一周忌の次はなぜ3回忌なの?法要の流れについても解説します!

故人が亡くなってから一年後の同月同日を一周忌と呼び、法要を行います。しかし、故人が亡くなってから二年後の法要は、2周忌ではなく、3回忌と呼びますよね。それではなぜ、一周忌の次は3回忌というのでしょうか。今回はそんな一周忌と3回忌について調べてみました。

目次

  1. 一周忌と3回忌の法事について
  2. なぜ一周忌の次は3回忌なの?
  3. 一周忌と3回忌の違いとは
  4. 一周忌や3回忌以外の回忌法要を紹介
  5. 一周忌と3回忌のまとめ

一周忌と3回忌の法事について

仏壇

皆さんは、一周忌と3回忌の違いについてご存知でしょうか。

故人が亡くなってから1年後の同月同日を一周忌と呼びます。
また、一周忌からちょうど1年後、故人が亡くなってから満2年後に行われる法要が3回忌です。

それでは、なぜ3回忌は2年目に行われるのにもかかわらず二周忌ではなく3回忌なのでしょうか。
なぜ、一周忌の後は3回忌となるのでしょうか。

そんな疑問にお答えするため、今回終活ねっとでは

  • 一周忌の次が3回忌と呼ばれる理由
  • 一周忌と3回忌の法要の違い
  • 一周忌と3回忌以外の回忌法要一覧

といったポイントについて、わかりやすくご説明していきます。
ぜひ最後までお読みください。

なぜ一周忌の次は3回忌なの?

仏壇

それでは早速、一周忌の次が3回忌と呼ばれる理由についてご説明していきます。

一周忌は、亡くなってから1年を迎えたという意味で一周忌と呼ばれます。
そのため、亡くなってから満一年を迎えた祥月命日に行われます。

一周忌が行われる前にも、法事・法要は、故人が亡くなってから七日ごとに行われています。
四十九日までの法要は「忌日法要」と呼ばれます。
そして、一周忌から始まる1年ごとの法要は「回忌法要」と呼ばれます。

一周忌の後には、一周忌から1年後、故人が亡くなってから満2年を迎えた日に2回目の回忌法要が行われます。
これが、3回忌です。
満2年を迎えたという意味では、二周忌と呼ばれてもおかしくない3回忌ですが、一周忌以降は、回忌の数え方が異なるのです。

一周忌を終えると、その後の法要は、亡くなってから何年目を迎えるかという点に着目して数えられます。
つまり、満2年経ったということは、3年目を迎えたということになり、そのために3回忌と呼ばれるようになっているのです。
このように数え方が異なることを覚えておきましょう。

亡くなった年が1年目となるので、ちょうど2年経つ日に行われる法要が3回忌となるのです。
その後の法要についても同様の数え方をしていきます。

終活ねっとでは以下の記事で、回忌の数え方についてもっと詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

回忌の数え方をご紹介!宗派別の回忌法要についても解説します

故人が亡くなってからの節目の数え方を「回忌」といいますが、これは法事やお墓参りをする際によく耳にする方も多いでしょう。そして、回忌についてはある程度行う時期が決まっているうえ、宗派によってもさまざまです。今回は回忌という数え方や法要について見ていきましょう。

一周忌と3回忌の違いとは

お墓

続いては、一周忌と3回忌の違いについて説明します。

一周忌法要とは

まずは、一周忌法要についてご説明します。

意味

先ほどもご説明した通り、一周忌法要は故人が亡くなってから1年が経った祥月命日に行われます。

親族や知人が集まって故人を偲ぶ意味で行われます。
また、納骨式も一周忌で執り行う場合が多く、一周忌までにお墓を準備するのが一般的です。

法要の流れ

それでは続いて、一周忌法要の流れをご紹介します。

まずは、故人を偲ぶ目的でお墓参りが行われる場合があります。
親族や知人、友人がそろってお墓参りを行います。
ただし、お墓が遠方にある場合などは、お墓参りは省かれることもあります。

そして一周忌の際には、納骨式が行われる場合もあります。
納骨式とは、故人の遺骨を、お墓に埋葬する儀式のことです。
四十九日の法要の際に行われることが多いですが、一周忌法要の際に行う場合もあるようです。

お墓参りと納骨式を終えると、僧侶による読経があり、焼香が行われます。
そして、読経、焼香の後には、僧侶による法話を聞きます。
最後には、集まった親族、知人や友人全員での会食が開かれます。
この会食は、お斎(とき)と呼ばれます。

3回忌法要とは

続いて、3回忌法要についてご説明します。

意味

先ほどからご紹介している通り、3回忌法要は故人が亡くなってから満2年を迎えた日に行われます。
一周忌法要からちょうど1年後に行われます。

3回忌も親族だけでなく、知人や友人が招かれる場合も多く、
3年目を迎える日に故人を偲ぶ意味で行われます。

法要の流れ

3回忌法要の流れをご紹介します。
まず、一周忌法要と同様にお墓参りが行われます。
そして、一周忌法要の際に納骨式が行われていない場合には、納骨式が行われます。
納骨式は、遅くとも3回忌法要で行うのが一般的です。

そしてその後、僧侶による読経の後に、焼香が行われます。
一周忌法要と同様、僧侶による法話を聞いた後では、お斎(とき)と呼ばれる会食が開かれます。

喪服は一周忌まで?3回忌まで?

法要に出席する際の服装について、悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか。
そこで続いては、法要に出席する際の服装について説明します。

法要に出席する場合には、親族と知人や友人では求められる服装が異なるので注意が必要です。

親族は、3回忌までは喪服での出席が基本となっています。
7回忌以降になると、略式喪服や地味な色合いの服装で出席しても構いません。

しかし、最近では、一周忌のみ喪服で出席し、3回忌以降は平服で出席することが多くなってきています。

ただし、その場合であっても喪主は必ず喪服を着るようにしましょう。
親族同士で話し合い、了承が取れていれば、3回忌以降は平服で出席しても良いでしょう。

また、親族ではない知人や友人の場合には、初七日から四十九日までは略式喪服での出席が基本ですが、一周忌以降には略式礼服や地味な色の服装での出席で問題ありません。

法要に出席する際には、服装マナーを守るようにしましょう。

法事の際の男性の服装については、こちらの記事でより詳しくご紹介しています。
ぜひお読みください。

こちらも読まれています

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

法事の際、男性は何を着て行ったらいいのでしょうか?そんな法事の服装に関する悩みをお持ちも方も多いと思います。また、平服の意味もいまいち分からないという方も必見です。いまさら聞けない法事の際の男性の服装について詳しく解説します。

一周忌や3回忌以外の回忌法要を紹介

お墓

亡くなってからの法要は、今回ご紹介した一周忌と3回忌以外にもたくさんあります。
続いては、一周忌と3回忌以外の法要をリストでご紹介します。

まずは、「忌日法要」一覧です。

  • 初七日忌(しょなぬか)…死後7日目
  • 二七日忌(ふたなぬか)…死後14日目
  • 三七日忌(みなぬか)…死後21日目
  • 四七日忌(しなぬか)…死後28日目
  • 五七日忌(ごひちにち)…死後35日目
  • 六七日忌(むなぬか)…死後42日目
  • 七七日忌(ひちひちにち)…死後49日目
  • 百箇日(ひゃっかにち)…死後100日目

続いては、3回忌以降の「回忌法要」一覧です。

  • 7回忌…死後満6年
  • 13回忌…死後満12年
  • 17回忌…死後満16年
  • 23回忌…死後満22年
  • 27回忌…死後満26年
  • 33回忌…死後満32年
  • 37回忌…死後満36年
  • 50回忌…死後満49年

故人の親族の場合には、前もって法要の準備が必要になります。
いつ、どのような法要が行われるのか、覚えておきましょう。

一周忌と3回忌のまとめ

仏壇

さて今回の記事では、一周忌の次はなぜ二周忌ではなく3回忌なのか、という点を中心に一周忌と3回忌について説明してきましたがいかがでしたか。

一周忌と3回忌の法要の違いや、回忌の数え方の違いについて理解することができたでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

  • 故人が亡くなってから満1年後に行う法要を一周忌という
  • 故人が亡くなってから満2年後に行う法要を3回忌という
  • 回忌法要の数え方は、一周忌と3回忌以降では異なる
  • 親族は3回忌までは喪服での出席が一般的だが、3回忌以降は喪主のみが喪服で、他の人は略式喪服でもよい

一周忌と3回忌では、法要の内容に大きな違いはありません。
しかし、回忌の数え方が異なる点に注意が必要です。

親族であれば、どのような法要がいつ行われるのかは覚えておきたいポイントですね。
また、回忌の数え方も間違えないようにしましょう。

終活ねっとでは、他にも法事や法要に関する記事を多数掲載しております。
ぜひそれらの記事もご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

法事に関する時間については、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!

故人を供養するために四十九日や一周忌・三回忌などでは法事を行うことが必要となりますよね。では、法事が始まる時間は何時からなのでしょう?今回は、法事が始まるのは何時からなのかについてと法事にかかる時間を解説したいと思います。。ぜひ最後までご覧ください。

「一周忌・3回忌」に関連する記事

「一周忌・3回忌」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「一周忌・3回忌」についてさらに知りたい方へ

一周忌のお墓参りでのマナーや服装について詳しく解説します!のサムネイル画像

一周忌のお墓参りでのマナーや服装について詳しく解説します!

7回忌法要はいつ行えばいいの?香典やお布施などのマナーも解説!のサムネイル画像

7回忌法要はいつ行えばいいの?香典やお布施などのマナーも解説!

回忌の数え方をご紹介!宗派別の回忌法要についても解説しますのサムネイル画像

回忌の数え方をご紹介!宗派別の回忌法要についても解説します

祥月命日には、生きている感謝の心を込めて、仏様を供養しましょう!のサムネイル画像

祥月命日には、生きている感謝の心を込めて、仏様を供養しましょう!

3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!のサムネイル画像

3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと