法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

法事に出席する際、服装について悩んだ経験はありませんか?大人のマナーとして失礼のない服装で出向きたいですよね。今回は女性・男性・子供たちの法事の服装について、気をつけるべき点など詳しくご紹介します。どうぞ最後までお付き合いください。

目次

  1. 法事の服装について
  2. 法事の服装の種類
  3. 法事に出席する際の服装
  4. 子供と赤ちゃんの服装
  5. その他の服装のマナー
  6. 法事の際のアクセサリーの注意点
  7. 法事の服装についてまとめ

法事の服装について

葬儀

法事とは、故人の供養のために親しい人たちが集まって行う儀式のことです。
お通夜や葬儀から日数が経っていますが、葬儀のときと同じ服装でよいのでしょうか。

何となく分かっているつもりでも、いざとなると戸惑うものですよね。
大人のマナーとして非常識にならないため、法事・法要の服装には気を配りたいものです。

そこで今回の終活ねっとでは、法事の服装について解説いたします。

  • 喪服の種類
  • 葬儀と法事は同じ服装でいいの?
  • 男性・女性・子ども・赤ちゃんの服装
  • 年回忌によって変わる服装
  • アクセサリーなどの小物

それぞれ詳しく解説していきます。
法事の服装選びの参考にしていただければ幸いです。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

法事の服装の種類

葬儀

喪服の種類は格式別に「正喪服」「準喪服」「略式喪服」に分類されています。

法事の場合は、新盆や初盆・お盆を含め三回忌までは「準喪服」を着用することが多いです。
準喪服とは一般的な黒の喪服のことです。

ところで「礼服」と「喪服」の違いは何かご存知ですか?
簡単に言ってしまうと一般的には、冠婚葬祭用の正装のことを「礼服」といい、葬儀や法事で着る礼服のことを「喪服」と呼びます。
別のものではなく、礼服の中に喪服が含まれるのです。
したがって結婚式の時の服も礼服と呼ばれます。
また、礼服の中にも略礼服などがあり、略式喪服はそこに含まれます。

普通の和服は礼服以外のものであり、礼服の中では和式のものとして位置付けられています。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
礼服と喪服について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!

礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか? 主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

法事に出席する際の服装

葬儀

法事の服装は百か日やお彼岸、お盆や墓参りなどの種類によっても変わります。
しかし、まず男性と女性とでは服装がかなり異なるので気を付けるべき点もそれぞれに考えていかなければなりません。

基本的にはどちらもブラックフォーマルと呼ばれるものです。
孫であっても関係に関わらず皆に決められたマナーです。
ブラックフォーマルについて男女別に詳しく解説していきます。

どこで買うのかについては、ポイントを抑えていれば喪服を忘れていてもメンズレディース共にユニクロやguで安いものが売っていますので、緊急の際にはそのような量販店を利用するのも良いでしょう。
出掛けるのが億劫な人は楽天などの通販もおすすめです。

後の章で、子どもや赤ちゃんの服装についても解説いたします。
ご家族で参列される予定がある方は、あわせて参考にしてください。

男性の服装

男性の場合はスーツで参列する方がほとんどではないかと思います。
しかし実は喪服には和式のものもあるのです。

また、スーツに関しても喪服としてのスーツとビジネススーツとは異なります。
キリスト教や無宗教などの宗教、また曹洞宗や真言宗、創価学会などの宗派で喪服の形態は変わりません。
天理教などの神道も同様です。
ここでは、ネクタイも含め男性の服装について詳しく説明していきます。

ご夫婦で出席の場合でも、奥様が和装でご主人が洋装でも特に問題はありません。

和式喪服

和装で法事に出席する場合は、無地の紬の着物に三ツ紋か一つ紋付き羽織を着用します。
着物の色は黒以外でも濃い鼠色や濃紺など、濃い色合いであれば問題ありません。

羽織紐と半襟はグレーか黒で控えめなものがよいです。
袴は仙台平か、もしくは着用しません。
帯は地味な色の角帯が一般的です。

洋式喪服

法事の際は基本的に、ブラックスーツと呼ばれる黒色のスーツを着用します。
上着はシングルでもダブルでもどちらでもかまいません。

ただし光沢や模様のある生地を使ったスーツは避けるべきです。
黒色でも体に沿った形のビジネススーツも避けた方がいいでしょう。
あくまでも地味で控えめな服装を心がける必要があります。

通販などで購入した礼服がスリーピースの場合もあるかもしれません。
ベストはマナー違反とはなりませんが、極力着用しない方が無難です。

シャツについてはボタンダウンなどの付いていない普通のシャツが好ましいです。
ジャケットの素材は、基本的にベロアやベルベットやサテンのような派手なものは避けましょう。
ツイードも念のため避けた方が良いですが、目立たない場合は大丈夫かもしれません。

靴下やハンカチも黒で統一することを忘れないでください。

ネクタイ

喪服に合わせるネクタイの色は黒が基本です。
ただし柄や模様のない、無地のものを選びましょう。

ネクタイピンは付けない方がよいようです。
付けたほうが落ち着くようであれば、飾りの付いていない控えめなものにしましょう。

また、ベルトにも注意が必要です。

女性の服装

男性はブラックスーツやダークスーツを着用すればよいですが、女性の場合はどうでしょうか。
女性のほうが男性より服装の選択肢が多く、迷った経験をお持ちの方も多いでしょう。

ここでは法事用の服装に関する一般的な基準を、和式・洋式に分けてご紹介します。

和式喪服

黒または濃い寒色系の無地のもので、一つ紋もしくは三つ紋の長着が一般的です。
半襟と長襦袢は白で、帯は黒無地のものがよいでしょう。

濃紺や抹茶色、こげ茶など濃い目の地味な色合いの色喪服に黒帯を締めると、とても上品な印象になります。

草履も黒いものを用意します。
髪飾りや帯止めは不要です。

洋式喪服

基本的には黒を貴重とした服を着用します。
喪服または黒色無地のワンピース・スーツ・アンサンブルがよいでしょう。

配膳の手伝いをする場合は、動きやすいパンツスーツでも問題ありません。
通常の出席の場合はスカートのほうが望ましいです。

スカート丈は短過ぎないもので膝下くらいのものがよいでしょう。
ストッキングは薄手の黒いものを着用します。
また、プリーツスカートも極力避けた方が良いでしょう。

足元は意外と見られています。
靴にも気を配りましょう。

洋式喪服に合わせる靴は、黒いパンプスが基本です。
つま先が尖っていないもの、飾りの付いていないもの、光沢のないものを選びます。

ヒールの高さは5cmくらいが望ましいです。
座敷に上がることなどを考えて、脱ぎ履きのしやすさも考慮します。
田舎などの遠方から来られる方は特に、高いヒールだと疲れてしまいますし、装飾感が出てしまいます。
そのような方はホテルに泊まることもことも一つの手です。

また、お寺や斎場で法事を行う場合、場所によっては坂道や階段を移動する可能性もあります。
慣れない靴では足を痛めてしまうこともありますので、足にあったものを選びましょう。

妊婦の方

地域やご家庭によっては、妊婦さんの服装に寛容なところもあります。
可能であれば、事前にご親族やお身内に相談してみたほうがよいかもしれません。
特に妊娠後期の方や臨月の方はご自身のお体を労わることを第一に考えましょう。
産後直後の方も無理をせずなるべく休んでいた方が良いと思います。

一般的には、黒色の服を着用すべきでしょう。
マタニティ用の黒いワンピースがおすすめです。
冬であればニットワンピースなら伸びるので着やすいかもしれません。
比較的お金のかからない貸衣装店や葬儀屋などでレンタルすることも可能です。

足元は黒いストッキングを着用しましょう。
体を締め付けないよう大きめのサイズを選びます。

靴はヒールのないものでも問題ありません。
飾りのない黒いパンプスがよいでしょう。

年回忌によって異なる服装

四十九日で忌明けとなり一区切りつきますが、年回忌によって服装は変わってきます。
亡くなってまだ間もない一周忌や三回忌と、年月が経過した7回忌以降では、法事の規模も変わります。
それに伴い、出席者の服装も縛りが少なくなり、徐々に緩和されていきます。

地域やそれぞれのお宅の事情にもよりますが、ここでは年回忌による一般的な服装の違いについて解説します。

7回忌や33回忌は平服が一般的

三回忌以降の7回忌や13回忌ともなると、職場の人や友人は招待せず、家族のみ身内だけで小規模に執り行うことが多くなります。
しかし例えば義理家族の義祖母・義祖父・義父などの法事となれば、嫁姑の関係もあると思うので義実家には失礼のないようにしたいところです。
年月が経ったことで、悲しむというより親族のみが集まって懐かしい話をする場となります。
そのような場合には案内状に「平服で」と記されていることが多いです。

平服とはラフな格好のことではなく略喪服のことです。
男性の場合は、黒以外でも、ネイビーやグレーまたは黒に近い緑といった黒っぽい服でよいでしょう。
ネクタイも地味なものであれば、黒でなくてもよいとされています。

女性も同様で、黒のほかに紺色やグレーといった地味な色合いの服を選びます。
黒や暗いグレーであればボーダーやストライプ程度なら柄物でも構いません。
素足は好ましくありませんので、足元は黒のストッキングがよいでしょう。

ただし三十三回忌や五十回忌では、最後の法要とする弔い上げがある場合があります。
その時には平服ではなくなるべく準喪服などを着用しましょう。

一周忌や三回忌

故人が亡くなって1年間は喪に服す期間として、年賀状や初詣を控える習慣があることは周知の通りです。
一周忌はご遺族にとっても大きな節目となる儀式となります。

親戚だけでなく友人や職場の同僚なども集まり、盛大に行われることが多いです。
平服と言われても、それなりにきちんとした服装で出かける必要があります。
一周忌は正式な喪服での出席が望ましいです。

一周忌の後に行われる法事が三回忌です。

三回忌までは知人を呼んで盛大に行うお宅が多いです。
しかし服装については喪服でなくてもよいとされています。

親族同士であれば、事前に服装について相談しておくと、当日お互いに気まずい思いをせずにすみます。
知人友人として出席する場合は喪服にとらわれず、黒やダークグレーなど濃い色のスーツやワンピースがよいでしょう。

子供と赤ちゃんの服装

お墓

幼い子供や乳児をつれて法事に出席しなければならないこともありますね。

いくら子供でも、普段着で出席させるわけにはいきません。
しかし黒い子供服の用意があるお宅も少ないでしょう。

子供たちにはどんな服装をさせたらよいのでしょうか。

子どもの服装

もしお子さんが制服のある学校に通っている若者であれば、制服を着用すれば問題ありません。
中学生や高校生はもちろんのこと、幼稚園児や保育園についても制服があればそれを着用しましょう。
夏で暑すぎる場合にはブレザーは脱いでも構いません。
靴は黒い革靴を履くようにします。
帽子は脱ぎましょう。

大学生については、就活をする予定であればリクルートスーツを使用したくなるかもしれませんが、マナーとしてはngとなるので気を付けましょう。

制服がない場合は、地味な色合いの無地の服装が望ましいです。
男の子の場合は、白いシャツに黒か紺のズボンを着用させます。
上着があればなおよいですが、無理に着させる必要はありません。
寒い季節なら、濃い色の無地のセーターかカーディガンを着せるとよいでしょう。

女の子なら黒か紺のワンピースに黒い靴を合わせます。
白いブラウスと黒か紺のスカートでもよいでしょう。
色柄ものや、レースやフリルの付いたものは避けます。

赤ちゃんはどうする?

赤ちゃん連れで法事に出席する際には、事前に施主様にお訪ねしておいたほうがよいかもしれません。
相談が遅れてしまった場合には、受付で授乳できる場所などを挨拶する時に聞いてみましょう。
4ヶ月・5ヶ月などの0歳児から1歳2歳3歳、4歳・5歳ほどの乳幼児は、服装以前にぐずったり泣き出したりしてご迷惑がかかる可能性があるためです。

事前の確認ができない場合は、無地でシンプルなデザインのベビー服を着せましょう。
キッズ売り場に売っている場合もあります。
フリルやリボンの付いたものは避け、地味なものが好ましいです。
「普段着ているものでよい」と言っていただいた場合も、できるだけ地味な色合いのものを着せて出かけましょう。

その他の服装のマナー

葬儀

ここでは法事の服装について、基本的なマナーについて解説していきます

参列する時は施主より格式低く

法事の服装では格式の高い喪服を着ていけばよいわけではないのです。

特に三回忌あたりから気をつける必要があります。
お住まいの地域やお宅の習慣から、喪主やご遺族が喪服をお召しにならないこともあるのです。
施主が喪服でないのに、出席者が喪服というのは望ましくありません。

参列者の場合は施主やご遺族より格式の高い服装にならないよう気をつけましょう。

春夏の場合

法事は命日に近い土日などに行われることが多いです。
夏に亡くなられた方の法事であれば、夏に行われることになります。

雨の多い季節や真夏でも、法事に参列する際の服装は黒が基本となります。
長袖や黒だとなるべく軽装したいですよね。

女性の場合、ストッキングの色をどうするか悩む方も多いと思います。
ストッキングは薄手の黒を履きましょう。

半袖シャツはNG?

法事の服装の基本的なマナーとして、肌の露出は極力控えるべきです。

女性の場合、黒のワンピースであっても半袖やノースリーブは好ましくありません。
半袖やノースリーブを着る場合は、上着を持っていくようにしましょう。

では、男性の場合はどうでしょうか。
半袖のワイシャツでも問題ないかどうか迷うところです。
礼服の基本的なマナーとしては、上着の袖口からワイシャツが見えていることが望ましいと言われています。
しかし平服の場合は、クールビズと同様にジャケットを着用すればワイシャツは半袖でも問題ないようです。
ポロシャツはNGとされてますのでワイシャツにしましょう。

例外的に沖縄ではかりゆしを着用する風習もあります。
その場合には確認が必要でしょう。

秋冬の場合

冬に行われる法事の服装も、夏と同様に黒が基本となります。

インナーを重ねて防寒対策をする場合は、喪服や黒スーツに影響が出ないよう気をつけます。
タートルネックも良しとされていません。

特に女性の足元には、冬の寒さは大敵です。
ベージュや肌色のタイツの上に黒ストッキングを重ね履きするなど工夫しましょう。

北海道などの雪の多い地域であっても、ブーツは法事の席には不適切と言われています。
積雪など足元が悪いときは、自宅から持参して履き替えるのが良いでしょう。

コートの注意点

外で待つ可能性もある冬の法事では、コートは欠かせません。
長めの丈の濃い色のコートが一着あると重宝します。

色は黒か濃いグレー、紺などが望ましいです。
ダウンジャケットやジャンパーではなく、ウール素材のコートがよいでしょう。

女性のコートは、襟の形やボタンの色にも気を配ってください。
ファー素材の襟や、キラキラした素材を使ったボタンは避けるべきです。

毛皮類も適切ではありません

私服はNG?

平服とは普段着という意味ではありません
喪服に順ずる、地味で控えめな服のことを指します。

7回忌や13回忌で親族だけの集まりになったとしても、くだけた服装は不適切です。
黒色の服でも、ジーンズやチノパン、綿シャツなどでの出席は控えたほうがよいでしょう。

その他の身だしなみ

特に注意しなければならないのは女性だと思いますが、メイクや髪型にも気を付けましょう。

髪型については、髪の長い方は後ろで一つ結びをなるべく下の方で結びましょう。
カチューシャやシュシュなどの装飾品は付けない方が良いでしょう。
髪の色もなるべく黒にしてください。
初七日や二七日などで時間がない場合はスプレーをするなどした方が無難ですが、17回忌や23回忌、27回忌ともなれば茶色くらいは許されるかもしれません。

法事・法要の場では基本的にメイクは禁止です。
メイクは装飾的な意味も含まれているため、顔が浮いてしまいます。
しかし精神的な疲労などの理由によって血色が良くない場合もあるかと思います。
そのような場合には、ファンデーションを軽くのせたり、薄い色のリップを塗るくらいにしましょう。

また、爪にもマナーがあります。
ネイルも装飾なので付けないことが一番良いです。
マニキュアであれば落とし、ラメの入ったジェルネイルなどの落とせないものの場合は上からベージュなどを塗る、あるいは絆創膏などを貼りましょう。

ご飯を作る場合には、エプロンも黒を着用しましょう。
普段使っているものが黒でないのであれば、新調するか、借りる・相談することが必要となります。

法事の際のアクセサリーの注意点

葬儀

喪服以外の持ち物としてアクセサリーには注意しましょう。

基本的にはアクセサリーは付けないほうがよいです。
おしゃれをする場ではないので装飾品がタブーとされているからです。
もし付けるとしたらどんなことに気をつけたらよいか、簡単に解説します。

革製品はNG

殺生を連想させるという意味から、革製品は望ましくないと言われています。
特に爬虫類革素材を使ったアクセサリーや小物、鞄や靴は避けましょう。
男性においてはベルトも同様です。

金具に注意

金具の部分が派手なものや、大振りなアクセサリーは好ましくありません。
エナメルなどの光沢感が強いものも避けましょう。
できればバッグは布製の控えめなものを選びましょう。

また、腕時計もアクセサリーのうちに入るので、特に葬式や納骨などの式中には外しておきましょう。

パールならOK

パールは涙を表すものと言われているため、葬儀や法事など弔事でも着用が許されています。
しかし二連のものには注意してください。
繰り返し言葉などと同様に、ネックレスに付いては連続するものは法事に付けていってはなりません
ピアスに付けたい場合は、小ぶりで一つのものを選びましょう。

婚約指輪であれば着用は許されていますが、あまりにも派手な場合には手のひら側に回しましょう。

法事の服装についてまとめ

葬儀

今回の終活ねっとでは法事の服装について詳しく解説しました。

  • 一周忌までは改まった喪服で出席し、三回忌からは黒を基準にしつつ少しずつカジュアルに
  • 「平服でおこしください」と書いてあっても地味で控えめな服装で出席する
  • 男性は黒またはダークグレー、濃紺のスーツに黒ネクタイ
  • 女性は黒を基調としたワンピースやアンサンブル
  • 施主や遺族より格式高い服装にならないよう気をつける
  • 子供や赤ちゃんにも地味な色の服を着せ、制服がある場合は制服で出席
  • 肌の露出が過ぎないよう注意する
  • アクセサリーは付けないほうがよいが、付けるとしたらパールのみ

いかがでしたでしょうか。

細かいマナーやルールがあって気が重いと思われるかもしれませんね。
でも逆に考えれば、マナーをしっかり守れば法事の服装で悩む必要もないわけです。
施主ご家族のことを思って身支度を整え、よい供養をさせていただきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
ご葬儀の時のアクセサリーについて詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

ご葬儀の時に慌てないアクセサリーのマナー

故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

「法事・服装」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「法事・服装」についてさらに知りたい方へ

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説しますのサムネイル画像

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説しますのサムネイル画像

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説します

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!のサムネイル画像

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説のサムネイル画像

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介のサムネイル画像

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介

33回忌の女性の服装はどうする?男性や子供の服装についても解説のサムネイル画像

33回忌の女性の服装はどうする?男性や子供の服装についても解説

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!のサムネイル画像

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!のサムネイル画像

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「法事・服装」についてさらに知りたい方へ

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説しますのサムネイル画像

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説しますのサムネイル画像

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説します

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!のサムネイル画像

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと