迎え火・送り火の日にちはいつ?やり方や意味についても解説します!

お盆の過ごし方は、昔とは違ってきています。このため、迎え火・送り火の日にちがいつなのか、またなぜ迎え火や送り火をお盆にするのかということをご存知ない方もいらっしゃるでしょう。そこで、今回の記事では、迎え火・送り火の日にちや方法について詳しく解説していきます。

目次

  1. お盆の迎え火・送り火の日にちは?
  2. 迎え火・送り火をするお盆って?
  3. 送り火・迎え火について
  4. 盆に送り火・迎え火の他にすること
  5. 迎え火・送り火の日にちのまとめ

お盆の迎え火・送り火の日にちは?

お墓

お盆の迎え火・送り火は伝統的な行事です。
江戸時代には、人々はこの時期になると「藪入り」といって仕事を休んで実家へ帰り、家族全員で先祖の供養をしました。
しかし、時代の変化とともにお盆の過ごし方は変化し、迎え火・送り火の日にちや方法をご存じない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは迎え火・送り火の日にちについて

  • 迎え火・送り火をするお盆って何?
  • 送り火・迎え火の意味とその方法や日にちについて
  • 送り火・迎え火以外のお盆の準備や行事について

以上を中心に解説していきます。
お盆の由来や迎え火・送り火の日にちや方法なども詳しくご説明しており、お盆を迎える際には役立つ内容となっております。
どうぞ最後までお付き合いください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

迎え火・送り火をするお盆って?

困った人々

お盆には、ご先祖様が現世に戻って来ると言われ、法要やお墓参りなどをする習慣があります。
このような習慣はどのように生まれたのでしょうか?
こちらでの項目で簡単にご説明します。

お盆の仏教的意味

まず、お盆の仏教的な意味をご説明します。
お盆とは略語で、正式名称を「盂蘭盆会」(うらぼんえ)と言います。
盂蘭盆会とは、祖先を供養する仏教行事のことで、盂蘭盆経の説話に起因しています。

その説話とは、お釈迦様の弟子が旧暦の7月15日に、多くの僧にお布施をし供養したことで、餓鬼道にいた母親を極楽往生させることができたというものです。
この説話に由来し、地獄や餓鬼道に落ちて苦しんでいる先祖を旧暦の7月15日に供養する盂蘭盆会が始まり、一般大衆にも広く受け入れられ現在に至ります。

多くの家庭でお盆に法要を行うのには、このような仏教的背景があります。

お盆の由来

お盆には「故人や祖先があの世から帰ってくる」と言われ、ご先祖様の霊を迎える準備をします。
しかし、このような考え方は仏教の中にはありません。
それではこちらの考え方は何に由来しているのでしょうか?

実は、仏教の盂蘭盆会の考え方が入ってくる前から、日本には旧暦7月頃は、祖先の霊たちが帰ってくるという思想がありました。
そのため各地で鎮魂のための「みたま祭」や「精霊祭」が開催されていました。

このような元々の習わしが、新しく入った仏教の盂蘭盆会と徐々に融合し、お盆にはご先祖様が帰ってくる・法要をする・お墓参りをするなどの現在のお盆の形となったのです。

送り火・迎え火について

困った人々

それでは本題の送り火・迎え火について見ていきましょう。
送り火・迎え火の意味・やり方・日にちをご説明します。

送り火・迎え火とは

迎え火とは、あの世からご先祖様の霊が迷わずに家まで帰ってこれるように焚く火のことです。

昔はお墓や菩提寺に家族全員で提灯を持って行き、お墓の前で提灯に火を入れ、その火を消さずに持ち帰り、火を仏壇に移すという流れを迎え火としていました。
しかし現代ではお墓や菩提寺が遠い場合が多く、火を持って移動ということも困難なため、ご自宅の玄関先でオガラなどを燃やすなどして、迎え火をすることが一般的です。

送り火とは、ご先祖様がこの世からあの世へ迷わずに帰ることを願い、焚く火のことです。
昔は仏壇の火を提灯に移し、それを消さずにお墓や菩提寺へ持参し、お墓の前で提灯の火を消して、ご先祖様の霊を送り出すという流れを送り火としていました。

しかしこれも現代では困難なため、迎え火同様、ご自宅でオガラなどを燃やし送り火とすることが一般的です。

送り火・迎え火のやり方

送り火・迎え火も手順は一緒です。
その方法は、玄関先や門口などで焙烙(ほうろく)という素焼きのお皿の上に折ったオガラなどを積み重ね、それに着火し、煙を立たせます。
焙烙はホームセンター、オガラはスーパー等でも買うことができますが、通信販売もあります

またマンションなどで着火が難しい場合は、点灯した提灯を玄関先に持って出て一礼、黙祷をし迎え火・送り火とします。
この時に使う提灯の光にはLEDのもあり、火を使わずに送り火・迎え火をできるように配慮されています。

時代や家の形態の変化に合わせて、迎え火・送り火の方法も様々なものになってきます。

送り火・迎え火の日にちは?

お盆の日にちは地域により違いますが、多くは7月13日~7月16日、もしくは8月13日~8月16日です。
この期間のうち、いつの日にちに送り火・迎え火をするのかご説明します。

迎え火

迎え火の日にちは、お盆の初日の13日の夕方、または前日の12日の夕方であることが一般的です。
地域によってはお盆がある月の1日~7日に迎え火を焚く習慣があります。

迎え火をするお盆初日のことを「迎え盆」「お盆の迎え日」などと呼びます。

送り火

続いて送り火の日にちをご説明します。
ご先祖様の霊は16日の午前中までは家に滞在するとされるため、送り火の日にちは16日の午後、多くは夕方に行われます。
16日に送り火をすることが難しければ、15日に送り火をする場合もあります。

送り火をするお盆最終日のことを「送り盆」「お盆の送り日」などと呼びます。

盆に送り火・迎え火の他にすること

仏壇

お盆には送り火・迎え火以外にも準備することや行事があります。
その中の代表的なものを見てみましょう。

盆提灯や精霊棚を飾る

精霊棚や盆提灯をお盆には飾ります。
精霊棚とは、お盆にお供えものをしてご先祖様の霊を祀る棚で、仏壇の前に設置されます。

マコモという植物で作ったゴザの上に精霊棚を置き、精霊棚の上にはホオズキ、水の子や季節の果物・素麺などの飲食物、精霊馬などを飾ります。

また、精霊棚の横には盆提灯を飾り付けます。
この提灯も、迎え火同様、ご先祖様の霊が迷わず家に帰ってくるための目印としての意味があります。

精霊流し

精霊流しとは、長崎県の各地・熊本県の一部・佐賀市で行われるお盆の行事です。
現在では禁じられていますが、以前の精霊流しでは、故人の霊が乗るとされた精霊船と供物を海に流していました。
昔は海の彼方に死後の世界があると考えられていたため、このような形で、故人をあの世へ送っていたと考えられています。

盆踊り

夏の風物詩である盆踊りですが、こちらもお盆の仏教行事の一つです。
盆踊りの起源は、躍念仏や、神事の際の巫女舞や白拍子と言われています。
このような踊りと、盂蘭盆会の考えが融合し、死者の供養のための盆踊りが誕生したと言われています。

迎え火・送り火の日にちのまとめ

人々

いかがでしたか?
お盆の迎え火・送り火の日にちなどについて解説してきました。
今回終活ねっとがお送りした記事では

  • 現在のお盆の習慣は、仏教行事である盂蘭盆会と、仏教が入る前から行われていた各地の鎮魂祭が融合してできたものである。
  • お盆の迎え火とは、ご先祖様の霊が迷わず家に帰ってくるために焚き、送り火とは迷わずあの世に帰るために焚く火である。
  • 迎え火・送り火は玄関や門口で、焙烙の上のオガラなどを燃やす方法が一般的だが、火を使えない場合は、提灯に明かりを灯し玄関で黙祷する方法もある。
  • 迎え火の日にちは7月か8月の12日、もしくは13日、送り火の日にちは7月か8月の16日に行う地域が多い。

以上のことを中心に解説してきました。
この記事が迎え火・送り火の日にちや方法などを知りたい方のお役になてれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

「迎え火・送り火・日にち」に関連する記事

「迎え火・送り火・日にち」についてさらに知りたい方へ

  • いつ行えばいいの?お盆の迎え火の焚き方についてのサムネイル画像

    いつ行えばいいの?お盆の迎え火の焚き方について

    日本ではお盆は重要な行事の一つです。そして迎え火はお盆の一番最初に行う風習で、多くの地域で行われています。もしも迎え火をする必要が出てきたら、いつ、どうやって行えばよいのでしょうか。地域ごとの違いにも触れつつ、いつどのように行うかを解説していきたいと思います。

  • お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

    お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

    お盆の時期は、いつもはお墓にいるご先祖様がご自宅に戻ってくると言われています。ご先祖様が不在になったお墓はどうしたら良いのでしょうか?お盆にはお墓参りをすると言いますが、いつしたら良いのでしょうか?そんな、お盆のお墓参りにについて、解説していきます。

  • 3回忌の香典の金額はいくら?香典の入れ方や香典袋の書き方も解説!のサムネイル画像

    3回忌の香典の金額はいくら?香典の入れ方や香典袋の書き方も解説!

    香典の金額について迷ったことはありませんか?法要の回数で香典の金額は変わるのでしょうか?今回は3回忌の法要にスポットライトを当てて、3回忌の香典の金額の相場を見ていきます。合わせて忘れがちな香典の入れ方や香典袋の書き方についてもおさらいしていきたいと思います。

  • 盆提灯・モダン盆提灯について勉強してみませんかのサムネイル画像

    盆提灯・モダン盆提灯について勉強してみませんか

    最近、核家族化が進んだ影響でしょうか、お盆や盆提灯について、知らない方が増えています。お寺や親戚等にも、ちょっと聞きづらいお盆や盆提灯について、今回お話しさせていただきます。最近流行のモダンタイプのモダン盆提灯等も紹介します。

  • 慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

    慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

    初盆は、故人の死後、四十九日が明けてから初めて迎えるお盆のことです。初めてお迎えするため、僧侶や親族、知人を招いて盛大に法要を行うことが多く、準備も例年とは異なります。そこで、今回は初盆を迎える前に知っておきたい、初盆の準備や流れについてご紹介します。

  • 樹木葬って本当に安いの?費用を抑えられる理由や相場をご紹介のサムネイル画像

    樹木葬って本当に安いの?費用を抑えられる理由や相場をご紹介

    「安い」といわれることが多い樹木葬は本当に安いのでしょうか?そうした疑問にお応えして、樹木葬が安いといわれる理由、実際の費用相場や費用の内訳、さらに樹木葬の費用を一層抑えるためのポイントをご紹介しています。

  • お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説しますのサムネイル画像

    お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説します

    人生の節目や何かしらの厄災が起こった時、昔から多くの人が神仏のお祓いを受けて今後の安全や安心を願ってきました。その風習は現在でも続けられていますが、お祓いの料金についてはあまり知られていません。今回の記事では、お祓いの料金やマナーについて詳しく解説します。

  • お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

    お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • お盆の時期、仏壇の飾りはどうする?お供えの仕方を解説します。のサムネイル画像

    お盆の時期、仏壇の飾りはどうする?お供えの仕方を解説します。

    お盆の時期や仏壇の飾り方は宗派や地域によって少しずつ異なりますが、そのいずれであってもご先祖様に感謝し大切におもてなしすることに変わりはありません。お盆の時期の仏壇の飾り方や盆棚のお供えものについて解説します。

  • 源義経のお墓は2つある?義経の最後や参拝方法もご紹介します!のサムネイル画像

    源義経のお墓は2つある?義経の最後や参拝方法もご紹介します!

    源義経は悲劇の英雄として、歴史上の人物の中でもかなり人気の高い武将です。そんな源義経のお墓は、彼を偲ぶ人たちが今も参拝客として訪れる場所となっています。今回は、源義経のお墓の場所や参拝方法などを詳しくお話したいと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「迎え火・送り火・日にち」についてさらに知りたい方へ

いつ行えばいいの?お盆の迎え火の焚き方についてのサムネイル画像

いつ行えばいいの?お盆の迎え火の焚き方について

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

3回忌の香典の金額はいくら?香典の入れ方や香典袋の書き方も解説!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額はいくら?香典の入れ方や香典袋の書き方も解説!

盆提灯・モダン盆提灯について勉強してみませんかのサムネイル画像

盆提灯・モダン盆提灯について勉強してみませんか

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

樹木葬って本当に安いの?費用を抑えられる理由や相場をご紹介のサムネイル画像

樹木葬って本当に安いの?費用を抑えられる理由や相場をご紹介

お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説しますのサムネイル画像

お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説します

お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

お盆の時期、仏壇の飾りはどうする?お供えの仕方を解説します。のサムネイル画像

お盆の時期、仏壇の飾りはどうする?お供えの仕方を解説します。

源義経のお墓は2つある?義経の最後や参拝方法もご紹介します!のサムネイル画像

源義経のお墓は2つある?義経の最後や参拝方法もご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと