法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

皆さんは、法事の際に持参する香典のマナーについて詳しく知っていますか?法事に関するマナーを知らないと、ご遺族や故人に対して失礼にあたることもあります。そこで今回の記事では、香典袋の表書きの書き方や香典袋の選び方など、法事の香典袋のマナーについて解説します。

目次

  1. 法事の香典袋について
  2. 法事の香典袋の書き方
  3. 法事の香典袋の種類・選び方
  4. 法事の香典袋のマナー
  5. 法事の香典袋についてまとめ

法事の香典袋について

仏壇

法事とは、故人の冥福を祈って供養する仏教の行事です。

法事において、参列者は故人に対する供養として香典を包みます。
葬儀の香典には多くのマナーがあるように、法事の際の香典袋についても選び方や書き方といったマナーがあります。

しかし、葬式の際の香典と違って法事の際の香典袋のマナーについては意外と知られていません。
そこで今回終活ねっとでは、法事の香典袋について以下のことを中心に解説します。

  • 法事の香典袋はどうやって書くの?
  • 法事の香典袋はどんなものを選べばいいの?
  • 法事の香典袋を渡すときに気をつけないといけないことって?

法事はお葬式と違って、予め決まった日取りで行われます。
準備する時間も十分にあるため、知らなかったでは済まされないのが法事でのマナーです。

今回の記事を読んで頂ければ、法事の香典のマナーを身につけることができます。
ぜひ最後までお読みください。

また、お坊さんをよりお安く手配したいという方はこちらをご覧ください。

法事の香典袋の書き方

葬儀

まずは、香典袋の書き方から解説します。

香典袋の書き方は、金額や名前がわかれば何でもいいというわけにはいきません。
香典袋を書く時には、表書き・名前・中袋への記入が必要です。
それぞれ、書き方について細かなルールがあります。

ここでは何で書くのか、どうやって書くのかといった基本的なマナーからご紹介していきます。
また、宗教や宗派の違いによって変わる書き方についてもご紹介させていただきます。

香典袋は何を使って書くの?

香典袋は、基本的には毛筆で書くのが良いとされています。

しかし、毛筆に慣れていないと綺麗に書くのは難しいかもしれません。
香典袋の字が、読み取れない字になってしまっては元も子もありません。
毛筆での筆記に自信のない方は、筆ペンで記入されると良いでしょう。

ここで大切なことは、ボールペンやサインペンといった筆記具は略式とされているということです。
ボールペンやサインペンで香典袋を書くことは相手に失礼にあたりますので、使用を避けましょう。

49日までは薄墨で書く

お葬式の際の香典袋は、薄墨で書くことがマナーですよね。
薄墨を使うのは、「突然のことで墨をする時間がなかった」「涙で墨が滲んで薄くなった」と、突然の訃報に対し悲しみの意をあらわす為であるとされています。

ですから、四十九日までの法事・法要については、香典袋の表袋は薄墨で書くようにしましょう。

49日後は薄墨で書かなくてよい

四十九日以降の法事・法要については、あらかじめ決まっているものとなります。
そのため、薄墨で香典袋を記入する必要はありません

ただし、仏事は薄墨で書くという習慣の地域もあります。
ご自分の参列する法事の地域性も考慮して、筆記具を選択するようにしましょう。

表書きの書き方

香典袋は不祝儀袋ともいわれています。
つまり、お祝いではない不幸時のお悔みとして現金を渡す際に包む袋のことです。

不祝儀袋の表書きとはいわば、お悔み用の「のし」の意味合いをもっています。
表書きにも書き方のマナーがあります。

渡すシーンや宗教・宗派によっても違いがあります。
ここでは、基本的な書き方とシーン別・宗教別の書き方について解説致します。

仏教の場合

仏教の場合の熨斗(のし)は「御霊前」や「御仏前」、「御香料」、「御香典」などが使われます。
使い分けは以下の通りです。

49日までは「御霊前」と書く

葬儀に参列する際には、「御香料」や御霊前と書くのが一般的な作法です。

そして、葬儀から四十九日までの法事・法要には「御霊前」と書くのが一般的な作法です。
「御霊前」は、ほとんどの宗派で用いても失礼には当たりません。
喪主の方の宗派がわからないという場合にも使えます。

しかし、仏教でも宗派によって違いがあります。
浄土真宗には、人は死と同時に阿弥陀如来によって極楽浄土に迎えられるという「即身成仏」の教えがあります。

死者の冥福を祈るという考えがないため、浄土真宗では「御霊前」を用いる必要はありません。
ですから、四十九日前であっても熨斗は「御仏前」が適しています。

49日後は「御仏前」と書く

四十九日以降の法事・法要については、宗派を問わず御仏前が適しています。

神式の場合

神道では、霊祭という仏教の法事・法要にあたる儀式が行われます。
「霊祭」は神社ではなく、喪主の自宅や亡くなった方の墓前で行われます。

また、霊祭が執り行われるタイミングは仏教の年忌法要のタイミングとは異なります。
そして、霊祭は死後50年目まで行われます。
葬儀から霊祭が行われるタイミングについて、以下に詳しくご紹介致します。

  • 翌日祭

    葬儀の翌日に霊璽(れいじ)や墓に向かって、葬儀が無事終わったことを報告する儀式です。自宅でご遺族のみで拝礼するのが一般的です。

  • 十日祭

    死後10日ごとに「四十祭」まで行われます。10日目の「十日祭」の際には親族や友人、神主を招き祭祀をあげてもらいます。それ以降の「二十祭」から「四十祭」については、自宅でご遺族によって行うことが慣例です。

  • 五十日祭

    死後50日目に執り行われます。この日は仏教での四十九日にあたり忌明けとなる斎日にもなります。ですので、五十日祭では神主をはじめ、親族・友人を招いて式が執り行われます。

  • 百日祭

    死後100日目にとり行われる儀式です。ここでも、神主や親族・友人等を招いて式を執り行うことが慣例となっています。

  • 式年祭

    仏教での年忌法要にあたります。死後満1年目から1年ごとに行われ、満50年目の「五十年祭」で弔い上げとなります。

神道の霊祭に参列する際も、香典は必要です。

神式の香典袋の表書きは、「御玉串料」や「御榊料」と書くのが一般的です。
神道は神様を祀っていますので、香典は神様に捧げるものです。
ですから「御仏前」は使いません。

キリスト教式の場合

日本で暮らしていると、キリスト教の葬儀や法事に参列する機会は珍しいですよね。

しかし、喪主がキリスト教なら当然、葬儀や法事もキリスト教の教えに従って行われます。
もしキリスト教の法事に参列することになった時にどうすれば良いか、ここではキリスト教式の法事についての作法をご紹介します。

ちなみに、キリスト教もいくつかの宗派に分かれており、教えにも違いがあります。

各宗派によって、香典袋のマナーや作法にも違いがあります。
今回は、日本で信仰者が多い「カトリック教会」と「プロテスタント教会」について解説します。

カトリックの場合

カトリック教会では、仏教にあたる法事・法要の儀式のことを追悼ミサといいます。

追悼ミサは、故人の死後3日目と7日目、30日目に行われます。
そして1年目には、「死者記念ミサ」という盛大なミサが行われます。

場所は主に教会で行われ、故人と親しかった友人や親族を招きます。
そして、参列者で聖歌の斉唱や聖書の朗読を行います。
ミサが終わった後には、教会の別室や自宅等で茶話会が開かれることもあります。

香典袋には「御ミサ料」や「御花料」、「御花輪料」といった表書きを使います。

プロテスタントの場合

プロテスタント教会では、故人を追悼する法事のような儀式を記念集会といいます。

記念集会は、故人の死後1か月目に「昇天記念日」として、教会や自宅または墓前で行われます。
自宅や墓前で行う場合には牧師を招き、親族や友人と礼拝が行われます。

プロテスタント教会でも、記念集会の後は茶話会が行われるのが一般的です。

プロテスタントの記念集会に参列する際の香典袋の表書きは、一般的に「御花料」や「忌慰料」と書きます。

名前の書き方

表書きの名前の書き方についても、作法があります。

個人で出す場合は、水引を境に下段中央にフルネームを書きます。

しかし、連名や団体で香典を出すとなるといくつか書き方の作法があります。

連名の場合

まず、夫婦連名で香典を贈る場合です。

香典は、基本的には世帯ごととみなします。
ご夫婦で法事に参列する際も、個人で贈る場合と同様に夫の名前を下段中央に書いても大丈夫です。

しかし、故人が夫婦共通の友人や恩人である場合には、夫婦それぞれの名前を連名で書きます。
香典の表面の下段中央に夫の姓名を書き、夫の名前の左側に妻の名前だけ書くと良いでしょう。

夫婦ではなく連名で香典を贈る場合には、下段中央にバランスよく二人の姓名を縦書きで書くと良いでしょう。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
香典袋の連名の書き方についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の名前を連名でどう書く?金額の書き方についても紹介します

お通夜や告別式に参列する際には、一般的に香典を包んだ香典袋を準備します。香典袋を準備するとき、名前を連名で書いていいのか迷ってしまったという経験はありませんか?。今回は香典における連名について、香典のマナーや具体的な書き方についてご紹介いたします。

複数人の場合

香典を複数人の連名で贈る場合には、全員の姓名を表記するのは3名までです。

3名での連名の場合は、下段中央の中心に代表者の姓名を記入します。
その左右両側に他2人の姓名を記入します。

または、代表者の名前の左側に続けて他2名のフルネームを記入する方法もあります。

4名以上の連名の場合は、まず代表者の姓名を下段中央に書きます。
そして、代表者の名前の左側に「他一同」や「他〇名」というように記入しましょう。

名前を省略した場合は別紙に全員の姓名を記入し、中袋に入れておきましょう。

職場関係で連名で香典を贈る場合には、一番右に会社名を記入します。
3名までなら、会社名に続いて右から会社での地位の高い人から記入します。
4名以上の連名になる場合には、会社名の隣に「〇〇部一同」と記載しても構いません。

中袋の書き方

香典袋には、中袋(中包み・内袋)がついているものがあります。
中袋についても一定の作法がありますので、そちらをご紹介致します。

中袋には住所氏名・金額を書く

中袋には、住所氏名や香典の金額を記入します。

筆記具は、基本的にはここでも毛筆がよいです。
しかし、中袋は読み易さが重要ですので、筆ペンや万年筆でも大丈夫です。

墨やインクの色は、濃い墨で良いです。
そして、住所は省略せず郵便番号からきちんと書いてください。

中袋に住所・氏名・金額を書く位置については、2通りあります。
1つは中袋の表面に香典の金額を記入し、裏面に住所・氏名を記入する書き方です。

もう1つは中袋の表面には何も書かず、裏面の右側に金額を書き、左側に住所・氏名を記入する書き方です。
どちらの書き方でも失礼にはなりません。

市販の香典袋の中袋には、あらかじめ金額・住所・氏名を書く欄が設けられているものもあります。
すでに記入欄がある場合には、指定されている欄に記入すると良いです。

金額の数字の書き方

香典の金額は、故人との関係性や立場等によって様々です。

しかし、「死」や「苦しみ」を連想させる「4」や「9」は避けなければなりません。
また、2で割り切れる偶数も「故人との縁が切れる」「故人とこの世との繋がりが切れる」といった意味合いになるので、使ってはいけません。

金額の記入の際には、改ざんを防止するために漢数字を用いることが慣例です。
最近は、「一」「二」といった新字体で書く方もいますが、一般的に略式と解釈されています。
香典には、旧字体の漢数字で記入するのが良いでしょう。

中袋なしの場合はどうする?

中袋がない香典袋も多く販売されています。
中袋なしの香典袋は略式と解釈されているため、金額が少ない香典や郵送で香典を送る場合に用いられます。

また、地域の風習によってはあえて中袋を使用せずに香典を贈るところもあります。

中袋なしの場合で香典を贈る場合には、裏面の水引下段の左側に住所と金額を記入します。
住所を右側に、金額を左側の2行で書くようにします。
名前は表面に書いてあるので、繰り返し書く必要はありません。

法事の香典袋の種類・選び方

葬儀

そもそも香典袋の選び方についても、回忌・周忌数や宗教・金額によって違いがあります。
ここでは、香典袋の種類とシーンに応じた香典袋の選び方について解説します。

回忌・周忌数によって水引の選び方が異なる

香典袋の水引は、回忌・周忌数によって選ぶ場合もあります。

自分が参列する法事の周忌数を把握しているなら、以下の基準が参考になるでしょう。

一周忌(一回忌)の場合

一回忌以前は、白黒や双銀などの落ち着いた色の水引を選択します。

結び方は、「固く結ばれ不幸ごとを二度と繰り返さないように」との意味が込められた「結びきり」が適しています。

三回忌以降の場合

三回忌以降は上記の色に加えて、青白や黄白などの水引を使っても良いです。

前述したように、京都では四十九日以降から黄白の水引が用いられます。
全国的にも三回忌以降では、黄白や青白といった色の水引を用いても構いません。

地域によって水引の色が異なる

水引については地域性の違いもありますが、大きく分けて関東と関西に分れます。
ここでは、地域ごとの違いについて解説致します。

関東は白黒の水引のものを使う

全国的に香典袋の水引は、黒白が一般的です。
宗教や宗派がわからなくても、黒白の水引を使用すれば失礼にあたりません。

関東では地域性により、「この色でないとダメ」という水引の慣習はありません。

黒白の水引を使用するのが一番無難です。

関西は黄白の水引のものを使う

関西では法事の香典袋に対し、黄白の水引を使う地域があります。

特に京都では、法事の香典袋には黄白の水引を使うのがポピュラーです。
京都以外でも黄白の水引を使用する地域がありますので、参列する法事の地域性も知っておくと良いですね。

ただし、地域性が把握できない場合もありますよね。
そのような時は黒白か黒銀の水引を使用すれば、失礼にはあたりません。
地域性がわからない場合は、黒白か双銀の水引のものを用いましょう。

宗教によって異なる

香典袋のデザインや表書きについては、宗教によって適しているものが異なります。
表書きについては前述していますが、こちらでは併せて香典袋のデザインについても解説致します。

仏式の場合

仏式であれば、表書きは「御仏前」が一般的です。

上包みは、白無地か蓮の絵や透かしが入ったものが適しています。

神式の場合

神道の場合、表書きは「御玉串料」「御榊料」の表書きが良いです。

上包みについては、一般的な黒白か双銀の結びきりの水引のものを使用しましょう。
また、蓮の花の入った袋は仏教用ですので、神式の場合は使用してはいけません。

キリスト教式の場合

キリスト教はカトリックとプロテスタントで表書きの違いがあると前述しています。

しかし、キリスト教の宗派がどちらかわからない場合もありますよね。
もしわからない場合には、どちらにも使える「御花料」を使用すると良いでしょう。

また、上包みについては十字架の入ったものや百合の花が入ったものが適しています。
キリスト教でも、仏教用の蓮の花の入ったものは使わないようにしましょう。

包む金額によって異なる

香典袋の金額に対して、香典袋が見合ったものでないと不体裁ですよね。
ここでは、包む金額に対する香典袋の選び方について解説します。

5千円より少ない場合

包む金額が5千円より少ない場合は、水引が印刷されたものを使用します。
印刷の水引は、5本ひとまとめのものが一般的です。

水引が印刷されているものは、簡易的なものであると解釈されています。
印刷の香典袋というのも、関係性によっては比較的失礼にあたりますので注意しましょう。

金額に見合わず袋だけが立派なものでは、社会人として格好が悪いですよね。
きちんと金額に見合った香典袋を選択することも法事のマナーです。

香典は、故人に対するお悔みの気持ちで包むものです。
少額であっても、関係性に応じたお悔みをすることが重要です。

1万円~3万円の場合

1万円以上の香典を包む際には、正式な水引付きの香典袋を用いるのがマナーです。
水引は、7~10本の黒白か双銀の結びきりのものを選択するのが適しています。

3万円より多い場合

3~5万円を包むのであれば、中金封というサイズの香典袋を用いると金額に対して見劣りしません。
双銀の水引が10本束になったもの等を用いるとよいでしょう。

10万円以上包む場合には、大金封というサイズの香典袋を使用してください。
大金封は上包みの素材が高級和紙で出来ていたり、水引も凝ったデザインのものが多く格式高い香典袋です。

法事の香典袋のマナー

葬儀

法事の香典袋については、書き方や水引の選択以外にもマナーがあります。
細やかなことですが、ご遺族のことを考えた細やかな配慮が必要となります。

お金の入れ方に気を付ける

香典袋にお札を包む際には、お札の向きに注意する必要があります。

一般的には香典袋のお札の入れ方は、中袋を開けたときにお札の人物画が書かれている方(表面)が見えるように入れます。

また、複数枚のお札を包む際には、必ずお札の向きは揃えておくようにしましょう。

新札は使わないようにする

昔から、香典袋に包むお札に新札を用いるのは準備していたようだと捉えられることがあり、タブーとされてきました。

手元に新札しかない場合には、一度お札に折り目をつけてから包むと良いでしょう。

香典は袱紗に包んで渡す

袱紗とは、香典袋を持参する時に包む布のことです。
礼節や奥ゆかしさを重んじる日本では、香典袋を袱紗に包んで渡すというのがマナーです。
香典袋をむき出しのまま法事に参列するのは、社会人として不体裁です。

袱紗についても、シーンや香典の金額等によって細やかな作法があります。
袱紗の包み方や選び方については、下記のページで詳しく解説しています。
ぜひこちらも併せてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀に持っていく袱紗(ふくさ)ってなに?包み方や選び方を解説!

葬儀に参列した時、他の人が袱紗(ふくさ)に包まれた香典をサッと出しているとカッコイイと思いませんか?でも、そもそも袱紗って何なのでしょう?葬儀の時には絶対必要なものなのでしょうか?そこで、袱紗について詳しく解説しますので、ぜひ読んでくださいね。

法事の香典袋についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、法事の香典袋についてご紹介してきました。

記事の内容をまとめると、以下のようになります。

  • 法事の香典袋の表書きは四十九日までは薄墨で、以降は濃い墨で書く

    四十九日まではご遺族も参列者もまだ深い悲しみに包まれています。悲しみの気持ちを表すように、香典袋の表書きは薄墨で書くのが良いでしょう。四十九日以降は濃い墨で書いても良いとされています。

  • 表書きの書き方は、仏教は「御仏前」、神式は「御玉串料」、キリスト教は「御花料」が一般的である

    表書きは上記で紹介したように、宗教や送るタイミングによって様々な種類があります。ご遺族が進行する宗教を、事前に把握しておけると良いですね。

  • 香典袋の水引の選び方についても宗教やシーンによって違いがあるが、選択に迷った時には黒白・結びきりの水引のものであればよい

    香典袋の選択についても地域性や贈るシーン、宗教によって違いがありますが、黒白で結びきりの水引のものを使用すれば失礼になりません。

  • 香典を贈る際には書き方や袋の選び方以外にも新札は使わない・お札の向きは揃える・きちんと袱紗に包み贈るといったマナーがある

    香典を送る際のマナーには、書き方や袋の選択以外にもマナーがあります。新札は使わない・お札の向きは揃える・袱紗に包むといったことも大切なマナーです。

大切な家族を亡くしたご遺族に対して、失礼があっては故人も浮かばれません。
故人を偲ぶ気持ちをもって、マナーを守り香典を送ることはとても大切なことです。

終活ねっとでは、法事や葬儀に関する様々な記事を紹介しています。
ぜひ合わせてお読みいただければと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

「法事・香典袋」に関連する記事

「法事・香典袋」についてさらに知りたい方へ

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • 法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

    皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

  • 一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

    一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

    故人が亡くなって1年の節目で迎える一周忌ですが、参列する際に香典袋は欠かせません。しかし、葬儀のときと異なり一周忌の香典袋には書き方やマナーについて独特のしきたりがあります。今回はいざというときに役立つ一周忌の香典袋の書き方などをご紹介します。

  • 7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

    7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

    皆さんは7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方をご存知ですか?今まで正しい方法を知らずに、香典袋を書いたり選んでいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方について解説していきます。最後までご覧ください。

  • 一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

    一周忌法要における香典はどのようにしたらよいのでしょうか?一周忌の法要はご遺族にとって大切な場ですから、金額や書き方など失礼のないようにしたいものです。今回の記事では一周忌の香典について、香典袋の表書きや名前の書き方、金額の相場などを分かりやすく解説します。

  • 13回忌の香典袋の書き方はどうする?選び方やマナーについても紹介のサムネイル画像

    13回忌の香典袋の書き方はどうする?選び方やマナーについても紹介

    13回忌の香典袋には何を選べば良いのでしょうか。香典袋にもいろいろな種類があって迷う方も多いと思います。今回はそんなお悩みをお持ちの方のために、13回忌の香典袋の選び方とそのマナーについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  • 33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

    33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

    香典袋にも種類があるのをご存知ですか?33回忌の法要に出席する場合、香典も持参します。香典をお渡しする際、間違ったものをお渡ししてしまうとマナー違反になったり恥をかいてしまうこともあります。今回は33回忌に相応しい香典袋の選び方と書き方についてご紹介します。

  • 葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

    葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

    日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

  • 仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

    仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

    人生の中で、葬儀に参列するということは誰でも何度かはあります。多くの場合葬儀といえば仏式のものが多いのですが、そうなるとその際に手渡す香典の正しいマナーも覚えておくと便利といえます。そこで今回は、仏式葬儀における香典にまつわるマナーについて見ていきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「法事・香典袋」についてさらに知りたい方へ

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

13回忌の香典袋の書き方はどうする?選び方やマナーについても紹介のサムネイル画像

13回忌の香典袋の書き方はどうする?選び方やマナーについても紹介

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと