四十九日の挨拶状はどうやって書く?例文や送り方について解説します

四十九日の挨拶状は、葬儀参列へのお礼と無事忌明けを迎えたことを報告するものです。葬儀に来ていただいた方に、失礼があってはいけません。きちんと謝意が伝わる挨拶状にすることが大切です。今回の記事では、四十九日の挨拶状の書き方について分かりやすく解説します。

目次

  1. 四十九日の挨拶状について
  2. 四十九日とは
  3. 四十九日の挨拶状はいつ送るの?
  4. 四十九日の挨拶状の書き方
  5. 四十九日の挨拶状のマナー
  6. 四十九日の挨拶状の例文
  7. 四十九日の挨拶状の選び方
  8. 四十九日の挨拶状についてまとめ

四十九日の挨拶状について

葬儀

四十九日の挨拶状は、どうやって書いたらよいのでしょうか。
書く内容や送り方はどのようにしたらよいのでしょうか。

四十九日の挨拶状は、忌明けのお礼状とも言われます。
つまり、ご家族の葬儀に参列して下さった方に、四十九日の忌明け後に出すお礼状です。
参列へのお礼の気持ちや無事忌明けを迎えたことなどを報告するものです。

忙しい中をわざわざ葬儀に来ていただいた方に対する気持ちを表すものですから、失礼があってはいけません。
受け取られた方にきちんと謝意の念が伝わる、礼節のある挨拶状にすることが大切です。

そこで今回のこの記事では、四十九日の挨拶状について以下の事項を解説します。

  • そもそも四十九日とはどういうことか?

  • 四十九日の挨拶状はいつ送ったらよいのか?

  • 四十九日の挨拶状にはどんなことを書くのか?(書くこと・書き方)

  • 四十九日の挨拶状のマナーはどんなことがあるか?

  • 四十九日の挨拶状の例文(仏式・キリスト教式・神式の場合)

  • 四十九日の挨拶状の選び方(封筒・用紙・表書きなど)

例文や送り方を含めて分かりやすく解説していきます。
非常に参考になる記事となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

四十九日とは

葬儀

仏教では、故人が亡くなられた日から四十九日間を忌中と言います。

忌中には7日毎に7回の忌日があり、ご遺族はこの間故人が極楽浄土へ行けるよう冥福を祈ります。
閻魔大王による裁きが下されるのが7回目の四十九日で、四十九日法要をもって忌明けとなります。

四十九日の忌明け法要後には納骨を行う方も多く、忌明けを目途にお墓を建てる方も多いです。
また、忌明けの挨拶と合わせて香典返しを行うなど、四十九日は葬儀後の大事な節目となる日です。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
四十九日の法要についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“49日” とは? - 終活用語集

仏教用語のひとつで、死後から次の生を受けるまでの期間のことを指します。 死後、故人が極楽浄土へ行けるように7日毎に追善供養して冥福を祈りますが、7回目の49日は来世の行先が決まるもっとも重要な日とされています。

四十九日の挨拶状はいつ送るの?

葬儀

四十九日の挨拶状は、忌明け後に香典返しに添えて送るのが一般的です。

仏式では「四十九日法要」で忌明けとなります。
ご遺族は忌明け後、1月以内を目途に挨拶状を送ることができるように準備します。

神式では、仏式と同時期の「五十日祭」で忌明けとなります。

キリスト教では、死を穢れとは考えないため忌明けもありませんが、節目の行事はあります。
カトリックでは、死後30日目に「追悼ミサ」を行います。
プロテスタントでも、1月後に「記念集会」を行います。

キリスト教式でも神式でも、節目のときに参列者に挨拶状を送るのが一般的です。
また香典返しとは言いませんが、お花料や玉串料などをいただいた場合は返礼品も一緒に送ります。

四十九日の挨拶状の書き方

葬儀

四十九日の挨拶状の書き方と注意点は、次のとおりです。

ポイントは、葬儀参列へのお礼、忌明けの報告、香典返しを送る旨をきちんと伝えることです。

お礼の挨拶状ですので、文章の書き方もくだけたものではなく、きちんとした体裁にしましょう。

頭語・結語を入れる

拝啓・敬具などの頭語と結語をきちんと書きます。

故人の名前や戒名を書く

誰の四十九日か分かるように、故人の氏名や戒名・法名をはっきりと書いておきます。
例えば「亡(父)○○ 〇〇(俗名)」や「○○院釈○○(法名)」などと書きます。

お礼の言葉を述べる

忙しい中葬儀に参列していただいたことへの感謝と、お香典などをいただいたことへのお礼を述べます。

忌明けの報告をする

四十九日法要を終え、無事忌明けを迎えることができたという報告と謝意を述べます。

略儀であることをお詫びする

本来なら伺ってお礼の挨拶をすべきところ、書中での挨拶となり略儀であることをお詫びします。

香典返しである旨を明記する

通常は忌明けの挨拶にあわせて香典返しをしますので、その旨を簡潔に記載しておきます。

中には、香典返しをしないで医療や福祉関係団体などに寄付する場合もあります。
香典返しをしない場合は、「(故人の遺志により)御芳志の一部を○○へ寄贈させていただきましたのでご諒承下さい」などと書き添えておくとよいでしょう。

差出人の情報を明記する

差出人の氏名・住所などを明記しておきます。

差出人は通常は葬儀の喪主を務められた方で、続けて親族一同などと添え書きする例も多いです。
社葬の場合は、葬儀委員長の名前を先に書き、続けて喪主名を書くのが一般的です。

句読点を使わないようにする

法事や法要などの挨拶状や案内状では、句読点を使わないようにするのがマナーです。

句読点を使わない理由については、

  • 昔は書状を毛筆で書き句読点は付けなかったので、その名残で付けないという説
  • 法事・法要がスムーズに進ように、文章が途切れてしまう句読点は付けないという説
  • 句読点は読む力が優れている相手に失礼とする説

など諸説あるようですが、必ずしも定かではありません。

四十九日の挨拶状のマナー

葬儀

四十九日の挨拶状のマナーを簡単に説明しておきましょう。

二重封筒は使わないようにする

二重封筒は不幸が重なるとされ、縁起が悪いとされています。
挨拶状を封筒に入れるときは、二重封筒は使用しないようにしましょう。

挨拶状はペンで書いてもいいの?

四十九日の挨拶状は、薄墨で毛筆が格調高いのです。
しかし一般的には、奉書に薄墨で印刷する場合が多いです。

挨拶状を自作し印刷する場合もできれば薄墨が好ましいですが、必須ではありません。

ご自身で書くときはペンでも問題ありません
できればボールペンでなく筆ペンの方がよいでしょう。

四十九日の挨拶状の例文

葬儀

それでは、四十九日の挨拶状の例文を見ておきましょう。

宗教によって日程や儀式には違いがあります。
しかしどの宗教でも、四十九日と同じ時期に葬儀後のお礼や忌明けの報告などの挨拶状を出します。

ここでは、挨拶状の例文を宗教別に見ておきましょう。

仏式の場合

仏式の挨拶状は縦書きにします。

故人の戒名は必須ではありませんが、折角付けて戴いたのであれば書いておくのもよいでしょう。
香典返しの記載については、末尾に付記する形もあります。

【仏式の挨拶状の例文】

謹啓 
先般 亡父 ○○○○(故人の俗名)儀 葬儀に際しましては 
ご多忙の中にもかかわらずご会葬を賜り、またご鄭重なるご厚志を賜り心より厚くお礼申し上げます

お蔭をもちまして○月○日に ○○○○○○(故人の戒名・法名)の四十九日法要を滞りなく営み 忌明けを迎えることができました

つきましては供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたしますのでご受納いただければ幸いです
本来であれば拝眉の上お礼申し上げるべきところではございますが 
略儀ながら書中をもちましてお礼のご挨拶とさせていただきます
敬白  
 
平成○○年○月○日
住所○○市○○町
喪主○○○○     
親族一同

キリスト教式の場合

キリスト教では、カトリックは故人が亡くなられてから30日目に追悼ミサが行なわれます。
プロテスタントは、故人が亡くなられた1ヶ月後に召天記念日の記念集会を行います。

キリスト教では、忌明けとか香典返しという概念や習慣はありません。
しかし、日本ではこの時期に返礼の記念品とあわせて挨拶状を送るのが一般的です。

【キリスト教式の挨拶状の例文】

拝啓
時下益々御清祥のこととお慶び申し上げます
先般 亡父 ○○○○ 召天の際は ご鄭重な御厚志を賜り厚くお礼申し上げます
お蔭をもちまして 追悼ミサ(召天記念日)も滞りなく済ませることができました

つきましては心ばかりの品をお送りいたしますのでご受納いただければ幸いです
本来ならお目にかかりお礼申し上げるべきところ 
書中にて失礼とは存じますが ご挨拶とさせていただきます
敬具  

平成○○年○月○日
住所○○
氏名○○○○

神式の場合

神式では50日祭が済んだら、次のような挨拶状を送ります。

【神式の挨拶状の例文】

謹啓
ご尊家ご一同様益々御清祥のことと存じ上げます
亡父 ○○○○儀 永眠の際は 御懇篤なる御弔慰とご鄭重なる御厚志を賜り
衷心より厚く御礼申し上げます
お蔭をもちまして五十日祭も滞りなく済ませることができました
本来なら早速拝趨の上お礼申し上げるべきところではございますが 
略儀ながら書中を持ちまして ご挨拶を申し上げます
敬具  
  
平成○○年○○月
住所○○  
氏名○○ ○○

偲び草のしるしとして心ばかりの品をお送りしますのでご受納いただければ幸いです

四十九日の挨拶状の選び方

葬儀

最後に、四十九日の挨拶状の選び方を説明しておきましょう。

はがきがいいの?奉書封筒がいいの?

挨拶状をはがきにするか奉書に書いて封筒に入れるか、悩ましいところです。

奉書紙には縦書きで綴り、折りたたんでから封筒に入れます。
奉書に書く方法は、最も儀礼的な形式になります。

はがきやカードを使う場合もあり、さらにそれらを封筒に入れる場合もあります。

挨拶状の形式について、特に決まりはありません
香典返しの金額や送り先などを考え、ふさわしい形にするとよいでしょう。
ちなみに会社宛てのときは、カード印刷で封筒に入れるのが一般的です。

挨拶状は印刷屋に頼まなくてもいいの?

挨拶状は印刷屋に頼まなくても問題ありません

挨拶状をご自分で手書きするのも、味わい深く丁寧で良いと感じられる方も多いでしょう。

もちろん人数が多く大変な場合は、印刷で全く問題ありません。
最近は挨拶状のテンプレートも多く、ご自分で独自の案文を作成して印刷することもできます。

自作する場合どんな用紙を使えばいいの?

挨拶状は奉書に書くのが格式高いです。
しかし便箋を使ったり、市販の普通の用紙やカードに印刷しても失礼ではありません。

ただし、不幸が重ならないように用紙は一枚にしますので注意しましょう。

封筒の表書きは「挨拶状」とする

封筒は白無地とし、表書きは挨拶状としましょう。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
香典返しに添える挨拶状についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しに添える挨拶状って?挨拶状の文例や注意点を解説します

香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

四十九日の挨拶状についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、四十九日の挨拶状について送り方や書き方を解説してきました。
いかがでしたでしょうか?

今回の記事の要点は、次のとおりです。

  • 四十九日とは

    仏教では死後四十九日間を忌中と言い、四十九日法要をもって忌明けとなる。
    四十九日の忌明け法要後に挨拶状・香典返しを行うなど節目となる日である。

  • 四十九日の挨拶状はいつ送るのか?

    挨拶状は、通常四十九日の忌明け後1月以内を目途に香典返しに添えて送る。

  • 四十九日の挨拶状の書き方(書く事項など)

    ポイントは葬儀参列へのお礼、忌明けの報告、香典返しを送る旨を伝えることである。

  • 四十九日の挨拶状のマナー

    二重封筒は縁起が悪いので使わない。
    挨拶状は、薄墨で毛筆で書くのが格調高いが、筆ペンなどで書いてもよい。

  • 四十九日の挨拶状の例文(仏式・キリスト教式・神式の場合)

    宗教により多少違いはあるが、ほぼ同時期に返礼品と合わせて葬儀参列のお礼などを盛り込んだ挨拶状を出す。

  • 四十九日の挨拶状の選び方(封筒・用紙・表書きなど)

    四十九日の挨拶状は、はがきがでも、奉書封筒でもどちらでもよい。
    用紙は奉書印刷もあるが、一般の用紙を使い自分で印刷しても手書きでもよい。
    封筒の表書きは、挨拶状とする。

四十九日の挨拶状の書き方には、注意すべき点が多くあります。
しかし最も大事なことは、挨拶状を受けとる相手側に気持ちよく受け取っていただくことです。

葬儀参列や香典をいただいたことへのお礼の気持ちを明確に伝え、失礼の無いようにしましょう。

挨拶状を書く際には、ぜひ今回の記事を参考にして頂ければ幸いです。

終活ねっとでは、他にも葬儀や法要のことなど終活に関する分かりやすい記事を掲載しています。
分からないことがあれば、ぜひ参考にして下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「四十九日・挨拶状」に関連する記事

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「四十九日・挨拶状」についてさらに知りたい方へ

忌明けの挨拶状の書き方をご紹介!文例と共に解説しますのサムネイル画像

忌明けの挨拶状の書き方をご紹介!文例と共に解説します

香典返しに添える挨拶状って?挨拶状の文例や注意点を解説しますのサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状って?挨拶状の文例や注意点を解説します

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介しますのサムネイル画像

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介します

四十九日後に送るお礼状の例文は?お礼状の書き方や送り方も解説!のサムネイル画像

四十九日後に送るお礼状の例文は?お礼状の書き方や送り方も解説!

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説のサムネイル画像

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説

家族葬の挨拶状の書き方とは?文例や書く際のポイントもご紹介しますのサムネイル画像

家族葬の挨拶状の書き方とは?文例や書く際のポイントもご紹介します

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!のサムネイル画像

四十九日法要までに喪主は何を準備する?宗派別の準備も解説します!

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法について解説しますのサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法について解説します

四十九日法要に送る案内状はどう書けばいい?送り方なども紹介のサムネイル画像

四十九日法要に送る案内状はどう書けばいい?送り方なども紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「四十九日・挨拶状」についてさらに知りたい方へ

忌明けの挨拶状の書き方をご紹介!文例と共に解説しますのサムネイル画像

忌明けの挨拶状の書き方をご紹介!文例と共に解説します

香典返しに添える挨拶状って?挨拶状の文例や注意点を解説しますのサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状って?挨拶状の文例や注意点を解説します

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介しますのサムネイル画像

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介します

四十九日後に送るお礼状の例文は?お礼状の書き方や送り方も解説!のサムネイル画像

四十九日後に送るお礼状の例文は?お礼状の書き方や送り方も解説!

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説のサムネイル画像

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと