お布施袋の水引はどうする?お布施の水引の色や結び方も紹介します!

お布施に水引は必要なのでしょうか。水引には種類があってお布施の場合にどのような水引にしたらいいかわからない、あるいはそもそもお布施に水引っているのと疑問に思われる方も多いかもしれません。そこで今回はお布施に水引きが必要なのかについて解説していきたいと思います。

目次

  1. お布施の水引について
  2. お布施に水引は必要なのか?
  3. お布施を入れる袋の選び方
  4. お布施の水引の結び方
  5. お布施の水引は何色が良い?
  6. お布施の書き方は?
  7. 法事の際に渡すお布施のマナー
  8. お布施の水引のまとめ

お布施の水引について

葬儀

お布施の水引について考えたことはありますか。

そもそも水引とはなにかよくわからない、水引の存在は知っているけどその意味についてはよく知らないという方は多いことでしょう。
また、一口に水引といってもたくさんの種類の水引がありますから、お布施の場合の水引を知りたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回終活ねっとでは、お布施に水引きが必要なのかについて、お布施の水引の色や結び方とあわせて以下のことを中心に解説していきたいと思います。

  • お布施に水引は必要なのか
  • お布施を入れる袋の選び方について
  • お布施の水引の結び方について
  • お布施の水引は何色にすべきなのについて
  • お布施の書き方について
  • 法事の際に渡すお布施のマナーについて

水引にはたくさんの種類があって、その色や意味合いも様々ですから知らない方も多いかもしれませんが、水引は多くの場面で用いられるものですからこの機会にまとめて理解しておくと良いかもしれません。
ぜひ最後までお読みください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

お布施に水引は必要なのか?

葬儀

お布施に水引が必要かご存知でしょうか。

水引は慶事から弔事に至るまで広く用いられるものですから、なかなかその違いや内容を知っている方は少ないかもしれません。

そもそも水引とは、紙をくるくるとした紙縒り(こより)の状態にしたものに糊を引いて固められた飾り紐のことをいいます。
一般的に水引は贈答品の紙の上から包んだり、祝儀袋などの封筒の上から付けられます。
水引をそのように使うのは、水を引いたあとは清くなることに由来し、水引にも物事を浄化し邪気を払う力があるとされているためです。

そして、お布施の場合には一般的には水引なしで良いとされています。
これはお布施はお寺に対して渡すものであり、不幸があったわけではないからと言われています。

一方で、不祝儀袋をお布施の袋として用いる場合には水引をつけることが一般的ですので注意が必要です。

もっとも、上記の場合であっても地域によっては風習が違う場合もあり、お布施に水引がいる場合もありますので事前にお布施に水引が必要どうかは確認することをオススメします。

お布施を入れる袋の選び方

葬儀

お布施を入れる袋の選び方についてはいくつかの種類があります。

まず、最も丁寧な形とされているのが奉書紙で包む場合です。
ここで奉書紙とは、パルプで作られた白くてしっかりした和紙のことをいいます。
かつて、幕府の公用文書の紙として用いられていたことから奉書紙と言われるそうですが、現在では一般的な和紙とは大きな違いはありません。

奉書紙がない場合には白い無地の封筒を選び、自分で表書きをすることも可能です。
ただし、白い無地の封筒を選んだ際には白封筒が二重にならないように注意しましょう。
これは、二重になったものは不幸が重なることを意味するものとされていることに由来するためです。

お布施の水引の結び方

葬儀

お布施の水引の結び方にはどのような種類があるのでしょうか。

そもそも水引の結び方に種類なんてあるのか、水引の結び方の種類は分かるけどその意味なよく知らないという方も多いかもしれません。

以下では、よく用いられる水引の結び方である「あわじ結び」と「蝶結び」に分けてその形や意味について解説していきたいと思います。

あわじ結び

あわじ結びの特徴は、結び目の部分がおめでたいとされる鮑(あわび)の形をしていることにあり、名前の由来とされています。

あわじ結びは結び切りと言われる結び方の一つで、結びを解くのが難しいことから一度きりの祝いや弔事に用いられるとされています。
具体的には、結婚式や快気祝い、法事などの場合に用いられる結び方です。

蝶結び

蝶結びの特徴は、その名前の通り結び目が蝶の形をしていることにあります。

蝶結びの場合は、あわじ結びとは異なり結び目が簡単に解くことができるので、何度も繰り返してよいお祝いごとの場合にしか用いられません。
具体的には、出産・入学・進学の場合に用いられます。
一方で、結婚や法事の場合には蝶結びの結び方にするのは不適切とされていますので注意が必要です。

お布施の水引は何色が良い?

困った人々

お布施に水引を用いる場合には何色にいたら良いのでしょうか。

上述の通り、一般的にはお布施には水引を必要はないのですが、お布施を不祝儀袋に入れる場合には水引が必要になります。

お布施に水引を用いる場合には、一般的には双銀や白黒の水引が用いられます。

もっとも、地方や法要次第では双銀や白黒の水引以外が用いられることがあるので、以下で整理しておきたいと思います。

関西地方の場合

まず、関西地方ではお布施の場合であっても、黄色と白の水引を使用することがあります。
これは、紅白の水引はかつて皇室献上用の水引として用いられており、染めた直後が黒白の水引に似ていたことから、その区別ができなかったことに由来するとされています。
すなわち、関西地方で黄色と白の水引を使用するのは、紅白と黒白の水引と間違えないように区別するためといえますね。

入仏法要・建碑法要の場合

入仏法要、建碑法要の場合には、お布施の水引は紅白のものを使います。

ここで、入仏法要とは御本山から本尊様を新仏壇に迎え入れる法要のことをいい、建碑法要とはお墓を新設する場合の法要のことをいいます。

入仏法要と建碑法要はどちらも浄土真宗の法要をさし、浄土真宗では仏壇や本尊に魂を込めるという概念がありません。
したがって、真言宗などの他宗派における開眼供養や入魂式とは呼ばず、入仏法要や建碑法要は御本尊を迎え入れる祝い事にあたるとされています。

よって、両者はお祝いごととされているので水引には紅白のものを使うこととされています。

お布施の書き方は?

葬儀

お布施はどのように書けばいいかご存知でしょうか。

まず、お布施の表書きは薄墨ではなく、通常の黒墨で書きます。
これは、お布施はお寺に対して渡すものであり、お寺に不幸があったわけではなく薄墨で書く必要はないからです。

表書きをする場合には、「お布施」「御布施」と記載し、中袋の裏面の左側には住所・氏名を、右側には御布施の金額を「金〇〇円」という形で記載します。
ここで、御布施の金額の記載については漢数字の旧字体(5万円→伍萬円、10万円→壱拾萬円、20万円→弐拾萬円など)を用いるのが丁寧なマナーとされています。

もっとも、以上の場合の他にも表書きについては空白のままで何も記載しなくて良いとされています。

以上の他にも、お布施の書き方について知りたいという方は以下の記事でより詳しく知ることができるので合わせて参照してみてくださいね。

こちらも読まれています

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

葬儀やお墓のことなどでお世話になるのが僧侶の方です。僧侶の方にお経をあげてもらったことへの謝礼がお布施ですが、香典などと違って書き方がわからないという方も多いでしょう。今回はお布施を手渡す際、恥ずかしい思いをしなくて済むお布施の書き方について見ていきます。

法事の際に渡すお布施のマナー

仏壇

以上では、お布施の水引や書き方などお布施そのものについてのマナーについて解説してきました。

しかし、法事の際にお布施を渡す場合には、お布施の袋や水引き、書き方だけでなく渡すことに関してもマナーがあります。
法事の際のお布施はお寺に法要をしていただいたお礼と感謝を示すものですから、渡し方についてもお寺の失礼にならないようにしたほうがよいといえます。

そこで以下では、法事でお布施を渡す場合の渡し方のマナーについて説明したいと思います。
具体的には、お札を入れる向きやお布施の渡し方についてのマナーがありますので以下で解説していきたいと思います。

お札を入れる向き

お布施のお札の向きは、お札の表側(顔が印刷された面)を封筒の表面にし、お札を取り出すときに福沢諭吉の顔が最初に見える向きでお札をいれます。
また、お布施はお寺に渡すものですからお札は新札・旧札のいづれでも構いません。

お布施の渡し方

お布施の渡し方は袱紗(ふくさ)から取り出して渡すか、お盆の上に載せるのがマナーとされています。

まず、袱紗とは小さな風呂敷のようなもので、金封を包んで持ち運ぶための布のことをいいます。
袱紗に包む場合には、弔事の包み方をする必要があります。
具体的には、ダイヤ状に袱紗をおいた上で、金封を中央より右側におきます。
そして「右→下→上→左」の順に包んでいきます。

お盆の上にお布施を載せて渡す場合には、正式には切手盆、祝儀盆と呼ばれる黒いお盆を用意することとされています。
もっとも、お盆を急に用意する場合もありますからその場合には黒いお盆でなく通常のお盆でもかまいません。
また、葬儀社の方でお盆を用意してくれる場合もあるので事前に相談してみると良いかもしれません。

お布施の水引のまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。

今回終活ねっとでは、お布施に水引きが必要なのかについて、お布施の水引の色や結び方とあわせて解説してきました。
今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • お布施の場合には基本的に水引は不要であるものの、お布施の袋に不祝儀袋を用いる場合には水引が必要である。
  • お布施をいれる袋は奉書紙か白い無地の封筒を選ぶべきである。
  • お布施の水引の結び方は、一度きりの弔事を意味するあわじ結びを選ぶべきである。
  • お布施の水引の色は、基本的には双銀や白黒の水引であるものの、関西地方では黄色と白の水引きが、入仏法要・建碑法要の場合には紅白の水引きが用いられる。
  • お布施の書き方は、薄墨で表書きにお布施と書くか空白でよく、中袋の裏面に金額、住所、氏名を記載する。
  • お布施の渡し方としては、お札は封筒の表面にお札の表側が来るようにし、お布施は袱紗から取り出すかお盆で渡す。

地方によっては水引の習慣についても違いがり、水引の色や意味までも違ってくるなんて驚きですね。
水引は慶事から弔事に至るまで広く用いられるものですから、早めにおさえておくと今後のマナーとして身につき様々な場面で役立つかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「お布施・水引」に関連する記事

「お布施・水引」についてさらに知りたい方へ

  • 水引の結び方とその意味を解説。現代ではアクセサリーに?のサムネイル画像

    水引の結び方とその意味を解説。現代ではアクセサリーに?

    水引は日本の冠婚葬祭では欠かすことの出来ない、世界に誇れる日本の伝統文化の一つです。日本人は水引の結び方に意味を見出し相手への想いをこめて、贈答品や金封のやり取りをしてきました。今も水引はさまざまな形に変化しながら、私たちの生活に浸透しています。多様化する水引の世界をご紹介します。

  • 正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介のサムネイル画像

    正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介

    みなさんは正しいお布施の包み方を知っていますか?お葬式や法要の場でお布施をお坊さんに渡すことは知っていても、お布施の包み方を知っている方は少ないのではないでしょうか。今回は、正しいお布施の包み方とその表書きや渡し方のマナーにご紹介いたします。

  • 正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介しますのサムネイル画像

    正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介します

    葬儀や法要などがあるたび、お布施は毎回準備する必要があります。そのお布施には正しい入れ方があることをご存知でしょうか?この記事では、お布施の正しい入れ方や金額などについて解説します。ぜひ、最後までご覧ください。

  • のし袋(熨斗)の水引の種類はなに?色や結び方・包み方も解説しますのサムネイル画像

    のし袋(熨斗)の水引の種類はなに?色や結び方・包み方も解説します

    冠婚葬祭でよく見かける飾りのついた袋をのし袋といいますが、その飾りの部分のことを水引といいます。おめでたいことであれば紅白、お悔やみごとであれば黒白と場によって使う種類が異なるのはご存知でしょう。実はのし袋の水引の種類は他にもたくさん存在します。

  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

  • 二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説のサムネイル画像

    二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説

    二七日(ふたなのか)のお布施はどのように渡せば良いのでしょうか。法要の場でお布施を渡す際には、どのように渡したら良いのか戸惑ってしまう方も多くいらっしゃると思います。今回は、二七日の法要におけるお布施の渡し方と、表書きの書き方や金額相場について解説いたします。

  • 23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像

    23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

    みなさんは、23回忌の法要のお布施の金額の相場をご存知でしょうか。お布施にも包み方や渡し方にマナーがあります。そこで今回終活ねっとでは、23回忌のお布施の包み方や表書きの書き方、袋の選び方など、23回忌のお布施について詳しく解説します。

  • 水引の結び方と種類ってどれが正しいの?基本の使い方のサムネイル画像

    水引の結び方と種類ってどれが正しいの?基本の使い方

    結び方によっては、お正月飾りとしても使える水引の種類は豊富です。今回は水引について、結び方や色、本数など種類によって変わる意味についてご紹介します。

  • 納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?のサムネイル画像

    納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?

    納骨の際、供養をしていただいた御礼として僧侶へお布施を渡します。ではこのお布施、どうやって渡せばよいのでしょうか?お布施の相場はどれくらいでしょうか?今回は、納骨の際に渡すお布施について、詳しく見ていきます。

  • お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!のサムネイル画像

    お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

    葬儀やお墓のことなどでお世話になるのが僧侶の方です。僧侶の方にお経をあげてもらったことへの謝礼がお布施ですが、香典などと違って書き方がわからないという方も多いでしょう。今回はお布施を手渡す際、恥ずかしい思いをしなくて済むお布施の書き方について見ていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「お布施・水引」についてさらに知りたい方へ

水引の結び方とその意味を解説。現代ではアクセサリーに?のサムネイル画像

水引の結び方とその意味を解説。現代ではアクセサリーに?

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介のサムネイル画像

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介しますのサムネイル画像

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介します

のし袋(熨斗)の水引の種類はなに?色や結び方・包み方も解説しますのサムネイル画像

のし袋(熨斗)の水引の種類はなに?色や結び方・包み方も解説します

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説のサムネイル画像

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

水引の結び方と種類ってどれが正しいの?基本の使い方のサムネイル画像

水引の結び方と種類ってどれが正しいの?基本の使い方

納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?のサムネイル画像

納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!のサムネイル画像

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと