一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

故人が亡くなって1年の節目で迎える一周忌ですが、参列する際に香典袋は欠かせません。しかし、葬儀のときと異なり一周忌の香典袋には書き方やマナーについて独特のしきたりがあります。今回はいざというときに役立つ一周忌の香典袋の書き方などをご紹介します。

目次

  1. 一周忌の香典袋について
  2. 一周忌の香典袋の書き方
  3. 一周忌の香典袋の種類・選び方
  4. 一周忌の香典袋のマナー
  5. 一周忌の香典の金額相場は?
  6. 一周忌の香典袋についてまとめ

一周忌の香典袋について

葬儀

一周忌は故人の方が亡くなってちょうど1年の節目にとり行う法要のことです。
亡くなってからちょうど1年であるとともに、喪が明ける時期ということですので、四十九日法要と同じように盛大にとり行います。

参列者の立場としては香典袋を持参したうえで出席することになりますが、その際の香典袋の書き方やマナーについては葬儀のときと同じようにすればよいと考えてはいませんか?
実は一周忌の香典袋の書き方やマナーには葬儀の時のそれとは異なる部分があります。

そこで今回は、一周忌の際の香典袋の書き方やマナーについて見ていきましょう。
なお、今回は以下の各ポイントを軸に内容を進めていきます。

  • 一周忌の香典袋の書き方とは?

    宗教・宗派ごとの表書きの書き方や中袋の書き方、水引の選び方など一周忌の香典袋を書く際に欠かせないルールについて見ていきます。

  • 一周忌の香典袋を包む際のマナーとは?

    墨の種類やお札の入れ方など、一周忌の香典袋を包む際のマナーをご紹介します。

  • 一周忌の香典の金額の相場はいくらくらい?

    一周忌の香典に包む金額の相場について見ていきます。

ぜひ最後までご一読ください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

一周忌の香典袋の書き方

葬儀

香典袋を持参する際にはいろいろな項目を書いていく必要がありますが、その際にきちんと守るべきルールがあります。

ここでは、宗教・宗派ごとの表書きの書き方や中袋の記載の仕方など、香典袋に必要な項目を書く際のルールについて見ていきましょう。

表書きの書き方

香典袋の中でも最も人目に触れやすい部分が表書きと呼ばれる表面の上半分に大きく書かれる部分です。

ただし、宗教や宗派によって使うべきものと不適切なものとがあります。
ここでは宗教や宗派ごとに、表書きの無難な書き方についてご紹介します。

仏教の場合

葬儀や法要などをとり行う際に最もなじみが深いのが仏教形式(仏式)によるものです。
そして、日本の仏教には多くの宗派がある分、使ってよい表書きとそうでないものとがあります。

このため、一周忌も含め法事などを行う相手方の宗派をよく確認したうえで、それに適した表書きを使うようにしてください。

49日前は「御霊前」を使う

仏教のほとんどの宗派の場合、故人が亡くなってから49日を迎えるより前に行う葬儀や法要に香典袋を持参する場合は「御霊前」を表書きとして使います。

これは仏教の教えで亡くなった人は六道輪廻の世界をさまよった後、49日後に閻魔大王の裁きで仏様となると考えられているためです。

このため、葬儀や初七日法要では「御霊前」の表書きの香典袋を持参しましょう。

49日後は「御仏前」を使う

故人が亡くなってから49日が経過した後は「御仏前」の表書きを使用します。
このため、四十九日法要や百箇日法要、その後の一周忌を含めた年忌法要の際には「御仏前」の香典袋を持参していきます。

逆に49日を迎えたにもかかわらず、「御霊前」の香典袋を持っていくのは故人やご遺族に対して失礼ですので、気を付けましょう。

浄土真宗の場合

仏教の宗派のほとんどで49日よりも前ならば「御霊前」を、49日よりも後であれば「御仏前」を使うというのが一般的なルールです。
しかし、浄土真宗の場合は少し異なります。

浄土真宗では49日の前か後かに関係なく「御仏前」の表書きの香典袋を持参するのがマナーとされています。
これは、浄土真宗の教えでは亡くなった人はただちに阿弥陀如来のお力によって極楽浄土で生まれ変わって仏様になると考えられているためです。

このため、葬儀でも四十九日法要でも一周忌法要でも「御仏前」の香典袋を用意します。

神道の場合

日本古来の民族宗教である神道では、「御神前」や「御霊前」という表書きが主に使われます。
これは神道の考え方で、亡くなった方はその家を守る神様になると考えられているためです。

なお、神道ではほかにも祭礼で玉串や榊をお供えするためのお金ということで「御玉串料」や「御榊料」といった表書きも使われます。

キリスト教の場合

キリスト教の場合は基本的に「御霊前」という表書きを使用します。
この「御霊前」は宗教や宗派(浄土真宗以外)に関係なく使うことができるため、キリスト教式の葬儀などに参加する際に表書きについてわからない場合は使ってみるとよいでしょう。

ほかにもプロテスタントであれば「御花料」、カトリックであれば「御ミサ料」という表書きが使われます。
ただし、両方ともその宗派でのみ使える表書きですので、これらの表書きを使う場合は事前に相手方の宗派がどちらなのかをよく確認するようにしましょう。

名前の書き方

香典袋では表袋の下半分にお金を包んだ人の名前を書くのが一般的です。
名前の書き方は基本的に個人のフルネームで書くのが一般的ですが、夫婦などの連名や複数人で書く場合、会社名義で送る場合は以下のようなルールがあります。

連名の場合

連名の場合は夫婦であれば夫の名前をフルネームで書き、妻のものはその左隣に下の名前だけを記載します。
なお、妻の側が旧姓で書きたいという場合は、表袋ではなく中袋に名前を書く際に横に書き添えます。

また夫が都合が悪く出席できない代わりに妻が代理で出席する場合は、夫の名前をフルネームで書いたうえで、左側に「内」を小さく書き加えます。

複数人の場合

故人の職場の同僚や学校の同期など複数人が連名で書く場合は、3人までなら所属企業名や部署名を小さく記したうえで右から左に向かって目上の人物順に名前を書いていきます。

4名以上の場合は会社名や部署名を書いたうえで、中袋の中に別紙の明細(各人の名前と金額)を入れておきます。
また、部署名の代表者の名前を書いたうえで「他○名」というように書いてもかまいません。

会社から贈る場合

会社名義で故人に一周忌の香典などを贈る場合は、会社名を小さく書いたうえで会社の代表者の役職と名前を書きます。

上司の代理で参列する際にその上司の名刺を預かっている場合は、名刺の右上に「弔」の字を入れて左端か下の隅に上司の代理で参列する旨を記します。

中袋の書き方

香典袋の中で実際に香典のお金を包むための袋を中袋といいます。
中袋にも金額や包んだ人の住所・名前などを書く必要があります。

ここではその書き方について見ていきましょう。

中袋の表には金額を書く

まず、中袋の表には包んだ香典の金額を書きます。
基本的に縦書きで書くため漢数字で記載することになりますが、ここで注意すべき点として旧字体を用いる点と、頭に「金」を付ける点が挙げられます。

例えば、3万円を包む場合であれば「金三萬圓」、25000円であれば「金弐萬伍仟圓」というように書きます。
また、ちょうど入れたことや間違いなく入れたことを記す場合は最後に「也」をつけてもよいです。

中袋の裏には住所と名前を書く

次に中袋の裏側の左下部分に住所と名前を書きます。
この時に気を付けたいのは住所と氏名だけでなく、郵便番号や電話番号も漢数字とハイフンを使って書くという点です。

これはご遺族側からの香典返しの際に間違いなく届くようにする事務処理に役立つ情報であるためです。
なお、香典返しが不要な場合は住所や名前の隣にその旨も記載しておきましょう。

中袋なしの場合

香典袋の中には中袋がないものも存在します。
このような場合はどうすればいいのでしょうか?

この場合は香典袋の表側に表書きと包んだ人の名前を、裏側に住所と包んだ香典の金額を書きます。

一周忌の香典袋の種類・選び方

葬儀

一周忌で持参する香典袋は書き方だけでなく、選び方も注意する必要があります。
それは故人の家の宗教や包んだ金額によって持参すべき香典袋や添えるべき水引の色が異なってくるためです。

宗教によって香典袋は異なる

コンビニなどで売っている市販の香典袋を見ても気づかないことですが、実は香典袋にはその宗教でしか使うことのできない仕様のものもあります。
それも含めて考えると、宗教によって使うことのできる香典袋は異なってきます。

ここでは各宗教で使うことのできる香典袋について見ていきましょう。

仏教の場合

仏教の場合は表書きに「御霊前」や「御仏前」のほか、「御香典」と書かれたものであれば使うことができます。

ただし、「御仏前」は「仏」という字が入っていることから仏教でのみ使うことのできる種類です。
加えて、「御香典」は仏教のどの宗派かわからない場合にのみ使えますので、こちらも他宗教では使うことができません。

また蓮の花が仏教のシンボルであることから、蓮の花のデザインが入っている香典袋も仏教でのみ使うことができます(他宗教では使えません)。

神道の場合

神道の場合は「御霊前」のほか「御神前」や「御玉串料」、「御榊料」といった表書きのものが主に使われます。

ただし、「御霊前」以外の表書きのものは他の宗教ではなじみのない言葉であるため使うことができません。

キリスト教の場合

キリスト教の場合は、「御霊前」のほか、「御花料」や「御ミサ料」といった表書きの喪が使えますが、こちらも「御霊前」以外の表書きのものはキリスト教でのみ使えます。

また、香典袋に十字架や白百合のデザインが印字されているものもキリスト教のみで使えます(他宗教では使えません)。

包む金額によって水引が異なる

香典袋についている、もしくは印字されている飾りである水引ですが、実は包んだ金額によって使う水引が異なります
このため、包んだ金額に釣り合う香典袋や水引を事前に選んでおくことが大切です。

5千円以下の場合

香典の金額が5000円以下の場合であれば、水引きが印刷された香典袋、つまりコンビニなどで売っている市販のものを用意します。

包んだ金額が安いため、それに合わせるために市販の安めの香典袋で十分といえます。

1万円~3万円の場合

香典の額が1万円から3万円の場合は、少し高級な香典袋を選びます。
水引は黒白か総銀のものを選んで、それで袋そのものを飾るのがしきたりです。

なお、注意すべき点として水引が印刷されていないものを選ぶという点が挙げられます。

5万円以上の場合

香典の金額が5万円を超える場合は、香典袋の素材も高級感のあるものを選びましょう。
高級の和紙で作られたもので、かつ水引は双銀のものにします。

一周忌の香典袋のマナー

葬儀

一周忌に持参する香典を包む際のマナーもあり、そのマナーを知らないと恥ずかしい思いをすることもあります。
ここでは、その際のマナーについても見ていきましょう。

薄墨で書く必要はない

まず、一周忌の香典袋に使う墨の種類ですが、薄墨ではなく普通の濃い墨で書いて問題ありません。
というのも、一周忌は葬儀の頃と違って故人の最期を悲しむ段階ではなく、むしろ故人をしのび冥福を祈るための場であるためです。

実際に香典のお金を包む中袋の方は、ご遺族側が香典を整理しやすくするためのものであるため、ボールペンなどでわかりやすく書いてもよいです。
もちろん、この際には見やすい字で書くよう心がけましょう。

お札の入れ方に気を付ける

次に香典に包むお札の入れ方ですが、まずお札に印字されている肖像画(1万円であれば福沢諭吉)が見えないように、裏向きで底側に来るように入れましょう。
そして、お札の向きをそろえるように心がけます。

いずれもご遺族側で事務処理がしやすいようにするためのマナーです。

新札は使わないようにする

香典に包むお金ですが、新札ではなく使い古したお札を使うのもマナーです。
これは、「故人が亡くなることをあらかじめ予想していた」というように思われないための配慮といえます。

もし、その場で新札しかない場合は折り目をつけるなど使い古した風にしてから包むようにするとよいでしょう。

一周忌の香典の金額相場は?

困った人々

一周忌に参列する際の香典の金額相場についてわからないという方もいるのではないでしょうか?

一周忌の香典の金額は、基本の金額が1人につき1万円という額に、生前の故人の親族であるかやどのような関係であったかによって異なってきます

詳しくは以下のリストをご参考にしてください。
ただし、会食に参加する場合は下記の金額よりもさらに多くなります。

  • 故人の知人や友人の場合

    5000円から1万円

  • 故人の親族の場合

    1万円から3万円

  • 故人が祖父母の場合

    1万円から3万円

  • 故人が両親の場合

    3万円から10万円

  • 故人が兄弟姉妹の場合

    5万円から10万円

  • 故人が叔父や叔母の場合

    1万円から2万円

一周忌の香典袋についてまとめ

葬儀

故人の没後1年の節目に行う一周忌の際の香典袋について見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと以下のようになります。

  • 一周忌の香典袋を書く際、表書きは仏教であれば「御霊前」(49日前)、「御仏前」(49日後)と書くのが基本である。ただし、浄土真宗は「御仏前」でよい。神道の場合は、「御神前」や「御玉串料」など、キリスト教であれば「御花料」や「御ミサ料」などとなる。名前を書く際には基本的に個人名をフルネームで書くが、連名などの場合は特別なルールを守る。中袋は表に金額を漢数字の旧字体で、裏に住所と名前を書く。
  • 一周忌に使う香典袋の種類は宗教によって異なり、表書きとデザインに注意するのがポイントである。そして包む金額に応じて袋と水引の種類に気を付ける。
  • 一周忌の香典袋のマナーとして、普通の墨を使って書くこととお札の入れ方、新札を使わないことが挙げられる。
  • 一周忌の香典の金額相場は基本の額として1人につき1万円だが、親族であるかどうかや故人との関係などによって異なってくる。

身内の方や知人・友人との別れは長い人生の中で何度か遭遇する出来事であるため、その分一周忌に参列することも多いでしょう。
その際に香典袋の書き方を知っておけば何かとその際に役に立ちます。

だからこそ、一周忌の際の香典袋の書き方は、終活の中で調べてみて周りの人に教えるのもよいでしょう。
いずれにしても、終活に取り組む中で知っておいて損はありません。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
一周忌の服装について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

一周忌の服装やネクタイを解説!色や柄、他の法事の服装も紹介します

故人が亡くなって1年目には一周忌法要を行うため、その服装を用意する必要がありますよね。では、一周忌法要にはどのような服装やネクタイをすればいいのでしょうか?今回は、一周忌の服装やネクタイについてと色や柄、他の法事の服装も紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

「一周忌・香典袋」に関連する記事

「一周忌・香典袋」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「一周忌・香典袋」についてさらに知りたい方へ

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介のサムネイル画像

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!のサムネイル画像

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!

一周忌の香典金額について解説!表書きの書き方やマナーについてものサムネイル画像

一周忌の香典金額について解説!表書きの書き方やマナーについても

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「一周忌・香典袋」についてさらに知りたい方へ

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介のサムネイル画像

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと