二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説

二七日(ふたなのか)のお布施はどのように渡せば良いのでしょうか。法要の場でお布施を渡す際には、どのように渡したら良いのか戸惑ってしまう方も多くいらっしゃると思います。今回は、二七日の法要におけるお布施の渡し方と、表書きの書き方や金額相場について解説いたします。

目次

  1. 二七日のお布施はどう渡せばいい?
  2. 二七日(ふたなのか)の法要とは?
  3. 二七日のお布施の金額相場はいくら?
  4. 二七日のお布施の袋はどのように選ぶ?
  5. 二七日のお布施の書き方
  6. ニ七日のお布施の渡し方
  7. お布施以外に僧侶に渡すお金
  8. 二七日のお布施についてまとめ

二七日のお布施はどう渡せばいい?

仏壇

二七日のお布施は、どのように渡すのが良いのでしょうか。

法要の場で、施主がお坊さんにお布施をお渡しする場面をご覧になったことがある方もいらっしゃるでしょう。
しかし、自分がいざお布施の準備をして渡す機会はめったにないですよね。

お布施をどのようにしてお坊さんに渡せば良いのか、ということはあまりよく知られていません。
また、お布施の書き方や包む金額の相場などについてご存知ない方も多いと思います。

二七日の法要は、故人を偲ぶ大切な法要の一つです。
お坊さんにも失礼のないように、マナーを守ってお布施を渡したいものですよね。

今回終活ねっとでは、二七日のお布施の渡し方とその書き方や相場について

  • 二七日(ふたなのか)の法要とは?
  • 二七日のお布施の金額相場はいくら?
  • 二七日のお布施の袋はどのように選ぶ?
  • 二七日のお布施の書き方
  • ニ七日のお布施の渡し方
  • お布施以外に僧侶に渡すお金

以上のポイントを中心に解説いたします。
ぜひ一緒に、二七日のお布施の渡し方や書き方、金額相場などについて見ていきましょう。

自分はお布施を渡す機会がないので大丈夫とお思いの方にも、必見の記事となっています。
知っていて損はない大切なマナーですので、今から準備しておくと良いでしょう。

記事の後半では、お布施以外に僧侶に渡すお金のことにも触れています。
ぜひ、最後までご覧ください。

また、お坊さんをよりお安く手配したいという方はこちらをご覧ください。

二七日(ふたなのか)の法要とは?

仏壇

ニ七日(ふたなのか)の法要とは何でしょうか。
最近ではニ七日の法要は省略される場合も多いので、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。

ニ七日の法要とは、故人がなくなって14日目の法要のことです。
初七日(しょなのか)に続き、七日ごとに法要を行うことが一般的とされています。
ニ七日の法要も、そのうちのひとつです。

基本的には、ご自宅にお坊さんを迎えて読経を行い、故人を偲びます。
二七日の法要は、遺族や親戚のみの小規模で執り行われるのが一般的となっています。

二七日のお布施の金額相場はいくら?

困った人々

二七日の法要におけるお布施の金額相場はいくらでしょうか。

ニ七日の法要では、お坊さんをご自宅に招いて読経して頂き、故人を供養してもらいます。
お布施は、僧侶の方に読経をして頂いたお礼の気持ちを込めて渡します。
お布施として、いくらお包みすれば良いのか悩まれる方も多いと思います。

お布施の金額相場は、大体1万円~5万円となっています。

しかし金額相場は、あくまでお坊さんに対する謝礼なので決まりがあるというわけではありません。
自身で自由に金額を決めても大丈夫ですが、お渡しする金額が少なすぎても失礼に当たります。
僧侶の方に失礼にならないために、上記の範囲内で検討すると無難です。

また、お布施を用意する前にお坊さんに相談してから、失礼のない金額を包むのも良いとされています。

お布施は、読経をして頂いた僧侶に対するお礼の気持ちです。
上記で述べたお布施の相場を参考に、失礼のないようにお礼の気持ちを包みましょう。

二七日のお布施の袋はどのように選ぶ?

仏壇

では、二七日抱擁におけるお布施の袋はどのように選ぶのが良いでしょうか。

お布施の包み方には、2パターンあります。
以下で詳しく解説していきます。

奉書紙に包む

お布施を奉書紙で包むことは、法要における正式なマナーとされています。
また、一番丁寧な包み方ともされています。

まずは、お札を半紙で包んで中包みを準備します。
お札を半紙で包まない場合は、中袋に入れて代用しても構いません。
そして中包み、または中袋を奉書紙で包装しましょう。

包む時は、奉書紙のざらざらした面を裏にして包みましょう。

お布施を包むとき、弔事の包み方にする必要はありません。
お布施は不祝儀ではないため、慶事の包み方で良いとされています。

封筒に包む

奉書紙で準備ができない場合は、白の封筒に包んでも問題ありません。

封筒に包む場合、郵便番号欄が印刷されていない無地の封筒を選びましょう。
また、封筒が二重になっているものは「不幸が重なる」という意味合いが含まれます。
法要の場にはふさわしくないので、二重の封筒は避けましょう。

白い封筒についてですが、既に「お布施」「御布施」と印字されたものも売られています。
お布施用の封筒を購入して使用するのも良いとされています。

しかし、あくまでも封筒に包むことは略式です。
準備する時間がある場合は、奉書紙で包むと丁寧な印象を与えることができますよ。

水引は必要?

お布施の袋に、水引は不要です。
ただし、奉書紙や無地の白封筒に包まずに不祝儀袋に包む人もいます。

もし水引付きの封筒に包む場合は、色は黒白や黄白を選びましょう。
水引の色の選び方は、地域や宗派によって異なります。
特に関西と関東では考え方も違いますので、不安な場合は事前に周りの方に相談しましょう。

しかし、やはり一般的には奉書紙が一番丁寧な包み方で、次に無地の白封筒とされています。
不祝儀袋に包むことはマナー違反ではありません。
しかし、水引を付けない方が丁寧な包み方とされていますので注意しましょう。

二七日のお布施の書き方

葬儀

ここでは、二七日のお布施の書き方を解説していきます。
お布施の書き方にも大切なマナーが存在しますので、一緒に見ていきましょう。

薄墨は使用しない

香典は薄墨で書きますが、お布施は薄墨で書きません。
お布施の場合は普通の墨を使用するのが一般的です。

薄墨は、「悲しみの涙で墨が薄くなってしまった」「悲しみのあまり墨をすれない」という悲しみを表現するものとして考えられています。

お布施は僧侶に対するお礼ですので、薄墨で書く必要はありません。
薄墨で書くとかえって失礼に当たる場合もありますので、注意が必要です。

表書き

お布施の表書きには、御布施や「お布施」などと書きます。

お布施袋の表書きは、毛筆で書くのが良いとされています。
ボールペンやサインペンで書くことは、できるだけ避けましょう。

名前

名前は、「御布施」や「お布施」と書いた下段に記載しましょう。

一般的にお布施の場合、名前は○○家と記載します。
また、施主のフルネームを書いても良いとされています。

金額

お布施に包む金額ですが、一般的には裏面には書かないことが多いです。
お布施はお坊さんに対するお礼の気持ちという考え方から、金額は書かないほうがいいとされることもあります。

ただし、中袋には金額を記入する場合もあります。
また金額を記入する欄が、既に印刷されている場合もあります。
記入欄がすでにある場合は、表記に従って記入するようにしましょう。

金額を書く場合は、漢数字で書くことがマナーとされています。
漢数字に関しても旧字体を使用することが良いとされ、金額の頭に「金」と記載する必要があります。

例えば一万円を包む場合は、「金 壱萬圓」と記載するようにしましょう。

お布施の金額の書き方は特殊ですので、書き方には注意しましょう。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
お布施の書き方についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

葬儀やお墓のことなどでお世話になるのが僧侶の方です。僧侶の方にお経をあげてもらったことへの謝礼がお布施ですが、香典などと違って書き方がわからないという方も多いでしょう。今回はお布施を手渡す際、恥ずかしい思いをしなくて済むお布施の書き方について見ていきます。

ニ七日のお布施の渡し方

葬儀

それではニ七日のお布施は、どのように渡せば良いのでしょうか。
お坊さんにお渡しするので、失礼のないようにしたいものです。

お布施を渡すタイミング

お布施を渡すタイミングは、お坊さんがお帰りになるタイミングで渡すのが良いです。
読経が終わり、お坊さんがお帰りになる前に渡せるように準備しておきましょう。

お布施は手で直接にお坊さんに渡すことも、床に置くこともマナー違反とされています。
では、どうやってお布施を渡したらよいのでしょうか。

袱紗に包む

お布施は袱紗で包んで渡しましょう。

渡す時は、袱紗を広げてお布施を出し、袱紗をお布施と同じくらいに折りたたみます。
その上にお布施を乗せて、お坊さんに差し出しましょう。
渡す時、お布施の向きはお坊さんから見て正面になるようにしましょう。

また袱紗以外にも、切手盆に乗せて渡すのも良いとされています。
お盆を利用する場合、お坊さんを自宅に招いた時に限ります。
渡すときは、お坊さんから見て正面の向きにお布施を乗せて差し出しましょう。

挨拶をしてから渡す

お布施を渡す際には簡単な挨拶をしてから渡すようにしましょう。

以下に簡単な挨拶の例文を挙げますので、ぜひ参考にしてください。

  • 本日はお勤めありがとうございました。些細ではございますが、どうぞお納めくださいませ。
  • 本日はありがとうございました。些少ではございますが、お礼です。お納めくださいませ。

お布施を渡す際には、上記のようにきちんとお礼を述べてから渡すようにしましょう。

お布施以外に僧侶に渡すお金

お金

お布施以外にもお坊さんに渡す謝礼金もありますので、簡単に解説します。

お車代

二七日などの法要の際、自宅にお坊さんを招く場合にはお車代を渡す場合があります。

お車代は、お布施と別に包んで渡します。
表書きは、「御車代」や「御車料」などとします。

お車代の金額相場は、大体5千円~1万円とされています。

御膳料

御膳料とは、お坊さんが法要後の会食に参席しない場合に、御膳の代わりとしてお渡しするものです。

二七日の法要で会食の席を設ける場合には、御膳料を渡す場合もあります。
表書きは、「御膳料」とします。

御膳料の相場は、大体5千円~1万円とされています。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
御膳料の書き方についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

御膳料の封筒への名前の書き方を解説!表書きの書き方もご紹介します

御膳料とはどんなものかご存知ですか?御膳料の書き方や名前の入れ方などについても、いまひとつ明瞭ではありません。そこで、御膳料のそもそもの意味や、御膳料への名前の書き方など多岐に渡って、詳しく紹介いたします。この記事を読んで、法事の際に慌てないようにしましょう!

二七日のお布施についてまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、二七日のお布施の渡し方や書き方、金額相場などについて解説してきました。

記事の内容をまとめると、以下のようになります。

  • 二七日の法要とは、故人が亡くなって14日目の法要のことである
  • 二七日のお布施の袋は奉書紙に包むか、無地の白封筒に包むのが良いとされる
  • 二七日のお布施の表書きは普通の墨で書く
  • 二七日のお布施の金額は漢数字の旧字体で書く
  • ニ七日のお布施の渡し方は2通りあり、袱紗に包む渡し方とお盆に乗せる渡し方とがある
  • お布施以外にもお車代や御膳料と行ったお坊さんに渡すお金がある

お布施の渡し方や書き方、金額相場などについてご理解していただけましたでしょうか。

お布施の渡し方ひとつにしても、大切なマナーが存在することがわかりました。
これで、自分がお布施を渡す場面がやってきても失礼のないように渡すことができますね。

今回の記事が少しでも、今後に役立てて頂けたら幸いです。

終活ねっとでは、ほかにも法要やお布施に関する記事を掲載しています。
ぜひ、こちらも合わせてご活用ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「二七日・お布施」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「二七日・お布施」についてさらに知りたい方へ

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介のサムネイル画像

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介しますのサムネイル画像

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介します

17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介のサムネイル画像

17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介のサムネイル画像

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介のサムネイル画像

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!のサムネイル画像

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

お布施の渡し方を解説!渡すタイミングやお盆・ふくさも解説!のサムネイル画像

お布施の渡し方を解説!渡すタイミングやお盆・ふくさも解説!

檀家のお寺にお布施はいくら払えば良いの?葬儀や法要のマナーのサムネイル画像

檀家のお寺にお布施はいくら払えば良いの?葬儀や法要のマナー

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「二七日・お布施」についてさらに知りたい方へ

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介のサムネイル画像

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介しますのサムネイル画像

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介します

17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介のサムネイル画像

17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介のサムネイル画像

7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと