お墓は二世帯にできるの?二世帯墓の種類や選ぶ際の注意点をご紹介

昨今の家庭事情の変化に伴って、お墓もまた形を変えつつあります。二世帯住宅という家はありますが、お墓も二世帯にすることは可能なのでしょうか?そこで今回は二世帯墓とはどんなものなのか、二世帯墓の種類や特徴、選ぶ際の注意点を詳しくご紹介します。ぜひご覧ください。

目次

  1. 二世帯のお墓について
  2. お墓は二世帯に出来るのか?
  3. 二世帯墓ってどんなお墓なのか?
  4. 二世帯墓のタイプ・種類
  5. 二世帯墓のメリット・注意点
  6. お墓に両家の名前を入れられるの?
  7. 二世帯のお墓まとめ

二世帯のお墓について

お墓

お墓に関する大きな問題として、後継者不足があります。

少子化といわれるようになって久しく、一人っ子どうしの結婚も増えています。
そうなるとお嫁に出した側の家は先祖代々のお墓を継ぐ人がいなくなってしまいますね。

そういった時に両家のお墓を統合するということは可能なのでしょうか。
疑問はたくさんありますよね。

そこで今回終活ねっとでは、そんな二世帯のお墓について詳しく紹介していきます。

今回ご紹介していく内容は以下の通りです。

  • お墓は二世帯に出来るの?
  • 二世帯墓ってどんなお墓なの?
  • 二世帯墓のタイプをご紹介
  • 二世帯墓のメリット・注意点について
  • お墓に両家の名前を入れられるのか?

二世帯墓の紹介だけでなく、様々な二世帯墓の種類や、二世帯墓のメリット・選ぶ際の注意点も詳しく紹介していきます。

今回の記事を通して少しでもみなさんのお墓選びのお力になれれば幸いです。
ぜひ最後までご覧ください。

お墓は二世帯に出来るのか?

困った人々

まずは、お墓は二世帯に出来るのかという疑問からお答えします。

結論から申しますと、二世帯名義のお墓を作ることは可能です。

ただ、墓地・霊園の規則で二世帯墓が禁止されているところもありますので、事前の情報収集は必須となります。

また、お墓といえば、家ごとの先祖代々のお墓を想像される方が多数でしょう。
両家墓はまだ一般的に普及しているとは言えないのが現状です。

両家墓を希望する場合、両家のご家族や親族とよく話し合ってから決めなければ後々トラブルの原因になることもあり得ます。

お墓は長く付き合っていくものですので、慎重に考えてから決めたほうがよいでしょう。

二世帯墓ってどんなお墓なのか?

お墓

二世帯墓を建てることは可能だということが分かりましたね。
では次に二世帯墓とはどんなお墓なのかについてご紹介していきたいと思います。

従来のお墓と異なる点が多くありますので、将来二世帯墓の建立を考えておられる方は注意してご覧ください。

一般的なお墓との違い

二世帯墓の一般的なお墓との違いは、ひとつのお墓にふたつの家の遺骨を納めるという点です。

一般的なお墓では、ひとつのお墓にひとつの家系のご遺骨を納めて祀ります。
それに対して、二世帯墓はふたつの家のお墓をひとつのお墓にまとめたものです。

違う名字を持つ方が同じお墓に入ることになりますが、合祀とはまた違ったものです。
合祀が、無選別の他人どうしが同じお墓に入るのに対して、二世帯墓はあくまで家ごとのお墓の集合体なので、全く無関係の方と同じお墓に入るということはありません。

住宅でいうところの、マンションやアパートと二世帯住宅の関係にあたります。

「両家墓」と呼ばれる場合もある

また二世帯墓は、ふたつの家系のお墓となる性質上、「両家墓」と呼ばれる場合もあります。

呼び方が違う場合でも同じ二世帯のお墓を指していますから、違うお墓だと勘違いしてしまわぬようご注意ください。

二世帯墓のタイプ・種類

人々

二世帯墓とひとくちにいっても、様々なタイプのものがあります。
ここからは、二世帯墓の種類・タイプをご紹介していきます。

同じ区画内にお墓を建てるもの

ふたつのお墓をひとつにまとめるのが二世帯墓であるとご紹介しましたが、実は墓石がひとつでなければならないというわけではありません。

同じ区画内に両家のお墓を建てるという方法もあります。
この場合は納骨室が二つ設けられ、納骨する場所は別々に設計されているので、他家のご遺骨と一緒に埋葬しつつも、家ごとに別けられて眠ることになります。

ひとつの墓所にふたつのお墓が入って並んでいる形となります。

和型墓石

日本の伝統的な和型墓石を用いた二世帯墓では、両家の家名を縦に記載します。

「二つのお墓をひとつにまとめる」というイメージ通りのお墓といえるでしょう。
納骨室は基本的にひとつですが、ふたつに分けられているものもあります。
両家のご希望に合わせて選択することができます。

終活ねっとでは、他にもお墓に関する様々な記事を紹介しています。
和型墓石についてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

和型墓石はどんな構造をしているの?種類や費用相場を詳しく解説!

和型墓石は日本人にとって最も馴染みのあるお墓です。いつかお墓を持つとしたら和型墓石にしようと思っている方も多いと思います。けれども和型墓石の構造や種類についてはよく知らない方も多いのではないでしょうか?今回はそんな和型墓石について詳しく紹介していきます。

洋型墓石

洋型墓石を用いた二世帯墓は、最近の霊園では一番多く使われているタイプの二世帯墓です。

和型墓石とは違い、墓石の中心に好きな言葉を入れて、その左右の下に両家の家名を入れるタイプのものとなっています。
納骨室は一つです。

洋型墓石についてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

彫刻の自由度が高い、洋型墓石のデザインを紹介します

最近では生前墓や個性的なデザインの洋型墓石を建てるなど、今までとはお墓のとらえ方も変わってきています。ここでは、洋型墓石のデザインについて紹介します。

二世帯墓のメリット・注意点

人々

ここまで二世帯墓の種類や一般的なお墓との違いについてご紹介してきました。
それでは、二世帯墓のメリット・注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここからは、二世帯墓のメリット・注意点について詳しく見ていきましょう。

メリット

まず始めに、二世帯墓を建てることのメリットをご紹介します。

将来的な負担が少ない

まず、両家の将来的な負担が少ないという点が挙げられます。

両家のふたつのお墓が離れた場所にある場合のことを考えると、将来的に移動にかかる費用やお墓の維持・管理の負担の軽減となります。

ふたつのお墓をふたつの家がそれぞれ管理するよりも、ひとつのお墓をふたつの家で共同で管理するほうが各家の負担は少なくて済みますね。

また、両家のどちらかが続く限りお墓の管理ができますので、継承の心配をせずに済むことも大きなメリットとなります。

両家のコミュニケーションを図れる

次に、両家のコミュニケーションを図れるという点が挙げられます。

お墓が同じ場所だとお参りに行きやすく、両家のコミュニケーションが取りやすくなります。

お墓参りは故人を偲ぶ儀礼的な意味だけではなく、今を生きる人々の交流の場としても重要な役割を果たしています。

同じお墓に入る、ということはそれだけでも一体感を生み、団結力が強まるものです。

定期的に同じお墓にお墓参りに行くことができれば、両家の交流が活発となり、より親密な関係を築くことにつながるでしょう。

二世帯墓を選ぶ際の注意点

続いて、二世帯墓を選ぶ際の注意点を紹介していきます。

親族の同意があるか?

まず、二世帯墓にすることに対して親族の同意があるかという点が挙げられます。

お墓に関する問題は、お墓に入る当人だけで決めていいものではありません
お墓は子孫へ受け継がれ、長い時間を共に過ごすものです。

お墓参りに行く親族や知人のことも考慮し、両家できちんと話し合う必要があります。

墓石の家名をどうするか?

次に、墓石の家名をどうするかという点が挙げられます。

墓地によっては墓石にふたつの家名をいれることのできない場合があるため、事前に確認し両家で話し合いましょう。

和型の場合は縦に家名を並べるため、どちらの家名を上にするか、といった問題もあります。

いずれにせよ、のちにしこりを残さないためにも、充分に話し合って両家が納得した上でお墓を建てたほうがよいでしょう。

お墓に両家の名前を入れられるの?

困った人々

上記のお墓のタイプの紹介での和型墓石の紹介では、両家の家名を縦に刻むことができると紹介しましたが、二世帯墓の注意点では墓地によっては二つの家名を入れることができない場合もあることを紹介しました。

ここでは最後に、二世帯墓には両家の名前を入れることはできるのか紹介します。

結論から申し上げますと、二世帯墓のほとんどのお墓で両家の名前を入れることが出来ます

仏石や棹石には「愛」や「まごころ」といった好きな言葉を入れて、下の花立石などに両家の名前や家紋を彫るのが一般的です。

一方で、上記でもご紹介したようにまれに二つの家名を入れることができない墓地も中にはありますので、事前に墓地に確認することが大切です。

墓石に名前を入れることにも当然お金がかかります。
お墓を建てる際は全体にかかる費用を事前に把握しておくことが大切ですので、墓石に名前を彫る際の費用について知りたい方はぜひこちらの記事もご覧ください。

こちらも読まれています

墓石に名前を入れる時の値段について解説します!

最近よくテレビでお墓の特集などされることもありますが、墓石に彫る名前やその値段に関しては、実際に墓石を建てるという時になって初めて考える方もいらっしゃると思います。 今回は墓石の名前の種類や値段にスポットを当てて解説していきたいと思います!

二世帯のお墓まとめ

お墓

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、二世帯のお墓についてご紹介してきました。

二世帯のお墓は両家の懸け橋となり、コスト面や後継者問題など多くのメリットがありますが、周囲の方にも長年にわたって影響を及ぼす決断です。
よく話し合って皆が納得した上で決めたいですね。

今回ご紹介した内容は以下の通りです。

  • 二世帯のお墓を建てることはできる。墓地・霊園によっては禁止されている場合もあるので、事前に調査が必要。
  • 二世帯墓はふたつの家のお墓をひとつにまとめたお墓をさす。「両家墓」と呼ばれる場合もある。
  • 二世帯墓には、同じ区画内にお墓を建てるもの、和型墓石、洋型墓石といった種類があることをご紹介した。
  • 二世帯墓のメリットとして、将来的な負担が少ないこと、両家のコミュニケーションを図れることが挙げられる。逆に二世帯墓を選ぶ際の注意点として、親族の同意があるか?墓石の家名をどうするか?といった問題を充分に話し合う必要がある。
  • ほとんどの場合、二世帯墓に両家の名前を入れることが出来る。

今回ご紹介した内容が少しでもみなさんのお墓選びのお力になれば幸いです。

終活ねっとでは、他にもお墓に関する詳細な情報が掲載されております。
ぜひお墓選びの参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、全国の墓地霊園を様々な条件から検索できるだけでなく、無料で資料請求・見学予約です。
お墓探しの際はぜひこちらもご利用ください。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・二世帯」に関連する記事

「お墓・二世帯」についてさらに知りたい方へ

  • 両家墓っていったい何?費用やメリット・注意点をご紹介のサムネイル画像

    両家墓っていったい何?費用やメリット・注意点をご紹介

    故人のご遺骨は、お墓や納骨堂に埋葬されるのが一般的ですよね。では、両家墓とはいったいどのようなスタイルのお墓なのでしょうか?今回は、両家墓とはどのようなスタイルのお墓なのかについてとそのメリットや注意点について解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説のサムネイル画像

    お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説

    お墓といえば一家で1つ持つものと考えている方は多いのではないでしょうか?しかし、実はお墓は別に1つでなくても2つ以上あっても差し支えはないといえます。今回は、お墓を2つにするための方法やそれにまつわる理由について見ていきましょう。

  • 旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

    旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

    「死後離婚」という言葉があるように、近年様々な理由から、旦那と同じお墓に入りたくないという方が増えています。旦那と同じお墓に入りたくない場合、どうしたら良いのでしょうか?旦那と同じお墓には入りたくない方のために、対処法やお墓以外の供養方法をご紹介します。

  • 違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!のサムネイル画像

    違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!

    お墓には法律だけでなく、寺院・霊園の規約や故人・親族の気持ちなど、考えることが多くあります。お墓の悩みの中でも、違う苗字の人は同じお墓に入る事ができるのか?という悩みを抱く方もいると思います。この記事では違う苗字の人同士が同じお墓に入れるのかどうか解説します。

  • 様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

    様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

    死後遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。

  • 嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!のサムネイル画像

    嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!

    「私は将来どのお墓に入るのか?」と誰もが一度は疑問に思うでしょう。ご結婚されている方は特に、嫁の立場ではどこのお墓に入るのかなど、嫁がお墓に入る場合は、特別な決まりがあると思っておられる方も多いと思います。今回は、嫁はどこのお墓に入るのか解説していきます。

  • 先祖代々続くお墓。日本におけるお墓の歴史とあり方を考えます。のサムネイル画像

    先祖代々続くお墓。日本におけるお墓の歴史とあり方を考えます。

    先祖代々続くお墓をお持ちの方はいらっしゃいますか? 代々受け継がれているけれど、果たして何代前のご先祖からそのお墓に入っているのか?今後そのお墓には誰が入り、誰が管理していくのか? そんな古くから受け継がれているお墓について、その歴史とあり方を考察していきます。

  • お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!のサムネイル画像

    お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!

    終活をするにあたってお墓作りを考えている方は多いかと思います。しかし実際に準備するとなると何から始めていいのか困惑してしまうことは珍しくありません。今回はお墓作りのポイントとお墓にまつわる知識をご紹介します。ぜひご覧ください。

  • お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像

    お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

    先祖代々続くお墓。いったいあと何人入れるんだろう?お墓に入れる人数について考えたことはありませんか?もしいっぱいになった場合、どうしたらよいのでしょうか?今回は、お墓に何人入れるのかを含め様々な疑問について解説していきます。

  • お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明しますのサムネイル画像

    お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明します

    「自分はどのお墓にはいるんだろう」と考えたとき、気になってくるのがお墓のルール。実家のお墓には誰でも入れるの?何人まで入れるの?夫と一緒には入りたくないのだけど!誰が引き継ぐの?お墓に刻む文字は?気になるお墓のルールについて詳しく説明していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・二世帯」についてさらに知りたい方へ

両家墓っていったい何?費用やメリット・注意点をご紹介のサムネイル画像

両家墓っていったい何?費用やメリット・注意点をご紹介

お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説のサムネイル画像

お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!のサムネイル画像

違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!のサムネイル画像

嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!

先祖代々続くお墓。日本におけるお墓の歴史とあり方を考えます。のサムネイル画像

先祖代々続くお墓。日本におけるお墓の歴史とあり方を考えます。

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!のサムネイル画像

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明しますのサムネイル画像

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと