四十九日のお布施の表書きの書き方は?宗派別の表書きや中袋も解説!

亡くなった方のご供養として四十九日の法要には大切な意味があります。お坊さんにお渡しするお布施は読経やご供養へのお礼の気持ちです。今回は四十九日の法要でお渡しするお布施について、表書きに注目して解説いたします。いざという時に役立つお布施の表書きについてです。

目次

  1. 四十九日のお布施の表書きについて
  2. お布施とは?
  3. 四十九法要でのお布施の表書き
  4. お布施の中袋の書き方
  5. 納骨の際のお布施の表書きは?
  6. 四十九日でのお布施の渡し方
  7. 四十九日のお布施の表書きのまとめ

四十九日のお布施の表書きについて

葬儀

法要では亡くなった方のご冥福を祈り、ご家族やご親族が集まって供養を行ないます。
法要についてさまざまなしきたりがあります。

それらのしきたりについて、正しい知識を身につけることは終活の柱のひとつです。

命日から一年後の一周忌から始まる年忌法要の前にも、初七日や四十九日といった法要があります。

なかでも四十九日の法要は、亡くなった方が仏さまの所へ旅立つ日として重要な意味をもっています。

今回は四十九日の法要について、特にお布施に注目して解説いたします。
次の点が今回の記事のポイントです。

  • お布施とは?
  • 四十九日の法要でのお布施の表書き
  • お布施の中袋の書き方
  • 納骨の際のお布施の表書き
  • 四十九日の法要でのお布施の渡し方

細かい知識とお思いかもしれませんが、お布施について正しいしきたりを知っておけば、いざという時に慌てずに済みます。

ぜひ最後まで目を通していただければと思います。

お布施とは?

葬儀

お布施というのは仏教の用語です。
亡くなった方のご供養として、お坊さんに読経をしてもらったり、戒名を付けてもらったときにお礼として差し上げます。

お布施にはお寺のご本尊様にお供えするという意味もあります。

お通夜と告別式の葬儀においても、お坊さんにお布施を差し上げるしきたりです。
葬儀の際のお布施については、終活ねっとの次の記事に詳しくまとめられています。

こちらも読まれています

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

四十九法要でのお布施の表書き

null

お布施をお渡しするときは、お布施と書かれた専用の封筒もしくは白い封筒を使います。
丁寧な方法としては、奉書紙(ほうしょがみ)という白い紙にお金を包んで、お渡しする場合もあります。

お渡しするお布施の表書きは、宗派によって異なります。
ここでは宗派別の詳しい書き方をご説明します。

宗派別の表書きの書き方

四十九日の法要でのお布施の表書きを5つの宗派からご説明します。
ご自分の宗派での表書きを、終活のノートに書き込んでおいても役立つでしょう。

表書きは薄い墨は使わずに、通常の濃い墨で書くようにします。
白い封筒をお布施の袋として使う場合は、二重封筒ではない一重のものを選びます。
郵便番号の欄がない無地の封筒を選ぶのがおすすめです。

のしは付けずに水引きをかけるようにします。
なお、水引きは必ずかける決まりはありません。

もしかける場合は、関東では黒と白の水引き、関西では黄色と白の水引きが一般的です。

仏教

仏教での四十九日では、「お布施」「御読経料」「御回向料」「御礼」といった表書きをします。

読経料(どくきょうりょう)とは、お坊さんにお経をあげていただいたお礼としてのお布施です。
また、回向料(えこうりょう)は、お坊さんにご供養をあげていただいたお礼という意味が込められています。

お布施という表書きが印刷された市販の袋を利用することもできます。

浄土真宗

浄土真宗での四十九日の法要の場合は、注意が必要です。

お布施の表書きはお布施と書くようにします。
また、四十九日の法要をご自宅で行なう場合は「お車代」と書くことができます。

仏教での四十九日のように、「御読経料」や「御回向料」といった表書きは浄土真宗ではできません

これは、浄土真宗での四十九日が、それまでにあった白木の位牌をお寺で処分してもらう日となっていることによります。

神道

神道では葬儀の翌日の翌日祭から十日祭、二十日祭というようにご供養を行ないます。
五十日祭の法要が、神道での四十九日の法要にあたります。
五十日祭には忌明けとして重要な意味があります。

五十日祭でお渡しするお布施の表書きには、御祭祀料(おさいしりょう)もしくは「御初穂料」(おんはつほりょう)のいずれかを書くようにします。

キリスト教

キリスト教における四十九日の法要は、カトリックでは追悼ミサ、プロテスタントでは記念集会が相当します。

本来ですと、追悼ミサは亡くなった3日目、7日目、30日目に、記念集会は亡くなった日の翌日と7日目、20日目に行なわれます。

しかし、これらの日取りは厳密に決まっているものではないため、日本では仏教でのやり方にならって、四十九日の前後に追悼ミサまたは記念集会が開かれることも多いようです。

お布施の表書きは、カトリックの場合は謝礼、プロテスタントの場合は記念献金と書くようにします。

無宗教

無宗教の方式での葬儀を選ぶ方は、年々増えています。
ご家族や親しかった方たちが集まり、アットホームな雰囲気のなかご自分らしい流れで執り行なう葬儀の方法です。

無宗教の葬儀では戒名を付けません

もともと四十九日に法要を行なうのは、仏教のしきたりに沿っていますので、無宗教での葬儀を選んだ場合には四十九日に法要を行なう決まりはないと言えます。

ただ、日本では仏教のしきたりにならって、四十九日の前後に追加の供養をする場合があります。
このとき四十九日の法要も無宗教の方式を採ることになります。

戒名を付けずお坊さんによる読経もないため、無宗教の方式ではお布施を用意する必要はありません。

名前の書き方

お布施の袋の表書きには、下の部分に名前を書き入れます。

喪主の方の名前をフルネームで書き入れる場合と、〇〇家というように名字を書き入れる場合とがあります。
どちらの書き方を選んでも問題はありません。

お布施の中袋の書き方

葬儀

四十九日の法要でのお布施は、奉書紙に包むか白い封筒もしくは市販のお布施の袋にお金を入れてお渡しします。

市販のお布施の袋には中袋が付いているものがあります。

中袋には金額と喪主の方の氏名住所を明記します。
中袋の表側の中央にお布施の金額を書き、裏側の左側にご住所とご氏名を書く方法です。
あるいは、中袋の表側の中央にお布施の金額を、その左側にご住所とご氏名を書く方法もあります。

金額は漢数字の旧字体で、壱、弐、参というように書きます。
例えば、2万円をお渡しする場合は、金弐萬円と書くようようにします。

終活ねっとには、お布施についてのさらに詳しい解説があります。
もっと知りたい方は次の記事をご参考にしていただければと思います。

こちらも読まれています

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

葬儀やお墓のことなどでお世話になるのが僧侶の方です。僧侶の方にお経をあげてもらったことへの謝礼がお布施ですが、香典などと違って書き方がわからないという方も多いでしょう。今回はお布施を手渡す際、恥ずかしい思いをしなくて済むお布施の書き方について見ていきます。

納骨の際のお布施の表書きは?

お墓

納骨の際にお渡しするお布施の表書きは、四十九日の法要でのお布施と同じ書き方となります。
仏教、浄土真宗、神道、キリスト教のそれぞれの場合のしきたりに沿って表書きをします。

ここで気をつけたいのは、納骨の際のお布施では、袋に水引きを付けないという点です。
これは亡くなったこと自体のご供養はすでに済んでいるという考え方から来ています。

納骨の際のお布施は、奉書紙または白い封筒に入れてお坊さんにお渡しします。

終活ねっとではお布施についてケースごとに解説した記事もあります。
納骨の際のお布施については、次の記事がご参考になります。

こちらも読まれています

納骨のお布施の表書きの書き方を解説します!

いきなり身近な人がなくなると、納骨式まであわただしく過ぎていきます。 納骨式でお渡しするお布施の表書きは、どう書けばいいのでしょうか? 納骨の意味、お布施の表書きなども一緒にまとめました。

四十九日でのお布施の渡し方

葬儀

四十九日の法要では、お布施をどのようなタイミングでお坊さんにお渡しすればよいでしょうか?
ここではお布施の渡し方について、失礼のない方法をご説明します。

お盆に乗せて渡す

お布施はお盆に乗せた状態でお坊さんにお渡しするのが、正式な方法です。
このときのお盆は、切手盆や祝儀盆と呼ばれる黒塗りのものを使います。

お盆が用意できない場合は、お布施を袱紗(ふくさ)に包んでお坊さんの手元まで運びます。

お布施を渡すタイミングは?

四十九日の法要が始まる前にお坊さんにお渡しするのが一般的です。

喪主の方は法要の開始時刻より前にお寺に到着し、お坊さんにご挨拶をします。
そのときにお布施をお渡しするとよいでしょう。

開始時刻より前にお渡しする時間が取れなかったという場合には、法要の最後にお礼のご挨拶と一緒にお布施をお渡ししても問題はありません。

四十九日のお布施の表書きのまとめ

葬儀

四十九日の法要でお坊さんにお渡しするお布施の表書きについてご説明してきました。
いかがでしたでしょうか?

今回の記事は次の点がポイントでした。

  • そもそもお布施とは?

    亡くなった方のご供養をしてもらうお礼としてお坊さんにお渡しするお礼がお布施である。

  • 四十九日法要でのお布施の表書き

    表書きは宗派別に異なる。仏教では「お布施」「御読経料」「御回向料」「御礼」、浄土真宗では「お布施」、神道では「御祭祀料」「御初穂料」、キリスト教ではカトリックは「謝礼」、プロテスタントは「記念献金」と書く。名前はフルネームもしくは〇〇家と明記する。

  • お布施の中袋の書き方

    金額と喪主の方の氏名住所を書く。金額は旧字体で書く。

  • 納骨の際のお布施の表書きは?

    四十九日法要と同じ方法で書く。袋の水引きは付けない。

  • 四十九日でのお布施の渡し方

    お盆に乗せてお渡しするのが正しいマナーである。タイミングは法要の開始より前、もしくは法要を終えた後である。

お布施についての知識は、知っているようで意外と知らないマナーのひとつです。
特に今回ご説明した表書きについては、宗教によって異なるしきたりとなっています。

前もって知っておくことで、いざという場面でも慌てずに済みます。
押さえておきたい知識として終活のノートに記録しておくと、とても役立ちます。

終活ねっとでは、今回の記事のほかにも終活に役立つさまざまな場面についての記事を掲載しています。
それらの記事もぜひご参考にしていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「四十九日・お布施・表書き」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「四十九日・お布施・表書き」についてさらに知りたい方へ

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介のサムネイル画像

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介

四十九日のお布施の相場はいくら?地域や宗派別に詳しくご紹介しますのサムネイル画像

四十九日のお布施の相場はいくら?地域や宗派別に詳しくご紹介します

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!のサムネイル画像

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

お布施の金額相場について年忌法要別に解説!渡し方についてもご紹介のサムネイル画像

お布施の金額相場について年忌法要別に解説!渡し方についてもご紹介

納骨法要の際のお布施はいくらくらいが妥当なの?のサムネイル画像

納骨法要の際のお布施はいくらくらいが妥当なの?

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説のサムネイル画像

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介しますのサムネイル画像

正しいお布施の入れ方を解説!包み方や金額についてもご紹介します

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

3回忌のお布施はどうすればいい?金額相場や渡し方も紹介しますのサムネイル画像

3回忌のお布施はどうすればいい?金額相場や渡し方も紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「四十九日・お布施・表書き」についてさらに知りたい方へ

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介のサムネイル画像

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介

四十九日のお布施の相場はいくら?地域や宗派別に詳しくご紹介しますのサムネイル画像

四十九日のお布施の相場はいくら?地域や宗派別に詳しくご紹介します

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!のサムネイル画像

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

お布施の金額相場について年忌法要別に解説!渡し方についてもご紹介のサムネイル画像

お布施の金額相場について年忌法要別に解説!渡し方についてもご紹介

納骨法要の際のお布施はいくらくらいが妥当なの?のサムネイル画像

納骨法要の際のお布施はいくらくらいが妥当なの?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと