7回忌法要はいつ行えばいいの?香典やお布施などのマナーも解説!

7回忌とは故人が亡くなった後に行う法要の1つですが、中にはいつやるべきかがわからないという方もいるのではないでしょうか?満7年後にやるべきなのか、7年目にやるべきなのか迷いがちな方のために7回忌をいつやるのかについてご紹介します。

目次

  1. 7回忌とはいつかについて
  2. 7回忌の法事とは
  3. 7回忌っていつやるの?
  4. 7回忌法要の前にすべきこと
  5. 7回忌のマナー
  6. 7回忌とはいつなのかについてまとめ

7回忌とはいつかについて

葬儀

故人が亡くなってからはあらかじめ決まった時期に法要をとり行うのが、日本における先祖供養の習わしとなっています。
特に決まった年の故人の命日に行う法要を年忌法要といいますが、そのうちの1つに数えられるのが7回忌です。

「7」の数字がつくだけに故人が亡くなって7回目の命日に行えばよいというのはわかります。
しかし、それが「7年後」なのか「7年目」なのかなど、正確にいつごろ行うべきかに迷う方もいるでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、故人が亡くなった後に持たれる法要の1つである7回忌をいつ行うべきかについて、以下のポイントを踏まえてご紹介していきます。
7回忌をいつ行うのかについてを分かりやすくまとめましたので、最後まで読んでいただければ幸いです。

  • 7回忌の法事とはどのようなものなのか?

    故人の没後に行われる年忌法要の1つである7回忌の法事について簡潔にご説明します。

  • 7回忌はいつやるのか?

    何かと迷いやすい7回忌を正確にやるべきタイミングについて具体的に見ていきます。

  • 7回忌法要の前にやるべきこととは?

    7回忌法要に先立ってやるべきことについてご紹介します。

  • 7回忌の際のマナーとは?

    7回忌法要に参列する際のマナーを、服装や香典、お供え物などを軸に見ていきます。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

7回忌の法事とは

仏壇

はじめに7回忌とはいったいどのような法事なのかについて簡潔にご説明します。
7回忌とは故人が亡くなって6年の節目に行われる法要のことで、1周忌から数えて3回目に持たれる年忌法要です(7回忌を没後6年に行う理由は後ほど詳しく見ていきます)。

参列者としては故人のご遺族やご親族が中心で、四十九日法要や1周忌などに比べればずっと規模を小さくして行われる場合が多い傾向といえます。
法要の内容としては、自宅もしくは菩提寺の本堂で行い、僧侶の方に読経をしてもらった後で焼香を行い、僧侶の方の法話の時間を持つというのが一般的です。

なお、法要が終わった後は料理屋などで会食の時間を持つこともあります。

7回忌っていつやるの?

葬儀

7回忌について見たところで、今回の記事の本題である「7回忌法要をいつ行うのか」について具体的に見ていきましょう。

数え方

7回忌法要をいつやるのかについて知るうえで重要となってくるのが、7回忌を含めた年忌法要の数え方です。
実は年忌法要を数える際には故人ご自身が亡くなった日(命日)も含めた数え方をします。

つまり、故人の亡くなった日を1回目の忌日として数えることから、故人没後1年で行われる1周忌は2回忌という扱いです。

この方法にしたがって数えるならば、7回忌の場合は故人が亡くなってから6年目に迎えます。
このことから、7回忌は故人没後7年目に迎えるものを意味しません。
例えば、2015年に故人が亡くなった場合、7回忌は2021年です。

ただし、法要を行うとなると平日では参列者の予定が合わないことが多くなりがちです。
このため、7回目の命日に最も近い土日に集まるのが一般的とされています。

先送りにしない

7回忌の法要を行う際にはなるべく先送りにしないことが大切とされています。
これは、故人の年忌法要が単に故人の供養のためだけではなく、仏様に感謝するために持たれるひと時であるという理由によるためです。

ただし、どうしてもご遺族やご親族の都合がつかないことから7回忌の日を過ぎてしまうという場合もあるでしょう。
そのような場合は、菩提寺の僧侶の方に相談したうえで命日よりも後の都合のよい日に法要を行うというのも1つの手です。

7回忌法要の前にすべきこと

人々

故人が亡くなって7回目の命日にあわせて行う7回忌法要を行うには、前もってやっておくべきことがいくつかあります。

ここでは7回忌法要に先立ってやるべきことをご紹介します。

日程合わせ

まずは参列してほしいご遺族やご親族の日程を合わせることが重要です。
最も都合の合う日がわからないと、いつ法要をやればよいのかすらがわからず、菩提寺の僧侶の方との段取りにも支障が出てきてしまいます。

そうならないようになるべく早い段階でご遺族やご親族に連絡を取って、法要を実際にいつやるのかを決めてしまうとよいでしょう。

会場の予約

特に7回忌の法要を自宅以外の場所で行う場合は、そのための会場の予約をすることも重要です。
こちらについても、前もっていつ法要を行うかが決まっていることで手を付けられる課題といえるでしょう。

お寺の本堂で行うということであれば、後で触れるお寺の僧侶の方の手配の際に一緒に予約するとよいです。

霊園などの施設を会場に使うということであれば、霊園の管理事務所に早めに予約を取るとよいでしょう。
もちろん、こちらもいつやるかが決まってから動くべきといえます。

お寺の手配

7回忌法要をとり行うには僧侶の方がいることが基本として不可欠です。
法要をいつとり行うのかが決まったら、なるべく早い段階で僧侶の方に連絡を取るようにしましょう。

お寺の本堂で法要を行いたい場合はその旨も合わせて伝えます。

7回忌のマナー

葬儀

7回忌法要の当日に参列する際には、どのような点に気を付けるべきなのでしょうか?
ここでは7回忌の際に守るべきマナーについて見ていきます。

服装

葬儀や1周忌法要の場合であれば喪服や黒系のフォーマルな服装で出席すればよいというのは想像はつきます。
それでは、故人が亡くなってからかなりの時間がたった7回忌の場合はどうすればよいのでしょうか?

7回忌での服装は喪服でも無難ですが、平服でも大丈夫です。
ただし、平服でも大丈夫とはいえ、あまり派手さや露出が目立たないものを着ていくのが望ましいとされています。

7回忌の際の服装についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

こちらも読まれています

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

7回忌は死後7年目に実施する法要です。7回忌は時間がだいぶ経っているため、どのような服装で参加すれば良いか悩む方もいらっしゃるでしょう。喪服なのか平服でいいのかなど悩む点が多いですよね。そこで今回は7回忌の服装について、男性と女性に分けて解説していきます。

香典・香典返し

葬儀

7回忌法要という故人を供養する場に参列するとなれば、香典を持参する必要があります。

基本的な金額は1人につき1万円ですが、会食に参加する場合は1万円から3万円が一般的です。
ただし、故人と血縁関係にある場合は1万円から3万円、加えて会食に参加する場合は2万円から5万円となります。

7回忌の際に持参する香典の金額やマナーについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

こちらも読まれています

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

7回忌の香典となると表書きや名前の書き方、渡す際のマナーといったしきたりがあります。 親戚などが集まる場において香典で恥を書きたくないという人は、この記事を読めば不安が解消されます。 7回忌に最適なお供え物などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

お供え

7回忌法要の際に欠かせないものとしてはお供え物も挙げられます。
基本的には故人が生前好んでいたお菓子や果物、お花などを持参するとよいでしょう。

特にお菓子については常温で日持ちのきく、個別に包装されたものがおすすめといえます。
法要が終わった後でお下げしてみんなで分け合う際にそれほど負担がかからないためです。

なお、7回忌を含めた年忌法要の際のお供えについてより詳しく知りたい場合は、下記にご紹介する記事をぜひともご覧ください。

こちらも読まれています

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

法事や法要の際のお供え物。13回忌ともなると、ほぼ、身内だけのこじんまりとした集まりになるかと思いますが、だからこそ、失礼のないようしっかりとマナーを押さえておきたいものです。今回の終活ねっとでは、13回忌のお供え物について考えてみたいと思います。

引き出物

7回忌法要を含め年忌法要ではご遺族側が参列者に対して引き出物を用意するケースも多いです。
参列者の香典の額に関係なく、200円から5000円で購入できる菓子折りなどを用意するのが一般的とされています。

注意したいのが、年忌法要を行う段階は、すでに故人の最期を悲しむ段階ではないことから、引き出物を「香典返し」などと呼ばないという点です。

年忌法要の際の引き出物についてより知りたいということであれば、下記にご紹介する記事をぜひご覧ください。

こちらも読まれています

3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!

3回忌においては、故人にゆかりのある人もたくさんいらっしゃいます。そんな3回忌における引き出物として、何を用意すべきでしょうか?終活ねっとでは今回、3回忌の引き出物についてどのようなものを用意すればよいのか、そして、のしの書き方についても解説していきます。

お布施

7回忌法要も僧侶の方を読んでお経をあげてもらうということであれば、その感謝の気持ちとしてお布施を渡す必要があります。
一般的に7回忌法要など年忌法要の際に渡すお布施の相場は1万円から5万円です。

また、僧侶が遠方から来た場合は交通費としてお車代を、会食に不参加の場合は御膳料をそれぞれ5000円から1万円ほど渡します。
なお、渡す際には袱紗に包むか切手盆に載せて渡しましょう。

7回忌の際のお布施についてより詳しく知りたい場合は、ぜひとも下記の記事をご参照ください。

こちらも読まれています

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介

亡くなった方の供養をする主な方法の1つに没後の決まった年に年忌法要を行うというものがありますが、6年目に行うのが7回忌です。その際、僧侶の方に来てもらうためお布施を渡す必要があります。今回は7回忌でのお布施の金額の相場や袋の書き方などを見ていきましょう。

7回忌とはいつなのかについてまとめ

仏壇

今回終活ねっとでとりあげた7回忌をいつ行うのかについてをまとめますと以下のようになります。

  • 7回忌とは故人が亡くなってから6年目の節目に行われる年忌法要のことである。
    故人のご遺族やご親族が集まって僧侶にお経をあげてもらい、焼香を行い、法話を聞くというのが主な内容である。
  • 7回忌は故人没後の6年目に行われるが、それは故人の命日を1回忌として数えるため、7回忌とは故人が亡くなって7年目のことを意味しない。
    なお、7回忌法要は故人の7回忌に最も近い土日に行うのが一般的である。
  • 7回忌法要に先立ってやるべきこととして、法要の日程合わせと法要の会場の予約、お寺の手配が挙げられる。
  • 7回忌の際に守るべきマナーとして服装は黒色のフォーマルなものか派手さのない平服、香典は故人との関係の深さや会食への参加の有無次第の金銭を包むのが望ましい。
    お供えは故人の好きだったものを持参し、引き出物は2000円から5000円ほどのものを用意する。
    お布施は1万円から5万円が相場であるほか、必要に応じてお車代や御膳料も用意する。

今回見てきたように、7回忌をいつやるかについては故人没後6年目というのが重要です。
そのため、故人没後7年目と間違えないようにしましょう。

ほかの年忌法要の数え方も7回忌の場合と同じになりますので、合わせて今回触れた数え方を活用していただければ幸いです。

「7回忌・いつ」に関連する記事

  • 3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!のサムネイル画像

    3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!

    亡くなった故人を偲ぶ3回忌は、法事の中でもよく耳にする言葉ですよね。しかし、こうした法事には頻繁に加するものではありませんから、いつ行うのかなど知らないことも多いのではないでしょうか?3回忌法要をいつ行うのかを中心に、詳しく解説していきます。

  • 年回忌って命日から数えるの?簡単に計算できる方法を紹介します!のサムネイル画像

    年回忌って命日から数えるの?簡単に計算できる方法を紹介します!

    年回忌の数え方をご存知ですか。 言葉は知っていても、どのように数えるのか分からないという人もおられるでしょう。 計算の仕方が分からないと、いつ法要を行ったらよいか迷いますよね。 今回終活ねっとでは、年回忌の計算方法について、簡単に計算できる方法を紹介します。

  • 一周忌の次はなぜ3回忌なの?法要の流れについても解説します!のサムネイル画像

    一周忌の次はなぜ3回忌なの?法要の流れについても解説します!

    故人が亡くなってから一年後の同月同日を一周忌と呼び、法要を行います。しかし、故人が亡くなってから二年後の法要は、2周忌ではなく、3回忌と呼びますよね。それではなぜ、一周忌の次は3回忌というのでしょうか。今回はそんな一周忌と3回忌について調べてみました。

  • 回忌の数え方をご紹介!宗派別の回忌法要についても解説しますのサムネイル画像

    回忌の数え方をご紹介!宗派別の回忌法要についても解説します

    故人が亡くなってからの節目の数え方を「回忌」といいますが、これは法事やお墓参りをする際によく耳にする方も多いでしょう。そして、回忌についてはある程度行う時期が決まっているうえ、宗派によってもさまざまです。今回は回忌という数え方や法要について見ていきましょう。

  • 3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!のサムネイル画像

    3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!

    皆さん、回忌法要に参列する場合、香典の相場はいくらくらいなのか?香典袋はどう書けば良いのか?悩むところだと思います。故人が亡くなって2年目に行われるのが3回忌の法要ですが、今回は、この3回忌での香典の相場について、香典袋の書き方や注意点も含めて解説します。

  • 13回忌のお布施はいくら包む?金額相場や渡し方について解説しますのサムネイル画像

    13回忌のお布施はいくら包む?金額相場や渡し方について解説します

    13回忌の法要は亡くなったかたの思い出にひたって追善供養を行なう大切な意味が込められています。今回は13回忌の法要でお渡しするお布施について解説いたします。金額の相場や渡し方の正しいマナーなど、いざという時に慌てないための13回忌のお布施についてです。

  • 17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

    命日に合わせて行われる年忌法要は、ご遺族にとって大切なご供養の場です。今回は年忌法要のなかでも、17回忌の香典袋の書き方や金額の相場など役立つ知識について詳しく解説いたします。また、17回忌のご香典の知っておきたいマナーについてもご説明いたします。

  • 17回忌のお布施の金額はいくら?回忌別のお布施の金額も解説しますのサムネイル画像

    17回忌のお布施の金額はいくら?回忌別のお布施の金額も解説します

    17回忌法要のお布施は、どの位がよいのでしょうか。17回忌ともなると経験もなく、分からない方も多いと思います。そうは言ってもお坊さんに読経を依頼しますので、失礼のないようにしなければなりません。17回忌のお布施の金額について、回忌別の金額もあわせて解説します。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

  • 7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説しますのサムネイル画像

    7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説します

    7回忌とは3回忌の後に行われる年忌法要で、ご家族・親族だけで集まるのが一般的です。そんな身内だけの席では、どんな挨拶を交わしたらよいのでしょう?7回忌をつつがなく終えるための挨拶の仕方、例文を交えながら詳しくご紹介いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「7回忌・いつ」についてさらに知りたい方へ

3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!のサムネイル画像

3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!

年回忌って命日から数えるの?簡単に計算できる方法を紹介します!のサムネイル画像

年回忌って命日から数えるの?簡単に計算できる方法を紹介します!

一周忌の次はなぜ3回忌なの?法要の流れについても解説します!のサムネイル画像

一周忌の次はなぜ3回忌なの?法要の流れについても解説します!

回忌の数え方をご紹介!宗派別の回忌法要についても解説しますのサムネイル画像

回忌の数え方をご紹介!宗派別の回忌法要についても解説します

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!のサムネイル画像

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!

13回忌のお布施はいくら包む?金額相場や渡し方について解説しますのサムネイル画像

13回忌のお布施はいくら包む?金額相場や渡し方について解説します

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

17回忌のお布施の金額はいくら?回忌別のお布施の金額も解説しますのサムネイル画像

17回忌のお布施の金額はいくら?回忌別のお布施の金額も解説します

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説しますのサムネイル画像

7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「7回忌・いつ」についてさらに知りたい方へ

3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!のサムネイル画像

3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!

年回忌って命日から数えるの?簡単に計算できる方法を紹介します!のサムネイル画像

年回忌って命日から数えるの?簡単に計算できる方法を紹介します!

一周忌の次はなぜ3回忌なの?法要の流れについても解説します!のサムネイル画像

一周忌の次はなぜ3回忌なの?法要の流れについても解説します!

回忌の数え方をご紹介!宗派別の回忌法要についても解説しますのサムネイル画像

回忌の数え方をご紹介!宗派別の回忌法要についても解説します

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!のサムネイル画像

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと