17回忌の挨拶には何を話すの?挨拶のタイミングと例文をご紹介

17回忌では様々な場面で挨拶をしなければいけませんよね。しかし、どんな場面で挨拶をし、どんな言葉を伝えれば良いのか迷うところだと思います。今回は、17回忌での挨拶をする場面と例文、そしてタブーとされる言葉などを解説していきます。是非最後までご覧ください。

目次

  1. 17回忌の挨拶について
  2. 17回忌の法事とは
  3. 17回忌での挨拶のタイミングと例文
  4. 17回忌の施主側の挨拶マナー
  5. 17回忌の参列者側の挨拶マナー
  6. 17回忌の挨拶についてまとめ

17回忌の挨拶について

葬儀

17回忌の法要を執り行うとき、挨拶はとても重要です。
親戚の方や近所の方など、様々な方が参加する場合はしっかりと挨拶はしておきたいものですよね。
しかし、挨拶はどんなタイミングでしたら良いのか、どんな言葉を述べたら良いのかわからないと思います。

そんな疑問にお答えしたく、今回終活ねっとでは17回忌の挨拶について

  • 施主が挨拶をする場面と例文

  • 施主側、参列者側の挨拶のマナー

といったことを中心に解説していきます。
また、言ってはいけないタブーな言葉もご紹介させていただきますので、ぜひ最後までお読みください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

17回忌の法事とは

葬儀

17回忌の法事とは、故人が亡くなってから16年目で行われる仏式の法事のことを言います。
亡くなった年を1年目として数えるため、満16年目で行われます。
親族だけで行うことが多くなってきており、命日の前後の都合の良い日を選んで行われるようになってきています。

また、17回忌の法事自体を行わない場合も、時代の流れで増えてきています。

そのほかに17回忌法要についてもっと詳しく知りたい方は、わかりやすく解説した用語集を用意しておりますので、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“十七回忌” とは? - 終活用語集

亡くなってから満16年目に行う法要のこと。亡くなった日を1回目の回忌と数えるため、17年目ではなく16年目に行われます。13回忌の次に行われる法要です。時代の変化と共に、家族だけで行う場合や法要自体をやらない場合もあります。

17回忌での挨拶のタイミングと例文

葬儀

親族で集まることの多い17回忌ですが、本来なら親族はもちろんですが、友人や近所の方など故人にゆかりのある方を招いて行いたいものです。
そんな17回忌にお集まりいただい方に、感謝の気持ちを伝えることができる挨拶は欠かせないものです。

また、気になるのが挨拶をするタイミングと伝えるべき言葉だと思います。
17回忌では、参列者への挨拶・開式と閉式の挨拶・僧侶への挨拶・会食での挨拶があります。
様々な場面で挨拶をしますが、例文とともにどんな言葉を伝えたら良いのか確認してみてください。

参列者への挨拶

挨拶の中でも、参列者の方に感謝の気持ちを伝えることができる場面は、とても大切です。
また、簡潔にまとめて挨拶をすることが大切なので、要約して伝えるようにしましょう。

以下が参列者への挨拶の例文となります。

例文 本日は、お忙しい中亡き○○の17回忌の法要にお越しいただきありがとうございます。

開式の挨拶

施主が開式の挨拶をします。
挨拶のポイントとしまして、参列者の方への感謝の気持ちと、これから法要が始まることを伝えるようにしましょう。

以下が開式の挨拶の例文となります。

例文 本日はお忙しい中、お集まりいただき誠にありがとうございます。
これより亡き○○の17回忌の法要を行いたいと思います。
それではご住職、よろしくお願いいたします。

閉式の挨拶

施主が閉式の挨拶を行い、この後会食がある場合はその旨を伝えるようにしましょう。
また、会食がある場合は、会食後の挨拶が締めとなりますので、注意しましょう。
以下が会食がある場合の閉式の挨拶となります。

例文 本日はお忙しい中、亡き○○の17回忌にお集まりいただきありがとうございました。
お陰様で、無事17回忌の法要を終えることができ、改めてお礼申し上げます。
ささやかなではございますが、会食の席をご用意させていただきました。
○○の思い出話などしていただきながら、時間の許す限りゆっくりとお過ごしくださいませ。

以下が会食がない場合の閉式の挨拶となります。

例文 本日はお忙しい中、亡き○○の17回忌にお集まりいただきありがとうございました。
お陰様で、無事17回忌法要を終えることができました。
私たちの姿を見て、○○も安心したことと思います。
○○が亡くなり、私たちは寂しくなりましたが、これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願いいたします。

本来ならば、皆様と粗宴を囲んで○○の思い出話をしたいところではございますが、遠方からお越しの方もいらっしゃいますので、本日はこれにてお開きとさせていただきます。

また、心ばかりの品を用意させていただきましたので、お荷物になるかと存じますが、どうかお帰りのさいに、お持ち帰りください。

本日は誠にありがとうございました。

僧侶への挨拶

お布施を渡すときは、僧侶に簡単な挨拶をします。
また、会食がある場合は会食後にお布施を渡しましょう。
このとき、気になっていることや今後のことなど、わからない点がある場合は聞いてみましょう。

また、お布施を渡すときは手渡しではなく、お布施袋に入れ切手盆に乗せて渡すようにしましょう。
以下が僧侶への挨拶の例文となります。

例文 本日は大変ご丁寧なお勤めを賜り、誠にありがとうございました。
お陰様で無事、17回忌法要を終えることができました。
心ばかりではございますが、どうぞこちらをお納めください。

会食

法要後の会食を行うことを「お斎」と言います。
お斎では、精進料理が振舞われていましたが、近年ではその傾向とは反対にお肉が出されることも見られます。

しかし故人を皆で偲ぶため、そして参列者や僧侶への感謝の気持ちを表して行われるものですから、その雰囲気は壊さないように挨拶はしたいものです。

また、挨拶をする場面としては、お斎が始まるときと献杯とお開きのときがあります。
法要での挨拶はお斎が最後となりますので、失礼のないように気を引き締めて行いたいものです。

それでは、どんな挨拶をしたら良いのか、例文とともにご覧ください。

始まりの挨拶

お斎が始まるときは、施主が挨拶をします。
長くならず簡単に済ませることが大切です。
以下が始まりの挨拶の例文となります。

例文 本日は、○○の17回忌の法要にお越しいただきありがとうございました。
皆様が○○との思い出話をしながらお食事をして頂ければ、○○も喜ぶと思います。
本日は、わずかなおもてなしとなりますが、お時間が許す限りゆっくりとお過ごしください。
献杯の挨拶

お斎のさいに行う場合、「乾杯」とは言わず「献杯」と言います。
献杯の挨拶をするときは、故人と親しかった方に時前にお願いしておきましょう。
また、献杯をしたあと、盃のお酒は飲み干さなくてもよく、飲み終わっても拍手はしてはいけないので覚えておきましょう。

以下が献杯の挨拶の例文となります。

例文 故人の○○(故人との関係)でございます。本日は、大変お忙しい中お付き合いいただき、誠にありがとうございます。無事○○の17回忌の法要を終えることができ、○○も安心していることと思います。
この席では、皆様と○○の思い出話を語りながら、冥福を祈りたく思います。

それでは、献杯をいたします。グラスをお持ちください。

献杯

ありがとうございました。それではどうぞお食事をお召し上がりください。

お開きの挨拶

お開きの挨拶は施主がします。
挨拶のポイントとしては、「法要はこれで終了」という意味を含んでいることです。
以下がお開きの挨拶の例文となります。

例文 そろそろお時間となりましたので、お開きとさせていただきます。
○○が亡くなり、私たちは寂しくなりましたが、これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願いいたします。
本日は、お忙しい中、誠にありがとうございました。

17回忌の施主側の挨拶マナー

葬儀

法要では施主は挨拶をする場面が多いので、マナーを知ることが大切です。
また、使ってはいけない言葉もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

参列者に対する感謝の気持ちを表す

お忙しい中、故人の17回忌に参加してくださった参列者の方に対する感謝の気持ちを述べることはとても大切なことです。
法要では挨拶をする場面が様々ありますが、参列者の方への感謝の気持ちは一番大切にしなければなりません。

忙しい中時間を作ってくれたことへの感謝の気持ちは、挨拶をするときに伝えておきましょう。
また、長すぎる挨拶は好まれませんので、簡潔に伝えることが大切です。

避けるべき言葉

挨拶のマナーとして、使ってはいけない避けるべき言葉があります。
例えば、「死んだ」や「生きていた」などの直接的な言葉は避けるべきとされています。
このような言葉を使いたい場合は、「亡くなった」や「生前」と言葉を変えると良いでしょう。

また、「ますます」などの連なる言葉は、不幸が重なるという意味になるので避けましょう。

17回忌の参列者側の挨拶マナー

葬儀

法要のマナーがあるのは施主側だけではなく、参列者側にもあります。
故人を供養するにはどうすればいいのか、また、法要でのタブーな言葉などを確認しましょう。

挨拶をするタイミング

参列者の方が施主に挨拶をしなければならない場面があります。
それは、香典を渡すときと法要が終わり帰るときです。
まずは、香典を渡すときの挨拶の例文を確認しておきましょう。

以下が例文となりますので、参考にしてみてください。

例文 本日は、法要の席にお招きいただき恐縮です。
心ばかりですが、お供えください。

次は、法要が終わり帰るときの挨拶を確認しておきましょう。
帰るときは一言挨拶をしてから帰る方が良いです。
以下が例文となりますので、参考にしてみてください。

例文 本日はお世話になりました。

故人の思い出話をする

17回忌は、故人が亡くなってから長い月日が経過しての法要です。
故人との思い出話に偲び、話すことが何よりの供養となることでしょう。
故人との思い出はいつまでも大切にしておきたいものです。

使ってはいけない言葉

法要の場では使ってはいけないタブーな言葉があります。
まず、17回忌の法要では故人が亡くなってから時間が経つので、「ご愁傷さまでした」は使われません

また、「ありがとうございます」と言った言葉も避けておきたいです。
法要の場にふさわしくなく、「恐縮です」と言った言葉に変えて話すようにしましょう。

17回忌の挨拶についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、17回忌の挨拶について以下のことを解説してきました。

  • 17回忌では開式、閉式、お斎のさい、そして僧侶に挨拶をする。
  • 連なる言葉はタブーとされている。
  • 故人との思い出話が一番の供養。

17回忌では様々な場面で挨拶が必要とされていますが、参列者の方に感謝の気持ちを伝えることができる唯一の場所でもあるため、この場をお借りして感謝の気持ちは伝えましょう。

また、挨拶の例文も記載させていただきましので、ぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「17回忌・挨拶」に関連する記事

「17回忌・挨拶」についてさらに知りたい方へ

  • 23回忌の挨拶では何を話すの?挨拶の例文や法要の流れについて紹介のサムネイル画像

    23回忌の挨拶では何を話すの?挨拶の例文や法要の流れについて紹介

    23回忌の挨拶に何を話せば良いのでしょうか。このような挨拶についてお悩みの方も多いと思います。故人を偲ぶ大切な場だからこそ、きちんとした挨拶を述べたいですよね。今回は23回忌の挨拶について、法要の流れや例文も一緒に解説していきます。

  • 13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説しますのサムネイル画像

    13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

    13回忌法要には親戚の方などが参列されますので、施主の方はしっかりとした挨拶で法要を進行したいですよね。今回は13回忌の挨拶について例文や注意点なども交えながら、詳しく解説していきます。ぜひ今回の記事を参考に、13回忌の挨拶を把握してみてください。

  • 7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説しますのサムネイル画像

    7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説します

    7回忌とは3回忌の後に行われる年忌法要で、ご家族・親族だけで集まるのが一般的です。そんな身内だけの席では、どんな挨拶を交わしたらよいのでしょう?7回忌をつつがなく終えるための挨拶の仕方、例文を交えながら詳しくご紹介いたします。

  • 色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しようのサムネイル画像

    色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しよう

    我々はあたり前のように挨拶を言葉にして発しています。そしてその挨拶言葉には色々な種類と意味があります。しかし違った挨拶にも、共通の想いというものが存在するのです。それを理解すればこそ、我々は挨拶を大切にしているのです。

  • 四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介しますのサムネイル画像

    四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介します

    四十九日法要で参列していただいた方々にご挨拶をする場合、どういうタイミングでどういう挨拶をするのが適切なのでしょうか?終活ねっとのこちらでは、挨拶の例文をご紹介、また四十九日法要に参列する側のご挨拶もあわせてご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

  • 葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法について解説しますのサムネイル画像

    葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法について解説します

    葬儀後に行う挨拶を「いつ、どんな方法で行えばいいの?」という声を多く聞きます。葬儀そのものに関わることは人生においてそう多くありません。葬儀の度に葬儀後の挨拶に悩む方は多いようです。今回は、葬儀後に行う挨拶のタイミングや方法について解説します。

  • 葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

    葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

    葬儀は誰にとっても非日常的な出来事です。喪主としての挨拶や、友人や職場代表としての弔辞などは、一生のうちにあるかないかの経験だと思います。不慣れで当然ですが、最低限、押さえておきたいマナーもあります。今回は、葬儀の挨拶について詳しく解説いたします。

  • 葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

    葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

    通夜や葬儀で喪主を務めるときに挨拶を行いますが、どのようなことを話せばよいのか悩みますよね。喪主として挨拶を行うタイミングや、使ってはいけない忌み言葉など知らないことがあると不安になります。今回は、葬儀で喪主として挨拶する時の例文なども含めて紹介します。

  • 通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!のサムネイル画像

    通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!

    喪主が通夜の挨拶をする時って、何を話せばよいのかよくわからないという方は多いでしょう。そこで恥をかいたり後悔しないために通夜の挨拶の例をご紹介します。通夜の時はバタバタして挨拶文を考えている暇はないと思われますので、事前に例文集に目を通しておきましょう。

  • 一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!のサムネイル画像

    一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!

    一周忌はどのように進めたらよいのか、ほとんどの方は経験がなく、戸惑うことも多いでしょう。 特に挨拶を行うタイミングがたくさんありますが、どのように挨拶したらよいのか心配ですね。 終活ねっとのこの記事では、一周忌の挨拶について、タイミングや文例などを解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「17回忌・挨拶」についてさらに知りたい方へ

23回忌の挨拶では何を話すの?挨拶の例文や法要の流れについて紹介のサムネイル画像

23回忌の挨拶では何を話すの?挨拶の例文や法要の流れについて紹介

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説しますのサムネイル画像

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説しますのサムネイル画像

7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説します

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しようのサムネイル画像

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しよう

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介しますのサムネイル画像

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介します

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法について解説しますのサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法について解説します

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!のサムネイル画像

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!のサムネイル画像

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと