23回忌の挨拶では何を話すの?挨拶の例文や法要の流れについて紹介

23回忌の挨拶に何を話せば良いのでしょうか。このような挨拶についてお悩みの方も多いと思います。故人を偲ぶ大切な場だからこそ、きちんとした挨拶を述べたいですよね。今回は23回忌の挨拶について、法要の流れや例文も一緒に解説していきます。

目次

  1. 23回忌の挨拶は何を話せばいいの?
  2. 23回忌の法事とは?
  3. 23回忌の流れと挨拶例文
  4. 23回忌における施主側の挨拶マナー
  5. 23回忌における参列者側の挨拶マナー
  6. 23回忌の挨拶についてまとめ

23回忌の挨拶は何を話せばいいの?

困った人々

23回忌の挨拶は何を話せばいいのでしょうか。

故人を偲ぶ大切な場での挨拶は、きちんとしたいものです。
たとえそれが親族だけの前であっても、故人のことを思うと、きちんとした挨拶をすることが、礼儀ですよね。

しかし、挨拶と言っても何を話せば良いのでしょうか。
法要直前に悩んだり、焦って挨拶を考える羽目になってお困りの方も多いはずです。
また、法要の準備をしながら挨拶を考えるもの大変ですよね。

そこで、今回は23回忌の挨拶に何を話したら良いのか、法要の流れや例文も一緒に以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 23回忌の法事とは?
  • 23回忌の流れと挨拶例文
  • 23回忌における施主側の挨拶マナー
  • 23回忌における参列者側の挨拶マナー

23回忌の挨拶に何を話せば良いのか一緒に見ていきましょう。
それに加え、すぐに役立つ内容の法要の流れや挨拶の具体的な例文の紹介します。
後半では23回忌における参列者側の挨拶マナーについても触れてますので、ぜひ最後までご覧ください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

23回忌の法事とは?

お墓

23回忌とは、亡くなられてから満22年目の命日に行われる年忌法要のことです。

このような年忌法要は、命日から月日が経てば、親族のみで行うことが一般的です。
23回忌の場合も故人の親族のみだけで営まれ、小規模なことが多いようです。

また、23回忌となると遺族は悲しみが癒えはじめ、故人との思い出やこれからのことが話題になることも多いです。
故人を偲びつつ、故人との良い思い出話をしてあげると良いでしょう。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
23回忌法要についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“23回忌” とは? - 終活用語集

年忌法要のことで、亡くなられてから満22年目の命日に行われます。一般的には13回忌法要の次に行われ、故人の近しい人が集まります。23回忌の次は25回忌などがありますが、各宗派の考え方や地域の風習によって異なってきます。

23回忌の流れと挨拶例文

葬儀

では、23回忌の流れとその挨拶について具体的な例文と一緒に解説していきます。

受付

まずは受付です。

受付では主に法要に参列された方の出席確認をします。
ここで参列される方からお供え物を渡されることが多いです。

受付では参列者の方に簡単にお礼の気持ちを込めて挨拶をしましょう。
以下で具体的な例文を紹介します。

例文1:
本日は、遠方よりお越しくださいまして誠にありがとうございます。

例文2:
本日は、ご多忙中にもかかわらず、ご足労いただきまして誠にありがとうございます。

上記の例を参考に、簡単に挨拶をしましょう。

開式の挨拶

法要の開式の挨拶をしましょう。

法要の挨拶で一番大切なことは、参列される方へのお礼の言葉です。
忙しい中、遠方から訪ねて来てくれる方も多いと思います。

そのような方への配慮を忘れないように、開式の挨拶ではまずお礼を述べましょう。

以下で具体的な例文を紹介します。

例文1:
本日はご多忙の中、また遠方よりお越しくださいまして誠にありがとうございます。
それでは、これより◯◯の23周忌の法要を始めさせて頂きます。
それではよろしくお願いします。

例文2:
本日はご多忙の中、◯◯の23周忌法要のためにお集まりいただきまして誠にありがとうございます。
それでは、法要を始めさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。

上記の例を参考に、法要の開式で参列者へお礼の気持ちを述べましょう。

僧侶の読経

一般的に法要では、お坊さんを迎えて読経していただき、故人を偲びます。

開式の挨拶後にお坊さんに読経をしていただきましょう。
この時、開式の挨拶後にお坊さんに向かって「よろしくお願いします」と頭を下げると良いでしょう。

焼香

お坊さんに読経していただいている間にお焼香をしましょう。
お焼香のタイミングについて不安な方はあらかじめお坊さんに聞いておくと良いでしょう。

焼香は一人ずつ行いますが、まず最初は主催者である施主から行いましょう。

閉式の挨拶

お坊さんの読経と焼香が終われば、23周忌の法要は終了です。

法要の閉式の挨拶でも出席してくれた参列者へお礼を述べましょう。
またこの時、故人に触れた内容や日頃からお世話になっている感謝の気持ちなども挨拶に加えるようにしましょう。

また、一般的に法要後は会食の場を設けることも多いです。
その場合には、挨拶の最後に会食の案内もしましょう。

以下で会食がある場合とない場合の具体的な例文を紹介いたします。

会食がある場合

では会食がある場合の挨拶の例文を紹介します。

例文
本日はお忙しい中、○○の23回忌法要にご参列いただきまして、 誠にありがとうございます。
お陰様で、法要も無事に終えることができ、◯◯もさぞ喜んでいることと思います。

○○が亡くなってから皆様の暖かいご支援や励ましをいただきまして、悲しみを乗り越えることができました。
皆様には心より感謝いたしております。

ささやかではございますが、お食事を用意しております。
どうぞごゆっくりとお過ごしくださいませ。

上記のように前半は参列者への感謝の気持ちを、最後には会食の案内をしましょう。

会食がない場合

法要後に会食がない場合の例文を具体的に紹介します。

例文1:
お忙しい中お越しいただいた皆さまにおもてなしも出来ずに、心苦しい限りではございますが、本日はこれで お開きとさせていただきます。
誠にありがとうございました。

例文2:
本来であれば、皆様とお食事をしながら思い出を語らいたいところではございますが、遠方から集まっていただいた方も多いため、本日はこれでお開きになります。
ありがとうございました。

上記の例文を参考に、会食の用意がなくて申し訳ない気持ちを挨拶の最後で伝えるようにしましょう。

お墓参り

法要の際にお墓参りをしなければならない決まりはありません。
お墓が離れている場所にある時や考え方によってはお墓参りをしない場合もあります。

また、法要後は参列者で故人のお墓参りに行く場合もあります。
親戚が集まる機会に一緒にお参りをする方が良いという考えもあるからです。

法要の際のお墓参りには決まりはないので、家族と相談して決めると良いでしょう。

会食

法要時の会食は読経していただいたお坊さんや、参列者に対する感謝の意を表す席として設けられます。
食事中は参列者で、故人との思い出を語らい、故人を偲びましょう。

また、法要時の会食は「お斎」とも呼ばれます。

始まりの挨拶

会食の始まりには主催者である施主が献杯の音頭をとります。

献杯の音頭の具体的な例文を紹介いたします。

例文1:
今日は、◯◯との思い出を語らいながら、◯◯を偲びたいと思っております。
それでは、献杯のご唱和お願いいたします。献杯。
ありがとうございました。それではどうぞお召し上がり下さい。

例文2:
お食事をしながら、故人の冥福を祈りたいと思っております。
それでは、献杯のご唱和お願いいたします。献杯。
ありがとうございました。それではどうぞお召し上がり下さい。

上記の例文を参考に、会食の始まりには献杯の音頭をとりましょう。

終わりの挨拶

会食は主催者である施主の挨拶で終わります

「本日はお忙しい中、最後までお付き合い下さいまして本当にありがとうございました。
これにてお開きとさせていただきます。
皆様お気をつけておかえり下さい。」

などと頃合いをみて締めの挨拶をしましょう。

お布施を渡す

法要のために読経をしてくれたお坊さんに対して、そのお礼としてお布施を渡すことがマナーです。
法要という大切な場だからこそ、お坊さんにも失礼のないようにきちんとした挨拶をすることが大事です。

以下、お布施を渡す際の具体的な例文を紹介します。

例文1:
本日はご多忙のところ、お勤めのほど誠にありがとうございました。
ささやかではございますがお納めください。

例文2:
本日は誠にありがとうございました。
お陰様で無事に23回忌法要を執りおこなうことができました。
どうぞ、こちらをお納めください。

上記の例文を参考に、失礼のないようにきちんと挨拶をしましょう。

23回忌における施主側の挨拶マナー

葬儀

23回忌における施主側の挨拶マナーについて、簡単に解説いたします。

感謝の気持ちを込める

法要での挨拶のマナーとして一番大切な事が、参列される方への感謝の気持ちです。

法要には、遠方からわざわざ日程を調節して訪ねてこられる方も多いかと思います。
このように、忙しい中集まってくれた参列者の方への配慮がとても大事です。

また、故人が亡くなってから、支援してもらったりといろいろお世話になった方も多いと思います。
そんな方への日頃の感謝の気持ちも改めて伝えることも良いとされています。

法要での挨拶では必ず、参列者へ感謝の気持ちを伝えましょう。

死を連想させる言葉は使わない

法要の挨拶にはふさわしくない言葉があります。
これを忌み言葉といい、死を連想させる言葉は使わないようにしましょう。

このような言葉を使うと失礼に当たる場合がありますので、注意しましょう。

23回忌における参列者側の挨拶マナー

葬儀

23回忌における参列者側の挨拶マナーを紹介します。

法要に参列する側でも、挨拶には十分な注意が必要です。

法要の場で「ご愁傷さまでした」と挨拶する方もいますが、この言い回しは法要では使いません。
これはお葬式の際に使う表現ですので、失礼に当たります。

23回忌の法要となると、悲しみを乗り越え、これからのことを考えている方も多いです。
このような亡くなってから年月が経った法要時には、「月日の経つのが早いですね 本日は一緒に供養をさせていただきます」などと挨拶するのが良いとされています。

法要の際の挨拶には参列者側も言葉の表現に注意が必要です。

23回忌の挨拶についてまとめ

お墓

いかかでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、23回忌の挨拶について、法要の流れや例文も一緒にご紹介しました。

記事をまとめると、以下のようになります。

  • 23回忌の法要には決まった流れがあり、その都度、それに合う挨拶をしなけばならない
  • 23回忌の法要の挨拶で一番大切なのは、参列者への感謝の気持ちである
  • 23回忌の法要では参列者側にも重要なマナーが存在する

23回忌の挨拶の仕方や、法要の流れは理解していただけましたでしょうか。
今回の記事が、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
23回忌の服装について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介

大切な方が亡くなり22年が経ち、23回忌法要に向けての準備を始めている頃でしょうか。皆さんは、23回忌の服装についてご存知ですか?今回は服装について男性、女性、子供に分けてご紹介します。最後に、服装に関する注意点にも触れているので、ぜひ最後までお読み下さい。

「23回忌・挨拶」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「23回忌・挨拶」についてさらに知りたい方へ

17回忌の挨拶には何を話すの?挨拶のタイミングと例文をご紹介のサムネイル画像

17回忌の挨拶には何を話すの?挨拶のタイミングと例文をご紹介

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説しますのサムネイル画像

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説しますのサムネイル画像

7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説します

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介します

50回忌の香典の表書きはどう書く?金額相場やマナーについても解説のサムネイル画像

50回忌の香典の表書きはどう書く?金額相場やマナーについても解説

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介しますのサムネイル画像

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介します

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しようのサムネイル画像

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しよう

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法について解説しますのサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法について解説します

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!のサムネイル画像

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「23回忌・挨拶」についてさらに知りたい方へ

17回忌の挨拶には何を話すの?挨拶のタイミングと例文をご紹介のサムネイル画像

17回忌の挨拶には何を話すの?挨拶のタイミングと例文をご紹介

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説しますのサムネイル画像

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説しますのサムネイル画像

7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説します

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介します

50回忌の香典の表書きはどう書く?金額相場やマナーについても解説のサムネイル画像

50回忌の香典の表書きはどう書く?金額相場やマナーについても解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと