合は3万円から5万円が、三周忌法要以降は1万円から5万円が一般的な相場です。

なお、年忌法要は三十三回忌法要を最後とする場合が少なくありません。

お布施の渡し方についてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、法事の際の僧侶の方への感謝の気持ちを込めた金銭であるお布施の渡し方について詳しく見てきました。

今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • お布施とは、僧侶の方に法事の際にお経をあげて頂いたことへの感謝の気持ちとして渡す謝礼のことである。
    あくまでもお経をあげていただいたことに対する労働対価や料金ではないというところに注意が必要である。
  • お布施の正しい渡し方として、まずタイミングは僧侶の方が法事が終わってお帰りになる際に渡すのが最も無難である。
    お布施を渡す際のマナーとしては、挨拶の言葉(読経に対する感謝の気持ち)を添えつつ、袱紗からお布施を包んだ封筒を取り出し、お盆もしくは袱紗に載せて渡す。
    なお、お車代や御膳料を渡す際にはお布施と一緒に載せて渡す。
  • お布施にお札を入れる際には、お札に印字されている肖像を封筒の表面側に、かつ封筒の口に近いところに来るようにする。
    そして、どのお札も向きを揃えて入れることが大切である。
    さらに、お布施に包むお札は新札を用意するのがマナーである。
  • お布施に包む金額の一般的な相場は、初七日法要から49日法要までの忌日法要で3万円から5万円である。
    また一周忌以降の年忌法要では、一周忌法要で3万円から5万円、三周忌法要以降で1万円から5万円が一般的である。

今回見てきたように、お布施の渡し方は法事が終わって僧侶の方がお帰りになるタイミングに、お盆や菓子折り、袱紗の上に載せた状態で渡すのがマナーとされています。

その際に僧侶の方が表書きを見やすいような向きになるように心がけることも大切です。

ご先祖様のご冥福を祈るためのお経をあげていただいたことに心からの感謝の気持ちを示すためにも、お布施の正しい渡し方はぜひとも知っておくと良いでしょう。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

「お布施・渡し方」に関連する記事

「お布施・渡し方」についてさらに知りたい方へ

  • 7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介のサムネイル画像

    7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介

    亡くなった方の供養をする主な方法の1つに没後の決まった年に年忌法要を行うというものがありますが、6年目に行うのが7回忌です。その際、僧侶の方に来てもらうためお布施を渡す必要があります。今回は7回忌でのお布施の金額の相場や袋の書き方などを見ていきましょう。

  • 17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介のサムネイル画像

    17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介

    故人が亡くなってから、16年後の命日に行う法要が17回忌です。いくら故人が亡くなって16年といっても、この時も僧侶の方に読経してもらうためにお布施が必要となります。そこで今回は、17回忌のお布施の書き方や金額の相場、渡し方などについて見ていきましょう。

  • 33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説しますのサムネイル画像

    33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説します

    33回忌法要は故人没後の32年目の法要のことです。さすがに33回忌になると故人を直接知る方もおらず行わないケースもあるほどです。もし、33回忌の法要を行うとしたらお布施は必要となるのでしょうか?今回は33回忌法要のお布施について見ていきましょう。

  • 正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介のサムネイル画像

    正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介

    みなさんは正しいお布施の包み方を知っていますか?お葬式や法要の場でお布施をお坊さんに渡すことは知っていても、お布施の包み方を知っている方は少ないのではないでしょうか。今回は、正しいお布施の包み方とその表書きや渡し方のマナーにご紹介いたします。

  • 二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説のサムネイル画像

    二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説

    二七日(ふたなのか)のお布施はどのように渡せば良いのでしょうか。法要の場でお布施を渡す際には、どのように渡したら良いのか戸惑ってしまう方も多くいらっしゃると思います。今回は、二七日の法要におけるお布施の渡し方と、表書きの書き方や金額相場について解説いたします。

  • 納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?のサムネイル画像

    納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?

    納骨の際、供養をしていただいた御礼として僧侶へお布施を渡します。ではこのお布施、どうやって渡せばよいのでしょうか?お布施の相場はどれくらいでしょうか?今回は、納骨の際に渡すお布施について、詳しく見ていきます。

  • 一周忌法要で渡すお布施の相場はいくら?知っておきたいマナーも解説のサムネイル画像

    一周忌法要で渡すお布施の相場はいくら?知っておきたいマナーも解説

    一周忌法要は故人が亡くなってから1年の節目であるとともに喪が明けるということで僧侶の方に読経してもらう形で盛大に行われます。僧侶の方に来てもらうということであれば当然感謝の気持ちとしてお布施を渡す必要が出てきます。一周忌で包むべきお布施の相場を見ていきます。

  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

  • お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!のサムネイル画像

    お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

    葬儀やお墓のことなどでお世話になるのが僧侶の方です。僧侶の方にお経をあげてもらったことへの謝礼がお布施ですが、香典などと違って書き方がわからないという方も多いでしょう。今回はお布施を手渡す際、恥ずかしい思いをしなくて済むお布施の書き方について見ていきます。

  • 正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介しますのサムネイル画像

    正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介します

    葬儀や法要などがあるたび、お布施は毎回準備する必要があります。そのお布施には正しい入れ方があることをご存知でしょうか?この記事では、お布施の正しい入れ方や金額などについて解説します。ぜひ、最後までご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「お布施・渡し方」についてさらに知りたい方へ

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介のサムネイル画像

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介

17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介のサムネイル画像

17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説します

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介のサムネイル画像

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説のサムネイル画像

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説

納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?のサムネイル画像

納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?

一周忌法要で渡すお布施の相場はいくら?知っておきたいマナーも解説のサムネイル画像

一周忌法要で渡すお布施の相場はいくら?知っておきたいマナーも解説

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!のサムネイル画像

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介しますのサムネイル画像

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと