四十九日の香典の書き方っはどうする?表書きや中袋の書き方を解説

四十九日法要は多くの人が参加する規模の大きな法要です。年忌法要と比べて参列する機会は多いため、四十九日のマナーはしっかりと身に着けておきたいものです。中でも香典の書き方に迷う人は多いのではないでしょうか?今回は四十九日法要の香典の書き方についてまとめました。

目次

  1. 四十九日の香典の書き方について
  2. 四十九日の法要とは
  3. 四十九日の香典の書き方
  4. 四十九日の香典のマナー
  5. 四十九日の香典の金額相場は?
  6. 四十九日の香典の書き方についてまとめ

四十九日の香典の書き方について

葬儀

基本的に、法要は初七日を除けば遺族だけで行われます。
しかし四十九日は、親族や知人、友人も参加するため規模が大きくなるのが一般的です。

参加する人数が多いということは、それだけ自分が参列する機会も多くなります。
四十九日法要に関連するマナーはしっかりと身に着けておきたいものです。

法要のマナーの中でも、香典には色々と決まりがあります。
香典をどうすればいいのか、迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、四十九日法要の香典に関連するマナーとして以下のことをご紹介していきます。

  • 四十九日法要とは何か
  • 四十九日の香典の表書き・名前・中袋の書き方
  • 香典の書き方以外のマナー
  • 四十九日の香典の金額相場

四十九日法要は、故人が亡くなってから四十九日が経過しています。
しかし、辛い気持ちを抱えたまま過ごしているご遺族も多くいるはずです。

ご遺族の方を不快な気持ちにさせないよう、今回の記事を読んで四十九日法要における香典についてしっかり学んでおきましょう。

四十九日の法要とは

葬儀

四十九日法要とは、亡くなった日から1日目として数え、49日目に行われる比較的規模の大きい法要のことをいいます。

仏教によれば、人が亡くなってから7日ごとに閻魔大王から裁きを受けます。
そして、49日目には極楽浄土に行けるかどうかの判決が言い渡されます。
したがって、四十九日法要は重要な日に行われる法要なのです。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
四十九日の法要について詳しく知りたい方は、以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“49日” とは? - 終活用語集

仏教用語のひとつで、死後から次の生を受けるまでの期間のことを指します。 死後、故人が極楽浄土へ行けるように7日毎に追善供養して冥福を祈りますが、7回目の49日は来世の行先が決まるもっとも重要な日とされています。

四十九日の香典の書き方

葬儀

四十九日法要に参列する人が、よく迷ってしまうことのひとつに香典の書き方が挙げられます。

ここでは表書きの書き方を宗派別でご紹介することから始まり、名前の書き方、中袋の書き方についてご紹介していきます。

表書きの書き方

香典の表書きにはどの文字を書けばいいのか、迷ってしまうという方は多くいらっしゃいます。
「御霊前」なのか「御仏前」なのか、どちらが正しいのか悩ましいものですよね。

御霊前と御仏前の使い分けは、故人が亡くなってからの日数が判断基準となります。

もし、49日より前に法要が行われる場合は、「御霊前」を表書きとして使ってください。
逆に、49日以降に四十九日法要が行われるのであれば、「御仏前」を使うようにしてください。

厳密に故人の霊が成仏するのは、僧侶がお経を読み終えた後だという考えもあります。
その場合は、49日以降の法要であっても「御霊前」を使うべきだと考える人がいたりと、人や地域によって考え方が変わることもあります。

しかし、基本的に49日より前は「御霊前」を使い、49日以降は「御仏前」を使うと覚えておいて問題ありません。

どうしても他人の意見が気になって仕方がないという場合は、「御香典」や「御香料」といった表書きにしましょう。
これらは時期を問わずに使える表書きです。

「御霊前」や「御仏前」の使い分けは、仏教でも宗派によって異なります。
以下では、迷いやすい真言宗と浄土真宗の場合の正しい表書きについて解説します。

真言宗の場合はどのように書く?

真言宗の場合は、上記でご紹介した一般的な仏教と同じです。

49日より前の法要である場合は、「御霊前」を表書きとして使ってください。
49日以降の法要であれば、「御仏前」を使うようにしてください。

浄土真宗の場合はどのように書く?

浄土真宗では、「霊」という考え方は存在しません。
浄土真宗の教義では、人は亡くなると同時に成仏すると考えられています。

そのため、浄土真宗の四十九日法要で「御霊前」を使うことは不適切です。
浄土真宗の法要では49日以前・以降に関係なく、いつでも御仏前を使うようにしましょう。

名前の書き方

続いては、香典の名前の書き方についてご紹介します。
記載する名前が自分ひとりであれば、多くの方は問題ないかと思います。
しかし、一緒に参列する人がいる場合や一緒に香典を包む場合には、連名をどのように書けばいいのか悩む方も多いでしょう。

そこで、ここでは夫婦連名や3人以上で連名とする場合の名前の書き方についてご紹介します。

夫婦連名の場合

夫婦で香典をつつむ場合は、基本的に夫の名前のみを記載します。

香典には、1世帯につきひとつだという考え方があります。
わざわざ妻の名前も記載することは余計な誤解を招いてしまいますので、連名には注意が必要です。

しかし妻側の親族・親戚の四十九日法要に参列する場合や、夫も妻も同様に深いお付き合いのあった方の法要であれば、妻の名前を連名にして書いても構いません。

もし、夫が仕事などの致し方ない用事で四十九日法要に参列できない場合もあるでしょう。
夫が参列できない場合、妻が代理で法要に参列しても構いません。

妻が代理で参列する場合には、夫と妻の名前を連名では書きません。
香典には夫の名前のみを記載し、その左下に小さく「内」と記載すれば良いです。
「内」という字は、妻が代理で法要に参列したということを示す文字です。
葬儀の受付で名前を記す場合にも、同じように「内」と書くようにします。

3人以上の場合

次に、複数名でひとつの香典を包む場合についてご紹介します。

まず3人の場合は、下段中央に代表者の名前を記載します。
そして、代表の名前の両隣に残りの2名の名前を書きます。

4人以上であれば、書くスペースがないため下記のように名前を記載します。
下段中央に「友人一同」や「株式会社○○ ▲▲部一同」といったまとめた書き方をします。

名前をまとめて書いた場合は、全員分のフルネームを書いた別紙を香典に同封するようにします。

中袋の書き方

香典と言うと、人の目に触れる外側の書き方について注意する人が多いです。

しかし、中袋についても同様に書き方に気を付けなければならないことがあります。
ここでは、香典の中袋についてご紹介していきます。

中袋には住所氏名・金額を書く

香典には中袋があることで、ご遺族が香典を整理しやすくなり、香典返しを送る際に役立ちます。

ご遺族が香典返しをするためには、参列者の名前や住所が必要になります。
中袋には、ご遺族が整理しやすいように住所氏名を記載します。
合わせて、いくら包んだかの金額も記載します。

もし複数人で香典を包む場合は、お金を出した人達の名前を記載するようにしましょう。

住所・氏名・金額は後で香典返しを準備する際に読みやすくするために、楷書体で書くと良いです。

金額は漢数字を使う

中袋に記載する金額は算用数字ではなく、漢数字で書きます。
難しい漢数字で書く数字や単位もありますので、下記の対応表を参考にしてください。

1
2
3
5五あるいは伍
7
8
10十あるいは拾
万あるいは萬
円または圓

中袋が無い場合

地域や人によっては、中袋を使用しないという場合もあります。
外袋と中袋の二重の袋を使うことは、不幸が重なるとして縁起が悪いと考えられているからです。

中袋を使わない場合には、外袋の裏側に住所と金額を記載します。

中袋がない場合でも、遺族の方は香典返しを準備します。
やはり住所などの記載がないと送りようがないため、きちんと詳細を記すようにします。

四十九日の香典のマナー

葬儀

四十九日を始めとした、お通夜やお葬式などは死に関わる儀式として厳粛なものです。

厳粛な場でマナーに反する香典を渡し、恥ずかしい思いをすることは避けたいものです。
ここでは、香典に関するマナーについてご紹介します。
しっかりと把握しておきましょう。

金額に見合った水引の香典袋を選ぶ

水引とは、香典の袋を飾る帯紐のことです。

四十九日法要の水引では、白黒や双銀のものを選ぶのが一般的です。

関西地方では、黄白を用いる場合も多くなっています。
自分の住んでいる地域が黄白の水引を使っているようであれば、周りに合わせて黄白のものを使うほうが無難です。

また、水引は金額に見合ったものを選ぶようにします。
もし香典に包む金額が5千円以下である場合は、水引が印刷されているものを使ってください。
包む金額が高額ではないにもかかわらず袋だけが立派だと、相手に対して失礼にあたりますので注意が必要です。

新札は使わないようにする

四十九日に限らず、不祝儀の香典には新札を入れないようにします。

新札を香典に包むということは人が亡くなることに備えて、新札を用意していたという解釈がされるからです。
また、新たな不幸が訪れることがないようにという思いも込められています。

もし手元に新札しかないという場合は、新札に折り目を付けて香典に包みます。

新札を包むのは駄目ということは、古札ならいいかというとそういうわけでもありません。
明らかにクシャクシャのお札や、端が破れたりちぎれているお札は逆に失礼にあたりますので避けましょう。

お金を入れる向きに気を付ける

お金を香典に包む際には、入れる向きにも注意が必要です。

まずお金を2枚以上包む場合は、向きを揃えます。
そして、お金は裏向きに入れましょう。
裏向きとは、お札に人物が描かれている方とは逆の向きです。

お金を裏向きに入れるのは諸説あります。
肖像画が書かれている向きを裏にするのは、悲しみで顔を伏せているということを表すためだと言われています。

薄い墨ではなく濃い墨を使う

お通夜やお葬式の香典には、薄い墨を使って表書きを書きます。

しかし、四十九日法要では濃い墨を使うようにします。
薄い墨を使っていたのは、故人が亡くなった悲しみで流した涙が墨に落ち、薄くなっているということを示しています。

四十九日法要では悲しみの感情の様子を墨に表す必要はないため、濃い墨を使って書きます。

四十九日の香典の金額相場は?

お金

香典に関する悩みに関連する情報として、香典に包む金額もあります。
ここでは関連情報として、香典に包む金額の相場についてもご紹介します。

香典の金額は、亡くなった人との関係性や自分の年齢によって変化してきます。
詳し金額については、下記の数字をご覧ください。

なお、香典に包む金額は「4」や「9」といった「死」や「苦しみ」を連想する数字の金額は包まないように注意しましょう。

  • 故人が祖父・祖母の場合:20代は3千円~1万円、30代・40代は3千円~3万円
  • 故人が父・母の場合:20代・30代は1万円~5万円、40代は1万円~10万円
  • 故人が兄弟・姉妹の場合:20代・30代は1万円~3万円、40代は1万円~5万円
  • 故人が親戚の場合:20代は3千円~1万円、30代は5千円~1万円
  • 故人が友人・知人の場合:20代は2千円~5千円、30代・40代は3千円~1万円

もし夫婦で四十九日法要に参列する場合は上記の金額を2倍にした金額を包むと良いでしょう。
また、法要後の会食に参加する場合は上記の金額にさらに1万円~2万円追加で包むのがマナーです。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
法事の香典についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

四十九日の香典の書き方についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、四十九日の香典について以下のことをご紹介しました。

  • 四十九日法要とは

    亡くなった日から49日目に行われる比較的規模の大きい法要で、極楽浄土に行けるかどうかが決まる重要な日に行われる。

  • 四十九日の香典の書き方

    宗派によって違いはあるものの、基本的な表書きは49日以降であれば「御仏前」、49日より前であれば「御霊前」と書く。
    中袋には住所・氏名・金額を記載し、金額は漢数字を使う。

  • 四十九日の香典のマナー

    四十九日法要では白黒や双銀のものを選ぶのが一般的で、5千円以下の金額の場合は水引が印刷されているものを使う。
    香典には新札は使わず、お金の向きを揃え、裏向きに入れる。
    文字は薄墨ではなく、濃い墨を使う。

  • 四十九日の香典の金額相場

    香典の金額は故人との関係性によって異なる。妻も参列する場合は2倍の金額を包む。

今回の記事では、香典の表書きや名前といったものの書き方から始まり、水引やお札に関する決まりなどについて解説してきました。

香典に関する迷いの多くは、解決したのではないでしょうか。

余計な迷いが今回の記事で解決し、故人の成仏を祈る四十九日にはスッキリとした気持ちで臨められれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「四十九日・香典・書き方」に関連する記事

「四十九日・香典・書き方」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「四十九日・香典・書き方」についてさらに知りたい方へ

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説のサムネイル画像

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説

四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!のサムネイル画像

四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!

四十九日での香典袋の包み方は?水引の選び方や表書きについて解説のサムネイル画像

四十九日での香典袋の包み方は?水引の選び方や表書きについて解説

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!のサムネイル画像

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと