7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

皆さんは7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方をご存知ですか?今まで正しい方法を知らずに、香典袋を書いたり選んでいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方について解説していきます。最後までご覧ください。

目次

  1. 7回忌の香典袋について
  2. 7回忌法要とは
  3. 7回忌の香典袋の書き方
  4. 7回忌の香典袋の種類と選び方
  5. 7回忌の香典のマナー
  6. 7回忌の香典の金額相場はいくら?
  7. 7回忌の香典袋についてまとめ

7回忌の香典袋について

葬儀

7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方について、皆様はご存知ですか?

今まで正しい方法を知らずに、香典袋を書いたり選んでいたという方もいらっしゃるかもしれません。
相手の方へ失礼のないように、香典の正しい書き方や選び方について詳しく知っておきたいですよね。

そこで今回、終活ねっとでは7回忌の香典袋について、

  • 7回忌法要とは
  • 7回忌の香典袋の書き方
  • 7回忌の香典袋の種類と選び方
  • 7回忌の香典のマナー
  • 7回忌の香典の金額相場は?

以上のことを中心に詳しく解説していきます。

「もう既に7回忌法要の香典の正しい書き方や選び方は知っている」という方も、再確認のためにもぜひ最後までご覧ください。

安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

7回忌法要とは

お墓

本来、法要は故人の命日から7日毎に行われ、仏式では四十九日で忌明けとなります。
その後は百カ日、1回忌、3回忌と回忌法要が行われるのが一般的です。

7回忌法要とは、3回忌法要の次に行い、故人の命日から丸6年目に行われる法要を指します。

ここでは回忌法要の詳しい説明は省略いたします。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
7回忌法要についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“7回忌” とは? - 終活用語集

七回忌とは亡くなって6年目に行う仏式の法要で三回忌の次に行う法要です。 亡くなった日を1回目の忌日として数えるため、七年目ではなく六年目に行う。 近年、親族のみや親しい人だけで行う法要も増えてきています。命日に近い土日に行われるケースが多いようです。

7回忌の香典袋の書き方

葬儀

ここでは、7回忌法要の正しい香典袋の書き方について

  • 表書きの書き方
  • 名前の書き方
  • 中袋の書き方

以上の3項目について詳しく解説いたします。
香典袋を書く際には、ぜひ参考にしてください。

また、香典に使用する墨は薄墨ではなく、濃い墨で書くのが一般的です。
地方によっても異なりますが、故人への深い思いを表すのに回忌法要では濃い墨を使う方がいいとされています。

薄墨は、御葬儀や告別式の当日にお渡しする香典袋に使用します。
理由として、急な訃報の為に涙で墨が上手く摺れず、薄くにじんでしまったという事を表すものであるとされているからです。

正しい香典袋を書くために、墨の使い分け方についても知っておくと良いですね。
それでは本題へいきましょう。

表書きの書き方

香典袋の表書きの書き方は仏式、神式、キリスト教式と宗派によって異なってきます。
それぞれ1つずつ見ていきましょう。

仏式の場合

仏式で使用できる表書きは、以下のものが挙げられます。

  • 御霊前(ごれいぜん)
  • 御香典(ごこうでん)
  • 御香料(ごこうりょう)
  • 御仏前(ごぶつぜん)

仏式の場合、香典袋に書く表書きは49日より前は「御霊前」を用い、49日後は「御仏前」を使用するのが一般的です。

忌明けとなる49日までの間、7日ごとに閻魔大王によって審判が行われます。
そして、閻魔大王によって裁きが与えられる49日を迎えた後、故人は仏様になるとされています。そのため、「御仏前」は49日後に使用されるのです。

仏式では49日を迎えるまでは成仏できず、霊体のままであるという考えから49日前までは「御霊前」を使います。

そのため、7回忌法要における香典には御仏前が用いられます。

ただし浄土真宗では、即日成仏という考えから「霊」が存在するという概念がありません。
よって、浄土真宗では故人が亡くなってから一貫して「御仏前」を使用します。

浄土真宗のほかにも、宗派によって異なる場合があります。
間違ってしまってもマナー違反とはなりませんが、注意しておきたいところです。

神式の場合

神式で使用できる表書きは、以下のものが挙げられます。

  • 御霊前
  • 御玉串料(おんたまぐしりょう)
  • 御榊料(おんさかきりょう)
  • 御神前料(ごしんせんりょう)
  • 御神饌料(ごしんせんりょう)

御霊前は仏式で使用できる表書きです。
神式では使用できないように思えますが、神式でも使用できるのです。

上に挙げたものは、通夜や葬儀、法要のどの場合でも使用できます。

キリスト教式の場合

キリスト教式の場合は、以下の表書きが使用できます。

  • 御花料(おはなりょう)
  • 献花料(けんかりょう)
  • 御霊前…カトリック派が使用
  • 御ミサ料…カトリック派が使用
  • 忌慰料(きいりょう)…プロテスタント派が主に使用

キリスト教式の場合は、御花料を使用するのが一般的です。
「御花料」や「献花料」はカトリックとプロテスタントのどちらの宗派でも使用できます。

カトリックでは「御霊前」や「御ミサ料」も使用できますが、プロテスタントでは使用できません。
プロテスタントでは「忌慰料」を使用するようにしましょう。

名前の書き方

香典袋にある水引の下部、中央にしっかりと姓名を記名しましょう。
名前のみ、苗字のみというのは適していません。

記名する方が1名のみの場合は、名前の書き方は単純です。
しかし、連名になる場合や複数人の場合は書き方が少し異なります。

以下に連名、複数人の場合について解説いたします。

連名の場合

夫婦で出席する場合など、連名で香典袋に名前を書く場合について説明します。

まず中央に夫の名前、もしくは目上の方が中央に来るように姓名を書きます。
そして中央から左側へ名前を連ねていきます。

上位者、下位者という関係性がない場合は五十音順で名前を書きましょう。
また、連名で名前を書く場合は3人までというのが一般的です。

複数人の場合

4人以上の連名で香典を出す場合は団体名を中央に書き、その下に一同と書きます。
ここで言う団体名とは、会社の「課」や「部署」といったグループを指します。

または、どなたか代表者の姓名を中央に書き、代表者名の左下に小さく「他一同」と書く場合もあります。

まや、香典袋に会社名を入れる場合は、代表者の名前の右側に上から小さく「○○株式会社」といったように書きましょう。

中袋の書き方

香典袋の表書きの書き方について解説してきました。
次は、中袋の書き方について見ていきましょう。

中袋には住所氏名・金額を書く

香典に使用する中袋には必ず住所氏名・金額を書くようにしましょう。

ご遺族の方は香典返しをするので、誰からいくらの金額を頂いたのか香典の整理をする必要があります。
香典返しを贈る際、住所氏名がないと香典が誰からのものか、どこへ香典返しの品や挨拶状などを送ればいいのか等が分からなくなってしまいます。

香典をしっかり書かないと、ご遺族の方に手間をかけさせてしまいます。
親しい間柄と言えど、香典袋に住所氏名・金額は書き忘れないように注意しましょう。

中袋の表面には金額、裏面の左側に住所と氏名を書きます。

金額の書き方

金額を書く際は、私たちが日常で使用している漢数字を使用しても問題ありません。

しかし、旧字体の漢数字を使用するのが一般的です。
旧字体を使用するのは、数字の書き換えを防ぐためです。

旧字体の漢字は以下を参考にしてください。

  • 一…壱
  • 二…弐
  • 三…参
  • 五…伍
  • 千…阡
  • 万…萬

金額の書き方としては、中袋の表面、中央に「金 ○○円也」と書くのが一般的です。

中袋なしの場合はどうする?

中袋がない香典袋の場合は、香典袋の外袋に直接金額や住所を書きます。

まず表面の水引きの下、中央に名前を書きます。
そして、裏面の左下に住所と金額を表記します。

既に住所や金額を書くところが印刷されている香典袋も販売されています。
もし記入欄が設けられている場合は、香典袋の表記に従って書いてください。

7回忌の香典袋の種類と選び方

困った人々

7回忌の香典袋には様々な種類があります。

宗派や香典に包む金額によって、使用する香典袋が異なってきます。
そのため、状況に見合ったものを選ぶ必要があります。

それでは、使用すべき香典袋の種類について、宗派や香典に包む金額ごとに紹介します。

宗教によって使用する香典袋が異なる

まず注意すべき点は、宗派ごとに使用する香典袋が異なるという点です。

仏式の法要で、神式やキリスト教式の香典袋を使用したりするのはタブーです。
仏式・神式・キリスト教式の香典袋の違いについては、前もって知っておいた方がいいですね。

仏式の場合

基本的には、仏式の場合白地のものに白黒の水引きがあるものを使用します。

香典袋の表面に柄がある場合、蓮の花があるものを選びましょう。
蓮の柄があるものは仏式用であり、神式・キリスト教式では使用することはありません。
間違って使用しないように注意しましょう。

神式の場合

基本的には、神式の場合は白地に黒白または双銀の結び切りとなった水引の不祝儀袋を使用します。

また、神式では「蓮の花」の柄があるものは使用しません。

どの不祝儀袋を使用していいにか分からない時には、表書きに「御霊前」や「御玉串料」と書かれてあるものを使用しましょう。

キリスト教式の場合

不祝儀袋の表面にユリの花や「十字架」があるものがキリスト教式用のものです。
仏式用である「蓮の花」の柄がある香典袋は、キリスト教式の法要で使用するのは不適切です。

キリスト教式の場合は水引きは使用しない、若しくは双銀の結びきりとなっているものを使用します。

包む金額によって水引の色が異なる

宗教によって使用する水引の色が異なることがわかりました。

さらに、香典に包む金額によっても水引の色を使い分けなければなりません。

  • 5千円以下の場合
  • 1万円~3万円の場合
  • 5万円以上の場合

以上の3例について、それぞれ見ていきます。

5千円以下の場合

5千円以下の場合は、水引が香典袋に印刷されたものを使用します。
包む金額が低い場合は、簡略式香典袋を使用しましょう。

1万円~3万円の場合

実際に水引きがついている香典袋を使用しましょう。
水引きの色は、白黒または双銀のものを使用するのが一般的です。

3万円を包む場合は、以下で紹介する5万円以上の場合の水引きを使用しても問題ないとされています。

5万円以上の場合

包みには、高級な和紙が使用されているものを使用します。
水引きは双銀のものや高級仕様に作られているものを用います。

香典袋を購入する際に、使用できる金額の目安が記載されている場合が多くなっています。
購入する際には、ぜひ金額の目安を参考にしするようにしましょう。

注意すべきは、5千円を包むのに5万円以上用の香典袋を使用するのはタブーだという事です。
その反対も同じで、5万円を5千円以下用の香典袋に包むのも不可です。

7回忌の香典のマナー

葬儀

7回忌の香典について、お金の入れ方や渡し方といったマナーについて解説します。
ご遺族の方への気配りという面で大切な部分ですので、十分に注意したい点ですね。

新札は使わないようにする

香典には新札を使用しない方がいいとされています。

確かに7回忌法要は、日付があらかじめ知らされており、急な訃報ではありません。
しかし、弔事であるので新札を使用するのは控えた方が無難です。

もし、新札しかない場合は、新札を折って折り目を付けてから包みます。
ただし、皺になったり破れたりしているお札の使用も失礼にあたる可能性があるのでやめましょう。

お金の入れ方に気を付ける

お金の入れ方には、弔事と慶事で決まりがあります。

弔事では、お札を縦に持った時に人物の肖像画が下に来るようにして袋へ入れます。
お金を入れる際は、中袋の裏側を正面にして入れます。
つまり、中袋の表面を向けたとき、お札は裏側を向いているという事になります。

慶事はこの反対で、お札の表側が中袋の表側にくるということになります。
お札は人物の肖像画が上を向くようにして入れます。

弔事と慶事では、お金の入れ方は全く反対となるのです。

香典袋は袱紗に包んで渡す

香典は袱紗に包んで渡すのがマナーとなっています。

カバンの中で祝儀袋を袱紗から取り出さず、受付の方の目の前で袱紗から香典を取り出します。
相手から見て香典が正面になるように渡しましょう。

袱紗については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

葬儀に持っていく袱紗(ふくさ)ってなに?包み方や選び方を解説!

葬儀に参列した時、他の人が袱紗(ふくさ)に包まれた香典をサッと出しているとカッコイイと思いませんか?でも、そもそも袱紗って何なのでしょう?葬儀の時には絶対必要なものなのでしょうか?そこで、袱紗について詳しく解説しますので、ぜひ読んでくださいね。

7回忌の香典の金額相場はいくら?

お金

7回忌の香典の金額相場は、故人との関係性によって変わってきます。

詳しい7回忌の香典の金額相場については、以下の記事で詳しく解説しています。
どのくらい包めばいいのか分からないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

故人が亡くなった後には7回忌などの年忌法要があり、その度に香典金額はどうしたらいいかと迷うことがあると思います。 そういった方にとって今回の記事は必見です。 今回この記事では故人との関係別での香典金額や7回忌での香典袋の書き方などを詳しく解説しています。

7回忌の香典袋についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、7回忌の香典袋について以下の事を解説してきました。

  • 7回忌法要とは故人の命日から丸6年目に行われる法要
  • 7回忌の香典袋の表書き、名前、中袋の書き方
  • 7回忌の香典袋は、宗派や金額によって使用する袋や水引の色が異なる
  • 7回忌の香典のお金の入れ方と渡し方
  • 香典の金額相場は、故人との関係性によって変わる

7回忌の香典袋の書き方や、使用する香典の種類には細かな決まりがあります。

それぞれ宗派ごとで決まりがありますので、違う宗派の方法を使用するのはご法度です。
きちんと事前に確認しておきましょう。

7回忌の香典袋の書き方や選び方について不明な部分がある方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「7回忌・香典袋」に関連する記事

  • 33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

    33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

    香典袋にも種類があるのをご存知ですか?33回忌の法要に出席する場合、香典も持参します。香典をお渡しする際、間違ったものをお渡ししてしまうとマナー違反になったり恥をかいてしまうこともあります。今回は33回忌に相応しい香典袋の選び方と書き方についてご紹介します。

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • 23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

    23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

    23回忌の香典は、正しく包みたいものの、なじみがなくてよくわからないものです。冠婚葬祭の礼儀作法は、事前に正確なことを知っておきたいものです。金額、関係性や家族構成、宗派ではどう香典が異なるのか?情報を子細に整理しましたので、23回忌の参考にしてみてください。

  • 法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

    法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

    皆さんは、法事の際に持参する香典のマナーについて詳しく知っていますか?法事に関するマナーを知らないと、ご遺族や故人に対して失礼にあたることもあります。そこで今回の記事では、香典袋の表書きの書き方や香典袋の選び方など、法事の香典袋のマナーについて解説します。

  • 13回忌の香典袋の書き方はどうする?選び方やマナーについても紹介のサムネイル画像

    13回忌の香典袋の書き方はどうする?選び方やマナーについても紹介

    13回忌の香典袋には何を選べば良いのでしょうか。香典袋にもいろいろな種類があって迷う方も多いと思います。今回はそんなお悩みをお持ちの方のために、13回忌の香典袋の選び方とそのマナーについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  • 一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

    一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

    故人が亡くなって1年の節目で迎える一周忌ですが、参列する際に香典袋は欠かせません。しかし、葬儀のときと異なり一周忌の香典袋には書き方やマナーについて独特のしきたりがあります。今回はいざというときに役立つ一周忌の香典袋の書き方などをご紹介します。

  • 一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

    一周忌法要における香典はどのようにしたらよいのでしょうか?一周忌の法要はご遺族にとって大切な場ですから、金額や書き方など失礼のないようにしたいものです。今回の記事では一周忌の香典について、香典袋の表書きや名前の書き方、金額の相場などを分かりやすく解説します。

  • 仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

    仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

    人生の中で、葬儀に参列するということは誰でも何度かはあります。多くの場合葬儀といえば仏式のものが多いのですが、そうなるとその際に手渡す香典の正しいマナーも覚えておくと便利といえます。そこで今回は、仏式葬儀における香典にまつわるマナーについて見ていきましょう。

  • 17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

    命日に合わせて行われる年忌法要は、ご遺族にとって大切なご供養の場です。今回は年忌法要のなかでも、17回忌の香典袋の書き方や金額の相場など役立つ知識について詳しく解説いたします。また、17回忌のご香典の知っておきたいマナーについてもご説明いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「7回忌・香典袋」についてさらに知りたい方へ

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

13回忌の香典袋の書き方はどうする?選び方やマナーについても紹介のサムネイル画像

13回忌の香典袋の書き方はどうする?選び方やマナーについても紹介

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「7回忌・香典袋」についてさらに知りたい方へ

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと