ペットを霊園で火葬する料金は?具体的な料金や葬儀の流れを解説!

ペット霊園やペットの火葬料金などについてご存知でしょうか? ペットが亡くなった時にかかる費用や手葬儀の流れについて詳しく知らない方も多いかもしれません。 そこで今回終活ねっとでは、ペット霊園での火葬料金・ペットのお葬式の流れなどについて詳しく解説していきます。

目次

  1. ペットを霊園で火葬する際の料金について
  2. ペット火葬の種類・方法
  3. ペット火葬にかかる料金
  4. ペットを自宅で供養することはできる?
  5. ペットが亡くなった時の供養の流れ
  6. ペット霊園を選ぶ際のポイント
  7. オススメのペット霊園
  8. ペットを霊園で火葬する際の料金まとめ

ペットを霊園で火葬する際の料金について

ペット

辛いことですが、大切な家族の一員であるペットとのお別れ、いつかは訪れます。
しかし、最期を看取り供養することも、遺された家族の役割です。

近年、ペット霊園ではさまざまなお葬式のプランや火葬方法が用意されています。
大切なペットとの良いお別れのため、ペット霊園について詳しく知りたいと思われている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、ペットを霊園で火葬する際の料金について以下のポイントを中心に解説していきます。

  • ペットの火葬の種類・方法について
  • ペット火葬にかかる料金について
  • ペットの自宅での供養方法
  • ペットが亡くなった時の供養の流れについて
  • ペット霊園を選ぶ際のポイント
  • オススメのペット霊園について

ペット霊園での料金相場や、ペットが亡くなった時の流れについて詳しくご紹介します。
ぜひ最後までお読みください。

ペット火葬の種類・方法

葬儀

ペットの火葬には、主に専門の業者が行う訪問ペット火葬、ペット霊園で行われる合同火葬、個別火葬、立会火葬、そして自治体による火葬という種類があります。
選ぶ業者やペット霊園により火葬料金は違ってきます。

こちらの項目では火葬の種類やその方法、料金相場をお伝えします。

訪問ペット火葬

訪問ペット火葬とは、飼い主のご自宅付近まで焼却炉を搭載した火葬車が出向き、火葬を行う方法です。

スペース上の問題などでご自宅の庭で火葬が難しい場合は、ご自宅付近の空き地や公園まで移動し、火葬が行われます。
火葬焼却炉は、音、煙や臭い、ダイオキシンを押さえる専用のものが搭載されており、ご近所に迷惑がかからないように配慮されています。
また、社名を伏せている訪問ペット火葬社もありますので、周囲の目を気にすることなく火葬をお願いできます。
ただし、車での火葬という特性上、あまりにも大きいペットは火葬が困難な場合がありますので、事前に業者への確認が必要です。

ペットのお骨上げは、訪問ペット火葬社のスタッフが行うか、ご家族がされるか選べる場合も多いですが、後者ではペットのご遺体の焼却完了までの時間、ご自宅で待つ必要が出てきます。

また、ご家族がお骨上げをされる場合、火葬料金がやや高くなる場合があります。
火葬にかかる料金はペットの大きさにもよって変動し、小動物では1万円〜2万5000円、3kg以上10kg未満のペットであれば2万5000円前後、それ以上の大きさになると3万5000円前後が相場となります。

訪問ペット火葬はペット霊園までご遺体を運べない方、ご自宅でペットをご家族全員で送りたい方、夜遅くや早朝にしかペットとのお別れの時間を取れない方などに選ばれる火葬方法です。

ペット霊園での火葬

ペット霊園では以下の3つの火葬方法が一般的です。
ペットの火葬には専用の焼却炉が使われます。
ペット霊園ではペットの火葬だけでなく、ペットの墓地や納骨堂が一般的には併設されているのが特徴です。

料金の相場につきましては後ほど詳しくご紹介しますので、まずは火葬方法についてご説明します。

合同火葬

合同火葬とは他のペットと合同で火葬する火葬方法です。
ご遺骨が他のペットと一緒になるため、ご返骨はされません。
ほとんどの場合、火葬後は合同供養塔に埋葬されます。
火葬から埋葬までペット霊園のスタッフが行います。

一度に複数のペットを火葬するため費用が一番安価です。

個別火葬

個別火葬とは、ペットのご遺体が個別に火葬される方法です。
ご遺骨が他のペットと一緒にならないので、ご返骨がされます。

火葬後、お骨上げはペット霊園のスタッフによって行われます。
ご家族の火葬の立ち会いは必要ありません。
一体ずつご遺体を火葬するため、合同火葬より高い料金設定となります。

立会火葬

立合火葬とは、ペットのご遺体の引き渡しからお骨上げ・収骨までの一連の流れにご家族が立ち会う、人間のお葬式にも最も近い火葬方法です。
ペットのご遺骨が他のペットと混ざることはありません。

この火葬は立ち会いが必要なため、火葬終了までの所要時間も長くなり高額となります。
ペット霊園によっては、火葬前のお葬式や僧侶による読経がなされることもあります。

自治体での火葬

自治体でも火葬を行っていますが、自治体ではペットは一般廃棄物と同じ扱いとなりますので、他のペットと一緒に火葬されたり、その他の廃棄物と同じ焼却炉で火葬されることになります。
このため、ペットのご遺骨は戻ってきません。

また、火葬後埋葬されるのか、されないのかも自治体によって変わってきます。
なかにはペットを一匹ずつ火葬したり、ご遺骨を飼い主の方にご返骨されたりする自治体もありますが、まだわずかです。

火葬料金は、専門業者やペット霊園を利用するより安く、1000円~1万円以内のことが多いです。
自治体によりペットの火葬を担当する部署が違いますので、自治体での火葬をご検討される方は、各自治体のホームページなどでご確認ください。

ペット火葬にかかる料金

null

ペット霊園での火葬料金を以下の表にまとめました。
ペットが大きくなるにつれて火葬料金が上がることが一般的です。

ただし、こちらはあくまでも相場ですので、実際に利用される場合は、正確な料金をペット霊園にお問い合わせください。
ペットの大きさの区分等もペット霊園によって変わることがあります。

小動物

小動物とは、主に体重3㎏未満のペットのことです。
フェレット、リス、小鳥、ハムスターなどが代表例です。

ペット霊園によって、小動物をさらに体重1㎏未満の極小動物と、1㎏以上3㎏未満の小動物に分けて料金を設定しているところもあります。

種類合同火葬個別火葬立会火葬
料金1万円~1万5000円1万5000円~3万5000円2万円~4万円

猫・うさぎ・小型犬

こちらの料金表は、体重が3㎏から10㎏未満までのペットの火葬料金の相場です。
猫、うさぎ、超小型犬、小型犬が該当します。

超小型犬とは成犬体重が4㎏未満の犬のことで、犬種でいえばトイプードル、ポメラニアン、豆柴、ヨークシャテリア、マルチーズなどです。 
小型犬とは、成犬体重が4㎏以上10㎏未満の犬のことで、柴犬、パグ、ミニチュアダックスフント、シーズーなどがあたります。

種類合同火葬個別火葬立会火葬
料金1万円~2万5000円2万3000円~4万円2万5000円~5万円

中型犬

中型犬とは成犬体重が10㎏以上25㎏未満の犬のことです。
犬種でいえば、甲斐犬、フレンチブルドッグ、ボーダーコリー、キャバリアなどです。

中型犬は犬種が多いため、ペット霊園によっては10kg以上15kg未満、15kg以上20kg未満と細かく区分しているところもあります。

また柴犬など、ちょうど10kg位の犬種は小型犬ではなく、中型犬として扱われていることもあります。

種類合同火葬個別火葬立会火葬
料金2万円~3万円2万5000円~5万円3万円~6万円

大型犬

大型犬とは成犬体重が25㎏以上40㎏未満の犬のことです。
犬種は秋田犬、ゴールデンレトリバー、シベリアンハスキー、ドーベルマンなどです。

これくらいの大きさになると、ご家族が自家用車でご遺体を運ぶのは難しくなる場合が多いです。
そういった時は、ペット霊園にご遺体の引取りを依頼しましょう。

ペットの体にあった車や複数人のスタッフでご遺体を丁寧に運んでくれます。

種類合同火葬個別火葬立会火葬
料金2万5000円~3万5000円3万5000円~6万円4万円~8万円

大型犬以上

大型犬以上とは成犬体重が40㎏以上の犬です。
超大型犬とも言われます。

犬種はグレートテン、グレートピレネーズ、土佐犬、シェパード、セントバーナードなどです。
この大きさになりますと、ペット霊園によっては対応が出来ない場合もあります。
ご希望のペット霊園に確認をするようにしてください。

種類合同火葬個別火葬立会火葬
料金3万5000円~4万5000円4万5000円~7万円6万5000円~9万円

ペットの火葬料に含まれるもの

ペットの火葬料に含まれるものについてです。
ほとんどのペット霊園では、火葬料には骨壺と骨袋代、ご遺体の引き取りの際の出張代、合同火葬の場合は合同供養塔への埋葬費、立合火葬の場合は飼い主の方の送迎費用が含まれています。

ただし、引き取りや送迎可能なエリアが設定をされており、エリア外は費用が別にかかる場合があります。
事前に火葬料金に何が含まれているか、追加料金は必要なのか確認することも大切です。

ペットの火葬料に含まれないもの

一方で、火葬料金の中に含まれないものについても解説します。
ご返骨料金に関しましては、火葬後のご遺骨をご自宅へお届けの場合に限って3000円~1万円加算するペット霊園があります。

に関しては、飼い主の方が用意された箱などをそのまま使われるペット霊園も多く、桐製のものや、大型のものが欲しい方に対しては別料金にて対応することが多いです。

そのほか、棺の中に入れたり、棺の上に置くお花を別料金で準備してくれるペット霊園もあります。

火葬後の納骨堂利用料や墓石代、墓地管理費、ご返骨後の合同供養塔への埋葬料、法事や慰霊祭などの供養料、メモリアルグッズ費用などは火葬料金には含まれません

また、ご紹介した合同火葬、個別火葬、立合火葬の他に、火葬前にペット用の祭壇を用意してお通夜やお葬式を行う特別葬や、火葬後の納骨堂利用料などをあらかじめ組み込んだオリジナルプランを用意しているペット霊園もありますが、いずれもやや高額となり費用相場は20万円~60万円となります。

ペットを自宅で供養することはできる?

null

ご自宅で大切なペットを供養したいと思われる方も多いでしょう。
しかし、ペットの火葬や土葬、埋葬に関しては法律が大きく関わり、注意していただきたいポイントが幾つかあります。

こちらではットを自宅で供養する際のポイントを解説していきます。

ペットを自宅で火葬することはできない

自宅で火葬することは野焼きに当てはまり廃棄物処理法及び清掃に関する法律により禁止されています。
こちらの法律はごみなどの廃棄物に関するものなのですが、ペットのご遺体は法律上は一般廃棄物に分類されるので、こちらの法律が適用となります。
またこの法律に違反した場合は5年以下の懲役、1000万円以下の罰金のいずれか、または両方が科せられることになります。

また、個人の野焼きでの燃焼温度は最大でも200℃~300℃と言われています。
これに対して、専用の焼却炉は1000℃以上はあります。
ご遺体を火葬し、きれいにご遺骨を残すには専用の焼却炉の温度が必要となります。
個人の野焼きでご遺体を火葬するのはこの観点から言っても無理です。

過去に個人の野焼きにより死亡事故も多発しておりますので、ペットを火葬されたい場合は必ずペット霊園か自治体に相談するようにしましょう。

ペットの土葬・埋葬は可能

ペットの土葬及び埋葬は個人の敷地内であれば問題ありません。
大きいペットであればペット霊園で火葬された後、ご遺骨をお庭に埋葬されたり、金魚や亀など小さい動物であればそのまま土葬されたりする方はたくさんいらっしゃいます。
埋葬される場合は、ほかの動物に掘り起こされないように、深く穴を掘ってペットを埋葬しましょう。

ただし、個人の敷地にペットを埋葬された場合であっても、その土地を後に売却する予定のある方は注意が必要です。
購入された方や工事業者などが掘り起こした時に、ご遺骨が出てきたというトラブルになる可能性もあります。

このような土地の売却予定などでペットを埋葬できないけど、手元で供養したいという方たちのために、近年ではペット用のご仏壇なども多数販売されています。
そちらにご遺骨を置き、供養される方もいらっしゃいます。
ご自身の意向や予定に合わせて供養されることが大切です。

しかし、公園やマンションの中庭など、公共の場においてのペットの土葬・埋葬は不法投棄にあたりますので、この場合罰則などが課せられることがあります。
個人の敷地以外でペットの土葬や埋葬は絶対にしてはいけません。

下の記事では、愛犬の供養方法について詳しく解説しています。

こちらも読まれています

全身全霊で愛情を注いだ愛犬、お墓と供養方法

愛犬が亡くなった時、愛情を込めて育てたその子は、家族同然の存在。もしもの時にお墓をどうするか?供養方法を、自分なりに手厚くしてあげたい気持ちは、飼い主なら当然あります。愛犬のお墓についていろいろな供養方法をご紹介いたします。

ペットが亡くなった時の供養の流れ

葬儀

ペットが亡くなり、ペット霊園を利用される際の主な流れをご紹介します。
選ばれる火葬方法によっても流れは多少変わってきますが、ペットのご遺体の安置方法などは共通しますので、参考にしてみてください。

ご遺体を安置する

ご遺体の安置方法ですが、できれば死後硬直が始まる前にペットの手足を寄せ、寝ているような格好にします。
体に合った大きさのダンボールを用意し、その中にバスタオルなどを敷いてからペットを寝かせます。

ご遺体が大きく箱が無い場合は、バスタオルの上に直接ペットを寝かせましょう。
またご遺体を寝かせる際、ご遺体の下にペットシーツなど吸水性のものをバスタオルと一緒に敷いておくと、ご遺体から出る体液などを吸収するため、ご遺体をきれいに保ちやすくなります。

ご遺体の置き場所ですが、直射日光を避け、風通しの良い涼しい場所が良いです。
お花などを枕元に飾ってあげるのも良いでしょう。

ご遺体をきれいな状態に保つ

目元や口元が汚れていたら柔らかい布で拭いてあげて、ご遺体をきれいな状態に保つようにしましょう。

体液や汚物が出た場合は、その都度きれいにしてあげます。
時間の経過と共に体液などの流出は落ち着きますが、気になるようでしたら脱脂綿などを鼻や口に詰めておきます。
体全体をぬるま湯を絞ったタオルなどで拭き、毛並みを整えるのも良いでしょう。

ご遺体を冷やしてあげる

夏場は亡くなった当日に、冬場でも2日以内にご遺体の腐敗が始まることがあります。
それを抑制するために体を冷やします

夏場であればエアコンの設定を低温にしましょう。
ビニール袋に入れた氷や保冷剤、ドライアイスを使用し、お腹や頭部を冷やします。
夏場であれば体の下にも板氷や保冷剤を敷くのも良いです。氷や保冷剤は溶けきる前に交換します。

また、外気に触れるとご遺体の腐敗を進行させますので、ペットの体にバスタオルなどをかけておきましょう

ペット霊園に葬儀の予約をする

多くのペット霊園は、夜間でも電話やインターネットで予約の受付をしています。
ご希望の火葬方法やその料金を確認した上で、ペットのご遺体の引き渡し日時などを相談しましょう。

葬儀をする

ペットが入っている箱の中にお花やおやつを入れてあげたりしながら、お別れの挨拶をします。
選ばれたプランによっては祭壇を準備し、本格的なお通夜やお葬式を行う場合や僧侶の読経が行われます。

ペットとのお別れをする

合同火葬や個別火葬をご希望の方であれば、ペット霊園のスタッフにペットのご遺体を預けます。
この時点で合同火葬や個別火葬の方のお別れは終了です。

後の埋葬やご返骨を待ちましょう。
立合火葬を選ばれた方は、火葬場へ向かいペットの出棺を見送ります。

火葬をする

火葬にかかる時間はペットの大きさにより変わります。
おおよそですが、3㎏未満の小動物は30分から1時間、3㎏~10㎏のペットで1時間前後、大型犬で1時間半前後、大型犬以上で2時間~3時間です。

お骨上げ・収骨をする

立合火葬の方はペットのご遺骨を拾い、骨壺に収めます
合同火葬・個別火葬の場合、このお骨上げはペット霊園スタッフによって行われます。

納骨する・ご返骨してもらう

個別火葬、立会火葬を選ばれた飼い主の方には、お手元にペットのご遺骨が戻ります

ご自宅で供養されたり、納骨堂を利用されたりと色々なご家族がいらっしゃいます。
気持ちが落ち着いてから今後の埋葬方法を決められるのも良いでしょう。
合同火葬の方へは、無事に合同供養塔への埋葬が完了した旨をお知らせする手紙が送られる場合があります。

ペット霊園を選ぶ際のポイント

困った人々

ペット霊園を選ぶ際注意しておきたい3点をご説明します。
出来ることなら、事前に複数のペット霊園の資料請求や、見学などをされて比較検討すると良いでしょう。

  • ペット霊園を利用できるか確認する

    超大型犬になると対応しきれないペット霊園があるように、ハムスターや爬虫類などの極小動物にも対応してないペット霊園があります。
    飼われているペットの種類に対応してくれるペット霊園か事前に確認しましょう。

  • アクセス

    ペット霊園は一般的な霊園に比べてまだ数が少なく、お参りが大変になることもあります。
    このため出来るだけご自宅から近い、もしくは電車など公共交通機関を利用してアクセスしやすいなど、足を運びやすいペット霊園を選ぶようにしましょう。

  • 悪徳業者に気をつける

    火葬後に高額料金を請求する、ご遺骨の処理を適切にしない、個別火葬料を取りながら他のペットと一緒に火葬をするなどの悪徳業者が確かに存在します。
    きちんとしたペット霊園であれば、所在地に事務所を構えており、事前の見積もりやペット霊園の見学にも快く対応してくれます。
    このような対応を見て信頼できるところを選びましょう。

こちらも読まれています

ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介

ペットも家族同然。そのような想いでペットと生活している人は多いでしょう。でも、命あるものはいつか必ず死を迎えます。ペットのお墓について考えたことはありますか?どのように供養してあげたいですか?また、一緒のお墓に入れることは可能なのでしょうか?

オススメのペット霊園

null

ここでは、終活ねっとがおすすめするペット霊園の特徴と、アクセス方法をご紹介します。
この他にも様々なペット霊園がありますので、ご自身のご希望に添えるペット霊園を探してみてください。

東京動物霊園

東京動物霊園は、東京都北区法善寺境内にあるペット霊園です。
現在はこちらを本部とし、神奈川県厚木市に厚木メモリアルパークも増設されています。
ペット火葬の他に、ペットのご供養や納骨堂管理などもされています。

東京動物霊園
東京動物霊園

所在地東京都北区赤羽台3-24-2法善寺内

営業時間4月~9月9:00~18:00(10月~3月は17:00まで

利用料金 

東京都北区赤羽台3-24-2法善寺内

武蔵野ペット霊園

武蔵野ペット霊園は、昭和50年創業のペット霊園です。
ペット火葬の他にペットのお葬式、永代供養、納骨堂管理などに対応されています。
霊園内にはペットの墓地もあります。

武蔵野動物霊園
武蔵野動物霊園

所在地 埼玉県入間郡毛呂山町大類307-4

営業時間 8:00~17:00無休(元旦除く)(電話受付は8:00~19:00)

利用料金 

埼玉県入間郡毛呂山町大類307-4

大蔵動物霊園

大蔵動物霊園は、東京世田谷区にある霊園です。
年忌法要、春秋のお彼岸、お盆などの供養やお葬式にも対応しています。
霊園内には納骨堂や礼拝堂付きの墓所もあります。

大蔵動物霊園
大蔵動物霊園

所在地東京都世田谷区大蔵5-11-8

営業時間9:00~17:00(電話受付/9:00~23:00)

利用料金 

東京都世田谷区大蔵5-11-8

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

ペットを霊園で火葬する際の料金まとめ

ペット

今回終活ねっとでは、ペットを霊園で火葬する際の料金を中心に見てきましたが、いかがでしたか?
この記事の内容をまとめると以下になります。

  • ペット火葬の種類・方法

    ペットの火葬には、訪問火葬、合同火葬、個別火葬、立合火葬、自治体が行う火葬がある。

  • ペット火葬にかかる料金

    選ぶ火葬方法によって、ご返骨が出来るか出来ないかが変わってくる

  • ペットの自宅での供養

    ペットの土葬や埋葬は個人の敷地内では可能だが、火葬は法律で禁止されている

  • ペットが亡くなってしまった時の流れ

    ペットの葬儀の前にご遺体の安置、冷却、衛生管理が大切

  • ペット霊園を選ぶ際のポイント

    ペット霊園へのお参りのしやすさなどを考えて希望のペット霊園を探す

  • オススメのペット霊園

この記事が皆様の大切なペットをお送りする際に役立てば幸いです。

このほかにも終活ねっとでは、皆様のご要望にあわせて様々な記事を用意しています。
ぜひそちらもあわせてご覧ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事では、ペットの霊園についてもっと詳しく紹介しています。
こちらも参考にしてみてください。

こちらも読まれています

ペットが亡くなったときの霊園・墓地ってどうすればいいの?

大切な家族であるペットが亡くなったとき、人間の家族同様、しっかりと見送ってあげたいと思いますよね。どうやって送り出せばいいの?お骨を預ける霊園はあるの?いつか訪れる別れのときの為に、ペットの為の霊園・墓地について学んでみましょう。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「ペット・霊園・料金」に関連する記事

「ペット・霊園・料金」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「ペット・霊園・料金」についてさらに知りたい方へ

ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!のサムネイル画像

ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

ペット火葬の費用はどれくらい?火葬の流れや種類についてもご紹介のサムネイル画像

ペット火葬の費用はどれくらい?火葬の流れや種類についてもご紹介

出張ペット火葬ってなに?火葬の流れや費用相場を合わせてご紹介!のサムネイル画像

出張ペット火葬ってなに?火葬の流れや費用相場を合わせてご紹介!

ペットの供養方法と種類について解説のサムネイル画像

ペットの供養方法と種類について解説

ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!のサムネイル画像

ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!

猫の火葬ってどうすればいいの?その後の安置方法についてもご紹介!のサムネイル画像

猫の火葬ってどうすればいいの?その後の安置方法についてもご紹介!

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介しますのサムネイル画像

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介します

大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とはのサムネイル画像

大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とは

ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介のサムネイル画像

ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと