喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説します

喪中に旅行に行っても大丈夫なのでしょうか?喪中でのタブーなことがわからない。なんとなく喪中に控えるべきことは分かるけど旅行ってどうなの?とお考えの方は多いかもしれません。ここでは、喪中の旅行に行っても大丈夫かをその理由とともに解説していきます。

目次

  1. 喪中の旅行について
  2. 喪中とは?
  3. 喪中の旅行はキャンセルすべき?
  4. 旅行以外に喪中に控えること
  5. 喪中に神社へお参りしても大丈夫?
  6. 喪中の旅行に関するまとめ

喪中の旅行について

葬儀

喪中に控えるべきことは何なのでしょうか?

喪中を経験したことがなくて何がタブーなのかわからない方や、偶然にも計画していた旅行と日にちが被ってしまった方などはお困りなのではないでしょうか。
また、仕事上の付き合いである社員旅行のような場合であっても参加しなくても大丈夫なのか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回終活ねっとでは、喪中の旅行は行っても大丈夫なのか、その理由についても触れつつ以下のことを丁寧に解説していきたいと思います。

  • 喪中とはなにか
  • 喪中の旅行はキャンセルすべきか
  • 旅行以外に喪中に控えることはなにか
  • 喪中での神社へのお参りはしても良いか

喪に服する機会は頻繁にありませんから、この記事で最低限のマナーとして早めにおさえておいたほうが良いかもしれません。
ぜひ最後までお読みください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

喪中とは?

仏壇

喪中とは何を意味するのでしょうか?

喪中とは、近親者が亡くなった場合にその死を悼んで一定の期間喪に服すことをいいます。

一般的には、喪中の期間は社会的な慶事から離れるのがよいとされています。
なぜならば、喪中の期間は死の穢れがあるとされ、慶事等の祝い事からは離れることで死の穢れをうつさないようにするためだそうです。

喪に服す範囲

一般的に喪に服する範囲というのは2親等以内とされています。
親等とは親族関係の遠近を示す単位のことです。

親等の数え方のイメージとしては、自分と相手との血族関係に至るまでに隔たる人数が親等の数にあたります。
例えば、親の場合には「自分→親」(1親等)、兄弟の場合には「自分→親→兄弟」(2親等)といったイメージです。

親等の数え方はわかりずらいと思う方もいらっしゃると思いますので以下にまとめておきます。

  • 1親等:父母、配偶者の父母、子供(何人目にかかわらず)
  • 2親等:自分の兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者、祖父母、孫
          配偶者の兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者、祖父母

喪中の期間

かつて喪中期間については明治時代に太政官布告という法律の定めがあり詳細に喪中の期間が決まっていましたが、現在ではそのような法律での定めはありません。
もっとも、かつての法律をある程度踏襲した期間が一般的になっています。

以下では一般的な喪中期間について説明しますが、地域や風習によっては多少の違いがありますのでその場合には地域の風習等にしたがったほうが良いでしょう。

喪中の期間は親族との続柄にしたがって期間の定めがあります。
具体的には、

  • 父母・義父母:12〜13ヶ月
  • 子ども:3〜12ヶ月
  • 祖父・祖母:3〜6ヶ月
  • 兄弟姉妹、孫:1〜6ヶ月

以上の期間が、2親等以内での喪中期間として一般的とされています。

喪中の旅行はキャンセルすべき?

困った人々

喪に服している期間の旅行はキャンセルすべきなのでしょうか?

突然の不幸で前もって計画した旅行であれば楽しみにしてましたよね。
また、会社などの付き合いでどうすべきかお困りの方もいるかもしれません。

以下では、喪中に旅行を控えたほうがいい理由とともに、社員旅行などの付き合いに関わる旅行についても不参加にすべきかについて分けて解説していきたいと思います。

なぜ喪中に旅行は控えた方がいいの?

そもそも、喪中は旅行を控えるべき理由は何なのでしょうか?

まず、喪中においては慶事などの祝いごとや遊興をさけるべきとされています。
これは、日本古来の考え方において不幸の際には死の穢れが生じ、喪中の期間においては死の穢れをうつさないようにするべきという慣わしに基づくためです。

そして旅行は一般的には遊興にあたるとされていることから、喪中の旅行についても控えたほうがよいとされています。

社員旅行も不参加にすべき?

社員旅行であっても一般的には遊興としての旅行にあたると考えられますから、不参加にしておいたほうがよいでしょう。

もっとも、喪中については法的なきまりはありませんから、遺族との付き合いや社員旅行の目的等に応じて参加しても良い場合もありますので、事前に参加すべきかをよく考えたほうが良いかもしれません。

旅行以外に喪中に控えること

仏壇

旅行以外に喪中に控えることはなにかあるのでしょうか?
この機会に喪中において控えることをまとめておさえておくと良いかもしれません。

一般的に喪中に控えたほうがよいとされているのは以下のことです。

  • 正月飾りやお屠蘇でのお祝いごと
  • 結婚式への出席
  • パーティや宴会などの晴れがましい会への出席

そもそも正月祝いとは一年の豊穣を司る神様を家に招いて、一年間を無事に過ごせたことを祝う行事とされています。
喪中においては年賀ハガキではなく喪中ハガキを送ることも合わせておさえておきましょう。

結婚式は慶事などの祝いごとにあたるため、喪中での結婚式の参加は控えたほうがよいとされています。
また、結婚式を行う側においても縁起を気になされる方もいらっしゃる場合もありますから、喪中であるとの事情を話した上で欠席したほうがよいでしょう。

パーティや宴会なども祝い事にあたる場合が多いため、控えたほうが良いと言えるでしょう。
規模にもよると思うので、幹事の方などと相談することをおすすめします。

喪中に神社へお参りしても大丈夫?

神棚

よく「喪中は神社へお参りしてはいけない」などということを耳にすることがあると思いますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと、喪中は神社へお参りしてはいけません
と言うのも、上記でも少し触れましたが、神社を奉る神道の考え方においては死は「穢れ」として忌み嫌うものとされています。
ここでの穢れは「汚れ」というものではなく「気が枯れている」という意味にあたるようです。

したがって、故人を悼む遺族も「気が枯れている」ものとして、神社のような神聖な場所には穢れを持ち込むものとして立ち入らないほうがよいとされています。

喪中の旅行に関するまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか?

今回終活ねっとでは、喪中の旅行は行っても大丈夫なのかについて解説してきました。
今回の記事の内容をまとめると次のようになります。

  • 喪中とは、近親者が亡くなった場合にその死を悼んで一定の期間喪に服すことをいう。
  • 喪に服する範囲は一般的に2親等以内で、その期間は親族との続柄による。
  • 喪中は遊興は避けるべきとされており、遊興にあたる旅行も控えるべきである。
  • 旅行以外にも喪中にさけることとしては、正月祝い、結婚式への出席、パーティや宴会の出席、神社へのお参りである。

旅行も場合によっては遊興にあたり、喪中には控えた方が良いとされていたんですね。
お祝いごと以外にも喪中では控えるべき場合があるなんて知りませんでしたし、喪中に控えるべきことって結構たくさんあるんですね。

喪中に服する機会は人生でそうありませんから、知らないことのほうが多いですよね。
この機会にマナーとして知っておいたほうが良いかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
喪中はがきについて詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

喪中には年賀状ではなく喪中はがきを出す?書き方や文例をご紹介!

喪中の期間には年賀状のやりとりは控えるのがマナーです。今回の記事では喪中はがきを送る際のマナーについて詳しく解説いたします。喪中はがきが届いた時の対応についてもご説明します。万が一の時にも慌てない年賀状と喪中はがきにまつわる知識です。

「喪中・旅行」に関連する記事

「喪中・旅行」についてさらに知りたい方へ

  • 喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介のサムネイル画像

    喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介

    親類の方が亡くなった場合には一定の期間喪に服すことになりますよね。では、喪中期間の長さはいったいどれくらいなのでしょうか?今回は、喪中期間の長さはどれくらいなのかについてと喪中期間にしてはいけないこともご紹介いたします。ぜひ最後までご覧ください。

  • 喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

    喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

    喪中の時でもお墓参りをする場合があります。喪中の間は旅行や祝い事を避けるべきですが、お墓参りはしても良いのでしょうか。他にも喪中の際に注意しなければならないことはいくつかあります。今回は気になる喪中のお墓参りや注意することを紹介します。

  • 喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説のサムネイル画像

    喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

    身内の方が亡くなってからおよそ1年の間、祝い事などを極力控えつつ故人を失った悲しみから立ち直るための喪中と呼ばれる期間があります。しかし、喪中の間に散歩などでつい神社に立ち寄ったという方もいるのではないでしょうか?喪中に神社への参拝はよくないのでしょうか?

  • 喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

    喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

    近親者が亡くなったあと、その人を悼む事を「喪に服す」と言います。その喪に服す期間を「喪中」と言いますが、その喪中期間の過ごし方というのはなかなかわかりづらいものです。喪中期間にやってはいけないこと、やっても構わないことを中心に、喪中期間の過ごし方を解説します。

  • 喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!のサムネイル画像

    喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!

    身内の方を亡くした際には誰もが悲しみに沈んでいます。特に喪中・忌中の時期はその悲しみの最中にあるため気晴らしに旅行などに行きたくなるでしょう。しかし、喪中・忌中に旅行に行くなどとんでもないという考え方もあります。はたして、喪中・忌中の旅行の是非とは?

  • 絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣のサムネイル画像

    絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣

    喪中の家庭がしてはいけない事ってどんなことか知っていますか?お正月に「おめでとうございます」と言ってはいけない喪中に、『初詣』は果たして行っていいのか、そして知らないで『初詣』に行ってしまったら?今回はそんな喪中に行ってはいけない事をお話します。

  • 喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説のサムネイル画像

    喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説

    身内に不幸があったとき、しばらくの間「喪に服す」といいますよね。では何のためにそうするかはご存知でしょうか?喪中と忌中の違いは?期間はどのくらいで、どのように過ごせばよいのでしょうか?今回は喪中と忌中の期間について詳しく説明します。是非最後までお読みください。

  • 喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説のサムネイル画像

    喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説

    喪中と忌中の違いをご存知ですか?喪中と忌中の期間やその間の過ごし方など、喪中と忌中の意味やマナーが分からないと、思わぬ失敗をしたり、失礼があるかもしれません。終活ねっとのこの記事では、喪中と忌中の違いについて、それぞれの意味や期間別のマナーを含めて解説します。

  • 喪中はがきを受け取った時の返信の書き方やマナーのサムネイル画像

    喪中はがきを受け取った時の返信の書き方やマナー

    そろそろ年賀はがきを準備しようかなと思う頃、喪中はがきが届き始めます。その喪中はがきに返信は必要でしょうか?返信するなら、何と書けばよいのでしょう?また出す時期はご存知ですか?今回は喪中はがきが届いたらどうすればよいかを考えていきましょう。

  • もう迷わない!喪中はがきを出す時期やマナーを徹底解説します!のサムネイル画像

    もう迷わない!喪中はがきを出す時期やマナーを徹底解説します!

    喪中はがきは、1年以内に身内に不幸があった場合、喪に服するために年賀状などの新年の挨拶を辞退する旨をお知らせする挨拶状です。ではこの喪中はがきを出す時期についてはご存知ですか?喪中はがきを出すのに望ましい時期や書き方のマナーを解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「喪中・旅行」についてさらに知りたい方へ

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介のサムネイル画像

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説のサムネイル画像

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!のサムネイル画像

喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!

絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣のサムネイル画像

絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣

喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説のサムネイル画像

喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説

喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説のサムネイル画像

喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説

喪中はがきを受け取った時の返信の書き方やマナーのサムネイル画像

喪中はがきを受け取った時の返信の書き方やマナー

もう迷わない!喪中はがきを出す時期やマナーを徹底解説します!のサムネイル画像

もう迷わない!喪中はがきを出す時期やマナーを徹底解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと