喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!

身内の方を亡くした際には誰もが悲しみに沈んでいます。特に喪中・忌中の時期はその悲しみの最中にあるため気晴らしに旅行などに行きたくなるでしょう。しかし、喪中・忌中に旅行に行くなどとんでもないという考え方もあります。はたして、喪中・忌中の旅行の是非とは?

目次

  1. 喪中・忌中の旅行について
  2. 喪中・忌中について
  3. 喪中・忌中に旅行に行ってもいいの?
  4. 喪中・忌中の期間中他に避けるべきことは?
  5. 喪中・忌中の旅行についてまとめ

喪中・忌中の旅行について

bag

愛するご家族の方との死別という悲しい出来事はいつやってくるかもわかりません。
そして、身内の方の最期の悲しみで深く落ち込むというのは誰もが経験することです。

特に故人が亡くなってから間もない忌中や喪中の期間は、故人を失った喪失感と向き合っては非常に悲しい気持ちになるというのはよくあることです。
しかし、故人を失った悲しみに加え、故人の葬儀や遺産処理などで落ち着かない日常もあることから、気晴らしに旅行に出かけたいという気持ちもあるでしょう。

ただ、喪中や忌中の期間に旅行に出かけるというのはとんでもないという考え方もあります。
はたして、喪中や忌中に旅行に出かけることはいいことなのでしょうか、それとも避けるべきことなのでしょうか?

今回は喪中や忌中の期間に旅行に出かけることの是非について、以下のポイントに沿って一緒に考えていきましょう。

  • 喪中や忌中とはどのような期間なのか?

    喪中や忌中が何のために設けられている期間なのか、また両者の違いがどこにあるのかについて見ていきます。

  • 喪中や忌中に旅行に行くことの是非とは?

    喪中や忌中の期間に旅行に行くことがよいことなのかどうかについて考えていきます。合わせて、喪中や忌中に旅行に行ってはいけないという考え方やキャンセルした場合に返金してもらえるかどうかについても見ていきます。

  • 喪中や忌中の期間に他に避けるべきこととは?

    神社へのお参りや結婚式の披露宴など喪中や忌中の期間に避けるべきことについて見ていきます。

ぜひ最後までご一読ください。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

喪中・忌中について

葬儀

喪中や忌中といわれても、読者の方には具体的にどのような期間なのかがわからないという方もいるのではないでしょうか?

ここではまず、喪中や忌中について簡単に説明していきます。

喪中とは?

喪中とは身内の方が亡くなってからの1年(厳密には13ヶ月)の間、その故人のことを悼むための期間を指します。

喪中の間はなるべくおめでたい行事への参加や娯楽は避けつつ、故人を失った悲しみや喪失感から立ち直るための期間とされています。
このため、年末年始も年賀状ではなく喪中はがきを送付するのが習わしとされています。

なお、喪中の期間は故人の一周忌をとり行った段階で明けます。

忌中とは?

喪中と非常によく似た意味を持つ言葉である「忌中」ですが、喪中に比べるとその期間は短く故人の四十九日が明けるまでです。
言い換えれば、故人の四十九日法要をとり行う期間までが忌中となります。

やはり、こちらもおめでたいことへの参加や娯楽を慎むということが重要視されています。
また、現代では忌中であるという理由で学校や仕事を休むという忌引きも認められています。
これは家で出た身内が亡くなったことによる穢れを、外に持ち込まないためのものと考えられているからです。

喪中・忌中に旅行に行ってもいいの?

人々

喪中や忌中が故人を悼み、おめでたいことへの参加は慎む期間であるとはいっても、その悲しみや落ち着かなさから旅行に出かけて気持ちを落ち着けたいという方も多いのではないでしょうか?

しかし、旅行についても忌中や喪中に出かけるというのは不謹慎という考え方も古くからあります。
はたして、忌中や喪中の期間に旅行に行くことの是非とはどのようなものなのでしょうか?

旅行がだめな風潮があるのはなぜ?

まず、喪中や忌中の期間に旅行を控えるべきという風潮がある理由について考えていきましょう。
旅行をする目的は人によってさまざまですが、忙しい日常を離れてストレスや疲れを発散するために羽を伸ばしに行くという目的で出かけるという方が多いのではないでしょうか。
その点から考えると旅行は娯楽の部類に含まれます。

しかし、先ほども見たように喪中や忌中で避けるべきことにはおめでたいことの参加や娯楽があります。
そして、旅行も忌中や喪中で避けるべき娯楽として扱われると考えると、喪に服している間は旅行を控える代わりにその期間が過ぎれば旅に行くという方も多いです。

そこから考えると忌中や喪中に旅行をタブーなものとみなすのは、娯楽として旅行に出かけるのは不謹慎なこととみなす考え方から来ているためといえます。

旅行のキャンセルは返金してもらえる?

もし、喪中や忌中の期間に旅行に行くことに気が引けるということでキャンセルしたとして、旅行会社からすでに支払った旅行代金は返金してもらえるのでしょうか?

残念ながら、たとえ忌中や喪中であることを理由にキャンセルしても旅行会社からはキャンセル料を請求されるということは一般的です。

ただし、国内旅行の場合は故人が亡くなったことを理由に21日前までにキャンセルするということであれば、キャンセル料は発生しません。

旅行は行ってもいいのか

そうなると、忌中や喪中の期間は結局のところ旅行に行ってよいのでしょうか?
周囲の目やご自身の気持ちなどとのかかわりから、喪中や忌中の期間の旅行に行くことの是非についてあらためて見ていきましょう。

周囲の目が気になる場合

喪中や忌中の期間に旅行に行くことについて、近所の方々など周囲の目が気になるという方は大勢いるのではないでしょうか?
特に、近所でよからぬ噂の的になることについて恐怖心を抱くという方は多いでしょう。

このような場合は、お住まいの地域の考え方に照らし合わせて、喪中や忌中の期間に旅行をするかどうかを決めるとよいでしょう。

一言で喪中や忌中の間の旅行といいましても地域によって考え方はさまざまで、忌中の期間が明けさえすれば旅行に行ってもよいと考えるところもあれば、喪中でさえも絶対に旅行に行ってはいけないと考えるところもあります。

そのため、周囲の目が気になって喪中や忌中の期間に旅行に出かけることの決断ができないということであれば、まずはご家族やその地域の親しい方、菩提寺の僧侶の方などに打ち明けてみるとよいでしょう。

少なくとも忌中は避けた方がよい

ただし、多くの場合で忌中の間、つまり四十九日が明けるまでの間の旅行は避けるべきという考え方は多いです。
これは故人が亡くなって間もない時期であるうえ、忌中の期間自体が家で出た穢れを外に出さないようにするための期間とみなされているためです。

古くから日本人は穢れを恐れる考え方を持っており、多くの地域では今でもこのような考え方を受け継いでいることから少なくとも忌中の旅行は避けるようにするのが望ましいといえます。

最終的には遺族の気持ちの問題

一方で喪中や忌中の間に旅行に行くということ自体をタブー視する風潮はあっても、明確にそれを禁じている法律は存在しません。
そして、いくら周囲の目が気になって忌中の間は旅行を避けたとしても、人によっては忌明けした途端に張りつめていた気持ちが緩んでふと落ち着いたひと時を持ちたいと考えることもあるでしょう。

そのような場合はご自身の気持ちを優先して旅行に行くとよいでしょう。
喪中になっても少し落ち着きたいという気持ちを押し殺していたのでは、かえって精神疾患にかかるなど気持ちが疲弊しかねないためです。

気分転換になるなら旅行は悪いことではない

旅行はたしかに旅先がテーマパークなどの場合は娯楽の性格を持ちますが、例えば温泉に出かけたりする場合は疲れ切った心をいやす気分転換の意味を持つようになります。

ご遺族にとって身内の方の最期というのはあまりにも悲しく、その後も葬儀などで心休まる余裕もない状況ではどこかの段階で気持ちを落ち着けたいと考えるのも無理もないことでしょう。

そのため、どこかで気分転換は重要なことであるとともに、この先の人生を前向きに生きていくうえでも不可欠なことです。
そして、旅行を通じて気分転換になるのであれば別段タブー視されることではありませんし、逆にご遺族を見守る故人の方も喜ぶでしょう。

喪中・忌中の期間中他に避けるべきことは?

marriage

ここまで忌中や喪中の期間の旅行の是非について見てきました。
忌中はともかく、喪中の期間に旅行をタブーなものと考える風潮が根強いものの、故人を失った気持ちを落ち着けるための旅行であれば決して悪いことではありません。

ところで喪中や忌中の期間にタブーとされていることはほかにもいろいろとあります。
ここでは喪中や忌中の期間にタブーとされている行為について、それぞれ簡潔に見ていきましょう。

神社の参拝

まず、神社にお参りすることはタブーとされています。
神道では人の死を穢れたことと考え、忌中の人々が神社にお参りしに来ることを避けるためです。

そのため、前向きに今後のことをいろいろとお祈りするために神社に参拝するのであれば忌中の期間が明けてからにしましょう。

正月飾り

門松や注連縄など正月飾りもまた忌中や喪中の期間は避けるべきこととされています。
正月飾りも神道の考えに基づいて行われる習俗であることから、死を穢れと考える神道の立場からすれば避けるべき行為とされています。

加えて正月飾りは基本的に外から見えるところにされるものです。
そのため、ご近所の方からよからぬ評判が立つのを避ける意味でも喪中や忌中の期間の正月飾りは避けるのが賢明といえます。

結婚式披露宴

喪中や忌中の期間の間に知人や友人の方が結婚式の披露宴を行うというケースもあります。
喪中や忌中の間はお祝い事にはなるべく参加しないのが望ましいとされていますが、どうしても当事者たちが来てほしいという場合はよく話し合ったうえで結論を出すとよいでしょう。

ちなみにご自身の結婚式披露宴を行いたいという場合は、忌明け後に行うという方が多いことから問題なく行うことはできますが、それでもご家族やご親族などとよく話し合ってからの方がよいでしょう。

お中元やお歳暮

日ごろお世話になっている方に贈るお中元やお歳暮ですが、ご自身が喪中や忌中にある場合は忌中の期間が終わってから送るようにするのがよいでしょう。
お中元やお歳暮を贈るという行為もお祝い事の1つに数えられるためです。

一方、受け取るという場合は水引きやのしを外した状態にしてもらえば問題はありません。

誕生日のお祝い

忌中や喪中にある人が誕生日を迎えた際にお祝いを言う際には少し文言を工夫するとよいでしょう。
少なくとも、身内の方をなくした悲しみにある方に「おめでとう」という言葉をかけるのは避けるべきといえます。

むしろ、その方をお見舞いしたり、よい1年となるように祈るような言葉をかける方が無難です。

七五三

子供が健やかに成長したことを祝って行われる行事である七五三ですが、神社にお参りする以上は少なくとも忌中の場合は避けた方がよいでしょう。

ただし、子供にとっても一生に一度のお祝い事である以上、忌中が明けて喪中であれば派手でなければ祝ってもよいとされています。

海や山に行くこと

旅行の中には自然に触れるという目的のために海や山に行くという方も多いでしょう。
ただ、喪中の期間に海や山に行くことはたたりがあるとして避けるべきという考え方も存在します。

しかし、実際にはお盆の時期に海に行くことや、喪中に山にある神社に行くことがよくないとされてきたため、喪中の時期に海や山に行っても特にたたられることはないといえます。

喪中・忌中の旅行についてまとめ

人々

喪中や忌中の間に旅行に行くことについて見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • 喪中とは故人が亡くなってから一周忌まで(13ヶ月)の期間を指し、この間の祝い事や娯楽への参加、年賀状の送付は極力避けるべきとされている。忌中は故人が亡くなってから四十九日が明けるまでの期間のことで、家から出た故人の死による穢れを外に持ち出さないための期間とされている。
  • 喪中や忌中に旅行に出かけることについては、旅行が忌中や喪中の間に避けるべき娯楽に入ることから古くから避けるべきという考え方が存在する。忌中や喪中を理由にキャンセルした場合、ほとんどの旅行会社からキャンセル料を請求される。そして、忌中や喪中の旅行は少なくとも忌中は避けた方がよいとともに、地域の習慣も考慮に入れて考えた方がいい。ただし、気分転換したい気持ちがあるなら旅行も悪いことではないといえる。
  • 喪中や忌中に避けるべきこととして、神社への参拝(忌中のみ)や正月飾り、結婚式披露宴(忌中のみ)、七五三(忌中のみ)などが挙げられる。

喪中や忌中に旅行に出かけることについては、少なくとも忌中の期間は避けるべきですが、喪中の場合は地域の慣習やご自身の気持ちとを合わせて考えてみましょう。
そして、気分転換したいということであれば出かけてもかまわないことです。

喪中の期間の旅行についての考え方は人それぞれであることから、終活の中でご自身の考え方について残しておくのも、後に残るご家族が苦しまないようにするうえでの1つの手ともいえます。
同時に終活を通じて忌中や喪中の間のタブーについて知っておくのも悪くないことでしょう。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
喪中期間について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介

親類の方が亡くなった場合には一定の期間喪に服すことになりますよね。では、喪中期間の長さはいったいどれくらいなのでしょうか?今回は、喪中期間の長さはどれくらいなのかについてと喪中期間にしてはいけないこともご紹介いたします。ぜひ最後までご覧ください。

「喪中・忌中・旅行」に関連する記事

「喪中・忌中・旅行」についてさらに知りたい方へ

  • 喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説のサムネイル画像

    喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説

    身内に不幸があったとき、しばらくの間「喪に服す」といいますよね。では何のためにそうするかはご存知でしょうか?喪中と忌中の違いは?期間はどのくらいで、どのように過ごせばよいのでしょうか?今回は喪中と忌中の期間について詳しく説明します。是非最後までお読みください。

  • 喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説のサムネイル画像

    喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説

    喪中と忌中の違いをご存知ですか?喪中と忌中の期間やその間の過ごし方など、喪中と忌中の意味やマナーが分からないと、思わぬ失敗をしたり、失礼があるかもしれません。終活ねっとのこの記事では、喪中と忌中の違いについて、それぞれの意味や期間別のマナーを含めて解説します。

  • 喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

    喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

    近親者が亡くなったあと、その人を悼む事を「喪に服す」と言います。その喪に服す期間を「喪中」と言いますが、その喪中期間の過ごし方というのはなかなかわかりづらいものです。喪中期間にやってはいけないこと、やっても構わないことを中心に、喪中期間の過ごし方を解説します。

  • 喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

    喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

    喪中の時でもお墓参りをする場合があります。喪中の間は旅行や祝い事を避けるべきですが、お墓参りはしても良いのでしょうか。他にも喪中の際に注意しなければならないことはいくつかあります。今回は気になる喪中のお墓参りや注意することを紹介します。

  • 喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説しますのサムネイル画像

    喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説します

    喪中に旅行に行っても大丈夫なのでしょうか?喪中でのタブーなことがわからない。なんとなく喪中に控えるべきことは分かるけど旅行ってどうなの?とお考えの方は多いかもしれません。ここでは、喪中の旅行に行っても大丈夫かをその理由とともに解説していきます。

  • 喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介のサムネイル画像

    喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介

    親類の方が亡くなった場合には一定の期間喪に服すことになりますよね。では、喪中期間の長さはいったいどれくらいなのでしょうか?今回は、喪中期間の長さはどれくらいなのかについてと喪中期間にしてはいけないこともご紹介いたします。ぜひ最後までご覧ください。

  • 喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説のサムネイル画像

    喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

    身内の方が亡くなってからおよそ1年の間、祝い事などを極力控えつつ故人を失った悲しみから立ち直るための喪中と呼ばれる期間があります。しかし、喪中の間に散歩などでつい神社に立ち寄ったという方もいるのではないでしょうか?喪中に神社への参拝はよくないのでしょうか?

  • 絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣のサムネイル画像

    絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣

    喪中の家庭がしてはいけない事ってどんなことか知っていますか?お正月に「おめでとうございます」と言ってはいけない喪中に、『初詣』は果たして行っていいのか、そして知らないで『初詣』に行ってしまったら?今回はそんな喪中に行ってはいけない事をお話します。

  • 四十九日までの過ごし方はどうする?忌中に避けるべきことも紹介のサムネイル画像

    四十九日までの過ごし方はどうする?忌中に避けるべきことも紹介

    故人の葬儀が終わった後は気持ちを落ち着けるのが理想ですが、やるべきことも少なくありません。特に葬儀の次の四十九日までも引き続き慌ただしいですが、過ごし方について知ることで落ち着いて行動することができます。今回は四十九日までの過ごし方について見ていきましょう。

  • 喪中期間の神棚の管理方法を解説!半紙で神棚封じする?のサムネイル画像

    喪中期間の神棚の管理方法を解説!半紙で神棚封じする?

    喪中の間の過ごし方には、現在でも昔からのしきたりが数多く残っています。そこで今回は、喪中の間の神棚の管理方法をご紹介します。既に神棚をお祭りしている方も、これからお祭りする方も、この機会にしっかりと覚えておきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「喪中・忌中・旅行」についてさらに知りたい方へ

喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説のサムネイル画像

喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説

喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説のサムネイル画像

喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説しますのサムネイル画像

喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説します

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介のサムネイル画像

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説のサムネイル画像

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣のサムネイル画像

絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣

四十九日までの過ごし方はどうする?忌中に避けるべきことも紹介のサムネイル画像

四十九日までの過ごし方はどうする?忌中に避けるべきことも紹介

喪中期間の神棚の管理方法を解説!半紙で神棚封じする?のサムネイル画像

喪中期間の神棚の管理方法を解説!半紙で神棚封じする?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと