四十九日法要で渡すのし袋はどうやって書く?のし袋の選び方も解説!

亡くなった身内の方が仏様になるとされるのが四十九日です。四十九日もまた葬儀のときと同じように香典を包んだのし袋を持参して参列しますが、のし袋にまつわるルールを知っておくと便利です。今回は四十九日の際ののし袋にまつわるしきたりを取り上げていきます。

目次

  1. 四十九日ののし袋について
  2. 法事におけるのし袋とは?
  3. 四十九日におけるのし袋の種類
  4. 四十九日におけるのし袋の書き方
  5. 四十九日での香典の金額相場
  6. お寺へのお布施はのし袋に包む?
  7. 四十九日でののし袋に関するまとめ

四十九日ののし袋について

葬儀

身内の方もしくは知人・友人の方が亡くなると葬儀が行われます。
葬儀が終わってからおよそ50日ほど経った時期に行われるのが四十九日法要(四十九日)です。

四十九日もまた、葬儀と同じように故人のご遺族の方のほか、故人の知人や友人が参列して盛大に催されます。

故人の関係者として参列するとなると香典を包んだのし袋を持参して参加するのが一般的です。
しかし、のし袋については葬儀ならばまだわかるが、四十九日の際にどのような書き方をして持参すればよいか悩む方も多いでしょう。

そこで今回は四十九日法要ののし袋について、その書き方を中心に見ていきましょう。
なお、今回の終活ねっとの記事は以下のポイントを軸に内容を進めていきます。

  • 法事におけるのし袋とはどのようなものなのか?

    法事でよく使われるのし袋について、仏壇などへのお供え物に使われるのし紙と比較しつつ説明していきます。

  • 四十九日でよく使われるのし袋の種類とは?

    四十九日の際によく使われるのし袋について、その絵柄や水引を中心に見ていきます。

  • 四十九日におけるのし袋の書き方とは?

    四十九日でよく使われるのし袋の書き方を、宗教別の表書きや中袋、使う墨の種類のポイントごとにご紹介します。

  • 四十九日の際の香典に包む金額の相場とは?

    四十九日法要の際に持参する香典の金額の一般的な相場について見ていきます。

  • お寺の僧侶の方に渡すお布施はのし袋に包むのか?

    香典とよく似ているお布施はのし袋に包むかどうかについて簡潔に見ていきます。

数ある法事の中でも四十九日法要は参列することが多くなるでしょう。
そのため、四十九日ののし袋の書き方は知っていると非常に便利ですので、ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

また、お坊さんをよりお安く手配したいという方はこちらをご覧ください。

法事におけるのし袋とは?

葬儀

まず最初に、法事におけるのし袋とはいったい何のためのものなのかについて簡潔に見ていきましょう。

法事とは故人を供養するための儀式のことで、よく法要と同じ意味で語られますが、法要の後の会食まで含めて法事といいます。
そして、法事に参列した際に故人の霊前にお供えするとともに、法事の運営を財政的に援助するために包むものを香典、香典を包むための袋のことをのし袋といいます。

お供え物を包むのし紙との違い

のし袋とよく似たものに、故人へのお供え物を包むために使われるのし紙というものがあります。
こちらはのしと水引の絵柄が印字された専用の紙のことで、主にお供え物を含め贈答品を包んで進呈するために使われます。

のし紙に対して、のし袋は香典や祝儀などといった金銭を包む際に用いられます。
言い換えれば、包むものが贈答品か金銭であるかが、のし紙とのし袋の違いです。

四十九日におけるのし袋の種類

葬儀

四十九日の際に持参するのし袋について、どのようなものを選んで持っていけばよいのか悩む方も多いでしょう。
たしかにコンビニや文房具店などで売っている市販の弔事用のし袋にもいろいろな種類があって迷いそうです。

ここでは、四十九日の際に一般的に用いられるのし袋について絵柄や水引から見ていきましょう。

のし袋の絵柄

基本的に市販ののし袋には「御霊前」や「御仏前」といった表書きが書かれているものが多いですが、中には専用の絵柄がついている種類のものもあります。

絵柄の種類として蓮の花のものと、十字架のものやユリの花のものがあります。
実はこれらの絵柄は、特定の宗教形式の法事でのみ使えるのし袋であることを示しています。
蓮の花の絵柄の場合は仏式にて、十字架やユリの花の絵柄の場合はキリスト教式限定で使うことが可能です。

ただし、特定の宗教以外では使うことができませんので注意しましょう。

水引の結び方や色

のし袋を選ぶ基準には水引の結び方や使われているも挙げられます。
普通の市販の弔事用のし袋であれば水引は黒白の色のものが一般的ですが、他にも双銀の色のものも多いです。

そして、結び方も結び切りになっているものが一般的によく使われます。
結び切りには、お悔やみごとなどが「今回のみで終わってほしい」という意味があります。

また、慶事・弔事両方で使える結び方にあわじ結びも覚えておきましょう。

ただし、水切りの結び方や色によっては特定の地域だけで使えるものもあります。
例えば、関西や北陸の場合は黄白で結びきりのものが弔事の際に一般的です。

さらに、キリスト教式の法事の場合は水引がなくてもかまいません。
一方、神式では双銀の水引のみを使います。

四十九日におけるのし袋の書き方

葬儀

それでは、四十九日の際に持参するのし袋の書き方は具体的にどうすればよいのでしょうか?
ここでは表書きと中袋、使う墨の種類の3つのポイントから四十九日ののし袋の書き方を詳しく見ていきます。

終活の中でも役に立ちますので、ぜひとも参考にしていただければ幸いです。

表書き

のし袋でも最も外側の袋を表袋で、表袋の表側上段に書く表題のようなものを表書きといいます。
表書きに書く文言は各宗教によって異なりますので、まずはここをきちんと理解していきましょう。

仏式の場合

仏式の場合は四十九日までは「御霊前」、四十九日からは「御仏前」となります。
これは仏教のほとんどの宗派では、亡くなった方は49日間にわたって六道輪廻をさまよい、閻魔大王の裁きによってこの世での行いに基づいて仏に生まれ変わるかどうかが決まるためです。
そして、閻魔堂の審判が下るのが49日目とされています。

このため、四十九日の段階では故人はすでに霊の状態から仏様の状態になっているため、「御仏前」を表書きとして書くのがマナーです。

ほかにも仏式で宗派がわからない場合に使える「御香典」や「御供物料」もあります。

浄土真宗の場合

仏式ののし袋の表書きでも浄土真宗の場合は少し異なってきます。
浄土真宗では四十九日から御仏前になるのではなく、通夜から御仏前と書くのがマナーとされています。

これは浄土真宗では、亡くなった方はその時点で阿弥陀如来のお力によって極楽浄土で仏様として生まれ変わると考えられているためです。
だからこそ、浄土真宗では「御霊前」という表書きは使われません。

キリスト教の場合

キリスト教には四十九日というものはありませんが、故人が亡くなって1ヶ月目の日曜日に追悼ミサ(プロテスタントでは昇天記念日)を行います。

その際に持参する不祝儀袋の表書きの書き方として、カトリックであれば「御ミサ料」、プロテスタントであれば「御花料」と書きます。
注意すべき点として、「御ミサ料」をプロテスタントで使うことはできない点が挙げられます。

このほかにも、「御霊前」を使っても特に問題はありません。

神道の場合

神道でも四十九日というものはありませんが、そのかわりに故人が神様になる50日祭が行われます。
50日祭には不祝儀袋を持参しますが、その表書きには「御神前」や「御玉串料」などが使われます。

また、神道でも「御霊前」の表書きは使用することができます。

中袋の書き方

実際に香典を包むための袋のことを中袋といい、表袋の中に入れて持参します。
中袋には香典として包んだ金額を表面に、包んだ人の住所と名前を裏面の左側に記すのが所定の記載場所です。

また、中袋は基本として糊付けはしません。
糊付けをしないのはご遺族側で行う香典の金額の確認や記載などといった事務作業が円滑に進むようにするためです。

金額の書き方

金額ついては、書き方として漢数字の旧字体を使って縦書きで「金〇〇圓」と書きます。
例えば、3万円であれば「金参萬圓」、2万5千円であれば「金弐萬伍仟圓」という書き方です。

ちなみに、「四」や「九」のつく金額は、「死」や「苦」を連想させるという意味で縁起が悪いので包まないようにしましょう。

なお、金額の最後に「間違いなくこの金額を包んだ」ことを意味する「也」の字を入れても問題はありません。

住所・氏名の書き方

住所や氏名も原則縦書きで書きます。
住所を書く時、数字の方も漢数字(旧字体でなくてよい)で書くという点を心がけましょう。

そして、できれば何か問題があった場合に連絡できるように郵便番号や電話番号も一緒に書いておくのがおすすめです。

墨の色は薄墨?

四十九日ののし袋に使う墨となると、葬儀の場合と同じように薄墨を使うと考える方もいるでしょう。
しかし、四十九日の場合は普通の濃い墨を使うのが一般的です。

淡墨を使うのは葬儀の際ののし袋に薄墨を使うのが故人を失った悲しみや火急のことで、墨をする余裕がなかったことを示すためです。
それに比べると、四十九日では故人がすでに仏様になったことや、亡くなってからある程度時間が経ち気持ちが落ち着いてきたことから悲しみを示す必要がないことから普通の墨を用います。

四十九日での香典の金額相場

お金

四十九日の際の香典では、その金額の相場も重要となってきます。
というのも、香典の金額は生前の故人との血縁の有無や立場、関係の深さによって異なってくるためです。

以下に故人との関係性別にリスト形式でまとめましたので、四十九日の香典を用意したり、また終活の中で香典に包む金額のことについて考えたりする際にぜひご活用ください。

  • 故人が自分の親

    1万円〜10万円

  • 故人が自分の祖父母

    3000円〜3万円

  • 故人が自分の兄弟姉妹

    1万円〜5万円

  • 故人が自分の叔父・叔母

    3000円〜3万円

  • 故人が知人・友人

    3000円〜1万円

  • 故人が勤務先の上司

    1000円〜1万円

  • 故人が勤務先の同僚

    1000円〜5000円

なお、法要の後の会食に参加する場合は、上記のそれぞれの金額に1万円を足した額を包むようにするとよいでしょう。

お寺へのお布施はのし袋に包む?

お墓

四十九日法要などに持参する香典とよく似たものに、お経をあげた僧侶の方に渡すお布施がありますが、お布施ものし袋に包むのでしょうか?

お布施の場合はのし袋には包みません。
お布施はあくまでもお経をあげた僧侶の方への感謝の気持ちとして渡すため、包む際には奉書紙や白無地の封筒を使うためです。

お布施の書き方や包み方についてより詳しく知りたいという方は、下記の記事をぜひ参照してください。

こちらも読まれています

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

葬儀やお墓のことなどでお世話になるのが僧侶の方です。僧侶の方にお経をあげてもらったことへの謝礼がお布施ですが、香典などと違って書き方がわからないという方も多いでしょう。今回はお布施を手渡す際、恥ずかしい思いをしなくて済むお布施の書き方について見ていきます。

四十九日でののし袋に関するまとめ

葬儀

四十九日で持参する香典を包んだのし袋について書き方を中心に見てきましたが、いかがでしたか?
今回終活ねっとで紹介した内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 法事におけるのし袋とは、故人を供養する儀式の運営を財政的に援助したり、故人にお供えしたりするための香典を包む袋のことである。
    なお、似たものにのし紙があるが、こちらは仏壇などにお供えするものを包むために使われる。
  • 四十九日で使われるのし袋の種類として、基本的に「御霊前」や「御仏前」の表書きのものが使われるが、中には仏式専用の蓮の花や、キリスト教式専用の十字架やユリの花の絵柄のものも使われる。
    水引も黒白や双銀の結びきりのものが一般的だが、宗教や地方によってはそれ以外のものが使われることもある。
  • 四十九日におけるのし袋の書き方として、まず表書きは仏式であれば「御仏前」、キリスト教であれば「御ミサ料」や「御花料」、神式であれば「御神前」などが使われる。
    中袋については表面に金額(漢数字の旧字体使用)を、裏面左側に住所や名前を記載する。
    使う墨の色は普通のものでよい。
  • 四十九日で包む香典の金額は、故人との血縁関係の有無や自分の立場によっていろいろと異なってくる。
    なお、会食に参加する場合は1万円ほど多めに包んでおくとよい。
  • お寺の僧侶の方に渡すお布施はのし袋ではなく、奉書紙や白無地の封筒で包む。

四十九日の際の香典を包むのし袋は表書きは「御霊前」や「御仏前」がよく使われるほか、各宗教独特のものも使われます。

そして、中袋には住所と氏名、金額をルールに基づいて書くという点も重要です。
さらに、使う墨は普通の墨であるという点は葬儀の場合と異なるため気を付ける必要があります。

これらのポイントを押さえておけば、いざという時に四十九日の香典ののし袋を迷うことなく書くことができるでしょう。

「四十九日・のし袋」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「四十九日・のし袋」についてさらに知りたい方へ

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説のサムネイル画像

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説

四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!のサムネイル画像

四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!

3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介します

四十九日の香典の書き方っはどうする?表書きや中袋の書き方を解説のサムネイル画像

四十九日の香典の書き方っはどうする?表書きや中袋の書き方を解説

3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説しますのサムネイル画像

3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説します

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介のサムネイル画像

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介

四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!のサムネイル画像

四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!

四十九日での香典袋の包み方は?水引の選び方や表書きについて解説のサムネイル画像

四十九日での香典袋の包み方は?水引の選び方や表書きについて解説

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケットのサムネイル画像

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケット

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「四十九日・のし袋」についてさらに知りたい方へ

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説のサムネイル画像

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説

四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!のサムネイル画像

四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!

3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介します

四十九日の香典の書き方っはどうする?表書きや中袋の書き方を解説のサムネイル画像

四十九日の香典の書き方っはどうする?表書きや中袋の書き方を解説

3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説しますのサムネイル画像

3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと