33回忌の女性の服装はどうする?男性や子供の服装についても解説

33回忌にもなると出席者も限られ、だんだんと服装について迷うようになりませんか。親族でも服装が違うこともあるでしょうし、どうすればいいのでしょう。女性は特に気にするところだと思います。ここではそんな33回忌の女性の服装について紹介しています。ぜひご覧ください。

目次

  1. 33回忌の女性の服装について
  2. 33回忌の法事とは
  3. 33回忌の女性の服装
  4. 女性がアクセサリーで気を付けること
  5. 33回忌の男性の服装
  6. 33回忌の子どもの服装
  7. 33回忌の女性の服装についてまとめ

33回忌の女性の服装について

葬儀

みなさんは33回忌に参列した経験はありますか。

33回忌となると故人が亡くなられてから30年以上の年月が経ちます。
30年も経てば色々なものが変化します。
その中でも、故人をしのぶ気持ちは忘れたくないですよね。

ただ、年数を重ねるごとに、だんだんとどういった服装でいいのか迷うようになる、という経験をされたことはないでしょうか。

33回忌にもなりますと出席者は家族や限られた親族になってきますし、ちゃんと喪服でいればいいのか迷われる方もいるかと思います。
まして、親族の方もみな同じような服装だとも限りません。
人によって温度差もありますよね。

特に、女性の方はあらかじめどういった格好で臨むべきかは迷われるところではないでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは33回忌の女性の服装について解説いたします。

ポイントは以下の五つです。

  • そもそも33回忌の法事の意味とは?
  • 33回忌で女性が着るべき服装について
  • 夏や冬の法事で気をつけること
  • バッグやアクセサリーはどのようなものが好ましい?
  • 33回忌の際の男性や子供の服装について

ぜひ最後までご覧いただき、服装選びの参考にしてもらえればと思います。

33回忌の法事とは

お墓

33回忌は1周忌から始まる年忌法要の1つです。
そして数ある法事の中でも一つの区切りとなることがあります。
33回忌をもって弔い上げ、つまり年忌法要の最後とし、永代供養をお願いすることがあるからです。

もっとも地方や宗派によって異なりますし、ご遺族の都合もありますので一概に何か特別なことをするとも限りません。
また、限られた家族や親族の間だけで済ませることもありますし、お坊さんを呼んで読経してもらうこともあります。

何をするのかは直接確かめてもらうほかにはないのですが、特別な意味を持つ法事だということは頭の片隅において臨んでください。

33回忌の女性の服装

お墓

33回忌ではほとんどの方が平服を着用します。

一般的には1周忌、3回忌、7回忌と法事を重ねるごとに喪に服する意味合いを軽くするならわしがあり、3回忌以後は正式な喪服を着ることはほとんどありません。
33回忌ともなれば平服でまったく問題はないでしょう。

ただし、33回忌の際に弔い上げを行う場合は別です。
最後の法事となるので喪服を着用することが望ましいです。

なので、喪服を着用することも無難な選択肢ですが、一つ気をつけてもらいたいことがあります。
それは施主より改まった服装をしないということです。
これは失礼にあたってしまいます。

33回忌で何をするか、何を着ていくかは施主や一緒に出席する方に確認をするのが一番いいということが言えます。
事前に「平服でお越しください」と言われれば確実に平服で大丈夫です。

ただし、女性の平服には服装ごとに色や素材などに細かい決まりがあります。
33回忌の女性の服装について、注意点とともに見ていきましょう。

黒のワンピースやアンサンブルが基本

女性の平服としては黒のワンピースやアンサンブルが基本となります。

いくら平服という名前でも普段着ではありませんから、明るい色や柄物はNGです。
黒を着るのが望ましいですが、黒がないという場合は濃紺やグレーのような暗い色合いなら大丈夫と言われています。

靴はサンダルやミュールは避けてください。
かかとが少しだけある靴を選ぶとカジュアル過ぎなくていいでしょう。

夏に気をつけること

夏に黒を着るのは暑いと思われる方も多いでしょう。
暑いので、少しは軽い服装をしたいと考えるかもしれませんが、法事ですので注意すべき点があります。

夏に気をつけることとして、肌の露出を避けるということが挙げられます。
いくら暑くても、肌の露出の多いものや丈の短いスカートは着用しないようにしましょう。
半袖を着る場合には、必ず黒やグレーのカーディガンやジャケットと合わせるようにします。

また、会場によっては冷房が効いているかもしれません。
薄手のワンピースを着る際には薄手のカーディガンなどを一枚持っていくと冷えすぎたときに便利です。

冬に気をつけること

それでは反対に、冬に気をつけることはどういったことがあるのでしょう。

冬ではコートが欠かせませんよね。
望ましいのは黒のシンプルなコートです。
毛皮のコートやファー素材、動物柄など殺生を連想させるようなデザインは好まれません。
また、コートは会場に入る前に脱ぎ、手に持つのが正式なマナーです。

ブーツもなるべく履くべきではありませんが、もしどうしても寒さがこたえるようであれば施主にあらかじめ確認をしておきましょう。
また、着用しても良いとなった場合、コート同様ブーツも会場に入る前には脱ぐのがマナーです。
ブーツを着用していく際には黒い靴をもう一足持参するほうがいいでしょう。

ストッキングは必ず着用

法事に参列する際は素足は避け、ストッキングを必ず着用してください。
色は黒が望ましいです。
見た目は暑苦しいですが夏は薄手のものを履けば、見た目以上に暑いことはありません。

また、冬だとタイツを履きたくなりますが、あからさまにタイツと分かるものはよくないです。
もしタイツを着用しようと思ったら、肌色のタイツの上から黒のストッキングを重ね履きすると暖かいですし、タイツだと見抜かれにくいのでおすすめです。

妊婦さんの場合

妊婦さんの場合は妊婦さんの事情を第一に考えてください。

靴はなるべく踵のないバレーシューズやパンプスにしましょう。
妊娠前期だとタイトな服装を着用すると腹部に負担がかかってしまうので、ワンサイズ大きな服を用意しておくと良いです。

妊娠後期の場合にはストッキングでなくマタニティタイツを着用してください。
寒いときも黒いタイツを着用しましょう。

また、どうしても体調がすぐれないときがあるかもしれません。
あまり無理はせず、法事は他の親族に任せて、挨拶だけにしておくのも考えておいたほうがいいですね。

女性がアクセサリーで気を付けること

葬儀

33回忌に参列する際は、アクセサリーは極力つけないほうが好ましいです。

ただ、実際はつけないといけない、持たないといけないものも多いですよね。

女性がアクセサリーで気を付けることについて紹介していきたいと思います。

バッグは布製のシンプルなもの

女性はハンカチやリップクリームなどを持ち歩くためにバッグが必要なことは多いですよね。
33回忌法要に参列する際には、黒い布製のシンプルなハンドバッグを持つ用にしましょう。
リボンのような飾りや派手な金具のついているものは避けたほうが無難です。
コートのときと同様に革や合皮など殺生を連想させるものもNGです。

また、ショルダーバッグは控えたほうが良いでしょう。
仕方なくショルダーバッグで参列する際には、肩ひもをきちんと手で持つようにします。

アクセサリーは一連のパール

法要に参列する際のアクセサリーは一連の白いパールのネックレスをつけるようにします。

二連以上にパールの重なったものは「不幸が重なる」と連想され、縁起が悪いので厳禁です。
一連のパールでもあまり粒の大きなものも避けるようにしてください。
また、他の宝石類やチェーンネックレスは絶対につけないようにします。

ピアスやイヤリングも小さな石であったりパールであれば構いませんが、つけないほうが無難です。
ヘアアクセサリーは黒や茶色を基調に目立たないものを選びます。
色さえ地味なら、バレッタのような大きなものをつけていても問題はありません。

指輪は結婚指輪以外はしないようにしましょう。

また、腕時計もなるべくつけないようにした方が無難です。
どうしても必要なときは法事が始まる前に外し、バッグへしまうようにしましょう。

33回忌の男性の服装

困った人々

33回忌の男性の服装についても女性同様にマナーがあります。

男性の場合は、地味目のスーツを着用します。
ネクタイは黒を選ぶのが無難です。
夏は半袖シャツでもいいですが法事の間は上着を着るようにしましょう。

33回忌の男性の服装について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

法事の際、男性は何を着て行ったらいいのでしょうか?そんな法事の服装に関する悩みをお持ちも方も多いと思います。また、平服の意味もいまいち分からないという方も必見です。いまさら聞けない法事の際の男性の服装について詳しく解説します。

33回忌の子どもの服装

お墓

33回忌の子どもの服装は、もし制服があれば制服を着せましょう。

制服がない場合は暗いモノトーンを意識した服装にしてください。
なるべくワイシャツやブラウスなど、襟のついたデザインにしたほうがいいです。

33回忌の子どもの服装について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

お葬式のとき、子供の服装はどうしたら…?

家族でお葬式に参列するとき、子供の服装に迷う方も多いと思います。子供用の喪服なんてあるの?急なお葬式で準備が間に合わない!手持ちの服装でなんとかしたい…何かと悩ましい「子供の喪服」。いったいどうすればいいのでしょうか?

33回忌の女性の服装についてまとめ

お墓

いかがでしたか? 
今回終活ねっとでは、33回忌の女性の服装について紹介してきました。

  • 33回忌の法事は年忌法要の最後となる特別な法事である。
  • 33回忌の法事には喪服でなく平服を着用することが一般的だが弔い上げの場合は喪服を着る。
  • 33回忌法要に参加する際、女性は黒などの地味な色のワンピースやアンサンブルを着用し、靴は少しヒールのあるものを履くのが良い。
  • 夏の法事の場合は肌の露出が多くないように、冬の法事の場合はコートの素材や履物に気をつけなければならない。
  • 33回忌法要でのアクセサリーは基本的に一連のパールのネックレスのみが望ましく、結婚指輪以外の指輪は身につけてはいけない。
  • 男性や子どもにも女性と同じく決まりが存在する。

33回忌は普段なかなかなじみのない法事です。

故人との関係も浅からぬものでしょうしどれくらい改まって臨むべきか、何が失礼に当たるのかかえって分からないこともあるかと思います。

終活ねっとでは33回忌に限らず、法事や葬儀などについて多数記事を掲載しております。
急に必要になる知識だからこそ日頃の備えが大切ですので、ぜひご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「33回忌・服装・女性」に関連する記事

「33回忌・服装・女性」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「33回忌・服装・女性」についてさらに知りたい方へ

13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説のサムネイル画像

13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説

7回忌の女性の服装について解説!小物や男性の服装についてもご紹介のサムネイル画像

7回忌の女性の服装について解説!小物や男性の服装についてもご紹介

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説のサムネイル画像

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!のサムネイル画像

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!のサムネイル画像

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

13回忌での女性の服装とは?注意点や男性の服装についてもご紹介!のサムネイル画像

13回忌での女性の服装とは?注意点や男性の服装についてもご紹介!

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介のサムネイル画像

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介

33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「33回忌・服装・女性」についてさらに知りたい方へ

13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説のサムネイル画像

13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説

7回忌の女性の服装について解説!小物や男性の服装についてもご紹介のサムネイル画像

7回忌の女性の服装について解説!小物や男性の服装についてもご紹介

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説のサムネイル画像

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!のサムネイル画像

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと