四十九日の計算方法をご紹介!日程の決め方や宗派による違いまで解説

慌ただしいお通夜やお葬式が終わると、大きな法要として四十九日があります。 四十九日の計算方法や日程の決め方に不安があるという方には、今回の記事は必見です! 正しい計算方法などを把握して、スムーズに四十九日の日程確保などを行いましょう。

目次

  1. 四十九日の計算について
  2. 四十九日とは
  3. 四十九日の計算方法
  4. 四十九日の日程の決め方
  5. 宗派による四十九日の考え方の違い
  6. 四十九日の計算についてまとめ

四十九日の計算について

お金

大切な人を亡くした際、通夜やお葬式はとても慌ただしい中で行われます。
人が亡くなるのはいつも突然のことですから、火葬・斎場の手配や僧侶への依頼、親族などへの連絡などで休む暇もないほど忙しいですよね。

しかし、お通夜などに対して四十九日法要はある程度余裕をもって準備をすることができます。
その準備を万全にするためは四十九日の計算方法をしっかりと把握して、日程を早めに決めることです。

そこで今回終活ねっとでは、四十九日の計算方法などに関する情報をお伝えします。

この記事では以下の内容を中心に解説していきます。

  • そもそも四十九日とは何か?
  • 四十九日の数え方・計算方法
  • 四十九日の日程の決め方
  • 宗派別の四十九日の考え方

この記事では、四十九日法要の計算方法だけでなく、法要を行うべき日程や時間帯も解説しているので、ぜひ最後まで読んで頂ければ幸いです。

また、安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

四十九日とは

困った人々

四十九日とは故人が亡くなってから48日目、またはその日に行われる法要のことを指します。

なぜ四十九日なのに48日目になるのでしょうか?

仏教では人が亡くなると7日ごとに閻魔大王から判決を受けると信じられています。
そして、49日目には閻魔大王から極楽浄土に行けるかどうかの判決が言い渡されます。
よって、故人が極楽浄土に行けるように、その判決の前に四十九日は行われるのです。

故人にとっては重要な日となるため、四十九日法要の規模は比較的大きくなります。

四十九日の計算方法

葬儀

それでは本題ですが、四十九日の計算方法について下記でご説明します。

葬式からではなく命日から数える

四十九日の数え方はお葬式からではなく、命日から数えることが一般的です。
また、命日を1日目として四十九日を計算します。
そのため亡くなった日から48日目が四十九日となります。

具体的な計算方法については下記に例を示しますので、故人の命日に置き換えて計算してみてください。

  • 四十九日の計算方法=命日+48日

例えば命日が2018年6月1日であった場合は、2018年7月19日が四十九日となります。

忌日法要の数え方

四十九日は亡くなってからの日単位で行われる法要のひとつですので、忌日法要という分類に入ります。
忌日法要は四十九日以外にも下表のものがあります。
それぞれの数え方も記載していますので、合わせてご覧ください。

なお、亡くなった日を1日目として計算する点にはご注意ください。

法要の種類何日目
初七日(しょなぬか)7日目
二七日(ふたなぬか)14日目
三七日(みなぬか)21日目
四七日(よなぬか)28日目
五七日(いつなぬか)35日目
六七日(むなぬか)42日目
四十九日49日目
百箇日(ひゃっかにち)100日目

一周忌以降の数え方

百箇日の法要が終わると、それからは年ごとに法要を行います。
その法要の始まりが一周忌です。

一周忌以降の数え方は、数え年になります。
計算方法は法要名から1年を引きます

以下では年忌法要の対応表も記載しておりますので、参考にしてください。

法要の種類何年目
一周忌満1年目
三回忌満2年目
七回忌満6年目
十三回忌満12年目
十七回忌満16年目
二十三回忌満22年目
二十七回忌満26年目
三十三回忌満32年目

四十九日の日程の決め方

葬儀

故人の魂が成仏する日である四十九日ですが、その法要の日程の決め方にも注意すべき点があります。
ここでは四十九日の日程の決め方について解説します。

関東での四十九日の決め方

関東で四十九日法要は、四十九日より前の土曜・日曜に設定されることが多いです。

四十九日は故人にとって重要な日ですので、その法要の規模は大きくなります。
規模が大きいということは親族など多くの人が集まります。
多くの人が集まるには平日は都合がつきにくいので、土日に行われることが多いです。

六曜

火葬を友引の日は避けたように、四十九日でも六曜で注意する日はあるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

四十九日の場合は六曜は気にしなくても良いと言われています。
大勢が集まりやすい土日で、かつ六曜まで気にしていたのでは日程決めが大変になりますので、六曜は気にしなくていいというのは嬉しいですね。

六曜まで気にしなくていいという反面、参列者が多いので日程調整は大変です。
あらかじめいつ頃四十九日法要をやるか計算しておいて、お葬式の際などに親族の方々に日程を確認しておくと、比較的スムーズに日程を決められるでしょう。

後日にしない

日程の決め方でひとつ注意することがあります。
それは四十九日法要は四十九日より後には設定しないということです。

四十九日は故人の魂が極楽浄土に行けるかどうかが決定する日です。
それより後に法要をやっても意味がありません。
四十九日が後ろ倒しにならないように十分注意しましょう。

時間帯

日程だけでなく時間帯も好ましいとされていることがあります。
それはの時間帯です。
一般的に四十九日法要は法要が終わった後には参列者と会食を行います。

あまりに遅い時間帯に設定してしまうと会食の時間が取れないため、お昼ごろに法要の時間を設けるのがベストなのです。

関西の四十九日の決め方は?

関西の一部地域によっては四十九日の決め方が少し違うことがあります。

どのような決め方かというと、四十九日当日ではなく、前日に行うというものです。
この法要はお逮夜(たいや)法要と呼ばれています。

お逮夜法要は日程だけでなく、時間帯もおおよそいつやるのか決まっています。
それは前日の16時以降に行います。

自分の地域にこのような風習があるかわからない場合は、僧侶の方などに尋ねてみると良いでしょう。

もし、四十九日前日に親族の予定が合わない場合は、絶対にこの風習に合わせなければいけないということもないので、関東と同じように土日に行うと良いでしょう。

宗派による四十九日の考え方の違い

葬儀

仏教と言えども多くの宗派に別れており、考え方も様々です。
ここではその宗派による四十九日の考え方の違いについて見ていきたいと思います。

真言宗などの一般的な四十九日

真言宗などの多くの宗派において四十九日は既にご説明した意味合いを持っています。

それはつまり、故人が極楽浄土に旅立てるか決まる日で、その日に親族などが集まって冥福を祈るというものです。

したがって、真言宗などの宗派であれば集まった参列者と共に、故人の冥福を深くお祈りし、良き来世に旅立てるようにお祈りをしましょう。

浄土真宗の四十九日の考え方

真言宗などの宗派とは異なり、浄土真宗の場合は四十九日に対する考え方が違います。

他の宗派が7日毎に裁きの日がやってくるのに対して、浄土真宗では故人が亡くなるとすぐに極楽浄土に行けると考えられています。
そのため、四十九日法要には故人が成仏することを深くお祈りするという意味はありません。

では、浄土真宗における四十九日とはどういう意味があるのでしょうか?

浄土真宗における四十九日は、亡くなってすぐに極楽浄土に行かせてくれる阿弥陀如来の深い慈悲を認識し、四十九日に集まった人達と念仏を唱えるための場として考えられています。

参列する人達の心意気としては、阿弥陀如来の偉大さに敬意を表すると共に、故人がこのような場を作ってくれたことに感謝をしましょう。

浄土真宗の葬儀にもっと興味のある方はこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

浄土真宗の葬儀ってなに?葬儀の流れ・特徴やお布施についても解説

日本の数ある仏教の宗派の中でも信徒数が多く知名度も高いのが浄土真宗です。しかし、浄土真宗における葬儀の内容については知らないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、浄土真宗の葬儀がどのようなものなのかについてとりあげていきます。

四十九日の計算についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは四十九日の計算方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?
記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • そもそも四十九日とは何か?

    四十九日とは故人が亡くなってから48日目のこと、あるいはその日に行われる法要のことを言う。

  • 四十九日の数え方・計算方法

    四十九日の計算方法=命日+48日。
    亡くなった日を1日目として数えて、いくつかの忌日法要がある。
    一周忌以降は数え年で数える。

  • 四十九日の日程の決め方

    関東の場合は、四十九日より前の土曜・日曜に行われ、時間帯は昼時が良い。大安などの六曜は気にする必要はないが早めに日程を決めるようにする。
    関西の場合は地域によって四十九日の前日の16時以降にやることが多い(お逮夜法要)。

  • 宗派による四十九日の考え方の違い

    真言宗などの宗教は一般的な四十九日のルールに従えば良い。
    浄土真宗は亡くなってすぐに極楽浄土に魂は旅立つとされている。
    そのため浄土真宗における四十九日は阿弥陀如来の偉大さと故人が設けてくれた機会に感謝するために行われる。

四十九日は命日を1日目として数えるということが重要なポイントでした。
また四十九日の意味が、故人の魂が成仏できるか決まる重要な日だということもあり、数え間違いなどあってはいけないことを認識いただけたのではないでしょうか?

ここでご紹介した内容に沿って、早めに四十九日法要の日程を押さえてしまい、当日は心に余裕を持てるように準備しましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「四十九日・計算」に関連する記事

「四十九日・計算」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「四十九日・計算」についてさらに知りたい方へ

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説のサムネイル画像

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説のサムネイル画像

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説

四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!のサムネイル画像

四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説しますのサムネイル画像

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説します

四十九日はすぐにやってきます。準備と当日の納骨について解説しますのサムネイル画像

四十九日はすぐにやってきます。準備と当日の納骨について解説します

仏教で四十九日の法要の意味とは?中陰壇のことまで詳しく解説!のサムネイル画像

仏教で四十九日の法要の意味とは?中陰壇のことまで詳しく解説!

四十九日法要に持参するものとは?喪主・参列者の持ち物を徹底解説!のサムネイル画像

四十九日法要に持参するものとは?喪主・参列者の持ち物を徹底解説!

四十九日までの過ごし方はどうする?忌中に避けるべきことも紹介のサムネイル画像

四十九日までの過ごし方はどうする?忌中に避けるべきことも紹介

四十九日のバッグの選び方と注意点について解説!小物類から服装までのサムネイル画像

四十九日のバッグの選び方と注意点について解説!小物類から服装まで

四十九日のお花について解説!お悔やみの手紙やお返しまでご紹介のサムネイル画像

四十九日のお花について解説!お悔やみの手紙やお返しまでご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと