喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

身内の方が亡くなってからおよそ1年の間、祝い事などを極力控えつつ故人を失った悲しみから立ち直るための喪中と呼ばれる期間があります。しかし、喪中の間に散歩などでつい神社に立ち寄ったという方もいるのではないでしょうか?喪中に神社への参拝はよくないのでしょうか?

目次

  1. 喪中期間に神社へ参拝してもいいの?
  2. 喪中と忌中の違い
  3. なぜ喪中に神社への参拝はいけないの?
  4. 喪中に神社へ参拝してしまった時の対応
  5. 喪中にお寺へもお詣りしてはいけない?
  6. その他の喪中にタブーとされていることを紹介
  7. 喪中期間の神社への参拝についてまとめ

喪中期間に神社へ参拝してもいいの?

神社

誰もが愛する身内の方といつか死別する時がやってきます。
そうとわかっていても、いざ家族に先立たれてしまうとその悲しみは想像を絶するほどです。

そして、故人が亡くなってからおよそ1年の間、喪中と呼ばれる期間を持つという慣習があります。
喪中の期間の間に極力祝い事は控えつつ、故人を失った悲しみから少しずつ立ち直ることになります。

ただ、その悲しみを紛らわすために散歩に行った際に、何気なく神社に立ち寄ってお詣りしたという方もいるでしょう。
喪中の神社への参拝はよくないことと言われることもありますが、その是非は果たしてどうなのでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、喪中に神社に参拝してもいいのかついて以下のポイントを軸に見ていきます。

  • 喪中と忌中の違いとは?

    喪中の意味や、よく似た言葉である忌中との違いについて見ていきます。

  • もし、喪中に神社に参拝した時はどうすればいいのか?

    喪中の間の神社へのお詣りがタブーとされる理由や、いつごろからであれば参拝できるかについて詳しく説明します。

  • 喪中はお寺へのお詣りもいけないことなのか?

    うっかり喪中に神社に参拝した場合、どのように対処すればいいのかについて見ていきます。

  • その他喪中にしてはいけないことについて

    喪中へのお寺へのお詣りの是非についても見ていきます。

また、安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

喪中と忌中の違い

葬儀

はじめに喪中の意味や、それとよく似た忌中との違いについて簡潔に見ていきます。

喪中とは、故人が亡くなってから約1年(13ヶ月)の間、なるべく祝い事や娯楽などを控えつつ、故人の死を悼むための期間のことです。
同時に故人を失った悲しみから立ち直るための期間でもあります。

一方の忌中とは喪中に比べると短く、故人が亡くなってから四十九日が明けるまでのおよそ50日間を指します。

詳しくは以下のリンクの記事を参照していただければ、より深い知識を身につけることができます。

こちらも読まれています

喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説

身内に不幸があったとき、しばらくの間「喪に服す」といいますよね。では何のためにそうするかはご存知でしょうか?喪中と忌中の違いは?期間はどのくらいで、どのように過ごせばよいのでしょうか?今回は喪中と忌中の期間について詳しく説明します。是非最後までお読みください。

なぜ喪中に神社への参拝はいけないの?

神社

喪中に神社にお詣りすることは古くからよくないことと言われてきました。
その考え方にも様々あり、頭を悩ませている方も多いでしょう。

ここでは、喪中の神社への参拝の是非について、理由とともに詳しく説明していきます。

はじめに、神社は日本古来の民族宗教である神道にまつわる神様を祀っている建物です。
そして、神道とは自然界に存在するあらゆるものに神が宿ると考えることから「八百万の神」の宗教といわれています。
しかし、一方で死というものについて穢れ、つまり正常な状態ではなく多くの人々に災いをもたらすものとみなして避ける立場です。

ご祈祷も受けることはできない?

神道は死というものを避ける立場にあることから、喪中の人の神社へのお詣りはタブーと考えます。
これは、神社という神様の祀られている神聖なところに正常な状態ではないのにやってくることはとんでもないことと考えるためです。

そして神社によっては喪中の境内への立ち入りすら遠慮していただくという立場のところもあります。
そのため、そのような立場の神社ではご祈祷してもらうこともできない場合もあります。

もちろん、すべての神社が喪中の方お断りという立場をとっているわけではありませんので、参拝したい神社の事務所などに事前に問い合わせてみるとよいでしょう。

お守りやおみくじを買っても大丈夫?

喪中に年末年始を迎えた場合、中には初詣ということで有名な神社や近所にある神社に行って、ついでにお守りやおみくじを買いたいという方もいるでしょう。
この場合の是非も神社によって異なります。

喪中の方は立ち入りお断りという神社の場合は、中に入ることができない以上、お守りやおみくじを買うこともかないません。
一方で、喪中であっても立ち入りを認めているところは、お詣りだけでなくお守りやおみくじを買うことも認めています。

お札を返したり買ってもいいの?

神社で扱っているものとしてお札もありますが、喪中の期間に買ったり、逆に返したりしてもよいのかという疑問も出てきます。
こちらについても、喪中の期間の立ち入りさえ認めないところは、直接買いに行ったり返したりすることはできません。

ただし、それでも喪中の間にその神社のお札を買ったり返したりしたいのであれば、故人と直接かかわりのない親族や知人・友人に頼んで買ってもらうなどの方法があります。

喪中の間にお詣りしても問題ないと考える神社の場合は、普通にお札を買ったり返したりしても問題はありません。

いつから神社に参拝していいの?

ここまで見てきたように、喪中の期間にある人が神社にお詣りできるかどうかはそれぞれの神社の考え方次第といえます。
しかし、できれば喪中であることをあまり気にせずに神社にお詣りしたいところです。
それができるようになるのはいつ頃なのでしょうか?

結論から先に書けば、故人の一周忌を行って喪が明けて以降ということになります。
そうなれば自然と喪中の期間が終わるため、堂々と神社に参拝することもできるようになります。

喪中でも神社への参拝を認めているところの場合は、忌中の期間が終わってから、つまり故人の四十九日が明けてからであれば問題なくお詣りできるようになります。

喪中に神社へ参拝してしまった時の対応

困った人々

もし、喪中にうっかり神社に参拝した時、特に信心深い方ならば激しく動揺するのではないでしょうか?
ここでは、喪中に神社に参拝してしまった時の対応についてご紹介します。

なお前提として、仮に喪中の間に神社に参拝してしまっても特に大変なことになるわけではありません。
ただ、それでも気になるという方は以下のような対応の方法がありますので、ご安心ください。

神職へ相談しお祓いを受ける

第1に、お詣りした神社の神職(神主さんなど)に事情を説明したうえで、お祓いを受けるという方法があります。
この場合は神社の境内ではなく、鳥居の外側でお祓いを受けてもらうことになります。

加えて、喪中であっても神社にお詣りしたいという場合でも事前に神職の方に相談したうえでお祓いさえ受ければ、参拝などが自由にできます。
もちろん、その際にお守りやおみくじ、お札を買うことも可能です。

自宅で清めの塩をまく

また、自宅に戻ってきた際に清めの塩をまいて、手を合わせるという方法もあります。
葬儀でも参列者同士で塩をまいて身を清めるという儀礼がありますが、それと同じ意味合いです。

清めの塩をまくことで自らに付いた穢れを清めて取り除くことにつながります。

喪中にお寺へもお詣りしてはいけない?

お墓

喪中の期間に神社にお詣りしてはいけないということであれば、喪中のお寺へのお詣りはどうなのかと疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

結論から書けば、お詣りしても問題はありません。
お寺は仏教に所属するうえ、仏教では死を「穢れ」とは考えないためです。

また、故人の初七日法要や四十九日法要などに僧侶の方は不可欠であることから、お寺に何らかの相談をしに行くこともあるでしょう。
それらも含めると、喪中の期間だけでなく忌中の期間もお寺にお詣りすることは問題ないといえます。

その他の喪中にタブーとされていることを紹介

困った人々

喪中の期間は神社に参拝すること以外にも、やるべきではないことがいろいろとあります。
ここでは喪中期間のタブーとされているその他のことについて簡潔に見ていきます。

結婚式を挙行すること

まず、喪中に結婚式を挙行するのはタブーです。
喪中は基本的にお祝い事を避けるべきとされていることから、喪中にある家の方が結婚式を挙げることも、披露宴を行うことも控えるのが基本です。

ただし、忌明けに知人や友人の結婚式に参加することは大丈夫です。

お正月の行事

また、お正月の行事も喪中の間はなるべく控えめにやった方がよいとされています。
特に門松や注連縄などの正月飾りは神道の考え方に基づいた慣習で、死を穢れと考えることから避けるべきこととされています。

加えて、年賀状の発送も喪中の間は控える代わりに喪中はがきを発送します。

その他パーティーなど派手なこと

結婚式やお正月のお祝いのほかにも、パーティーや宴会、飲み会といった派手なことや晴れやかなことも喪中の間は避けたほうがいいとされています。
こちらも特に喪中の家の方が主催するというのは極力避けるのが望ましいです。

喪中の家の方以外が主催者でもご自分の家の事情を説明した上でなるべく欠席するようにします。

喪中期間の神社への参拝についてまとめ

神社

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、喪中期間に神社へ参拝してもいいのかについて見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと次のようになります。

  • 喪中は故人が亡くなってからおよそ1年(13ヶ月)の間、故人を悼み祝い事などを避ける期間のことである。一方の忌中は故人が亡くなってから四十九日が明けるまでのおよそ50日間を指す。
  • 喪中の神社の参拝は望ましいことではない。ただ、神社によって考え方が異なる点に留意する必要がある。神社に無難に参拝するということであれば喪が明けてからの方がよい。
  • 喪中に神社に行った場合の対応として、参拝した神社の神主に相談して鳥居の外でお祓いを受けるか、自宅にお清めの塩をまくといった方法がある。
  • 喪中のお寺への参拝は、仏教では死を穢れと考えないことから可能である。
  • その他の喪中にしてはいけないこととして、結婚式を挙げることやお正月の行事、パーティーなど派手なお祝いの場の主催や参加が挙げられる。

喪中の期間に神社に参拝してもよいかどうかについては、相手方の神社によって考え方が異なりますが、できれば避けた方がよいといえるでしょう。
むしろ、正しく故人の方を悼むためにも喪が明けるのを待ってから参拝するようにした方が無難です。

神道のしきたりは終活に取り組むうえではなかなか関係ないように見えますが、葬儀や喪中についての知識と一緒に覚えておくと便利でしょう。
その点では終活は、普段なかなか関わりのない分野のことを知ることであるともいえます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「喪中・神社」に関連する記事

  • 喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介のサムネイル画像

    喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介

    親類の方が亡くなった場合には一定の期間喪に服すことになりますよね。では、喪中期間の長さはいったいどれくらいなのでしょうか?今回は、喪中期間の長さはどれくらいなのかについてと喪中期間にしてはいけないこともご紹介いたします。ぜひ最後までご覧ください。

  • 喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

    喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

    近親者が亡くなったあと、その人を悼む事を「喪に服す」と言います。その喪に服す期間を「喪中」と言いますが、その喪中期間の過ごし方というのはなかなかわかりづらいものです。喪中期間にやってはいけないこと、やっても構わないことを中心に、喪中期間の過ごし方を解説します。

  • 喪中のお正月の過ごし方とは?すること・避けるべきことを共に解説!のサムネイル画像

    喪中のお正月の過ごし方とは?すること・避けるべきことを共に解説!

    喪中で迎えるお正月とは喪中の中でも自粛すべきことの多い日です。ですが実際に何を自粛すべきで、何がそうでないか分からず、具体的な過ごし方のイメージは抱きづらいのではないでしょうか。そこで今回は喪中のお正月の過ごし方についてご紹介します。

  • 喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説しますのサムネイル画像

    喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説します

    喪中に旅行に行っても大丈夫なのでしょうか?喪中でのタブーなことがわからない。なんとなく喪中に控えるべきことは分かるけど旅行ってどうなの?とお考えの方は多いかもしれません。ここでは、喪中の旅行に行っても大丈夫かをその理由とともに解説していきます。

  • 喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

    喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

    喪中の時でもお墓参りをする場合があります。喪中の間は旅行や祝い事を避けるべきですが、お墓参りはしても良いのでしょうか。他にも喪中の際に注意しなければならないことはいくつかあります。今回は気になる喪中のお墓参りや注意することを紹介します。

  • 絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣のサムネイル画像

    絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣

    喪中の家庭がしてはいけない事ってどんなことか知っていますか?お正月に「おめでとうございます」と言ってはいけない喪中に、『初詣』は果たして行っていいのか、そして知らないで『初詣』に行ってしまったら?今回はそんな喪中に行ってはいけない事をお話します。

  • 喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説のサムネイル画像

    喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説

    身内に不幸があったとき、しばらくの間「喪に服す」といいますよね。では何のためにそうするかはご存知でしょうか?喪中と忌中の違いは?期間はどのくらいで、どのように過ごせばよいのでしょうか?今回は喪中と忌中の期間について詳しく説明します。是非最後までお読みください。

  • 喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説のサムネイル画像

    喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説

    喪中と忌中の違いをご存知ですか?喪中と忌中の期間やその間の過ごし方など、喪中と忌中の意味やマナーが分からないと、思わぬ失敗をしたり、失礼があるかもしれません。終活ねっとのこの記事では、喪中と忌中の違いについて、それぞれの意味や期間別のマナーを含めて解説します。

  • 喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!のサムネイル画像

    喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!

    身内の方を亡くした際には誰もが悲しみに沈んでいます。特に喪中・忌中の時期はその悲しみの最中にあるため気晴らしに旅行などに行きたくなるでしょう。しかし、喪中・忌中に旅行に行くなどとんでもないという考え方もあります。はたして、喪中・忌中の旅行の是非とは?

  • 喪中に他の人の葬儀へ出席しても大丈夫?忌中での出席についても解説のサムネイル画像

    喪中に他の人の葬儀へ出席しても大丈夫?忌中での出席についても解説

    知人が亡くなれば、当然のように葬儀に出席します。しかし、喪中である場合は普通に出席しても問題ないのでしょうか。この記事では喪中に他の人の葬儀に出席しても大丈夫なのかを、忌中での出席は大丈夫なのかと併せて解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「喪中・神社」についてさらに知りたい方へ

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介のサムネイル画像

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

喪中のお正月の過ごし方とは?すること・避けるべきことを共に解説!のサムネイル画像

喪中のお正月の過ごし方とは?すること・避けるべきことを共に解説!

喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説しますのサムネイル画像

喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説します

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣のサムネイル画像

絶対ダメ!?間違ってる喪中のお正月と初詣

喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説のサムネイル画像

喪中と忌中の期間はどのくらい?期間中に控えることついても解説

喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説のサムネイル画像

喪中と忌中の違いとは?それぞれの意味や期間別のマナーを詳しく解説

喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!のサムネイル画像

喪中・忌中に旅行をしてもいいの?神社の参拝についても解説!

喪中に他の人の葬儀へ出席しても大丈夫?忌中での出席についても解説のサムネイル画像

喪中に他の人の葬儀へ出席しても大丈夫?忌中での出席についても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「喪中・神社」についてさらに知りたい方へ

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介のサムネイル画像

喪中期間の長さはどれくらい?喪中期間にしてはいけないこともご紹介

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!のサムネイル画像

喪中期間の過ごし方について、行事別に注意点を解説します!

喪中のお正月の過ごし方とは?すること・避けるべきことを共に解説!のサムネイル画像

喪中のお正月の過ごし方とは?すること・避けるべきことを共に解説!

喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説しますのサムネイル画像

喪中に旅行は行っても大丈夫?なぜ控えるべきなのかを解説します

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介のサムネイル画像

喪中にお墓参りはしていいのか?喪中の際に気を付けるべきことも紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと