23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

23回忌の香典は、正しく包みたいものの、なじみがなくてよくわからないものです。冠婚葬祭の礼儀作法は、事前に正確なことを知っておきたいものです。金額、関係性や家族構成、宗派ではどう香典が異なるのか?情報を子細に整理しましたので、23回忌の参考にしてみてください。

目次

  1. 23回忌の香典にはいくら包むのか?
  2. 23回忌法要とは?
  3. 23回忌の香典の金額相場はいくら?
  4. 23回忌の香典の書き方
  5. 23回忌の香典のマナー
  6. 23回忌の香典返しはどうすればいいの?
  7. 23回忌の香典についてまとめ

23回忌の香典にはいくら包むのか?

葬儀

みなさん一度はいわゆる〜回忌といった法要に参加したことはあるでしょうか。
法要に参列した際には、香典を持参するのがマナーとなっています。

ですが、友人の参列も珍しくなってくる23回忌の香典では、適切な金額がわからないという方も多くなってきています。
ほとんどが親族のみで行われますし、前回から期間が空いたりもするため、参列する機会になると思いのほか情報が頭の中から抜けてたりもします。

そこで今回終活ねっとでは、23回忌の香典について

  • 23回忌法要とは
  • 23回忌の香典の金額の相場はどれくらいなのか
  • 香典袋の書き方は他の回忌法要と異なる?
  • 気をつけておきたい23回忌での香典のマナー
  • 23回忌での香典返しはどうすれば良いのか

これらことを中心に解説していきたいと思います。
ぜひ最後までお読みください。

23回忌法要とは?

お墓

23回忌法要とは、亡くなられてから満22年目に行う仏式の法要のことで、故人と近しい人が集まります。

この23回忌法要は、行わない場合や27回忌と併合して25回忌として行うこともあり、参列者も限られているため、施主側からお仏前を事前に断られるケースもあるなど形式は柔軟になっています。

故人を弔い、故人を知る人同士で歓談するといったことが中心となりますので、襟を正す心配は過度にしなくてもよいでしょう。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
23回忌法要についての詳細を知りたい方は、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“23回忌” とは? - 終活用語集

年忌法要のことで、亡くなられてから満22年目の命日に行われます。一般的には13回忌法要の次に行われ、故人の近しい人が集まります。23回忌の次は25回忌などがありますが、各宗派の考え方や地域の風習によって異なってきます。

23回忌の香典の金額相場はいくら?

お金

それでは、23回忌の香典の金額相場はいくらくらいなのでしょう。

23回忌は何度か行っている年忌法要の一つなので、この範囲の中から施主に気遣いさせない程よい金額を検討するのがよいとされています。

また、金額については立場などによっても変わってきます。
それでは見ていきましょう。

故人との関係性によって異なる

まずわかりやすい指標となるのは、香典を出す本人と故人との関係性です。

故人が祖父母の場合

故人が祖父母の場合、20代~30代の方があてはまることも多く、1~3万円が相場になります。

扶養されている場合、未成年の場合などは親が出すのでなしという考えが一般的です。
対して、社会人や結婚している場合は、自身で香典を出した方がよいでしょう。

故人が実親の場合

故人が実親の場合でも、喪主を務めない際には香典を出すことになります。

配偶者が喪主を務めることも多くなっていますが、実子は依然として喪主の根強い候補なため、負担を鑑みて相場は3万円~5万円と比較的高額になっています。

この場合には、自身の発言権も大きいものとなるので、どれくらいの規模で行うのかなども相談しながら決めるのがよいでしょう。

故人が伯父など親戚の場合

故人が伯父など親戚の場合は1~3万円が相場となります。

どれほど故人と親密だったかにもよりますが、祖父母や実親の額を超えることは基本的にない、ということを覚えておきましょう。

家族構成によっても異なる

家族単位で参列する場合は、それに適した配分を心がける必要があります。

家族構成による違いについて見ていきましょう。

夫婦で包む場合

多くあるのが夫婦で包む場合です。

夫婦として参列し2人分を包む場合、個人で1万円~3万円のところが2万円~3万円になります。
故人と直接血縁関係があるのは1人だけということを考えると、妥当な金額と思われます。

子供がいる場合

続いて子供がいる場合です。

先述した通り、幼い子供や未婚の学生などの場合、香典を持参する必要はありません。
また、親子で参列する場合には、子供が学生などの場合は、金額も考慮する必要はないとされています。

けれど、会食があったり会場を借りるなど、人数分の経費がかかる場合には、その費用分を追加するのが望ましいでしょう。

23回忌の香典の書き方

葬儀

香典に包む金額についてはお分かりいただけたかと思います。
では、続いて香典を包む香典袋の書き方についてです。。

23回忌での香典の書き方は、基本的に他の年忌法要等と書き方は変わりませんが、覚えておいて損はありません。

それでは見ていきましょう。

表書きの書き方

まずは表書きの書き方についてです。

23回忌法要は本来仏式だけのものですが、他の宗教で同じような法要を行うこともあります。
その際、宗教によって香典の書き方や香典袋も異なっているので、それに合わせる必要があります。

それでは見ていきましょう。

仏式の場合

仏式の場合、香典袋の上部真ん中に「御霊前」「御香典」「御香料」のいずれかを書きます。

この際、注意しなければならないのが、浄土真宗の場合は「御霊前」ではなく「御仏前」と書かなければならないということです。
これは浄土真宗の教えに基づいたことですので、失礼にならないよう、よく確認しておきしましょう。

宗教によって違いは、表書きの書き方だけでなく、香典袋についてもあります。

仏教では、蓮の花の入った香典袋、もしくは無地の香典袋を使います。
また、袋を留める水引きには白黒、もしくは水銀の色をした結び切りのものを使います。

また、表書きを書く際には、薄墨ではなく真っ黒の墨を用います。
というのも、薄墨には「突然の訃報で涙が流れ、字が薄くなった」という意味がこめられており、四十九日までとなっているからです。

そのため、23回忌のような年忌法要では真っ黒で統一するようにしましょう。

神式の場合

神式の場合の表書きは、香典袋の上部真ん中に、「御神前」「御榊料」「御玉串料」「御霊前」のいずれかを書きます。

また、香典袋は無地のものを選びます。
蓮の花は仏教専用で使えませんので注意してください。
霊祭について墨の薄さの規定はありませんが、特に薄める理由もないので真っ黒で合わせるのが無難です。

水引きには仏教と同じく、白黒か水銀の色をした結びきりのものを使います。

キリスト教式の場合

キリスト教式の場合には、プロテスタントであれば「御花料」、カトリックであれば「御ミサ料」、もしくは「御霊前」と書きます。

香典袋はユリの花や十字架の入ったものが使われます。
これは、他の宗教ではもちろん使えないので注意してください。

水引きはなく、墨に関する規定もないので真っ黒で大丈夫です。

名前の書き方

次に、名前の書き方について見ていきます。

通常であれば香典袋の下段真ん中に氏名をフルネームで書けばいいのですが、複数名でまとまって香典を出す状況になった時には書き方が変わってきます。

連名の場合

まずは、連名の場合の書き方について見ていきます。

よくあるパターンとして、夫婦が一緒に香典袋を出すケースが挙げられます。
その場合は夫のフルネームを中央に書くだけでかまいませんが、故人との関係が深い場合は、左に妻の名前だけを並ぶように付け足します。

参列できない夫の代わりに妻が代理で参列する場合は、夫の名前を書き、その左脇に「内」と書きます。

友人や孫一同などで出す場合は、フルネームを等間隔になるように書きます
3名までが綺麗に入るかどうかといったところなので、3名もしくはそれ以上になる場合は、中央に代表者の氏名をフルネームで中央に書き、他何名といった形で左に書き足します。

故人との関係性がわかることが重要なので、最も適した人を代表者に選びましょう。

複数人の場合

複数人の場合でも、連名で出さないことがあります。
具体的には、会社で香典を出す場合などが挙げられます。

会社やグループ名義で出す時は、代表者の氏名やグループ名だけでは関係性が伝わりません
その場合は右に企業名や所属先を書き、役職を書く必要があれば名前の上にやや小さめに書くと綺麗にまとまります。

中袋の書き方

最後に、実際にお金を入れる中袋の書き方についてご紹介します。

中袋には、金額と会葬者の住所氏名や連絡先を書き、香典返しなどがしやすいように配慮します。
市販の香典袋には、記入欄がすでに用意されているものもあります。

礼儀として失礼のないようにすることも大事ですが、こちらは配慮と相手方のわかりやすさを重視したものがいいでしょう。
法要に関わる人たちの手間をとらせないのも綺麗な終活の一つです。

金額の書き方

まず注意点の一つ目として、金額の書き方があります。

数字を簡単にかいざんできないよう、難しい漢数字を使っていたのがそのまま慣例となっています。
1から4を抜いて、順に「壱」「弐」「参」「伍」「七または漆」「八」と書き、桁は「拾」「百」「仟または阡」、「萬」と書いて表します。
4と9は「死」や「苦」を彷彿とさせるため、使用しません。

円を「圓」と書くこともありますが、現代ではこの筆記で取り違えもかいざんも起こらないので、どちらでも大丈夫です。

また、横書きの記入欄が用意されている場合は、アラビア数字でかまいません。

ちなみに、金額の後の「也」は書いても書かなくても良いと言われています。
銭や厘が流通していた頃に、円の金額の後に付け足されないように使われたものの名残で、礼節的な意味は伴っていないためです。

中袋なしの場合

地域によっては「不幸が重なる」という意味になるのを避けて中袋を使用しないところがあります。
一般的に売られている市販の香典袋にもそのようなタイプがあります。

そのような中袋なしの場合は、香典袋の裏側の下部に同じ内容を小さく書いておくのが通例です。
記入欄があることも多く、そのケースなら迷うこともないでしょう。

中袋ありの場合と同じく、大切なのは受け取った側がわかりやすく、必要な情報が書かれていることなので、他の方と多少違っていても心配することはないでしょう。

23回忌の香典のマナー

葬儀

続いて、23回忌の香典のマナーについて見ていきます。

23回忌となっても、香典のマナーは他の年忌法要と大きく変わりません。

例年通りとなりがちですが、要点を忘れないように見直しておきましょう。

新札は使わない

基本的なことですが、用意していた印象を与えないよう、おろしたての新札は使わないのが礼儀となっています。
手持ちがなければ、真ん中で折り目をつけておくのが一般的です。

新札を使わない方がいいとはいえ、あまりにボロボロのお札を使うのも単純に見栄えがよくないので、避けた方が無難でしょう。

お札の入れ方に注意

気にされることは少ないですが、お札の入れ方にも推奨されるやり方があります。

お札を2枚以上入れる場合は向きを揃えて、人物の絵がある表を香典袋、中袋の裏側、下側になるように入れます。

袱紗に包んで渡す

袱紗に包んで香典を渡す場合は、色と包み方に気をつける必要があります。

弔事に使える色は寒色系で、紫・うぐいす・青・緑・グレーなどが挙げられ、紫は慶事にも使えるので、1種類だけ用意しておくなら紫がよいでしょう。

開いて表書きが正面にきた時、香典が左から出る左開きにするのが弔事用の包み方です。
なので、包む時は香典との角度はひし形になるようにし、中央よりやや右に置いて、右・下・上の順に包んでいくようにします。

23回忌の香典返しはどうすればいいの?

人々

最後に、自身が法要を開催する立場となった場合の、23回忌の香典返しについてです。

弔事を滞りなく終えたことを伝えるのが本来の意味なので、例年通りの香典返しとしてもいいですし、香典や供物をあらかじめ断っている場合は香典返しをなしにすることもあります。

「こうするべき」という形式はありませんので、故人の意志を尊重し、喜びそうなことに使うよう皆で話し合うと、温かい良い法要になると思います。

23回忌の香典についてまとめ

null

今回終活ねっとでは、23回忌の香典について解説していきました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 香典の金額は1万円~5万円ほどが相場。
    近親者ほど高いが、人数も多くならないので話し合って決めておくといい。
  • 夫婦は片方が血縁なので5割増し程度、子供や被扶養者は会食などの雑費分を代表者の香典に追加する。
  • 宗教によって香典袋の修飾や水引きの有無が異なる。
    どの宗教でも「御霊前」は使えて、墨も真っ黒でよい。
  • 連名や複数名で出す時は、関係性がわかるように表書きを書く。
  • 中袋は受け取った側の作業を円滑にするように書くことが一番。挙げられた難しい漢数字で書き、必要であれば住所や連絡先などの情報を記載しておくこと。
  • 香典のマナーとして、新札は使わず、手持ちがないなら折り目をつける。向きは揃えて裏側、人物の顔を下にする。袱紗に包んで渡す時は弔事用の寒色系を使い、左開きになるよう包むこと。

少し気をつけるだけで失礼にならず十分に真心を示せますので、心に留めておきましょう。

終活ねっとでは、このほかにも法事や法要に関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてご参考ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「23回忌・香典」に関連する記事

  • 7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

    7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

    7回忌の香典となると表書きや名前の書き方、渡す際のマナーといったしきたりがあります。 親戚などが集まる場において香典で恥を書きたくないという人は、この記事を読めば不安が解消されます。 7回忌に最適なお供え物などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

  • 13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

    13回忌の法要に招待されたけど、香典の書き方やマナーは完璧と言える自信はありますか? 法要に何度も参列することの方が少ないので、香典の書き方やマナーは忘れがちです。 今回は、13回忌の香典の書き方などが不安という方には嬉しい情報をまとめています。

  • 17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

    命日に合わせて行われる年忌法要は、ご遺族にとって大切なご供養の場です。今回は年忌法要のなかでも、17回忌の香典袋の書き方や金額の相場など役立つ知識について詳しく解説いたします。また、17回忌のご香典の知っておきたいマナーについてもご説明いたします。

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

  • 3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

    3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

    法要における香典について、書き方や金額相場を御存じない方も多いのではないでしょうか。特に3回忌の法要では、ご家族以外にも遠い親戚などの参列者がいらっしゃいます。マナー違反にならないよう、今回の記事では3回忌の香典の書き方や金額相場について詳しく学びましょう。

  • 7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

    7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

    皆さんは7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方をご存知ですか?今まで正しい方法を知らずに、香典袋を書いたり選んでいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方について解説していきます。最後までご覧ください。

  • 33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

    33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

    香典袋にも種類があるのをご存知ですか?33回忌の法要に出席する場合、香典も持参します。香典をお渡しする際、間違ったものをお渡ししてしまうとマナー違反になったり恥をかいてしまうこともあります。今回は33回忌に相応しい香典袋の選び方と書き方についてご紹介します。

  • 13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

    回忌法要における13回忌は最後の法事となることが多いため、13回忌法要には多くの方をお招きするのが一般的です。今回はその13回忌の香典について、書き方やマナーなどを解説していきます。香典に関するマナーについて、改めて整理しながらみていきましょう。

  • 7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

    7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

    故人が亡くなった後には7回忌などの年忌法要があり、その度に香典金額はどうしたらいいかと迷うことがあると思います。 そういった方にとって今回の記事は必見です。 今回この記事では故人との関係別での香典金額や7回忌での香典袋の書き方などを詳しく解説しています。

  • 3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

    3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

    3回忌などの法事・法要に参列する際には香典を包まないといけませんよね。では、3回忌などの法事・法要に包む香典の金額相場はいくらくらいなのでしょうか?今回は、3回忌の香典の金額相場を故人との関係別にご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「23回忌・香典」についてさらに知りたい方へ

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「23回忌・香典」についてさらに知りたい方へ

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと