神道の一年祭のお供え物について詳しく解説!一年祭のマナーも紹介!

日本で行われる一周忌は基本的に仏式ですが、実は神道でも一年祭と呼ばれる一周忌法要にあたる祭祀があります。もし、神道の一年祭に参列する場合はどのようなお供えをするとよいのでしょうか?今回は神道における一年祭の際のお供え物についてとりあげていきます。

目次

  1. 神道の一年祭のお供えについて
  2. 神道の一年祭とは?
  3. 一年祭で祭壇に並べるお供え物について
  4. 一年祭で参列者が持参するお供え物について
  5. お供え物でなく玉串料を持参する場合
  6. 一年祭に参列する際のマナー
  7. 神道の一年祭のお供えについてまとめ

神道の一年祭のお供えについて

神棚

故人が亡くなって1年の節目にあたるのが一周忌です。
日本では一周忌の際に行われる法要のほとんどが仏教形式(仏式)であるため、一周忌に対する一般的なイメージといえば自宅などで僧侶の方にお経をあげてもらいつつ焼香するというものでしょう。

しかし、日本古来の宗教である神道にも一周忌法要にあたる一年祭という祭祀がとりおこなわれます。
神道で行われる故人の一年祭に参列する際にも、仏式と同じようにお供え物が必要ですが、何をお供えすればよいか頭を悩ます方も多いでしょう。

そこで今回終活ねっとでは神道における一年祭の際のお供え物について見ていきます。
以下の各ポイントに沿って話を進めていきますので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

  • 神道の一年祭とはどのような祭祀なのか?

    神道で故人の一周忌に行われる一年祭について簡潔にご説明します。

  • 神道の一年祭の際に並べるお供え物とは?

    神道の一年祭の際に祭壇に並べるお供え物について具体的にご紹介します。

  • 神道の一年祭の際に参列者が持参するお供え物とは?

    神道の一年祭の際に参列者が持参するお供え物に何があるのかをご紹介します。

  • お供え物の代わりに玉串料を持参する場合について

    お供え物の代わりに玉串料を持参する際の金額の相場や、包むための袋の水引き、表書き、渡し方に関するマナーをご紹介します。

  • 神道の一年祭に参列する際のマナーとは?

    一般的にあまり知られていない一年祭の際のマナーについて服装や席順、代理出席に注目してご説明します。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

神道の一年祭とは?

神棚

最初に神道での一年祭がどのような祭祀なのかについて見ていきましょう。
神道で行われる一年祭とは、故人が亡くなって1年の節目に行う祭祀のことで、仏教でいう一周忌法要にあたります。

仏教の一周忌法要はご遺族の自宅や菩提寺で行うのが一般的ですが、神道での一年祭はご遺族宅の故人を祀った祖霊舎と呼ばれる神棚の前か霊園などで行うことが多いです。

また、神道では死を穢れとみなして避けることから葬儀や五十日祭は神社の境内で行うことはありませんが、一年祭の場合は神社の施設(社務所)でとり行っても問題はありません。

一年祭で祭壇に並べるお供え物について

神棚

神道での一年祭について踏まえて頂いたうえで、ここからは一年祭の際に祭壇に並べるお供え物について詳しく見ていきましょう。

なお、神道では神棚や一年祭の際の祭壇へのお供え物のことを「神饌(しんせん)」といいます。
そして、神饌とは神様(その家の守護神としての故人のこと)に対してお供えされるものです。

神饌としてお供えするもの

一年祭のお供え物である神饌にはメインとして並べるものとその周りに並べるものとがあります。
ここではそれらについて知ることで、神道形式の祭祀を準備したり参列したりする場合に備えましょう。

メインのお供え物

神道でお供えする神饌でメインのものとされているのは、米・塩・水・酒です。
米・塩・水・酒は神道では毎日のようにお供えするものと位置づけられており、「日供(にちぐ、にっく)」と呼ばれています。

中でも米については「御洗米」といって、きちんと洗ったものをお供えするのが一般的なマナーです。
ほかにも水と酒は神様にお供えする飲み物として並べられます。

その他のお供え物

米・塩・水・酒のほかにも野菜や果物、お菓子、魚、鳥などを周りに並べます。
野菜や果物の場合であれば、一年祭が行われる季節に合わせて、旬のものを並べるとよいでしょう。

また、お菓子や果物、お酒、お花については生前に故人が好んでいたものをお供えすると故人にも非常に喜ばれます。

ほかにも魚や鳥もお供えできますが、これは仏教と違って神道ではお供え物として避けられるわけではないためです。

神饌の並べ方

神饌については仏教の場合のお供え物に比べると並べられる種類は比較的多く見られますが、その一方で並べ方に作法があるのも神道の特徴です。

基本的には、お供え物は三方(さんぽう)と呼ばれる木製の台(正月の鏡餅を載せる台をイメージするとわかりやすい)に載せるのがマナーとされています。
この際に三方の縁に継ぎ目がある方を手前側(参列者側)に向けて並べましょう。

なお、お供えした食べ物は祭祀が終わった後はお下げして、参列者などで分け合っていただきます。
この点は仏式の法事やお墓参りと同じように、日本古来の祖先崇拝の影響によるところです。

一年祭で参列者が持参するお供え物について

困った人々

こちらでは、参列者側が一年祭の会場に持参するお供え物について見ていきましょう。
なお、お供え物として適当な物と適当ではない物とに分けて見ていき、適当ではない物については理由についても合わせてご紹介します。

お供え物として適当な物

神道の一年祭にお供えものとして持参するのに適当な物としては、故人が生前好んでいたものやお菓子・果物・お酒などが挙げられます。
特に故人が好んでいたものについては、持参するとご遺族に対して誠意が伝わるため、単に感謝されるだけではなく、今後の関係においてもよい影響を及ぼすでしょう。

また、お菓子については常温で日持ちがしやすく、個別包装のされたものを選んで持参するとよいでしょう。
祭祀が終わった後で参列者一同でお下がりとして分けて食すことができるためです。

お供え物として適さない物は?

一方で神道の一年祭の場に不適切なお供え物もあります。
仏式の一周忌法要でよく見られるお線香やろうそく、抹香などです。

お線香やロウソク、抹香を使うのは仏式の法事だけで神道の祭祀では使われないため、持参しても無駄になるだけといえます。

お供え物の相場は?

一年祭の会場にお供え物を持参する場合、事前に自前で用意することになるでしょう。
その際に気になる、お供え物の用意に必要な金額の相場はいったいどのくらいかについて見ていきます。

一年祭の際にお供え物にかける金額の相場は5000円から15000円が一般的です。
ただし、具体的な金額については生前の故人との関係をよく考えたうえで決めるようにするとよいでしょう。

お供え物ののし紙について

お供え物を持参するとなれば、品物にのし紙を付けて持っていくというのは、法事などに限らず日本古来の贈答品に関するしきたりとされています。

神道の一年祭についても持参するお供え物に掛けるのし紙について一定のマナーがありますので、きちんと理解しておきましょう。

水引について

水引は祝儀袋や香典袋、贈答品につけるのし紙に施すひも状の飾りやそれを印字したもののことです。
基本的に仏式での弔事の場合は黒白もしくは双銀の水引を用意します。

神道の場合でも黒白の水引を使うのが一般的です。
ただし、地域によっては一年祭までは黒白の水引を、それ以降の故人の祭祀は赤白(お祝い事に使われるもの)を使う場合や、関西地方のように黄白のものを使う場合もあります。

表書きについて

一年祭にお供え物を持参する際の表書きは「御供」「御供物」「奉献」「奉納」などが用いられます。
いずれも、神様になった故人にお供えするという意味があるため、純粋に「お供えします」という意味合いのあるものです。

もし、表書きや水引で悩むようでしたら、お供え物を購入する際にのし紙をかけてもらうように頼めば、店側で適切な物を選んでもらえます。

なお、表書きの下には持参した人の名前を記します。

内のしと外のしどちらがいいか

ちなみに、お供え物を持参する際にはのし紙を内のしにするか外のしするかという問題もあります。
内のしとは贈答品に直接のし紙を掛けることを、外のしとは贈答品に包装を施したうえでのし紙を掛けることです。

神道の祭祀で持参する場合は厳格な決まりはないことから、内のしでも外のしでも特に問題はありません。
ただし、大勢の参列者がお供え物を持参する場合に備えて、誰が持参したものかが分かるように外のしにした方が無難といえるでしょう。

会場に着いたら

お供え物を持参して会場に着いたら、施主の方にそのままお供え物を手渡します。

よくありがちな間違いとしてあるのが、会場に用意されている祭壇に直接お供え物を並べるというやり方です。
しかし、このやり方は逆にマナーに反しますので、あくまでも施主の方の手を通じてお供えしてもらうようにしましょう。

なお、お供え物を施主の方に手渡すときは一言ご挨拶してからの方が望ましいです。

案内状にお供え物の辞退が書かれていた場合

ご遺族側の都合でお供え物の持参を辞退する旨が案内状に書かれている場合があります。
このような場合はどうすればよいのでしょうか?

結論から先に書けば、お供え物の辞退の旨が案内状に書いてある場合はお供え物を持参するのは控えましょう。
持参した場合は、一年祭の準備や運営などで負担が大きくなっているご遺族の方に余計な負担を強いるためです。

ご遺族のことを気遣うのであれば、お供え物は持参しないで一年祭に参列するようにしましょう。

お供え物でなく玉串料を持参する場合

お金

最近では神道の一年祭にお供え物の代わりに玉串料を持参する場合も増えてきています。
むしろ玉串料を持参するというケースの方が多いというのが現状です。

何らかの事情があってお供え物の用意ができない場合などに取ることのできる手段ですが、金額の相場や袋の書き方などはどうすればよいのでしょうか?

金額の相場は?

玉串料は仏式の法要でいうところの香典に相当するため、相場に合った金銭を包む必要があります。
それでは、玉串料として包む金額の一般的な相場はどのくらいなのでしょうか?

基本的には普通の参列者であれば1人につき1万円が相場となります。
ただし、地域の慣習や参列者自身の故人との関係によって金額が上下することも少なくありません。

特に故人のご親族や故人と深い関係のある方の場合であれば、2万円から3万円ほど包んで持参するというのもよくあることです。
ほかにも夫婦で一年祭に参列する場合は、2人分で2万円から3万円包みます。

加えて、一年祭の祭祀が終わった後に持たれる会食(直会―なおらい)に参加する場合は1万円ほど多めに包むとよいでしょう。
なお、直会は基本的に全員参加というのがならわしです。

水引について

玉串料を包む際に注意すべきなのが水引です。
こちらも、先ほども見たお供え物に掛けるのし紙の場合と同じように基本的には黒白のものを用います。
ただし、少し多めに包んだ場合は双銀を、地域によっては黄白のものを使います。

このように包んだ玉串料の金額や地域の慣習によって選ぶべき水引の種類が変わってくるため、事前に確認しておく必要があるでしょう。
なお、結び方は結び切りかあわび結びにするのが一般的です。

なお、間違えてものしはつけないようにしましょう。
のしを付けてよいのは、神前に生ものをお供えする時のみであるからです。
余談ですが、仏式の法事ではお供え物を持参する場合でものしはつけてはいけません。

表書きについて

水引と同じように玉串料を包む袋に関して重要なのが表書きの文言です。
基本的に玉串料の表書きとしてよく使われるのが「御玉串料」「御神前」「御榊料」などです。

なお、表書きの下の部分には玉串料を包んだ個人の氏名を記します。
夫婦で参列する際には、夫の氏名を書いたうえでその左隣に妻の下の名前を書くか、中央に名字を書いたうえで夫婦の下の名前を左右に並べて書くようにしましょう。

複数人が連名で玉串料を包む場合は、3人までの場合は右から目上の順に氏名を記し、4人以上の場合は代表者の氏名だけを記したうえで、中袋に全員分の目録を入れておきます。

ちなみに、一年祭の玉串料の袋に表書きや氏名を記す際には毛筆を使って、普通の濃い墨で記すのがマナーです。

玉串料の渡し方

会場にて玉串料を渡す際のマナーは基本的には仏式の法事の場合とそれほど変わりません。
つまり、袱紗に包んだ状態で渡すのが一般的で、袱紗がない場合は白のハンカチなどに包んで渡すようにしましょう。

なお、玉串料を渡す際は無言で渡すのではなく一言「ささやかですがご霊前(ご神前)にお供えください」というような文言を添えるのを忘れないようにしましょう。

一年祭に参列する際のマナー

葬儀

仏教の一周忌法要に比べるとなかなか参列したり見聞きしたりすることのない分、神道の一年祭に関するマナーは知られていません。
ここでは、一年祭に参列した際に守るべきマナーについて簡潔に見ていきましょう。

一年祭に参列する際の服装

一年祭に参列する際のマナーとしてどうしても気になるのが服装ではないでしょうか?
基本的には黒色のフォーマルな格好が望ましいとされています。
ご遺族やご親族の場合は喪服を着るのが一般的です。

ただし、案内状に「平服でお越しください」というように指定がある場合はその服装(この場合は平服)で大丈夫です。
なお、一年祭より後の祭祀では平服を着て参列する機会が多くなります。

座る席順について

神道の一年祭では座る席順というものがあらかじめ決まっているため注意が必要です。
祭壇に近いほど故人と血縁関係のある方が座ります。

より具体的には施主やご遺族が最も祭壇に近く、その後ろに故人のご親族が、さらに後ろに故人の知人や友人が着席するというのが基本的な席順です。
もちろん、故人と血縁関係がないにもかかわらず最前列に座るというのはマナーに反します。

代理出席の場合

一年祭に代理で出席する場合は、事前に施主などご遺族の方に連絡しておくのがマナーとされています。

これは神式の法事では、祭祀が終わった後に直会(会食)が用意されていることが一般的であることから、直会に関わる事務的なことにも配慮する必要が出てくるためです。

もちろん、代理出席が決まった時点で早めに伝えると誠意が伝わるでしょう。

神道の一年祭のお供えについてまとめ

神棚

今回終活ねっとでは、神道の一年祭でお供えするお供え物について、玉串料や当日のマナーなども含めて見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと以下のようになります。

  • 神道の一年祭とは、仏式の一周忌法要にあたる祭祀のことで、故人を祀ってある神棚の前か霊園の施設、神社境内の社務所などで行われる。
  • 一年祭で祭壇に並べるお供え物は神饌と呼ばれており、基本的なものとして米や塩、水、酒があり、特に米は洗ったものをお供えする。
    そのほかにも周りに野菜や果物、故人が好きだったもの(お菓子やお花)、魚、鳥などを並べる。
    神饌はいずれも三方と呼ばれる木の台に載せてお供えする。
  • 一年祭で参列者が持参するお供え物として適切なのはお菓子や果物、お酒などで、故人が好んでいたものであればなおよい。
    逆に不適切なものにロウソクやお線香など仏式の法事によく使われるものが挙げられる。
    相場は5000円から15000円くらいで、水引は黒白のものを、表書きには「御供」や「御供物」などがよい。
  • お供え物の代わりに玉串料を持参する場合、その金額は基本的に1人1万円だが、会食(直会)があることも考えると少し多めに包むのが無難である。
    水引は黒白や双銀のもの、表書きは「御神前」や「御玉串料」がよく用いられる。
    玉串料を渡すときは袱紗か白いハンカチに包んで渡す。
  • 一年祭で守るべきマナーとして、服装は黒色のフォーマルなものが一般的で、ご遺族やご親族の場合は喪服を着用する。
    座る席順も故人と血縁上近い方たちが最前列になるように座る。
    代理出席の場合は前もってご遺族に連絡するのがマナーである。

仏式の一周忌に比べて神式の一年祭はなかなか参列する機会がない分、お供え物についても知る機会がありませんが、米・塩・水・酒を基本として旬の野菜や果物、故人が好んだものを並べます。
そして、並べる際には三方に載せてお供えするのを忘れないようにしましょう。

最近では玉串料という形でお供え物に代える例が非常に多いです。
そのため、神式の一年祭に参列することを考えて、今回の記事も含めて玉串料について記した資料を参考に知識を身に付けておくと良いでしょう。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
神道について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

意外と知らない神社の教え「神道」ってなに?

もっとも日本で有名な宗教は仏教だと思います。しかし、仏教はお寺の教え。実は日本には「神道」と呼ばれる神社の教えがあるのです。神社の教えである神道がどのようなものか紹介します。

「神道・一年祭・お供え」に関連する記事

「神道・一年祭・お供え」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「神道・一年祭・お供え」についてさらに知りたい方へ

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説のサムネイル画像

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?のサムネイル画像

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説しますのサムネイル画像

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

神道のお葬式は仏葬とどんな違いがあるのでしょうか?のサムネイル画像

神道のお葬式は仏葬とどんな違いがあるのでしょうか?

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介のサムネイル画像

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?のサムネイル画像

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?

神道のお墓ってどうするの?お墓の特徴からマナーまで解説!のサムネイル画像

神道のお墓ってどうするの?お墓の特徴からマナーまで解説!

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向きのサムネイル画像

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向き

神道の納骨方法は?納骨時期や費用、納骨式マナーを解説のサムネイル画像

神道の納骨方法は?納骨時期や費用、納骨式マナーを解説

お墓参りでお供えをするためにはどういう点に気をつけるべき?のサムネイル画像

お墓参りでお供えをするためにはどういう点に気をつけるべき?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと